疲れきって立てない!と思ったら泣け!「泣けるBL」コミック10選

IMG

もうさー・・・疲れた。疲れたよなー・・・

正月が終わって、仕事が始まってそろそろ二週間じゃん・・・

こんなに疲れているのってわたしだけじゃないよなー・・・

あんまりにも疲れたわたしは、パートでおつりを間違えるわ・・・わざわざ買い物に行って、目的のものを買わずに帰ってくるわ・・・と失敗の連続!!

失敗も度を過ぎると、自信喪失に繋がっちゃって、どんどん負のループに入り込んじゃうよね・・・

「ほんと、わたしって駄目人間だ・・・・もう仕事やめてー・・・人生やめてー・・・ガクリ」ってな感じですよ・・・

でさ・・・先日さ・・・わたし、夜中にとある動画を見てて、すごい泣いたんですよ・・・

泣いて・・・泣いて・・・泣いて・・・・

 

そして寝たら、翌朝、すごい、すっきりしてた!!

 

うわー!!泣くって、ほんと、大事だなって思った!!

そういうわけで、本日は、みなさんに「泣けるBL」コミックをご紹介したいと思います

みんな、そろそろ、疲れているよね?

ここは、胸にじーんってくるBLでも読んで泣いてちょうだい!!

海ホタルおすすめの厳選の10作品です。

海ホタル厳選「泣けるBL」コミック10選!

1作目:出会いは17歳。死がふたりを分かつまで一緒にいよう

Life 線上の僕ら /常倉三矢

紙書籍出版:2017年4月28日
1巻完結
下校途中の一人遊び「白線ゲーム」で偶然出会った生真面目な伊東と無邪気な西。恋に落ち、「白線の上だけの逢瀬」にもどかしさを覚えた伊東は咄嗟に西へキスしてしまって……高校生から大学生、そして大人へ―――変わらない想いと、変わりゆく現実の狭間で愛に翻弄された二人の男の人生を描いた感動の話題作。

「泣けるBL」特集を見ると、必ずランクインしている「Life 線上の僕ら」。まず、出会いから死が二人を分かつまでという長い時間を1冊にまとめたっていう時点でかなりずるい作品です。こんなの読んで、泣かんやつはおらんやろー!!
甘酸っぱい10代のときめきから始まり、ときめきだけではやっていけない現実に直面する20代を経て、別れ、そして、再会し・・・という流れは、リアルでありつつ、夢が持てる内容になっています

二人でいれば怖いことなんてないよ「Life 線上の僕ら」常倉三矢

2作目:青春ロードムービーを見ているような滴る感動

スメルズ ライク グリーン スピリット /永井三郎
紙書籍出版:2012/5/24
2巻完結
ド田舎に住む学生、三島はクラスメイトの男子からイジメを受けていた。理由は三島が“ホモっぽい”から。実際に男性が好きな三島は抵抗するすべもなく、隠れてする女装だけが心の拠り所となっていた。ある日、三島がいつもの様に屋上で1人の時間を満喫していると、自分が以前なくてしまった筈の口紅を持ったイジメグループのリーダー・桐野(きりの)を目撃してしまう。彼はこっそりと三島の使った口紅を自らの唇に塗ろうとしていたのだった……。

この作品は、2014年の「このBLはやばい!」で7位にランクインしていましたが、実は掲載された媒体はBL誌ではありませんでした。だから、カテゴライズ的に「BLか?否か?」というのは読む人によって変わっちゃうかもしれませんが、わたしのすごく好きな作品です
友情、恋愛、10代ならではの葛藤、親との関係性・・・ゲイの主人公が閉塞感あふれる田舎で、ひたすら一生懸命あがいています。
海ホタルが、一番印象に残っているのは、主人公の男の子がノンケの男の子といい雰囲気になっちゃうところですね。ノンケの男の子が、主人公のブツを見て、ビビって逃げちゃうんですよ・・・切ないけれど、でも、この後、ノンケの子が言うセリフが、すごく印象的なの・・・

「妄想の中のあいつにはおっぱいはなかった でもチンコもついてなかった・・・」

このシーンは、ほんと、何度読んでも、胸が切なくなる・・・

最後は、すごくじーんとできるラストが拝める作品です。

何度読んでも、号泣しちゃうよー!!

3作目:強烈に恋を落ちるのではなく、ゆっくりと育む愛に感動した

私がオジさんになっても /村上キャンプ
紙書籍出版:2016/10/26
1巻完結
自分の可愛さに酔ってるナルシストの大学生・三角は、ある思いを抱いていた。それは「男でも抱きたくなるほど可愛い」の実証!バイト仲間の童貞美大生・吉丸を誘ってエッチに成功するが、2回目はなくそれきりに。ところが5年後、社会人になった二人は再会するとつかず離れずのセフレの関係に…。20歳、30歳を過ぎても可愛いと言ってくれるのは一人だけ。ボンヤリ系男子×ナルシスト君の20年愛。

この作品「初笑いした?バカバカしくて大笑いできるBLコミック10選」でもピックアップされています・・・(どんだけ好きやねん!)
見た目がかわいい超ナルシストの受けが、自分が男相手でも通じる可愛さを持っているか?を確かめたいと誘った相手と、まさかの20年もの腐れ縁が続いちゃうBL。

最初から強烈な恋心を抱くのではなく、長い年月をかけて育てていった愛情が、20年の年月を経て、唯一無二のものになるのが、すごく、じわっときた・・・大学生の頃の彼らには、こんな20年後が待っているとはきっと夢にも思わなかったんだろうな・・・

そう考えると、ほんと、人生、何が起こるかわからないものだよなって思うんですよね・・・

4作目:いじめ・友情・恋…。10代ならではの迷う姿にジン…とくる

Blue Lust /ひなこ
1巻紙書籍出版:2015/6/22
3巻完結
暑い夏の午後、隼人は一人の男子生徒と出会う。それは、無口で周りと馴染もうとしない転校生の奏真だった。屋上に立つ奏真の姿と、自身の後ろめたい過去を重ねてしまう隼人は、彼のことを気にかけるようになる。そんな隼人の優しさに触れ、周りと馴染めずにいた奏真にも次第に笑顔が増えていく。そんな折、過去に隼人が傷つけ、拒絶した相手・宮沢が現れ――。

悪気のない一言で始まるいじめ・・・その引き金を引いたことへの後悔・・・そして、再び同じようなことが起こった時、主人公は、過去の過ちを繰り返したくないと、贖罪の意味を含めて、同性愛者である奏真に寄り添うようになるのだけど・・・10代だからこそ、繊細で臆病な感情と、でも、だからこそ逃げることなくぶつかる主人公の勇気にとても感動した作品!!

泣き所は、やっぱり、紆余曲折しながらも、くっついたふたりのラストだと思います

5作目:あるある記憶喪失設定なのに、ジーンときた作品

Punch↑ /鹿乃しうこ
Punch↑

Punch↑

1巻紙書籍出版:2006/12/9
現在5巻まで発刊。続いています
エリート建築家・牧は、美形の男が大好物! 男が集まる建築現場は、彼にとって格好の狩場である★ しかし思わぬ同居人ができてしまった。型枠工の浩太は口の悪いガキンチョで、牧の趣味からはかけ離れ…!?
これはね・・・やっぱり、浩太の記憶喪失の巻である4巻で泣いた・・・記憶喪失ものは、どうしても“あるある”展開になりがちなんだけど、やっぱり、浩太の過去を知ってしまうとね・・・もう!!ほんと、浩太が牧のもとにちゃんと戻れてよかったな!!って、ジーンとくるんですよ・・・こちらは、笑えて泣けるコミックですね。

3分でわかる!鹿乃しうこ「Punch↑」の面白さまとめ

6作目:すりこみ機能付きのアンドロイドの愛は本物か?

VOID/座裏屋蘭丸

VOID

VOID

紙書籍出版:2016/04/09
1巻完結
マキの元にやってきたヒューマノイドのアラタは、容姿と記憶の一部をコピーしたハイスペックな【愛玩タイプ】。しかも最初に見た人間を好きになり依存する【すりこみ機能付き】。すりこみ機能により愛情を示すアラタを、マキは嬲るように抱く。「ちゃんと愛して欲しい」とアラタは涙目で訴えるが、マキの心には決して融けない「永久凍土」があり……。
AIものはね・・・読む前から、号泣必須だと思い読んだほうがいいですよね・・・

そして、こちらの作品は数あるAIものBLコミックの中でもダントツで泣かされます。AIもののお約束「プログラムゆえの愛かどうか?」ってテーマを追いかけつつ、座裏屋先生のエロがみごとに融合され、ほんと、すばらしい感動のラストが拝めました。

7作目:初恋は叶わない?でも、大丈夫だよって思える作品

目を閉じても光は見えるよ /丸木戸マキ

紙書籍出版:2017/12/25
1巻完結
体の隅々まで俺たちはその形や味を知り尽くしていたが、体以外はなんにも知らないのだった──…
人気AV男優の仁はある日、ゲイビ出演の話を持ちかけられた。そこで出会ったネコ男優の光と体の相性がよかったため、ふたりはバディを組み、頻繁に共演することになる。仁と光のバディは人気を集め、順調に売れていたが、実際は仕事上の体の関係だけでお互いのプライベートのことは全く知らなかった。しかしある時、ふたりは同じマンションに住んでいることが判明し…。
これは、ほんとう、よかったよね。あらすじを読むと、AV男優同士のエロラブかな?って思ったんだけど、そうじゃない・・・

初恋の彼氏と罪を犯した主人公の長く続く孤独な時間が、ひとりの男性との出会いによって、救われるというところがよかったと思います

孤独な者同士が、唯一無二の相手に出会い、幸せになる姿に、大満足できるラストでした

コンビ売り!ゲイビ男優ラブ「目を閉じても光は見えるよ」丸木戸マキ

8作目:未練を残したまま終わった恋は、時代を超えて結ばれようとする

目転じて恋と生き /早寝電灯

紙書籍出版:2017/12/25
1巻完結
どうしてこんなにも、懐かしいと思うのだろう――…。 校内新聞に載っていた小説の作者「春沖洋介」。高校教師の吉武はある日、それと同じ名前を、旧校舎に残されていた昭和30年代の論文から見つける。さらに小説の登場人物である「坂上三雲」の名前もそこに書かれていた。現在の小説と、過去の論文――…。このふたつの奇妙な一致に、吉武と、そして小説の作者である吉武の同僚・八尋はかつてこの高校に在籍していた生徒、春沖と坂上が自分達の前世なのでは、と疑い始める……。過去と現在が交錯する、感動の転生BL。
これはね・・・前世で恋を全うできなかった方のカップルの方に胸が痛くなりましたね・・・本気で好きあっていたのに、離れ離れにならなかったなんてツラすぎる・・・

前世の自分たちに振り回される現世のカップル達には悪いけど、前世のカップルふたりの愛にあふれた些細な描写の数々に胸がジーンときました。

 

前世が交錯?ふしぎな恋のたどり着く場所は「転じて恋と生き」早寝電灯

9作目:まさかの…まさかの…アンハピエン!!だけど、じわっとくる感動が…

花のみやこで /宝井理人

花のみやこで

花のみやこで

紙書籍出版:2013/3/9
1巻完結
辻村医院の次男として生まれた辻村基晴は、幼い頃に出会った友人・蓮見晶にずっと想いを寄せている。一度告白したものの受け入れられず、距離を置かれてしまう。それでも晶と同じ大学に進み、同じ研究室に入る。基晴は葛藤しながらも、すべてを忘れようと芸妓遊びの日々を送っていた。そんなある日、晶に一緒に帰らないかと誘われ、昔に戻ったような感覚になる。友人としてでも隣に居られるのなら──そう思っていた基晴だったが……

こちらは、「花のみぞ知る」のスピンオフ作品です。「花のみぞ知る」も、すごく感動できる良作なんですけど、こちらの「花のみやこで」は、最後がハピエンじゃないというラストに、すごくじーんっとさせられた作品。
すごく繊細なタッチで描かれる宝井ワールドだからこそ表現できた世界観だと思います

 

10作目:やさしい主人公達の愛にグッとくる・・・

いとしの猫っ毛 小樽篇(3巻) /雲田はるこ

いとしの猫っ毛 小樽篇

いとしの猫っ毛 小樽篇

紙書籍出版:2013/3/9
只今、5巻まで発刊中!
「いとしの猫っ毛」の主人公、幼なじみのみいくんと恵ちゃんの高校時代編。小さい頃から恵ちゃんに抱いてた気持ちが、恋心だとはっきり自覚したみいくん。しかし完全にノンケの恵ちゃんに、気持ちを伝えて関係が変わるのを恐れ、絶対に言わないと心に決めたのだった。思春期の好奇心を丁度良く満たしてくれる大人な相手もいるし、恵ちゃんとは、このまま友だちのままがいいかもしれないと思い始めたみいくん。しかしある日突然、恵ちゃんに彼女ができたと告げられ心が乱れてしまう……。

「いとしの猫っ毛」の主人公みいくんと恵ちゃんの少年期から高校時代を描いた番外編「いとしの猫っ毛 小樽編(3巻)」には、ほんと、泣かされました・・・これ、絶対的運命の相手とビビッときてくっつくって王道BLじゃないんですよ・・・いろいろな複雑な感情を抱えていっぱいになっている繊細な幼馴染を、どこまでも支えたいと一緒にいることにする主人公・・・
その感情は、絶対的なLOVEとは言い難いけど、ものすごく優しく広くどこまでも温かな感情なんです。
人の感情の複雑さ・・・時に矛盾を抱えながらも好きな人と過ごす時間の中で愛を育ててくすばらしさに感動できるコミックなんです

まとめ

「泣けるBL」というと・・・「是-ZE-」>や、「同級生」や、「どうしても触れたくない」などがありますが

これらの昨品は名作中の名作で、有名過ぎる作品ということで、最初から、除外させていただきましたm(_ _)m

 

わたしたち、大人になって、子供のように「うわーん」って泣くことができなくなりましたよね

うちの子が、「うわーん」って大泣きしているのを見ると、正直、羨ましいです

せめて、物語の中だけでも、泣いてみたいですよね

ではでは!

みなさんも辛い時には、泣いて、すっきりしてくださいね!!

「サブブログ」更新情報

NEW10月19日ネタバレ感想「拒まない男」第一話 三月えみ

NEW10月19日「狂犬ハチ公」第13話 ネタバレ感想

10月18日大和名瀬「1Kアパートの王子様」第3話 ネタバレ感想

10月16日「もみチュパ雄っぱぶタイム」第9話 ネタバレ感想

「狂い鳴くのは僕の番 ;β 2巻」最新話 楔ケリ【感想ネタバレ】

10月12日奥田枠「アンチアルファ」第一話 ネタバレ感想

10月12日青山十三「恋人を可愛がる方法」第2話 鬼塚✕柳浦 ネタバレ感想

10月12日コミカライズBL「隣の嘘つき」須坂紫那✕安西リカ 第3話 ネタバレ感想

10月12日9月に読んだベスト10作品はこれ!

10月9日リッケン「ぼくのカレシのすきなひと」最終話【ネタバレ感想】

市梨きみ「心中するまで、待っててね」第1話 ネタバレ感想

「コスメティック・プレイラバー 2巻」第3話 ネタバレ感想

10月6日楢崎壮太「ねこねこケイヤク」最終回 ネタバレ感想

10月5日羽純ハナ「妖しの箱庭に浮かぶ月 最終回」ネタバレ感想 

10月5日祝15周年!おめでとう!「秋のリンクス」フェアまとめ

10月5日【こいめろ更新】「恋するインテリジェンス 6巻発売」!気になる連動企画は?

10月3日吉田実加「こいつはダメだと知っている crossroads」最新話 ネタバレ感想

10月02日練馬zim「エロトマニアックプレイ」第2話 感想ネタバレ

10月1日オメガバース「私立帝城学園-四逸-」夏下冬 ネタバレ感想

10月1日コダ「漫画家とヤクザ 17話」【感想ネタバレ】

9月30日中川カネ子「兄弟失格それ上等(愛)」第3話 ネタバレ感想

9月30日ハル「4月の東京は…」第2話 ネタバレ感想

9月30日みちのくアタミ「アダムの助骨」第3.5話 ネタバレ感想

9月29日佐倉リコ「一ノ瀬くんはいつも言いなり。 」第6話 ネタバレ感想

9月28日登田好美「学ランの中までさわって欲しい」感想ネタバレ

9月27日秋雨るい「ふきげんなディア 2巻」感想ネタバレ

9月25日ヤマヲミ「片想いをこじらせています」ネタバレ感想

9月25日「気まぐれなジャガー14話」ウノハナ ネタバレ感想

上田アキ スピンオフ「オーバー・スコール」第2話 ネタバレ感想

9月21日ひなこ「何かいいもの見つけた」2巻 感想ネタバレ

9月21日里つばめ「GAPS hanker」第3話 ネタバレ感想

9月17日「どうしてもヤリたくて学園」第3話 ネタバレ 星名あんじ 

9月17日イクヤス「ボロアパートに兄の男」感想ネタバレ

9月14日奥田枠「恋する僕らは胃腸が弱い」最終話ネタバレ感想

9月7日羽純ハナ「レムナント―獣人オメガバース―」最新話 ネタバレ感想

9月05日絵津鼓「JOY Second」第一話 ネタバレ感想 更新

9月05日にやま「僕のおまわりさん 2巻」第4話 更新

9月4日さちも「黒か白か 2巻」収録予定 最新話ネタバレ感想

9月1日「手中に落としていいですか」第17話 後編 くれの又秋【ネタバレ感想】

8月30日座裏屋蘭丸「シャングリラの鳥」第3話ネタバレ感想

8月28日「ララの結婚」第5話 ネタバレ感想

8月27日文川じみ「君ってやつはこんなにも」ネタバレ感想

8月26日itz「リバイバルブルー2巻」第8話ネタバレ感想

8月23日にやま「君の隣で揺られて」ネタバレ感想

8月22日りーるー「完璧な息子」ネタバレ感想

8月18日「嘘つきな番~その匂い、ナカまで染み込ませて」 ネタバレ感想

8月14日GO毛力 「寡黙な親友がただのムッツリでした」ネタバレ感想

8月10日小箱あき「オメガ・シンドローム」第13話 ネタバレ感想

8月6日【Renta】まるっと無料!30%OFFなど!Rentaおトク情報まとめ

8月2日【おすすめBLコミック】7月に読んだ中よりベスト10作品はこれ!

7月23日2018年上半期BLコミックベスト30

7月21日電子書籍限定フェス!「ビーボーイフェス2018」まとめ

7月19日魚ともみ「ヤリすぎブラザーズ 」第3話 ネタバレ感想

7月14日Renta!キャンペーンページ更新しました

7月5日ためこう先生作品リスト!ベスト3付き!

6月28日「Charaレーベル 創刊23周年記念バースデーフェア2018」まとめ

6月23日春田「ハイスクールラララブ」ネタバレ感想

6月11日5月に読んだおすすめBLコミックを10作品紹介します

6月9日腰乃 滅法矢鱈と弱気にキス(2)【ネタバレ感想】

コメントはこちらから