人生で一度の恋のために死んでもいい・・・健気な受けに注目したい「ひとりぼっちのワルツ」感想レビュー

IMG
更新各ストアで電子配信がスタートしたので追記しました(12/21)

こんにちは!

海ホタルです

こちらの記事では、「ひとりぼっちのワルツ」を紹介しています

 

>>ひとりぼっちのワルツ

☆原作は松本いさ先生、作画は羽純ハナ先生です☆

 

 

この作品には、たいへん、かよわい健気受けが登場します

あまりに弱々しく健気な受け大好きの私の性癖にドンピシャにはまりました!!!

わたしは、健気で幸薄な受けが好きなので!

 

しかし・・・

この作品、むっちゃおすすめです!!!と声高に言えない部分もあって・・・

それは、攻めが、いいとも悪いとも言えないってところ!?

 

なんというか・・・執着攻めが好きなわたしからしたら、かなり物足りなかった・・・涙涙涙

 

攻めに関しては、私好みではないが、受けが好みなので紹介したいと思います

 

どんな受けと攻めが登場し、どういう恋愛をしていくのか?

気になりますよね?

では行ってみよう!!!

作品紹介

登場人物

この作品は特殊設定のBLです
受け役の「是枝 葵」は、是枝家の次男で、「純潔の雌」の希少種

見た目はごくごく平凡・・・華やかさのかけらもない男だが「純潔」というだけで、良家の「雄」たちから数多く求婚されてきた

数ある見合い話の中で、葵は、昔、とあることで心惹かれた「総三 征爾」を自分の番相手に選ぶ

しかし、自分は、「純潔の雌」という理由だけで結婚相手に選ばれた身

嫁いだ総三家の使用人たちからも見下される

しかし、葵は、どんなにつらい目にあっても、自分の人生のただ一度の恋を貫く

攻め役の「総三 征爾」

成り上がりものの「総三家」に生まれた征爾

親が、権力やお金にしがみついているのを見ているせいか、征爾には感情の起伏がなくなってしまった

親が決めた結婚相手の葵にも、最初は関心がなかったのだが・・・・

「ひとりぼっちのワルツ」のここが面白い

どんなにつらくても好きな人のそばにいたい

「純潔の雌」という理由だけで、征爾に嫁いだ葵

使用人たちからは見下され、征爾も葵に興味がなさげ・・・

葵は、そんなつらい境遇の中で、「自分が席に着くまで朝食を食べずに征爾が待っていた」などの、ささいなことで、好きな人(征爾)のそばにいれる幸せをかみしめている

しかし、ある日、酔っぱらった征爾が葵を抱き、番の契約を交わしたことで状況は変化する

海ホタル
「番の契約」は、「雄」が受けの額にキスを、「雌」が攻めの額にキスを返せば契約が成立するのです

征爾の気持ちなど・・・なにひとつわからないが、番の契約に答えてしまう葵!!!

 

しかし、翌朝、征爾は、葵を抱いたことを覚えておらず・・・

番の契約を交わしたことも覚えていなかった!!!

酔った勢いって、本当に怖い・・・

 

契約を交わした「雌」の体は、妊娠できる体に徐々に変化をしていく

この期間に、ものすごい痛みが「雌」の体を襲う

その痛みを和らげるために「雄」の体液(精液とか・・・唾液とか)を摂取せねばならないのに・・・

征爾は契約を交わしたことを覚えていないため、征爾が食べ残したプリンを食べることで征爾の体液を摂取し、痛みを乗り越える葵

そして、契約を交わしたことを征爾に話さず、自分一人でその痛みを乗り越え、このまま死んでしまうのだと、征爾の前から消えるのです・・・

受けの葵は、征爾の気持ちを確認せず、契約に答えてしまったという罪悪感から、番関係を結んだことを言い出せないんです

祖母たちからは、番の契約の申し出に答えるか否かは慎重になる様にと教育を受けていたのに!!!

でも、葵の人生にとって、好きな人と一時でも気持ちが結ばれるという一瞬が、人生のすべてだったんですよね・・・

感情がない攻め

この作品は、受けが究極の尽くし&健気系!!!

個人的には、そんな尽くし系の受けに愛されて劇的な溺愛攻めになるシーンを楽しみたい!!!と思ったのですが・・・

しかし!!!

この作品に登場する攻めは、なんというか・・・むちゃくちゃクール・・・・!!!

やる気がない。何事にも心を動かされない攻め

しかし、葵の見返りの求めない愛に、徐々に心を変化させていく!

その部分は、ちゃんと描かれているのですが・・・

なんというか・・・

「執着」だったり「独占欲」だったりという強く欲望があまり見えない展開です

静かに・・・心の奥深い場所で葵のことを大事に思い始めているのだというのはわかるのですが。

葵が命をかけて攻めを愛したように、攻めも、命を懸けて葵を愛するっていうシーンがないまま終わってしまいました・・・

受け至上主義としては、そこの部分が、どうしてもひっかかったかな?

受けの葵が幸せなので!そこで満足すべきかもしれません!!!

海ホタルの感想まとめ

なんというか・・・攻めの気持ちは掴みにくいし、もやっとする部分があるのですが、作品全体に漂う悲壮感みたいな空気が個人的にはすごく好きです

羽純ハナ先生・・・絵が変わった気がしますが、これは、ストーリーに合わせての画なんですかね?

ストーリーと画が絶妙にマッチしてて・・・そこもよかったです

あと、気になったのが・・・

是枝家の祖母が、葵に「兄弟の中で嫁ぐ相手が決まっていないのはお前だけ」というシーンがあります

ということは・・・

葵のことを助けてくれた円兄も結婚相手がいるってことなんでしょうか?

円の友達役で登場した直杜(なおと)と円兄は、いい感じだと思っていたんですが・・・

違うのかなーともやもやが残ります

まあ、そういうもやもや部分も含めて楽しんでいただければ・・・

ぜひ、試し読みで中身をチェックしてみて

試し読みはこちらから

おすすめネタバレ!

IMG
IMG
IMG
IMG

★サブブログ更新情報★

NEW02月03日【BL】「僕が歩く君の軌跡」40話 ネタバレ感想

1月15日【BL/TL】「女体化した僕を騎士様達がねらってます」25話 感想ネタバレ

【BL】「ネタバレ感想「黒ギャルになったから親友とヤってみた。第14話」ネタバレ感想

12月24日【BL】「夜明けの唄」第16話 ネタバレ感想

12月07日【BL】百瀬あん「ナカまであいして」第14話 ネタバレ感想

12月06日【レス問題/夫婦】ハルノ晴「あなたがしてくれなくても」第73話 感想ネタバレ

11月25日【BL】ネタバレ感想「αの花嫁 ─共鳴恋情─」第23話 ネタバレ感想

11月21日【BL】「当て馬キャラのくせして、スパダリ王子に寵愛されています。」1~4話 ネタバレ感想

11月19日【BL】スピンオフ「何でもいいから消えてくれ」第11話 ひなこ 感想ネタバレ

【BL】「舌先から恋 第6話」百瀬あん 感想ネタバレ

10月01日【BL】「自惚れミイラとり」第9話 中川カネ子 ネタバレ感想

9月29日【BL】「理性的パーバートロマンス」スペシャルショート あらすじ紹介 ネタバレ有

9月27日【BL】「アンタは俺のオメガだろ」猫野まりこ1~3話 ネタバレ感想

8月17日【BL】羽純ハナ「レムナント―獣人オメガバース―」33話 ネタバレ感想

7月10日【BL】「イケボ配信者は俺狙い」第3話 ネタバレ感想

7月2日【レス問題】「それでも愛を誓いますか」第40話(最終回) ネタバレ感想

6月25日【BL】「体感予報」第5話 見どころ&ネタバレ感想

5月29日【話題】『小悪魔教師サイコ』紹介記事

シェアしてくれたらうれしいです!

コメントはこちらから