電子配信スタート!「シャングリラの鳥 1巻」座裏屋蘭丸

IMG

BLの「こうあるべき」というセオリーに新しい風穴を開ける作品を多く出している座裏屋蘭丸先生

そんな先生の今回の新刊は、「男娼」「謎」「エキゾチック」というキーワードに目が離せないストーリーとなっています

連載のほうも追いかけているのですが

コミックで一気読みすると、けっこう、気づくものがあった

では紹介にいってみましょう!

作品紹介

性を謳歌する男娼達の楽園で、試情夫として雇われた訳ありノンケのアポロ。
試情夫とは、男娼達を愛で、客を取る前の心身をほぐして昂ぶらせる疑似愛人役のこと。
教育係の男娼フィーに仕込まれることになるが……。

「シャングリラの鳥」のここが面白い!

舞台設定はこんな感じ!

舞台設定を説明すると・・・

どこぞの外国が舞台となっています

本土から海を渡った島にオーナーが半分道楽で作った「シャングリラ」という男娼のみがいる娼館がある

男娼といえば・・・生きていくために仕方なく・・・とか・・・客から手ひどい扱いを受けることもある。とか・・・

どこか悲壮感を秘めているお仕事というイメージもあるのですが

このシャングリラで働く男娼たちはオーナーに「小鳥ちゃん」と呼ばれて、ことのほか大事にされている

まず、「シャングリラ」は完全会員制

身元のしっかりした人間だけが出入りできる

しかし、オーナの目に敵わない人間はどんなにお金を積んでも出入りができない

そして、男娼の方から苦情が出た客においては出入り禁止となる

エキゾチックで開放的・・・自然豊かで上質なものに囲まれて楽しく暮らす男娼たちの姿はとっても満たされていて楽しそう

そんな彼らはとってもいいお仕事をするわけなのですが

彼らの気持ちを盛り上げるためにいるスタッフが「試情夫」と呼ばれるイケメンたち

「試情夫」の仕事は、お仕事前の男娼たちをコーフンさせること

結合以外は許されているようで、指や舌・リップサービスを使い、男娼たちの気持ちを昂らせていくのです

この物語の主人公は、「シャングリラ」で働く性に開放的な性格のフィーと、理由ありで「試情夫」として働くことになったノンケのアポロ

今後、恋仲になっていくと予想されますが、1巻では、まだ恋には遠い感じ?

胸を焦がすような思いや、じれじれしたキュンっとした感じはないんですが

今後、そういう恋が始まりそうな予感はぷんぷんする展開となっています

ちなみに!

「試情夫」には、「男娼をイかせないこと 挿入しないこと そして、絶対に恋に堕ちないこと──。」という決まりがあって・・・

そのルールをどう打ち破っていくのかも今後の楽しみとなっています

受けと攻めの「恋」はまだ始まらない。でも・・・

連載が始まった当初・・・

受けと攻めがまったく結合する気配がない・・・ってか、アポロは「男を抱く」って感覚に拒否反応すらあるノンケで・・・

最初、「今後、どこがどうなって色気のある流れになるんだ?このふたり」と思っていたんですけど・・・

コミックで一気に読むと、フィーのほうは最初からアポロにけっこう興味深々で、常に意識がアポロのほうに向かっているんだよね

最初は、ノンケの男への興味って感じだったんだけど、それが、恋に育っていっているって感じが視線や表情でちゃんと描かれていて、1巻の終わりでは、グッと気持ちがアポロに向かっているのがよくわかる

当のアポロはフィーのそんな気持ちに気づいていないけどさ!

BL的にノンケの男がビッチな受けに新しい扉を開けてもらうって展開はあるあるなんですけど

このアポロ!!本当に!本当に!「ノンケ」なんですよ・・・

フィーが眠っているアポロの横に添い寝しただけで、ガバッてなって青くなったりする顔がかなり面白いです

アポロの方は、性的には同性は受け入れられないって感じですが・・・

その彼が今後どう変わっていくんでしょう?

「サスペンス」要素もあり?

最初に投下された布石は、フィーが過去に「人を殺したかもしれない」というセリフ

でも、自分のことなのに「かもしれない」という言い方をしているのがなんとも不思議なんですよね?

暴力に対して、ものすごく興味があり、アポロが妻の浮気現場にいた男を殴ったと聞くと、その時の心情を詳しく聞いたりする

見た感じは飄々としておおらかなフィーなんですが、心の奥底にはなにか秘め事があるようなの不安定さも併せ持っているのが、読んでいてすごく面白いなって思います

フィーの指の内側にある羽の入れ墨もね・・・

これもなにかの布石なのかな?って思っちゃう

それは深読みしすぎ?

あと、フィーのスマホに送られてきた謎の画像もすごいコワイんだけど・・・

フィーは「いたずらメールだろ」って気にも留めてないけど・・・

足だけが映っている画像ですよ?

だれが何の目的のために?ってゾクッとします

海ホタルのまとめ

まだ「恋」が始まっていないので・・・

そこらへんに物足りなさを感じる方もいるかもしれませんが

ストーリー性はすごいあるし、今後の展開への期待がものすごく上がる描き方がされています

あと・・・

大事なのはエロ要素があるかどうか?って部分ですよね?

攻めとの結合シーンこそありませんが、お客さんと淫らにまぐわっています

4Pとかしているシーンとは、むちゃエロいなって感じ・・・

フィーの淫らな顔がほんとイイ!!!

でも、本命以外とのエロシーンにはなにも感じません!って方もいるかな?

早く、アポロとのエロシーンを拝みたいですね!

いつも、エロ中、積極的なフィーが恥じらいなんて見せてくれたら、ほんと、美味しいんだけどな!って期待しています

試し読みはこちらから

シャングリラの鳥1

シャングリラの鳥1

おすすめネタバレ!

IMG
IMG
IMG
IMG

NEW9月18日【BL】ネタバレ感想「αの花嫁 ─共鳴恋情─」第17話 ネタバレ感想

9月15日【BL】「僕が歩く君の軌跡」27話 ネタバレ感想

9月09日【夫婦/不倫】ネタバレ感想「にぶんのいち夫婦 第30話」 ネタバレ感想

9月8日【ラブコメ】安野モヨコ「後ハッピーマニア」第15話 ネタバレ感想

9月5日【ドロドロ】「戦略結婚 ~華麗なるクズな人々~ 2巻」第7話

8月31日【レス問題】「それでも愛を誓いますか」第30話 ネタバレ感想

8月27日【BL】「夜明けの唄2巻」第8話 ネタバレ感想

8月17日【レス問題/夫婦】ハルノ晴「あなたがしてくれなくても」第55話 感想ネタバレ

8月16日【BL】羽純ハナ「レムナント―獣人オメガバース―」第29話 ネタバレ感想

8月15日【BL】ネタバレ感想「午前2時まで君のもの」最新話 奥田枠

8月13日【BL】ネタバレ感想「黒ギャルになったから親友とヤってみた。」13話

8月09日【レス問題】「それでも愛を誓いますか」第29話 ネタバレ感想

8月05日【BL】「アンチロマンス」14話 ネタバレ感想

7月25日【BL】「簡易的パーバートロマンス 5巻」2話 【感想ネタバレ】

7月24日【BL】S井ミツル「めぐみとつぐみ 4巻」17話 ネタバレ感想

7月16日【BL】スピンオフ「何でもいいから消えてくれ」第4話 ひなこ 感想ネタバレ

7月10日【BL】ネタバレ感想「手負いのライオン、囚われのバンビ」芥

7月09日【BL】「ララの結婚」第17話 ネタバレ感想

7月07日【BL】「ふたりのαに娶られて」第12話 ネタバレ感想

6月30日【ラブコメ】「恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー」番外編2!ネタバレ感想

6月29日【ラブコメ】「恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー」番外編!ネタバレ感想

6月28日【ラブコメ】「女の子が抱いちゃダメですか?」第25話 ねじがなめた

6月21日【BL】ネタバレ感想「スイートハート・トリガー」3巻 4話 ニャンニャ

6月17日【BL】ネタバレ感想「夜画帳」41~44話

6月02日【BL】「Grr」みちのくアタミ 第3話 ネタバレ感想

5月28日【BL】ネタバレ感想「恋愛関係」第3話 カシオ

3月20日【新連載】ネタバレ感想「狂い鳴くのは僕の番 :Re」楔ケリ

3月19日【BL】「お兄ちゃんだって甘えたいわけで。」第14話 ネタバレ感想

3月7日【新連載】「嘘つきな愛を買う-オメガバース-」ネタバレ感想

3月6日【BL】「私立帝城学園-四逸-」第13話 ネタバレ感想

3月3日【BL】「いつか恋になるまで」続編!「明けても暮れても」第5話(最終話) ネタバレ感想

2月25日【サスペンス】「私の夫は冷凍庫に眠っている 2巻」最終回 ネタバレ感想

2月22日【BL】「プチミニョン -獣人おめがばーす-」2巻 第15話 羽純ハナネタバレ感想

2月13日【BL】重厚ダークファンタジーBL「メドゥーサの息子」第4話 吹屋フロ

2 件のコメント

  • 「男娼をイかせないこと 挿入しないこと そして、絶対に恋に堕ちないこと──。」という決まりがあって・・・これ読んだだけで速攻ポチしたくなったんだけど、「いつか恋になるまで」「ギヴン」「レムナント―獣人オメガバース―」と続きものをポチしたのでポイント不足でまだ読めず~~(泣)食費浮かせて読みます!!!

    • sayurinさんへ
      ここ数日、面白いBLコミックの配信ラッシュですよね!
      わたしも目移りしちゃって・・・試し読みをチェックして、今読む作品と、後に回す作品と振り分けています
      「シャングリラの鳥」は主人公二人の恋がまだ始まっていないので・・・続きが気になるかも!

  • コメントはこちらから