腐女子であることを彼氏にカミングアウトするタイミングはここだ!

IMG

夏!!といえば、恋の季節ですから、新しい出会いがあった方がたくさんいるんではないでしょうか?

この夏彼氏ができた人も、これからできる予定の人も、腐っている身として考えるのは「いつ、自分が腐っているか彼氏にカミングアウトするか?」ってところだと思います。

自分が好きな趣味であれば、好きな人には理解してほしいっていうのが、やはり乙女心というもの。

そういうわけで、40歳、既婚、だんなに未だ腐女子であることをカミングアウトしていないわたしが考える、「腐女子であることを彼氏にカミングアウトするタイミング」について今日はお話します。

まず、あなたは本当に「腐女子」ですか?

まず、最初に念のため、確認しますが、あなたは本当に「腐女子」ですか?

最近、「腐女子」って言葉が間違えて使われている傾向にあります。

  • 男の子同士がイチャコラしているのに「キュン」と萌える。
  • アニメ、コミックを見て、男の子同士のキャラがイチャコラしているのを「BL」だと思っている。
  • 少女漫画、TLに混じって、BLコミックを数冊所有している。
はい!!実は、その程度では、「腐女子」とは呼びません!!

あくまで「腐女子予備軍」です。

「腐女子」というのは男の子同士の結合を含む関係を含めて妄想できる女性なのです。

そういう方は、彼氏に改めて「腐女子」であることをカミングアウトする必要なはいと思います。

一過性の趣味で終わる可能性も大きいですし、もし、BLコミックが彼氏に見つかったとしても、「友達が薦めるから読んでみたの」と言って、ごまかしましょう!!

BLが好きでたまらないという「腐女子」の場合

男の子がイチャコラしているのを見れば「こいつら、つきあってるよな・・・」ってつい思っちゃうって方。

BLコミックやBL小説ばかりを買ってしまうという方は確実な「腐女子」です。

そういう方は、このまま読み進めてくださいね。

まず、彼氏に「腐女子」であることをカミングアウトできないって理由のひとつに、わたしが思うに、「BL=エロい本」だと勘違いしている男子が多いという背景があると思います。

そして、あなた自身も、心のどこかでそういう意識を持ってしまっているんだと思います。

はっきり言いますが!!

「BL=エロい本」ではありません!!

確かに、エロで始まり、エロで終わるBL本があることは認めます。けれど、BLコミック全てがそういうものであるという認識が間違いです。

だから、カミングアウト。もしくは、彼氏に「腐女子」であることがバレるまでに、その間違いをさりげなく正していきましょう。

順番としては、まず、自分がマンガ好きでマンガをよく読むことを告白しましょう。一緒に本屋に行ったときなどがチャンスです。

次に、恋愛漫画が好きであることを話し、好奇心旺盛なので、友達から薦められたコミックをよく読むことを話しましょう。

そして、「BL」というジャンルについて、正しい情報をインプットしていきましょう。

その会話の中で、彼氏が「マンガ」に対して偏見がないか?前向きであるか?を探りましょう

「マンガ」に対して偏見がなく、前向きであり、なおかつ、貴方の意志を尊重してくれる相手であれば、カミングアウトまであと一歩です。

何かを一緒にやってて楽しい雰囲気の時に、さらりと最高の笑顔でカミングアウトしてみましょう。

彼氏が「マンガ」そのものに対して肯定的な考えを持たない場合

まず、この場合、彼氏が、なぜ、「マンガ」に対して肯定的じゃないかどうかを探っていきましょう。

下手をすれば、あなたと根底部分の性格部分から合わない可能性もあるからです。

単純に読んだことがない。マンガのない家庭環境で育ったという場合なら、「マンガ」についていいイメージを刷り込んでいきましょう。

中には、「僕は、マンガは読まないけど、君の趣味にはとやかく意見はしないよ」という男子もいると思います。

こういう男子の場合、注意しなければならないのは、「君の趣味に意見しない代わりに、君も僕の趣味にも意見しないでくれる?」というケースです。

もし、あなたが、恋愛する相手と結婚する相手を分けて考えられるタイプであれば、こういう男子とつきあいつつ、彼氏公認の元、BLを自由気ままに楽しむのもいいと思いますが、もし、将来、結婚を考えているのであれば、彼氏の趣味の内容とお金のつぎ込み方をぜひさりげなく確認してみてくださいね。

わたしのママ友のだんなさんの場合、趣味が「車」です。

自分で稼いできたお金を何に使ってもいいだろう?と、何百万もする車を短いスパンで、相談もなしにとっかえひっかえ乗られたのでは、たまったもんじゃありません。

結婚は「リアルな生活」です。

「きみの趣味を尊重する」という一見、肯定的とも取れる意見の本質部分を見極めてくださいね。

「男同士が恋愛してるなんて気持ち悪い」って言われた時

BLに対して、どうインプットしてもいい顔をしない男子もいます。

わたしが思うに、こういう男子の場合、リアルとファンタジーが混合している場合が多いと思います。

「マンガは、マンガであって、リアルとは別物」であることを理解してもらいましょう。

世の中には、様々な趣味、嗜好のマンガが溢れています。「これ、リアルにやったら犯罪やん」「むっちゃ、グロい・・・」という過激な描写のマンガであっても、面白ければ売れるし、映画化もされる時代なのです。

BLはファンタジーであり、同時に、マンガはエンターテイメントなのだとわかってもらいましょう。

カミングアウトしてからを考える

カミングアウトの時「わたし、腐女子なの」と直球を投げるより、「マンガが好きでBLだって読むよ」という感じにカミングアウトしたほうがいいかもしれません。

彼氏に「え?お前、腐女子なん?」って切り替えされても、あくまで「嗜む程度に読む」と言っておきましょう。

家に招いた時、数百冊あるマンガを見られても「これ、子供の時から集めているマンガなんだ」と言いましょう。

そして、あなたがエロ重視だったり卑猥な表紙のBL本を所有しているのであれば、それは、目に入りにくい場所に置くか、表紙が見えないようにカバーをしておきましょう。

なぜかというと、男子だって、所有しているエロ本を堂々とあなたには見せない理由と一緒です。

最近でこそオープンになってきましたが、やはり、日本人は、奥ゆかしさを重視する民族なんですよね。

もちろん、「うちの彼氏、私の前で堂々とエロ本読むんです。で、わたしもそれを見ても不快に思いません」って方もいらっしゃると思います。そういう人は、彼氏に堂々と「腐女子」であることをカミングアウトしてもいいと思います。

もし、それで引かれたら、その彼氏は、器が小さい男なので、結婚には向きません。恋愛を楽しむだけの一過性の相手だと思ったほうがいいと思いますよ。

我が家の場合

彼女が「腐女子」であること。彼女が「BLを読む」ことを許容できるかどうかで、彼氏の器の大きさから、趣味に関しての考え方までが図ることができる!!と私は思っています。

なぜなら、私自身が、だんなにカミングアウトができない身だからです。

うちのだんなは、自分の考えが「絶対に正しい!」ってタイプの男性なんですね。

結婚前は、わたしが優柔不断な性格だったので、その、自分の考えに自信を持っている姿が「頼もしい」って勘違いしちゃったんですよ・・・

でも、結婚してからわかったんですけど、「絶対に自分が正しいから、他人の意見は一切受け入れない」ってタイプだったんですね~。

結婚前は、わたし、腐っていなかったので、カミングアウトする必要ななかったんですけど、もし、その時、腐っていたら、絶対にカミングアウトして旦那の器の大きさを確認したと思います。

幸いにも、マンガ好きであることは確認してからの結婚だったので、今でも、一緒にネカフェに行く仲だし、家の中に、何冊マンガがあっても、文句は言わないです。その点は、本当に楽ですが、でも、具体的にどういう内容のマンガかを見せることは絶対にできませんので、そこは、やっぱり、ストレスですよ。

 

まとめ

「腐女子」であることを彼氏にカミングアウトすべきか否かについて、いろいろ考えがあると思いますが、わたしは、「結婚」を考えている相手であれば、できることならカミングアウトした方がいいと思います。

一緒の空間を共有する相手となるんですから、やはり、秘密を抱えて何十年も一緒に暮らすのは心苦しさが募ります。

結婚した後でカミングアウトすればいいや!って考え方もありますが、そういう場合は、もし、相手が、あなたの想像を超える趣味をカミングアウトしてきても受け入れる覚悟を持ちましょうね。

「腐女子」であることをカミングアウトして振られたらどうしよう・・・って不安もわかりますが、カミングアウトすることで得られるメリットの方に目を向けましょう!

彼氏の趣味への考え方やお金のかけ方。ものごとを柔軟に受け止める器の大きさ。あなたへの愛の大きさまで図れるんですよ!!

素敵な彼氏と永遠につづくシアワセがどこまでも続くようカミングアウトをすることを恐れないでくださいね!!

海ホタル
本日の記事はいかがだったでしょうか?明日は、BLコミックのレビューの予定です。全力で紹介したいBLコミックなので、今から、記事作成に取り掛かかります。また、明日、お会い出来たらうれしいです!!
「サブブログ」更新情報

NEW12月15日青山十三「恋人を可愛がる方法」最終話 鬼塚✕柳浦 ネタバレ感想

NEW12月15日奥田枠「アンチアルファ」第一話 ネタバレ感想

12月12日11月に読んだベスト10作品はこれ!

12月11日GO毛力 「寡黙な親友がただのムッツリでした」第3話 ネタバレ感想

12月10日「コスメティック・プレイラバー 2巻」第2話 ネタバレ感想

12月10日ネタバレ感想「どう考えても死んでいる」第一話 雁須磨子

12月09日市梨きみ「心中するまで、待っててね」第3話 ネタバレ感想

12月07日「αがαを抱く方法」ときしば ネタバレ感想

12月06日魚ともみ「ヤリすぎブラザーズ 」第3話 ネタバレ感想

12月05日オメガバース「私立帝城学園-四逸-」夏下冬 ネタバレ感想

12月05日りーるー「完璧な息子」第3話 ネタバレ感想

12月03日佐倉リコ「一ノ瀬くんはいつも言いなり。 」第6話 ネタバレ感想

12月02日ハル「4月の東京は…」第3話 ネタバレ感想

12月01日中川カネ子「兄弟失格それ上等(愛)」第3話 ネタバレ感想

12月01日みちのくアタミ「アダムの助骨」第4話 ネタバレ感想

11月23日コダ「漫画家とヤクザ 17話」【感想ネタバレ】

11月23日「狂い鳴くのは僕の番 ;β 2巻」最新話 楔ケリ【感想ネタバレ】

11月22日「気まぐれなジャガー15話」ウノハナ ネタバレ感想

「女体化した僕を騎士様達がねらってます」第13話 ネタバレ感想

11月18日里つばめ「GAPS hanker」第3話 ネタバレ感想

11月18日ひなこ「何かいいもの見つけた」2巻 感想ネタバレ

11月16日「狂犬ハチ公」第13話 ネタバレ感想
11月16日羽純ハナ「レムナント―獣人オメガバース―」最新話 ネタバレ感想

11月15日コミカライズBL「隣の嘘つき」須坂紫那✕安西リカ 第3話 ネタバレ感想

11月13日にやま「僕のおまわりさん 2巻」第5話 更新

「もみチュパ雄っぱぶタイム」第11話 ネタバレ感想

11月05日吉田実加「こいつはダメだと知っている crossroads」最終話 ネタバレ感想

11月02日あがた愛「蕾」第1話ネタバレ感想

11月01日座裏屋蘭丸「シャングリラの鳥」第3話ネタバレ感想

10月27日文川じみ「君ってやつはこんなにも」第2話 ネタバレ感想

10月27日春田「ハイスクールラララブ」最新話 ネタバレ感想

玉川しぇんな「生意気なジョーカー」ネタバレ感想

10月22日「リーインカーネーション」ネタバレ感想 眞山りか

10月22日にやま「君の隣で揺られて」ネタバレ感想

10月19日ネタバレ感想「拒まない男」第一話 三月えみ

10月18日大和名瀬「1Kアパートの王子様」第3話 ネタバレ感想

10月9日リッケン「ぼくのカレシのすきなひと」最終話【ネタバレ感想】

10月6日楢崎壮太「ねこねこケイヤク」最終回 ネタバレ感想

10月5日羽純ハナ「妖しの箱庭に浮かぶ月 最終回」ネタバレ感想 

10月5日祝15周年!おめでとう!「秋のリンクス」フェアまとめ

10月5日【こいめろ更新】「恋するインテリジェンス 6巻発売」!気になる連動企画は?

10月02日練馬zim「エロトマニアックプレイ」第2話 感想ネタバレ

9月28日登田好美「学ランの中までさわって欲しい」感想ネタバレ

9月27日秋雨るい「ふきげんなディア 2巻」感想ネタバレ

9月25日ヤマヲミ「片想いをこじらせています」ネタバレ感想

上田アキ スピンオフ「オーバー・スコール」第2話 ネタバレ感想

9月17日「どうしてもヤリたくて学園」第3話 ネタバレ 星名あんじ 

9月17日イクヤス「ボロアパートに兄の男」感想ネタバレ

9月05日絵津鼓「JOY Second」第一話 ネタバレ感想 更新

9月4日さちも「黒か白か 2巻」収録予定 最新話ネタバレ感想

9月1日「手中に落としていいですか」第17話 後編 くれの又秋【ネタバレ感想】

8月28日「ララの結婚」第5話 ネタバレ感想

8月26日itz「リバイバルブルー2巻」第8話ネタバレ感想

8月18日「嘘つきな番~その匂い、ナカまで染み込ませて」 ネタバレ感想

8月10日小箱あき「オメガ・シンドローム」第13話 ネタバレ感想

8月6日【Renta】まるっと無料!30%OFFなど!Rentaおトク情報まとめ

8月2日【おすすめBLコミック】7月に読んだ中よりベスト10作品はこれ!

7月23日2018年上半期BLコミックベスト30

7月21日電子書籍限定フェス!「ビーボーイフェス2018」まとめ

7月14日Renta!キャンペーンページ更新しました

7月5日ためこう先生作品リスト!ベスト3付き!

6月28日「Charaレーベル 創刊23周年記念バースデーフェア2018」まとめ

6月11日5月に読んだおすすめBLコミックを10作品紹介します

6月9日腰乃 滅法矢鱈と弱気にキス(2)【ネタバレ感想】

コメントはこちらから