二人でいれば怖いことなんてないよ「Life 線上の僕ら」常倉三矢

lifeIMG

すでにご存知の方が多いと思うのでズバリ!!言っちゃいますけど、主人公たちが出会って、そして死が二人を分かつまでを描いたBLコミック「Life 線上の僕ら」

過去にも何作かそういうBL作品を読んだけど、こういうラストは、絶対に泣く人なんです・・・わたし・・・ウルウル・・・だから、この人生終わりまでを描いちゃうタイプのコミックは、少々ズルい気もするんです。けど、読んじゃった・・・そして、ラストは何度もリピート読みしちゃったわ・・・

 

作品詳細

下校途中の一人遊び「白線ゲーム」で偶然出会った生真面目な伊東と無邪気な西。恋に落ち、「白線の上だけの逢瀬」にもどかしさを覚えた伊東は咄嗟に西へキスしてしまって……高校生から大学生、そして大人へ―――変わらない想いと、変わりゆく現実の狭間で愛に翻弄された二人の男の人生を描いた感動の話題作。描き下ろし10ページあり。

引用元:Renta!「内容紹介」より

登場人物

LifeIMG「攻」伊東晃
生真面目な性格の男の子
lifeIMG西夕希
天然。無邪気な男の子

「Life 線上の僕ら」のここが面白い!!

ふたりの運命は白線の上で繋がっている

世の中に溢れる人!人!人!!これだけの人がいるのに、リアルに自分の人生に関わり合いになる人はごくわずか・・・
でも、出会う人とは、絶対に出会うようになっていて、この世で出会う人とは前世からの繋がりがあるのかもしれないと思うことは誰だって一度くらいはあると思う。

学校が違う主人公二人・・・本来ならすれ違うことはあっても会話する機会なんてないはずの伊東と西。そんなふたりが、白線ゲームの上で出会うんだよね。

いや・・・まずさ・・・つっこんじゃうのがさ・・・白線ゲームって、今もやっている子いるんだね!!(しかも!!高校生で!!)

え?白線ゲームって何さ?って人も多いでしょ?

ほら!!あれよあれ!!道路の車道と歩行者の道を隔てる白線からはみ出てちゃったらアウトっていうゲーム!!男子なら高校生になってもやるのか?やるかもしれないな・・・

想像力豊かで、無邪気で笑顔がかわいい西と、生真面目な伊東くんはその白線の上で出会うわけです。無邪気に笑う西くんの笑顔に次第に惹かれていって、ある日、言葉にできない気持ちがせり上がってキスしちゃう伊東くん。逃げる伊東くんを笑って受け入れてくれる西くん。

ううー・・・ええやん・・・青春やねぇ・・・

すごく、あっさりとくっついた感が否めないんだけど、なんか、このふたりだとそれが許される気がするんだよね。友達以上、恋人未満という一緒にいる時間が2年もあるせいかもしれないし、生まれる前から繋がっている関係だからかもしれない。

白線の上で始まったふたりの関係が、ふたりの時間が止まるまでを描いているんですけど、この白線は運命の赤い糸のごとくお互いに繋がっている線だったんだなって思えるラストに胸がギュッとなっちゃう作品なんです。運命で繋がっているから、何度離れても、やっぱり、一緒にいる。そんなふたりの人生を楽しめる一冊です。

LifeIMG

出典:「Life 線上の僕ら」

 

長い人生だからこそ、一度や二度の別れもあるもの?

17才で出会ったふたりは、19才で一線を超え、就職をし大人になっていく・・・
伊東がリアルな現実に目を向けてしまうのが30才手前のこと・・・

BLにおいてのお決まりの別れのセリフ「男同士の不毛な関係」ってやつがあるじゃないですか?

そのセリフを伊東もついに口にしちゃうんですね。いつまでもフワフワしてて無邪気な西でも、自分から離れていく伊東の気持ちに気づいていて、少しでも一緒にいたくて伊東くんと未来の約束をしようとするシーンは、本当に、胸がつらい・・・

自分を愛していてくれたはずの相手は目の前にいるのに、その心がもうないつらさ・・・西の心は砕けてしまいます。

まあ、このあたりは、ほんとに伊東がひどい・・・自分が傷つきたくなくて、西への気持ちを閉ざしてしまって、同時に世間一般の幸せを選んじゃうんだもん・・・好きすぎると、相手を失うかもしれない未来が怖くなっちゃうのかな?伊東くんは真面目だからこそいろいろ考えちゃったのかもしれません。いつだって、西は、無邪気に伊東の横で笑っているのにね・・・

8年ぶりに再開した伊東から「愛している」なんて言われ西はボコボコにするけど、私なら、もっとボコボコにするよ・・・離婚した妻も不幸にし、本当に好きな相手をひとりぼっちにするなんて許せんもん・・・でも、伊東は、別れていたから気づくことがあるって思っているのがよかった。生真面目な伊東は、こういう状況にならなきゃ気づかったんだね・・・やり直しができて本当によかったね。

 

まとめ

その後、死がふたりを分かつまでが描かれているんですけど、そこからは、もう涙なしでは読めないです。

運命でつながっていたふたりの一生を描いた作品・・・「Life」という題名はこの作品にぴったりだと思います。老後のふたりがとってもおちゃめでかわいいです。

そして、どちらかがどちらかを残して逝かなければならないラストは、もらった幸福と失う寂しさとが描かれていて、読んでて胸が詰まっちゃいますね。

仲良しってこういうカップルのことをいうんだと思います。泣きたい時にオススメしたいBLコミックかな?

 

電子書籍で試し読み

海ホタル
このレビューはお役に立ったでしょうか?死がふたりを分かつまでを描いたBL作品は、どうしても好き嫌いが分かれてしまうんですが、この作品は運命って言葉が似合うふたりが主人公なせいかとってもラストがよかったです。

 

「死が二人を分かつまで」オススメBL!!



この記事は役に立った?シェアしてくれたらうれしいです!

4 件のコメント

  • 海ホタルさん
    こんばんは〜毎日、仕事で疲れて読書が進みません(>_<)
    積読本がたまっていくよ〜早く、ゴールデンウイーク来ないかな?
    常倉三矢先生、私も好きでーす!(≧∇≦)「咬みつきたい」は最初、コメディかと思っていたのに、志野がめっちゃエロくて、なんですかねー?あのギャップ。次は常磐のスピンオフだとばかり思ってたのに、中々次の作品が出なくて、どうしたのかなと思ってました。別の作品なんですねー
    せっかく、一般からBLに来てくださった、貴重なマンガ家さんなので、どんどん新しい作品出して欲しいです。
    私の「死が二人を分かつまで」BLおすすめは、小嶋ララ子先生の「パラダイス・ビュー」です。
    ダメ、思い出しただけで涙が・・・(T_T)

    • みかりんさんへ!!

      こんにちはー!!わかります!!わたしは、体力仕事なんですけど、暖かくなってきたせいで、一層体力を消費しちゃって、仕事から帰ったら、もう、ぐったり・・・。ちょっと休ませて・・・と、布団で横になってしまいます。ギリ、1冊は読めてる感じですけど、積読本は、むっちゃ溜まってきています。書きたいレビューも、溜まっています・・・
      「咬みつきたい」面白かったですよ!!私なんて、表紙と題名を見て、吸血鬼?ファンタジーか?と勝手に解釈していました・・・よく、そういう勘違いするんです・・・わたし・・・(お恥ずかしい・・・・)いい具合にコメディ要素と色っぽさが配分されててよかったですよね!!。「Life」の方は、ガラリと違う感じですね。軽いコメディタッチな作風は同じですけど、テーマが深かったし、人生最後までを描くなんて、いい意味でズルいです。笑。
      わたし、「パラダイス・ビュー」未読なんですよ!!え?そういう作品なんですか?!またもや、勘違いしていました!!ぜひ、読んでみたいです!!

  • 海ほたるさん、こんにちは
    前のブログでお引越しすると書かれていたので、前の感想でも読ませてもらおうと思ったら稼働していたのでこちらにもお邪魔することにしました。
    常倉三矢先生、一般誌の時から独特の感性が好きでよく読んでいたのでBLで書かれれいるのを見て凄いテンションあがりました。今回も速攻で購入しています。その日のうちに3回見て泣いて(夜中)翌日見て泣いて、泣きスイッチが入ってしまったようだったのでクールダウンしようと思って読んでいなかったのですが、海ほたるさんの感想を見てまたスイッチはいってます~!!
    また感想見に寄らせてくださいね。では。

    • 三浦恵美さんへ
      コメントありがとうございます。
      常倉三矢先生は一般誌で描かれていた先生なんですね。読者様からの情報で頂いて、びっくりしました。BLを描いてくれてほんとにありがたいですよね!!
      わたしも、この作品は、後半を読む度にウルウルきちゃいます。あの場所で再会するってところが、本当に、ドラマチックというか・・・運命というか・・・そこで終わらず、最後まで描いているところが、また、ポイントが高いですよね!!常倉三矢先生、面白いですよね。2作しか読んでないんですけど、作風は一緒なのに、全然テイストが違います。
      奥が深い作家さんだと思いました。
      また、ぜひ、遊びにきてくださいね(^o^)

  • コメントはこちらから