コンビ売り!ゲイビ男優ラブ「目を閉じても光は見えるよ」丸木戸マキ

IMG

丸木戸マキ先生の「目を閉じても光は見えるよ」読みました!!

結論から言うと・・・

むちゃくちゃ!!よかったです!!

シリアスな部分や、薄暗くヘビーな部分もあるけど、丸木戸先生らしいコミカルさとヌケ感が合わさっているので、そこまで気持ちが暗くならず、じわーっとした感動を味わえます

一話ごとに完結しているようで、それが、上手くつながって、最後の盛り上がりにつながります

一番、盛り上がりのある山場では、ウルウルきました・・・・

これ、レーベルはどこだ?と見たら、「Bloom」さんで・・・・

最近、「Bloom」さんの当たり作多いな・・・・

では、レビューに行ってみましょう!!

作品紹介

人気AV男優の仁はある日、ゲイビ出演の話を持ちかけられた。
そこで出会ったネコ男優の光と体の相性がよかったため、ふたりはバディを組み、頻繁に共演することになる。
仁と光のバディは人気を集め、順調に売れていたが、実際は仕事上の体の関係だけでお互いのプライベートのことは全く知らなかった。
しかしある時、ふたりは同じマンションに住んでいることが判明し…。

「目を閉じても光は見えるよ」のここが面白い!

「情に薄い男」がそうじゃなくなる流れがいい!

わたし、ゲイビイベントとか行ったことないんですけど、こんなに明るく盛り上がっている業界なんですかね?

みなさん、楽しそうに和気あいあいとお仕事していてうらやましい・・・

攻めの仁さんは、かなりの勃起力の持ち主のようで・・・・

「(男女問わず)誰でもそういう雰囲気になったら勃つから俺」「70のばあさんとしたことあるよ」という強者!!

このレベルまで行くと、すでに特技レベルで履歴書に書いてもいいかもしんない!!笑!!

もう・・・AV男優であることは天職で、人当たりもいい人なんですけど、どうも、人としての論理感や情という部分が足りない人のようで

元カノが小細工をし、妊娠しちゃった時も、「絶対に産むな。産んだとしても俺は認知しない。」と言い放ったひどい男です・・・

大抵の男は、中途半端な情を抱いちゃって、即、結婚とかしちゃうんですけどねー

元カノもそういう計算だったのに・・・きっと、計画が狂った!!って感じだったと思います

そんな、人としてどこか欠陥部分がある仁ですが、光とバディを組まされ、何度も仕事で体を合わせている内に、光に対し特別な感情が芽生え始めます

光のふとした表情を見て「キスしたいなー」とか思う辺りから「恋愛感情」に変化していき、光の過去を知り、おせっかいを焼いちゃう辺りから、“情”に薄いって設定はどこに行った?って感じになっちゃう

きっと、仁の場合、単純に、本気で好きになれる相手と今まで出会ってなかっただけだったのかもしれないなーって思います

本気の相手には、とことんいい人なのかもなっと思いつつ、そういう相手が光だけっていう愛がすごくいいです

描きおろしでは、息子というお邪魔虫を挟んで、年下の恋人を甘やかす年上の男のよさが楽しめます!!

「人として情に欠けた男」が、無理矢理感なく「いい男」に見えてくる流れがよかったと思いますね

インディゴの気分

インディゴの気分

インディゴの気分 / 丸木戸マキ
[ポルノグラファー]の過去編にして完結編、担当編集・城戸×若き日の官能小説家・木島のスピンオフ!

過去に過ちを犯した受の愛がいい!

主人公の受けのは、ゲイビの世界で人気者の受けなんですが、健気で気配りができるすごくいい子なんですよね

けど、彼は、子供の頃から実の兄に玩具のように利用されてきた過去があって・・・

そして、元カレのカンちゃんと一緒に罪を犯します

光の過去だけで、薄暗い本が一冊仕上がっちゃうと思われるほどヘビーな過去なんですが、そこまで重くならず読めるのは、光が自分の罪を受け入れ、自分のことより周りの人のことを大事に思えるキャラクター性のおかげだと思います

受けの光がすごく優しいのは、様々なつらい過去を乗り越えてきたからだと思うんですよ

そう思うと、ほんと、読んでて光のことが愛しく思えてきます

そして、過去に犯した罪が、今を脅かすって流れなんですが・・・・

そこまで暗くならない作風となっているのは、光は自分のことに対し欲があまりないからなんですよね

今いる幸せの場所を脅かされても、自分のことより、周りの人のことを心配しちゃって、サクッと立ち去れる子なんです

つらい過去を歩いてきたからこその芯の強さがあるというか・・・

あと、丸木戸先生の絶妙なヌケ感ある描写もヘビーにならない理由の一つかな?

そんなつらい過去を背負う光が好きな人(仁さん)と結ばれて、まぶたを閉じても眩しい光が見えるって思えるラストは、ほんと感動できます

名前の通り、「光」をいつも感じられる幸せが、これからの彼にたくさん訪れるといいなって思います

 

ポルノグラファー

ポルノグラファー

ポルノグラファー / 丸木戸マキ
2017年「このBLがやばい」の“メガネ ザ ベスト”にて、木島理生がベスト1位でした!
ストイックな外見を持つ木島の職業は官能小説家。黒縁メガネから見せる壮絶な色気がすばらしかった!純情大学生×思わせぶり官能小説家のお子様厳禁セクシャル・ワールドです

ゲイビプロデューサー「堂本マリ子」がいい仕事しています

もう!!好きなことを仕事にしちゃった感がすばらしいです

面倒見がよく、守銭奴で、涙もろく、とてもわかりやすいキャラクターの「堂本マリ子」の存在がサイコーでした!

本編に出てくるゲイビタイトルがこれまた逸材で~!!

「課長と俺のラブハメ?アジェンダ」「俺の気持ちまでペンディングしないでください」って・・・笑・・・

丸木戸先生のお笑いのセンスがキラリと光っています!!

ここ、要チェックですよー!

 

アケミちゃん / 丸木戸マキ
人生まだ諦めてないクズ男×男運のない男のお話。
ストーリー性の深さを楽しみたい方におすすめなBL作品。丸木戸マキ先生らしい、あるあるじゃない雰囲気がいいと思います

丸木戸マキデビュー作「水曜の朝、午前3時30分」が収録

丸木戸マキ先生のデビュー作となる「水曜の朝、午前3時30分」(2015年)が収録されています

表題作の受けの光と元カレのカンちゃんの過去です

デビューの時から、先生の中では光というキャラクターがいたんだなって思いました

内容的には、これだけ読むと、救いがわかならいラストでちょっと薄暗い感じのお話ですが、これがデビュー作だと思うと、その完成度の方に驚きがありますねー

台詞回しや構成が、ただ者じゃないです!!

 

まとめ

わたし、記事の最初に「一番、盛り上がりのある山場では、ウルウルきました・・・・」と書きましたが、きっと、読む人によって山場のシーンが変わってくるかもしれませんね・・・・

泣きのポイントはたくさんあるんですけど

わたしは、カンちゃんの「待っていられなくてごめん」ってところで、胸が締め付けられるような気持ちが広がりました

カンちゃんも今いる奥さんと出会ってくっつくまで、いろんなドラマがあって、結婚しても、胸の一番大事な場所に光の姿を忘れずに閉まっていると思うんですよ

もう、それは、「恋愛」って感情とは別物の感情なんだと思うんですけど、きっと、恋愛と同じように重い気持ちなんでしょうね・・・

生きている限り、人は多くの人と出会い、別れを繰り返し、選ばなければなりませんよね

 

痛みがあるからこそ感じられる感動ってあるじゃないですか?

そういう感動を味わえるコミックとなっています

とても、読み応えのあるBLコミックだと思いました

 

こちらの作品は、rentaさんでの配信がまだとなっています

配信されている「booklive」さんと「honto」さんのリンク貼っておきます

「booklive」さんご利用の方は、ぜひ、クーポンガチャにトライしてからご利用してくださいね!!

「booklive」クーポンガチャはこちら
↓  ↓ ↓ ↓  ↓ ↓ ↓  ↓ ↓

海ホタル
読後に表紙を見返すと、すごく“じーん”ってくるんですよ・・・ああ。この子が、好きな人と一緒に眠れる幸せを手に入れてほんとに、よかったなーって・・・年の瀬に、こんな素敵なBLに出会えて、ほんと幸せです!
「サブブログ」更新情報

NEW5月24日S井ミツル「めぐみとつぐみ」最新話ネタバレ感想

5月20日「ふきげんなディア 2巻」第4話 感想ネタバレ

5月20日「知らない君の暴き方」山口まつり ネタバレ感想

5月17日「何かいいもの見つけた」2巻 第5話 感想ネタバレ

5月17日里つばめ「GAPS hanker」最終回 ネタバレ感想

5月16日「お兄ちゃんだって甘えたいわけで。」第5話 ネタバレ感想

5月16日「リバイバルブルー」最終回

5月15日羽純ハナ「レムナント―獣人オメガバース―」第16話 ネタバレ感想

5月9日羽純ハナ「キス・アンド・ナイト」第一話 ネタバレ感想

5月8日「心中するまで、待っててね」第7話 ネタバレ感想

5月8日「Daisy Jealousy」第2話 おげれつたなか 感想ネタバレ

5月6日ハルノ晴「あなたがしてくれなくても」4巻 感想ネタバレ

5月5日2019年4月に読んだBLコミックよりベスト10作品!

5月1日「手中に落としていいですか」第17話 後編 くれの又秋【ネタバレ感想】

4月28日「糸永くんの恋の糸 2巻」第2話 ネタバレ感想

4月27日「ララの結婚 2巻」第7話 ネタバレ感想

4月25日鈴丸みんた「恋をするつもりはなかった」第2話ネタバレ感想

4月21日文川じみ「君ってやつはこんなにも」第3話 ネタバレ感想

4月21日春田「ハイスクールラララブ」最新話 ネタバレ感想

4月16日「αがαを抱く方法」第3話 ときしば ネタバレ感想

4月16日「女体化した僕を騎士様達がねらってます」第15話 ネタバレ感想

4月16日GO毛力 「寡黙な親友がただのムッツリでした」第5話 ネタバレ感想

4月7日2019年3月に読んだBLコミックよりベスト10作品!

4月5日ネタバレ感想「どう考えても死んでいる」第2話 雁須磨子

4月5日絵津鼓「JOY Second」第3話 ネタバレ感想 更新

4月4日魚ともみ「ヤリすぎブラザーズ 」第6話 ネタバレ感想

4月3日シリーズ3作目「こいつはダメだと知っている vie ensemble」第一話

4月1日「月の街、花の都」7話&8話 千葉リョウコ ネタバレ感想

3月31日ハル「4月の東京は…」第4話 ネタバレ感想

3月30日「アホエロ 社会人編」重い実 ネタバレ感想

コメントはこちらから