「后宮のオメガ 第9話」露久ふみ ネタバレ感想

IMG

オトクにBLが読みたい!

狼への嫁入り〜異種婚姻譚〜【特典付】

狼への嫁入り〜異種婚姻譚〜【特典付】

6/8まで30%OFF

悪人の躾け方【電子限定特典付】

悪人の躾け方【電子限定特典付】

6/8まで30%OFF

お遊びはそこまで【Renta!限定特典付】

お遊びはそこまで【Renta!限定特典付】

6/8まで30%OFF

ここはやさしい庭【SS付き電子限定版】

ここはやさしい庭【SS付き電子限定版】

6/8まで30%OFF



こんにちは!海ホタルです

こちらの記事では、2022年11月30日発売の「シェリプラス 2023年1月号」掲載の「后宮のオメガ」の紹介をしています

 

個人的には、攻めには据え膳は食べてほしい派なので、今回の、ハーリドについては、いろいろ物申したいものがありました!

受けちゃんも、早く一線を越えたいって思ってるんだから?

それに答えるのも攻めの役割なのでは???

 

と思いつつ・・・

 

ハーリドは、一般人とは違い、己の欲望のままに生きれない立場であることもわかるので・・・

なかなか、もどかしいハーリドとイリヤの関係にじれじれです

政治的なお話もあるので!

ちょっといろいろ複雑な回だったと思いますが!

紹介にいってみたいと思います

ネタバレ有りの記事となっています。ネタバレNGの方は閲覧注意でお願いします

「后宮のオメガ 第9話」 あらすじストーリー紹介(ネタバレ有)

シェリプラス2023年1月号に掲載の回です

チェンからの申し出

ナタシュウ国から来たチェン

「手を組まないか?」と反乱軍のリーダーであるハーリドに言う

チェンは、兄である国王派なので、警戒するハーリド

けれど、チェンは「互いの利害の一致のため、手を組みたい」という

発情がはじまっているイリヤを見て、後日、あらためて話す時間を作りましょう。というチェン

おすすめBL
セブンティーンシロップス/ あらた六花
初めて味わう、めまいがするほど甘い衝動。高校2年生の謙太郎は、学内で有名な先輩・瑞生に出会う。何かと構われるうちに意識するようになるが、ある日保健室で女の先輩と一緒にいるのを見て、衝動的にキスをしてしまい……。独占欲強めな後輩×遊び人な先輩、俊英あらた六花がおくるネオピュアBL!

ようやく結ばれる?

発情しているイリヤを抱きかかえ、自分たちの陣地に戻るハーリドたち

スゥヤに、今まで発情期はどうしていたのか?と尋ねるハーリド

スゥヤは、ここ数年、イリヤに発情期はなく、抑制剤は、内戦のため手に入りにくい状況であると説明する

ハーリドは、人払いをし、テントでイリヤとふたりきりになる

テントでふたりきりになり、イリヤの方からハーリドを求める

イリヤの胸元がちらりと見えて・・・ハーリドは目が釘付け!!!!

発情したイリヤに口づけをするハーリド

舌と舌がからみあい、イリヤは、ようやくハーリドと結ばれると胸をいっぱいにするが、ハーリドは、口移しで抑制剤をイリヤに飲ませた

イリヤは、そのまま気絶してしまう(寝てしまう?)

おすすめBL
そんなに言うなら抱いてやる2/ にやま
「君の秘密は、僕が守る」愛しさを募らせてゆく2人に波乱が待ち受ける…!? 罪作りな元遊び人×純情ナルシスト王子!

「待っててほしい」「イヤだ!」

朝、目覚めると、発情が終わっていたイリヤ

テントの外に出ると、ハーリドがいた

ハーリドの隣に座るイリヤ

イリヤの身体を心配するハーリド

イリヤは「手間をかけた」と申し訳なさげに言う

そんなイリヤに、自分の着ている羽織を着せるハーリド

「どうして、抱かなかった」と聞くイリヤ

ハーリドは、「今の俺には、お前の番になる資格がない」と答える

一緒にいるという約束を破り、イリヤを守れなかった過去

長い間、イリヤを苦しませた自分

ハーリドは、ザインを倒して、王位を取り戻し、必ずイリヤの元へ帰ると約束をする

その時、必ず、お前を番にする。というハーリド

「待っていてほしい」というハーリドの言葉に、イリヤは「ムリだ」と答える

ハーリド!ショック!!!

 

イリヤは、「もう待ちくたびれた。オレもお前と一緒に行く」と言う

イリヤの言葉に驚くハーリド

イリヤは笑って「お前が約束をまもる瞬間を見届けてやる」と言う

チェンの狙いは・・・・

チェンとハーリドが会う

「利害が一致している」と言ったチェンの言葉の真意を尋ねるハーリド

 

チェンは、ハヌ国を内側から弱体化させるためにナタシュウ国からやってきた

本当ならば、今頃、ハヌ国はナタシュウ国の属国となっていたはずだが、ナタシュウ国の国王が病気になったことで、ナタシュウ国内で内乱が起こり、それが実現できずにいる

ナタシュウ国では、王位争いが起こるたびに、内乱や血なまぐさい殺戮が繰り返される

チェンは、自分が絶対的な王になることで、そういうくだらない王位争いをやめたいと願っている

 

チェンは、ザインの持っている情報をハーリドに渡すから、ハーリドが、王位奪還したのちに、自分がナタシュウ国の王になるため協力をしてほしいと言う

 

チェンの申し出に「協力する」と答えるハーリド

イリヤは「そんな簡単に受け入れてもいいのか?」というが、ハーリドは、「かまわない」と答える

チェンは、王の軍より反乱軍の方が強いと踏んで、ハーリド側に寝返ったってことみたい!
ハーリドは、そこも理解して、協力すると答えています
イリヤは、チェンのことを信用していない!
おすすめBL
憐れなβは恋を知らない2/ 屋敷シマ
“俺(α)がお前(β)を運命にする”策謀巡らす主人α×健気な執事β

我慢ができない

話し合いが終わり、一緒に外を歩くイリヤとハーリド

イリヤは「今日はどうする?俺と一緒に寝るか?」と聞く

ハーリドは、イリヤの申し出を断るが、別れ際、イリヤにキスをして「よく休んでくれ」と優しい言葉をかける

テントに戻って横になるイリヤ

別れ際、やさしかったハーリドを思い出し、自分の方が、我慢の利かない小さい子供のようだ・・・と思うのです

海ホタルの感想まとめ

いやー・・・待っててくれって言われてもね~(笑)

イリヤは、早く、ハーリドと番になりたいって思っているので!

その願いをかなえてやればいいのに・・・って思ってしまう!!!

でも、これから内乱が本格化するわけだし、ハーリド自身も生きて戻れるかわからない状態なので、今、番になるのは、攻めとして「無責任」だと思ってて・・・

さらに、昔、約束を守れなかった過去もあるし、ハーリド自身も、今は、自信がないのかもしれないですね

でもでも、番になったら、イリヤの不特定多数を引き寄せる発情期が止まるのではないかと思うんですね

だとしたら、イリヤの身の安全のためには、番になった方がいいのでは?と言う気もします

今、第9話なので、あと数話で終わるのではないかと予想しています

ハーリドとイリヤのラブラブを早く見たいです

露久ふみ先生の作品が気になったら!まずは試し読みチェック!
UNDEAD−アンデッド−1

UNDEAD−アンデッド−1

シェアしてくれたらうれしいです!

コメントはこちらから