「ギヴン -given- 5巻」第25話 ネタバレ考察【シェリプラス2018年7月号】

IMG

こんにちは!海ホタルです

奇数月の30日といえば!?

シェリプラスの発売日ですよー!!

では!さっそく、「ギヴン」の最新話のご紹介をしたいと思います

この記事には、ギブン最新話のネタバレが含まれますので、閲覧にはご注意をお願いします
ギヴン25話は、「ギヴン5巻」に収録されると思われます

 今までのネタバレ記事はこちらからどうぞ!

Cheri+(シェリプラス) 2018年07月号

 シェリプラス2018年5月号は期間限定電子配信中です

 シェリプラス2018年7月号は期間限定配信中です

ギブン25話のご紹介

今号の「ギブン」はページ数が、18Pだよー

表紙は秋彦です!

透明傘をさしている秋彦が駅前(?駅中かな?実在しそうな駅ですが、ここ、どこでしょう?知っている方は情報ください)で後ろを振り返っている姿です

【追記】読者様から「神奈川県川崎市多摩区の“登戸駅”」という情報をいただきましたよー!ありがとうございます!

表紙に入っている煽り文句は

誰かに呼ばれた気がして振り向く。
いつだって、名前を呼んでほしかった。
欲しがってもらいたかった。

俺を愛さなかった音楽に 愛されたあいつに。

これは、雨月に「あなたが必要だ」って言ってほしかったってことかな・・・?

もし、雨月が秋彦に別れではなく・・・助けを求めていたら・・・?

今頃、幸せなふたりになれていたかもしれなかったこと?

いろいろな憶測ができる深い煽り文句ですよね!

ここからがネタバレ記事となります。

春樹が秋彦に電話をするが・・・しかし・・・

朝、春樹が秋彦の姿を部屋の中で探しています

返事がないことに、夜勤明けでとっくに帰っているはずなのにおかしいなって思い秋彦のスマホに電話を入れます

電話をかけたそばから、すぐ近くで着信音がする

春樹がその音の方を見ると、秋彦のスマホは電源に挿しっぱなし状態でソファの上に転がっている

それを見て、「・・・・・」状態の春樹

覆面係長

覆面係長

覆面係長/斑目ヒロ
前代未聞の覆面超絶美男子ラブロマンス!

立夏のことを幼馴染に紹介する真冬。その紹介文句が・・・

シーンが変わりライブ審査会場へ

本日が一日目となるようで、受付で投票用紙をもらう真冬の姿があります

その真冬に声をかける柊と玄純(しずすみ)

真冬は驚いて「柊!」と声に出します

真冬のその声に振り返る立夏

柊と玄純のバンドは今日(審査一日目)に出場らしく、真冬は立夏にふたりを紹介します

そして、柊と玄純に立夏を「(自分の)彼氏!」と紹介する真冬

真冬の直球の紹介文句に、立夏は吹き出しちゃいます!(←ニヤニヤしてまうわ~!)

立夏に「柊には会ったことがあるよね?」と真冬が言うのですが、人の顔を名前を基本覚えない立夏はまったく記憶がない

そんな立夏に怒り顔をして「かんじわるっ」という柊

矢継ぎ早に「お前らのバンド明日じゃねえの?」「余裕なの?」「所詮、お客様気分なのかなー」とチクチク聞く柊

その柊のイラッとさせられる態度にプルプルしながら真冬を見てなにかを訴える立夏

その立夏の姿に「うん。うん。(言いたいことは)わかるよ」と言う真冬

俺の胸でおやすみ

俺の胸でおやすみ

俺の胸でおやすみ/未散ソノオ
顧客の快眠をサポートする睡眠アシスタント。春臣(はるおみ)は、同期のエースで親友のマキノとうまくやっているつもりだったが、ある日を境に急に避けられるようになり……!? 同期で親友が同期で恋人になるまでのAtoZ。

ライブ審査の流れはこういう感じです

カウントダウンフェスには通称CAC(カック)というアマチュアの出場枠があるそうです

オーディションは一次が書類選考

二次はお客さんが入っているステージで実際に演奏して、お客様の投票により最終通過者が選ばれます

立夏が一般客を入れての投票システムであることを説明すると、「へぇー」と・・・今、知ったわ~と言わんばかりの反応をする柊、玄純、真冬

「全員、そのリアクションなのはおかしいだろ!」と立夏が三人につっこみを入れています!(笑!)

柊たちは他のメンバーと合流すると言い、その場を離れます

入れ違いで春樹が立夏と真冬と合流します

春樹がひとりなことに「梶さん(秋彦)は?」と聞く立夏

秋彦と連絡がつかないことを話す春樹

飴色パラドックス(1)

飴色パラドックス(1)

飴色パラドックス/夏目イサク
週刊誌記者の尾上は、異動先の張り込み班でカメラ担当の同期・蕪木とコンビを組むことになる。密かにライバル視していた相手である上、スクープのためなら手段を選ばない蕪木のやり方が正義感の強い尾上には納得できず、最初は衝突ばかり。けれど共に事件を追ううちにお互いが気になり始め……? 話題のケンカップル登場v

その頃!!秋彦は雨月の家にいた!

その頃の秋彦といえば・・・・

雨月が住むマンションにいました

喧嘩して出て行ったきり久しぶりの帰宅です

家に入ると、散らかったままの部屋が目に入ります

突然現れた秋彦との姿にバイオリンを弾いている雨月は驚きます

雨月が「秋彦」と言ったところで次回に続いています

海ホタルの考察・感想

いよいよライブ審査が始まりました!

真冬たちは2日目の演奏だそうです。

真冬の作った曲の作詞を見ることができるのか?楽しみですね!

今号は、柊、玄純、真冬、立夏の会話が砕けた感じでニヤニヤ楽しめました!

でも、今話の注目は秋彦と雨月の久しぶりの対面ですよね!

最後の数ページなんですが、もう、ドキドキしました!!

雨月の家に帰る時、秋彦は、けっこう大きめのバッグをふたつ持っているんですよ

これ・・・春樹の家を出て、雨月のいる家に戻ったってことなんでしょうか?

でも、春樹になにも言わずに?スマホも置いて?

って考えると、どこか腑に落ちない・・・

うーん・・・大きいバッグを持っていますが、雨月のいる家に帰ったわけではないのかしら???

元カレの雨月の側にいて体だけのセフレ状態になってしまったことで、好きって気持ちがガチガチに固まってしまって前にも後ろにも進めずにいた秋彦

でも、春樹の元にいったことで、固まっていた気持ちがなにかしら動いた気がするんですよね

気になるのはどういう方向に動いたのか?ってところなんですよねー・・・

第23話では、「春樹といて、音楽が想像以上に楽しい」って思っていた秋彦。

春樹の持つ空気感は秋彦にとてもいい変化をもたらしたと思うんです

だから・・・

春樹に、もうワンチャンあるんじゃないのか?って気もしているんですけど・・・・

でも、今号を読むと、これは、やっぱり、雨月と秋彦がもう一度ヨリを戻す可能性の方が大きいのでは?って気がしてきました

なにより・・・雨月が秋彦なしでは生きていけない感じがするんだよねー・・・

離れたことで気づくことも多いと思うんです

みんな、幸せになってほしいなー・・・

春樹と雨月なら春樹押しでしたが、でも秋彦が去った後の雨月の不安定さを見ると、雨月にも肩入れしちゃいたくなりますね・・・

次号の展開も楽しみです

次号のシェリプラス告知です

次号のシェリプラスは7月30日発売予定です

ギブンが表紙&巻頭カラー&ふろくドラマCDつきだよ!!

ヒャッホー!!!

むっちゃ楽しみですね!!

おすすめネタバレ!

IMG
IMG
IMG
IMG
「サブブログ」更新情報

NEW10月20日【非BL】ハルノ晴「あなたがしてくれなくても」第46話 感想ネタバレ

10月15日【非BL】「私の夫は冷凍庫に眠っている」第9話後半 ネタバレ感想

10月13日「さよなら共犯者」第4話 あがた愛 ネタバレ感想

10月09日「いつか恋になるまで」続編!「明けても暮れても」第3話 ネタバレ感想

10月08日【非BL】安野モヨコ「後ハッピーマニア」第8話 ネタバレ感想

10月08日【非BL】松田環「こちらから入れましょうか?…アレを」6~19話 ネタバレ感想

10月07日「ふたりのαに娶られて」第3話 ネタバレ感想

10月07日【非BL】「女の子が抱いちゃダメですか?」第11話 ねじがなめた

10月05日日高ショーコ「アンチロマンス」2巻 10話ネタバレ感想

10月04日【非BL】「それでも愛を誓いますか」第18話 ネタバレ感想

10月01日ハル「4月の東京は…」スピンオフ!「東京-冬-」 ネタバレ感想

10月01日「手中に落としていいですか 3巻」第10話前編 くれの又秋【ネタバレ感想】

9月27日ウノハナ「新宿69ヘヴン」第3話 感想ネタバレ

9月27日「お兄ちゃんだって甘えたいわけで。」第11話 ネタバレ感想

9月26日【非BL】ネタバレ感想「にぶんのいち夫婦 第20話」 ネタバレ感想

9月25日「簡易的パーバートロマンス 4巻」第3.5話 【感想ネタバレ】

9月25日「狂い鳴くのは僕の番 ;β」楔ケリ 本編最終話 【感想ネタバレ】

9月25日「気まぐれなジャガー」第23話 ネタバレ感想

9月25日【非BL】「恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー」9/25日配信分!ネタバレ感想

9月24日S井ミツル「めぐみとつぐみ」15話 ネタバレ感想

9月21日【非BL】橘オレコ「プロミス・シンデレラ 」72話を追記・更新しました

9月21日GO毛力「運命すぎてつがえません」第5話 ネタバレ感想

9月20日鈴丸みんた「かんしゃく玉のラブソング」1~3話 ネタバレ感想

9月16日「月の街、花の都 3巻」14~15話 千葉リョウコ 【感想ネタバレ】

9月16日ウノハナ「怒った顔もエロいです」1~2話 ネタバレ感想

9月13日「僕が歩く君の軌跡」24話 ネタバレ感想

9月9日2020年8月に読んだベストコミック10作品!

9月6日「セックスアンフレンド」第16話 相野ココ 感想ネタバレ

8月29日「シャングリラの鳥」第9話 ネタバレ感想

8月28日「ララの結婚」第15話 ネタバレ感想

8月22日高城リョウ「BODY-KILLER!」第4話 ネタバレ感想

8月21日「プチミニョン -獣人おめがばーす-」2巻 第12話 羽純ハナネタバレ感想

8月21日ネタバレ感想「アバウト ア ラブソング」第2話 夏野寛子

8月14日羽純ハナ「レムナント―獣人オメガバース―」第24話 ネタバレ感想

8月13日「自惚れミイラとり」第4話 中川カネ子 ネタバレ感想

8月10日「ドSおばけが寝かせてくれない3巻」第2話 ときしば 【感想ネタバレ】

8月5日市川けい「ストレイバレットベイベー」2巻 第11話 ネタバレ感想

8月5日「瘢痕―ハンコン―」第2話 ネタバレ感想

8月3日【新連載】「お伽話は地獄の果て、」市梨きみ ネタバレ感想

8月1日田倉トヲル「のみ×しば」2巻 第7話 ネタバレ感想

感想ネタバレ「ハッピー・オブ・ジ・エンド」第4話 おげれつたなか

7月17日【最終回】「何かいいの見つけた!Re:」感想ネタバレ

7月8日【新連載】藤咲もえ「トンでもない俺のα-ナダと菫人-」ネタバレ感想

7月7日「Daisy Jealousy」最終回 おげれつたなか 感想ネタバレ

6月30日里つばめ「GAPS off limits」第5話 ネタバレ感想

6月30日山本小鉄子「笑う鬼には福きたる 」第16話 ネタバレ感想

6月28日「キリング・ストーキング」第7巻 ネタバレ感想

6月23日「女体化した僕を騎士様達がねらってます」第19話 ネタバレ感想

6月16日にやま「そんなに言うなら抱いてやる」最終回 ネタバレ感想

6月11日練馬zim「運命がラブストーリーでありますように」第3話ネタバレ感想

6月7日羽純ハナ「キス・アンド・ナイト」第5.5話 ネタバレ感想

6月7日左藤さなゆき「ロマンチック・ラメント」第3話 ネタバレ感想

6月7日 藤河るり「マーキングオメガ」第6話 ネタバレ感想

6月4日ネタバレ感想「どう考えても死んでいる」第8話 雁須磨子

5月25日「召されやがれ!」最終回 みちのくアタミ ネタバレ感想

5月21日akabeko「少年の境界 3巻」最終回ネタバレ感想

5月12日「ワタシ以外みんなバカ」1~7話 かたおかみさお ネタバレ感想

5月1日「やましい恋のはじめかた」2巻 第2話 小東さと ネタバレ感想

4月30日【非BL】「夫はわたしじゃいけないの?」19~21話 ざくざくろ 最新話ネタバレ感想

4月15日春田「運命の番がお前だなんて」第7話 ネタバレ感想

4月9日【こいめろ】供威×黒瀬編「恋するインテリジェンス」class:♯128TK-001 後編(ネタバレ有)

4月8日「食べてもおいしくありません」2巻 第6話 ネタバレ感想

4月2日「24時間オチないKISS・続」第5話 加藤スス【感想ネタバレ】

3月31日ハル「4月の東京は…」最終回 ネタバレ感想

3月31日みちのくアタミ「アダムの助骨 2巻」最終回 感想

3月27日国原「ストリッパーの淫らな悪戯」第13話 ネタバレ感想 ネタバレ感想

3月17日【新連載】「メデューサの息子」吹屋フロ  ネタバレ感想

3月13日ネタバレ感想「こいつはダメだと知っている vie ensemble」第5話後編

2月29日「私立帝城学園-四逸-」第9~10話 ネタバレ感想

2月25日「漫画家とヤクザ」第24~25話 コダ【感想ネタバレ】

 

6 件のコメント

  • はじめまして。海ホタルさんの文章は読みやすく、感想も共感出来ることが多くて、いつも楽しく読ませていただいてます。
    ギヴン24話の扉絵で秋彦がいる駅は、神奈川県川崎市多摩区の「登戸駅」です。JR南武線と小田急線が走っています。関西在住ですとなかなか馴染みがないかもしれませんが、登戸駅は新宿駅から小田急線急行で20分ほどで近隣には大学もある学生の多い街です。下北沢や渋谷方面にも行きやすいので、バンドマンも多いかも。ギヴン21話でバンド練習しているのが登戸駅前の音楽スタジオのようですよ。(実際にスタジオがあります。)おそらく、春樹が住んでいるのもこの駅周辺みたいですね。
    ギヴンは実際の駅名や実在する風景が出てくるので、キヅ先生の美しい作画と相まってよりリアルに感じられて、登場人物が本当に存在しているように思います。だからこんなにも胸を打つのかもしれないですね。

    ので学生の多い街です。

    • 春歌さんへ
      コメントありがとうございます!
      うわー!駅名教えてくれてありがとうございます!えらくリアルな駅だなー。実在しそう・・・って思っていたんですよ!
      「登戸駅」は、初めて聞きましたが、川崎市多摩区はさすがにわたしでも知っています。その周辺が舞台ってことなんでしょうね。いいなー・・・付近に住んでる人がうらやましい!!
      マンガを読んでいて自分の知っている場所がでてくると、親近感が一気に増すし、テンションがあがりますよね!登場人物たちも本当に存在しそうな気持ちになります
      春樹、秋彦、雨月の三人がどういう恋の結末を出すのか・・・ほんと楽しみですよね!
      本当教えてくれてありがとうございました!記事の方にも追記しておきます☆

      • お役に立ててなによりです。(読み返したら誤字やらをいくつか見つけてしまいました。読みづらくてすみません。)
        私は10年ほど前に登戸に住んでいたことがあるのですが、むしろ今!今住みたい!!この街に今住んでいるギヴン愛読者さんがうらやましいです。
        今回秋彦と雨月が数ヶ月ぶりに再会して、次号は話が大きく動くことは間違いないですよね。すごく楽しみだけど怖くもあります…!春樹が大好きなので春樹を応援していますが、でも雨月にも幸せになってほしいし… 秋彦の出す答えで三角関係がどう動くのか、注目ですね!
        次号が本当に待ち遠しいです♡

        • 春歌さんへ
          ええ!!登戸に住んでいたことがあるんですか!?空気を吸ったことがあるっていうだけでうらやましい!
          なんていうか・・・それぞれの町にそれぞれの空気感ってあるじゃないですか?その町の空気感を知っているってだけで、一層作品が身近になりますよね!
          (でもでも!!今!今!!住みたい!って気持ちもすごくワカル!!)
          >すごく楽しみだけど怖くもあります・・・
          わかります。今まで不透明だった部分に決着がつくのかな?って期待と不安がありますよね・・・次号は、話が大きく進みそうな予感があります!
          春歌さん!文章お上手ですよー!東京在住じゃないあたしでも、なんとなくココらへん?ってイメージが伝わりましたもん!
          わたしも誤字脱字だらけです!楽しけりゃ、それでいいんです!わはは!!
          また!ぜひ!!コメントくださいね!!

          • ありがとうございます!海ホタルさんの文章からも楽しんで書いてらっしゃるのがすごく伝わってきます。そして話の要約がとてもお上手。買うのを迷っている作品は海ホタルさんの感想をかなり参考にさせてもらってます!
            私の住んでいた頃の登戸は、駅が工事中で藤子・F・不二雄ミュージアムもまだなかったんです。でも、3年くらい前ミュージアムに遊びに行った時、住んでいた頃と変わらない空気を感じました。ギヴンは元々大好きな作品でしたが、駅名が判明したとき一層その思いが深まりましたね。もし今住んでいたら、全力で春樹の家を捜索して、用もないのに音楽スタジオを予約すると思います!笑
            次号のChéri+はギヴンが表紙・巻頭なので、キヅナツキ先生のカラー絵を拝めると思うと胸が高鳴ります!キヅ先生のカラー絵がものすごく好きなんです♡
            そして、海ホタルさんの次号の感想もものすごく楽しみにしています!

          • 春歌さんへ
            うわー・・・探したら、ほんとに春樹の住んでいる家が見つかりそう!もしかして・・・ここ!?ってウキウキできそう!!登戸駅、すごくのどかそうで良さげな感じですよね!
            キヅナツキ先生のカラー絵はわたしも好きです。すごくお上手ですよね!東京であった原画展とか、ほんと行きたかったんですよ!
            >海ホタルさんの次号の感想もものすごく楽しみにしています!
            ありがとうございます!次号はわたしもすごく楽しみにしています!誰が扉絵を飾るんでしょうね?4人全員だとうれしい!!

  • コメントはこちらから