徐々に明らかになる澪の身辺!動きだす南雲の心!「澪つくし」2巻 扇ゆずは

IMG

「澪つくし」2巻を読みました!

この作品は、連載を追いかけている時に、迷子になっちゃって・・・

途中からちら読み状態になっていました

だから、コミックでは、絶対に迷子にならないぞ!と、すごい気合を入れて読み始めたんだけど

全然、大丈夫だったわ!笑!

あれー?なんで、迷子になったんだろう・・・

「政治が絡んでて、いろいろややこしそうだな・・・」という先入観が強かったせいか?

とっても、ワクワクできる作品なので!

おすすめしたいです

作品紹介

王のためなら命さえ捧げる。

衆議院議員の秘書として暗躍する南雲に、
身を滅ぼすことも厭わず尽くし続ける天才ハッカー澪。
南雲はどれほどの献身を受けても野心の為に
平気で他人を切り捨てる冷徹な男だった。

南雲の前に、澪の過去を知る人物が現れる。
彼はかつて澪の飼い主だった。
「気付いたときには取り込まれて引き返せない」
彼の言葉に南雲は微動だもしなかったが……。

そして澪は危険な任務に挑む。
緊迫の第2巻!

「澪つくし」2巻のここが面白い

南雲のために、生きるか?死ぬか?ハラハラ展開が楽しめる

非合法ギリギリな案件ばかり取り扱う調査員の桂木澪

彼は、人のオーラがぼんやりと見えるんだけど

ある時、政治家秘書である南雲から強烈なオーラが発せられているのを見て

南雲を「自分の王」とし、ひたすら尽くしはじめる

澪が愛してやまない南雲

彼はクールな顔をした清潔感あふれるイケメンですが

かなり謎の男で!!!

10年前、区議員であった只野に拾われ、今では政治家秘書をしているものの

親類縁者が一切いない戸籍を持っていて、ネットワーク上にデータを残さないアナログ人間

なにか野望があるみたいで、その野望を果たすためにどこまでも非情かつ冷徹になれる男なのです

その南雲・・・

2巻では、政治家である飯田の第一秘書になり

飯田を次期官房長官にするため、ライバルである轟を失脚させるため澪に轟の弱点を探らせます

けど・・・この轟が、かなりクリーンな人物で

失脚させる材料がまったくない

でも・・・実は、ないわけではなく・・・

轟の持つ黒い部分をうまく隠ぺいする「影の人物」がいたわけです

自分が愛する王である南雲のために

轟の持つ「影」と対峙することになる澪!!!

澪が死ぬか生きるか?って展開にハラハラできる2巻なのです!

澪の義弟が登場!義弟からの言葉!澪に危険を感じる南雲

澪には義理の弟がいます

澪は、この義弟と恋人関係があったことがあり

5年前に義弟相手に傷害事件を起こしている

ある日、突然、目の前に現れ、自分に尽くし始めた澪に興味がわいた南雲は

アメリカで入院中の澪の義弟に会いに行きます

いやー

ここね!

南雲って澪がこんなに尽くしているのに、全然、心動かされない冷徹な男だったと思っていたんですけど

義弟との会話を聞いている感じでは

かなり澪に心動かされそうになっているみたい・・・

義弟と話して、南雲は澪の持つ献身愛の危うさに気づくのですが・・・

この冷徹男が、実は、かなり澪に心動かされそうになっているって展開にドキドキしました!

「あの南雲が!?」って感じです!!!

澪の義弟はなぜ刺されたのか?

澪の義弟は、現在、入院中で車椅子生活となっている

これは、澪が5年前に刺したことがきっかけでこういう体になっちゃったんだよね?

病院に入院中らしいけど、この病院は、もしかして「精神病棟」?

義弟は、澪のことが好きで好きでたまらないみたい

「澪からは、絶対に逃げらない・・・気づいたときには取り込まれて引き返せない」という義弟のセリフが怖い

あくまで、澪を南雲に貸していると義弟は言っているけど・・・

そもそも、5年前・・・一体、なにがあって澪は義弟を刺したの?

もしかして、澪のことを好きになりすぎて心中でもしようとしたのかな?と妄想が膨らむ

ここら辺の話を、ぜひ!詳しく聞きたいですね

注目のエロシーンは?

1巻からフルスロットル状態でエロシーンを繰り広げているこちらの作品

南雲のことが好きすぎて、前からではなく、いつもバックで抱かれている澪

背中に刻まれたタトゥーがこの上なくエッチです

2巻では・・・

南雲の器用な足指で澪の敏感な場所がいじめられています!

なんつー!器用な足の指なんだ!!!

さらに、女性ものの下着を履いた澪を激しく犯すシーンもあり!

局部修正がここに入っているってことは・・・アソコがこういう角度ってこと?といろいろ妄想が楽しいエチシーンとなっています

海ホタルの感想まとめ

ええ!ここで続くなの!!!ってところで終わっています

作者様もあとがきでも「この引きは絶対やっちゃいかん禁じ手」と書いていますね(笑)

確かに・・・

「ええ!!!」ってところで続くなんですが

私の中では、扇ゆずは先生は、比較的ハピエンってイメージが強いのか・・・安心している自分がいます

新キャラのオネエマッチョキャラのクララ(身長2メートル)も面白いし!

これから、もっと面白くなっていきそうな予感がするコミックです

試し読みはこちらから

扇ゆずは先生!「ジュリアが首ったけ」5巻もおすすめです

おすすめネタバレ!

IMG
IMG
IMG
IMG
「サブブログ」更新情報

NEW5月14日【BL】ネタバレ感想「午前2時まで君のもの」最新話 奥田枠

5月12日【ラブコメ】安野モヨコ「後ハッピーマニア」第12話 ネタバレ感想

5月8日【BL】ネタバレ感想「手負いのライオン、囚われのバンビ」芥

5月7日【夫婦/不倫】ネタバレ感想「にぶんのいち夫婦 第24話」 ネタバレ感想

5月4日【BL】ネタバレ感想「αの花嫁 ─共鳴恋情─」第13話 ネタバレ感想

5月3日【レス問題】「それでも愛を誓いますか」第26話 ネタバレ感想

5月1日【BL】「僕が歩く君の軌跡」27話 ネタバレ感想

4月30日【BL】ネタバレ感想「スイートハート・トリガー」3巻 4話 ニャンニャ

4月28日【BL】「ララの結婚」第17話 ネタバレ感想

4月21日【芸能/結婚】「戦略結婚 ~華麗なるクズな人々~ 1巻」第1話

4月21日【BL】羽純ハナ「レムナント―獣人オメガバース―」第27話 ネタバレ感想

4月19日【レス問題/夫婦】ハルノ晴「あなたがしてくれなくても」第52話 感想ネタバレ

4月17日【ラブコメ】「恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー」113話!ネタバレ感想

4月9日【BL】ネタバレ感想「黒ギャルになったから親友とヤってみた。」11話

4月7日【BL】「ふたりのαに娶られて」第10話 ネタバレ感想

4月5日【ラブコメ】「女の子が抱いちゃダメですか?」第20話 ねじがなめた

3月24日【BL】ネタバレ感想「夜画帳」21~24話

3月20日【新連載】ネタバレ感想「狂い鳴くのは僕の番 :Re」楔ケリ

3月19日【BL】スピンオフ「何でもいいから消えてくれ」第3話 ひなこ 感想ネタバレ

3月19日【BL】「お兄ちゃんだって甘えたいわけで。」第14話 ネタバレ感想

3月7日【新連載】「嘘つきな愛を買う-オメガバース-」ネタバレ感想

3月6日【BL】「私立帝城学園-四逸-」第13話 ネタバレ感想

3月3日【BL】「いつか恋になるまで」続編!「明けても暮れても」第5話(最終話) ネタバレ感想

2月25日【サスペンス】「私の夫は冷凍庫に眠っている 2巻」最終回 ネタバレ感想

2月22日【BL】「プチミニョン -獣人おめがばーす-」2巻 第15話 羽純ハナネタバレ感想

2月13日【BL】重厚ダークファンタジーBL「メドゥーサの息子」第4話 吹屋フロ

2月12日【BL】ちふゆ「眠れぬ夜は奪いに来てね」ネタバレ感想

2月10日【BL】「さよなら共犯者」第6話 あがた愛 ネタバレ感想

2月7日【BL】ネタバレ感想「恋愛関係」第一話 カシオ

2月3日【新連載】「Grr」みちのくアタミ 第1話 ネタバレ感想

1月26日【BL】「簡易的パーバートロマンス 4巻」第4話 【感想ネタバレ】

2 件のコメント

  • 海ホタルさん、こんばんは-。

    「澪つくし2巻」のレビュー記事のUP、ありがとうございます!
    私もこの作品、1巻を読んだ時点で迷子になってしまいまして(^_^;) 扇先生の作品はほぼほぼ購入したくらい好きなのですが(特に好きなのは「BROTHER」と「スタアに恋&愛」なんですけど) 、「澪つくし2巻」は購入しようかどうしようか迷っています。。

    というのも設定がハッキングがらみの政治の世界という事で難しい上に、攻めの南雲があまり好きになれず(^_^;)

    受けに執着するあまりヤンデレ気味な攻めキャラが好きな私には冷たすぎる南雲は「う-ん」という感じで、扇先生の描いていらっしゃる他の作品の受け至上主義の攻めキャラたちとはあまりにも違ってとっつきづらいんですよね。。
    でも澪の義弟とクララ(?名前だけで笑えるんですが(^^))が気になるので、2巻も読みたくなってしまいました!

    英田先生の「神さまには誓わない」を読まれたんですね!あるあるではないストーリー展開が面白い作品ですよね?!前作も面白いので、お時間がある時に読まれるのをオススメします(ただし、作品としての完成度は「神さまには誓わない」のほうが、前作よりはるかに勝っていると思いますが)

    そういえば、アメリカでの同性婚が現在、どの程度認められているのか気になって調べてみましたら、、「2015年6月にUSA最高裁が全米の州で同性婚を認める」とありました!!つまり、DEADLOCKに出てるCPは皆、結婚出来るという事ですね(英田先生の作品だと設定年月がそこまで進んでいない一昔前くらいの設定なので、誰も法律婚はしてないですけど)。

    G20の諸外国の中で同性婚を認めていないのは日本だけですし、アジア圏だと昨年台湾が同性婚を認めましたしね。。
    日本て先進国なのに、同性婚の件だけでなく、感染症対応の件とか、企業内の女性管理職の数が低い件とか、男性が育休とりづらい件だとか、、あらゆるマイノリティーがからむ問題に関して、ことごとく対応が古いな-、と思いました。

    ところで「PTA問題についてストレスがたまるあまり、なぜか風邪気味の症状が頻繁に出て葛根湯を飲みまくる」海ホタルさんの症状が、今の私とよく似ていてビックリしましたよ-!私も風邪のような症状が頻繁に出るので、最近かなりかな-り葛根湯飲んでます(^_^;)

    お互い適度にストレスを発散しながら、ラストスパートに向けて頑張りましょう~

    • チェリーさんへ
      体調不良・・・一緒ですねー・・・
      昨日も、「これ、絶対ストレスからくる体調不良だ・・・」と思いながら夕方寝込んじゃいましたよ・・・
      PTAの仕事が始まった時期からだから、原因は、やはりPTA?

      アメリカでの同性婚って、今、全米OKになっているんですねー
      知らない間に・・・世界が進んでいっている!
      なんか、海外ではゲイ婚ができる時代になってきてて・・・BLにおける背徳感も薄れていくこの頃・・・
      なのに、いまだに、同性愛者であることがバレていじめられ・・・とかってニュースで見かけることがあって・・・
      脳みそが、時代についていっていない人がたくさんいるのが嫌ですよね

      「澪つくし2巻」は、1巻よりも面白かったです!
      わたしも、尽くしている受けに、攻め役が心動かしていないのがちょっと苦手だったんですけど
      2巻を読むと、意外にも「心動かされそう」になっていました!
      クールな顔しているから、気づかんわーって思いながら楽しめましたよー

      扇ゆずは先生は、昔の作品も面白いですよね
      電子配信されていた「サブリナ」も読みましたが、少々古めの作品だけど、やっぱり面白かった!
      長い間、この世界で活躍されていて、ほんとすごい作家さんだと思いましたよ

      ではでは~
      お互い、残りのPTAをがんばりましょうね~
      ほんと、あとちょっと!あとちょっとなので~

  • コメントはこちらから