ギリギリアウト♥な不意打ちエロスBL「アングラ・ブルー 」毬田ユズ

annguraburu

「繊細なレースたっぷりの女性下着」と「男性特有の硬質感溢れる体」のチグハグさを見ると・・・見てはいけない物を見てしまったような気持ちになって、血圧が上がってしまう海ホタルです!
みなさんは、いかがですかー?

表題作は、女性モノのレースとツヤツヤシルクの下着を着用したい男性が主人公です。

モーレツにエロスです!!さすがのジュネット作品です!!すばらしすぎるエロスなので、全力でオススメしちゃうよー!!

作品詳細

出版社:マガジン・マガジン
レーベル: ジュネットコミックス ピアスシリーズ
発売日:2017/03/31

紺野がひた隠しにしている性癖、それは「女性下着を履きたい」こと。
仕事帰り、下着売り場のショーウインドウに目を奪われていた紺野は、高校時代の同級生・山城に声をかけられる。
動揺する紺野に探るような視線を向けた山城は、後日「紺野って、女モノの下着 着る人?」と核心をついてきてーーー。

引用:表紙裏表紙より

 表題作シリーズに読み切り2本を加え、描き下ろしも充実の大サービス♥

「アングラ・ブルー」登場人物

kyounani「攻」山城
女性下着デザイナー
kyounanitokimeita「受」紺野
女性下着が着たい願望があるサラリーマン

 

表題作「アングル・ブルー」はここが面白い!!

女性下着を着る受けのトロトロぶりにドッキドキ!!

女性モノの下着を着たい願望を持つ主人公の紺野
誰にも話さずひた隠しにしてきたその願望を、下着デザイナーになった高校生時代の同級生の山城にバレてしまう!!

慌てる紺野だが、山城は「俺のデザインした下着を貰ってよ」と女性下着をプレゼントしてくるの。
からかわれているのか山城の真意を確かめるために、山城の前でその下着を着用しちゃうのよね!!

紺野の女性下着を着る、その恥じらう姿のかわいいことといったら!!
わたしもムフフってなっちゃうけど、バイの山城くんもノンストップになっちゃう!!
紺野くんは、あれよあれよと喘がされちゃうんですよね!!
そうして、ふたりの体だけ重ねる関係がスタートしちゃいます!!

エロ重視でありつつもちゃんと気持ちも描いてくれている!!

山城は自分がデザインした女性下着を紺野に着せて、紺野くんは女性の下着が着たい願望が叶えられるという、ギブアンドテイクにも似た関係が続くんだけど、実は、山城くんは、高校生時代から紺野くんの持つ美脚に惹かれていたんですね。
紺野くんの美脚が好きなだけだったのに、いつの間にか、紺野くん本人が気になっていっちゃう山城くん。

好きだから距離を置いたり、追いかけたりというふたりの恋愛模様も楽しめます!!
エロとラブの合わせ技は、かなり、楽しめるよ!!

 

同時収録の短編について

「夜限定のカレ」のここが面白い!!

同じゼミにいるいけ好かない高圧的な同級生が女装バーで働いているって言うお話。
これは、女装男子になるのかな?
普段威圧的な相手のはずの相手から奉仕されて、ノンケだったのに新しい扉を開けた攻めは、どうにも相手が気になってしまう。BL的にあるある展開なんだけど、どちらがイニシアチブを取るかの攻防戦のようなものが面白かった!!
このふたりは、くっつくまでが描かれてないんだけど、ぜひ、続きが読みたい!!

「俺が知ってる彼のこと」のここが面白い!

およそ30ページの短編ですが、これもよかったですね!!
ゲイの同僚と体だけの関係を終わらせるかどうかってお話です。
あるある的要素があるけど、魅せ方が巧いと思います!!楽しめました!!

まとめ

いや・・・実は、 毬田ユズ先生作品初読みだったんですよ・・・むっちゃエロスでしたーーー!!
女性下着を着用したままのエロなんだけど、グッと下着を引き上げての挿入しちゃう辺りとかさ・・・まじエロい!!まじやばい!!美味しすぎるぜーーーー!!

作者様のあとがきを見たら、どうやら、ここまでエロスをがんばっちゃったのはジュネット作品だからだそうで・・・

「帯ごときに尻を隠させはしない!!」っていう作者様の心意気に惚れたわ!!

海ホタル
絵がとってもキレイです!!とっても読みやすい!!なにより、エロが爆発してるのがすばらしい!!あ!!重要な脇役は「パンツ」です。ププッ!!読んだらわかる!!ププッ!!

電子書籍の試し読み

The following two tabs change content below.
面白いコミックに出会ったら人に薦めずにいられない主腐。リアルでは腐っていることがカミングアウトできないチキンなのでネットの世界でおすすめしています。主腐なので、BL中心におすすめしちゃうけど、そこは甘く見守ってください。

この記事は役に立った?シェアしてくれたらうれしいです!

コメントはこちらから