嘘✕嘘「悪い大人になりまして」黒岩チハヤ

IMG

こんにちは!海ホタルです

本日は黒岩チハヤ先生の「悪い大人になりまして」のご紹介です

あらすじを読んで「先が読めない感じのストーリーかな?」と思い読み始めたんですけど 結局の所 最後まで先が読めてしまいました・・・

じゃあ 面白くなかったのか?と聞かれると そういうわけじゃなく・・・

絵が上手い先生なので 先が読めてもそこそこ楽しめたというか・・・

クスって笑える要素もあったりして コミカル寄りで なかなか読み応えはあったと思います

ではレビューにいってみましょー

この記事にはこの作品のオチとなる部分が一部 含まれています。閲覧にはご注意をお願いします

作品紹介

彼女にフラれ、住む場所もなく友人の家を転々としていた夏乃。そんな時同級生の結婚式でかつての親友、宇井と再会する。なんとしてでも宇井の家に転がり込みたい夏乃だが、なんと宇井は事故による後遺症で、夏乃のことを全く覚えていなかった! そんな宇井についはずみで「俺とお前は付き合っていた」と嘘をついてしまった夏乃。すると宇井が「恋人だった証拠にキスしてみせて」と言い出し――?

「悪い大人になりまして」のここが面白い

嘘をついて心がバタバタするふたりがとっても滑稽で面白い!

主人公の夏乃は彼女に振られ ここ半年間ほど会社に寝泊まりする家なき子状態

そんな時に 高校時代の友人の結婚式があり かつての同級生たちとの再会に「誰か泊めてくれないかなー・・・」と思うわけです

そして 高校時代 一番仲が良かった宇井くんと結婚式で再会できるんですが 宇井くんは 最近事故にあったことで部分的記憶喪失になっており 夏乃のことを覚えていなかった

一番仲がよかったのに!

ってか!お前!俺に告白までしたよな!!!!

と 宇井くんに自分が忘れられていたことがショックだった夏乃は ちょっとした苛立ち&家に泊めてほしいという願望から「俺とおまえはつきあっていた!! だから 俺を家に泊めろ」と宇井くんにいうのです

このときの宇井くんの顔!!

鳩が豆鉄砲をくらったかのような顔を見せてくれます!クスッ

勘のいい読者なら ここで「ははーん・・・なるほど・・・」とニヤニヤできると思います

 

 

そうです!!実は 宇井くんは夏乃のことを忘れてなどいません!!!

高校時代 夏乃に告白したこともばっちり覚えています!!

でも 大人になった今 当時のピュア度100%の告白は ただのこっ恥ずかしい黒歴史となっていたのです

それで 事故にあって部分的記憶喪失になったのをいいことに夏乃のことも忘れたと言っただけだったのです

しかし 高校時代の初々しい宇井くんはすでにいません

夏乃の嘘に驚きながらも 便乗してくるのです

はい・・・

ここからふたりの嘘のつきあいが始まります

相手の反応にタジタジになったり 自分の嘘に首をシメたりと大変なことに!!笑!!

「元恋人同士ならキスくらい平気だよね」と毎朝キスをしたがる宇井くんと 自分の嘘で自分の首をシメながらも 宇井くんの中で自分の記憶がなくなったことにモヤモヤしっぱなしの夏乃

このコミック・・・なかなか主人公二人の心のバタバタ感が面白いのです

ましたの腐男子くん

ましたの腐男子くん

ましたの腐男子/黒岩チハヤ
地味で内気なサラリーマン・曽我部は会社から遠く離れたアパートに住んでいる。理由はただ一つ。階下に住む大家の孫・幹に一目惚れ&片想いしているからだ。毎朝、挨拶できるだけで幸せ……のはずだったが、ひょんなことから幹の部屋に入ると、そこにはボーイズラブコミックの山・山・山……なんと幹は「腐男子」だった! しかも曽我部を腐仲間と勘違いした幹にぐぐっと距離を詰められて───

相手の立場になって初めて気持ちがわかる

中学・高校と一緒でクラスこそ一緒になったことはないが 同じクラブで四六時中一緒にいたふたり

宇井くんが今とは違い とっても内気な感じでかわいい男の子なんですね

宇井くんは夏乃に告白をし 自分のことを「気持ち悪いだろう」と自虐的な発言をします

夏乃は 明るく「心配すんな宇井 俺にとってお前は大事な友だちのひとりだろ」と明るく返事するのです

一見 爽やかに見える告白シーン・・・

でも 振られていなければ受け入れられているわけでもないこの中途半端さ・・・

宇井くんは明るく「ありがとう」と返事をしていますが 好きなのに「友達」状態継続は宇井にとって生殺し状態となったんではないでしょうか?

そして・・・

大人になった今 その時と立場が逆転するんですね!

宇井くんに「友達」と言われるとモヤモヤっとした気持ちが広がるようになってしまう夏乃

相手の立場になって その時の相手の気持ちがわかるとはまさにこのこと!

なぜ こんなにもやもやする気持ちを持ってしまうのか?

宇井くんの前彼も登場し そのモヤモヤは大きくなる一方で・・・

ふたりが両思いになるまでをしっかりと描いているのがなかなかよかったと思います

海ホタルのまとめ

くっついてからは ゲイの宇井くんが主導権を握って事をすすめていきますが 夏乃もタチに興味津々!

ゲイビを見ながら 熱心にタチになるため研究する夏乃にタジタジな宇井が描き下ろしで楽しめました

黒岩先生の描く美しいエロシーンはちゃんと楽しめます

嘘から始まる恋愛って面白いですよね

なかなか楽しめました

この作品にご興味を持ってくださった方は 下のストアボタンから立ち読みページへといきます

サンプルボタンを押すと即立ち読みができます

試し読みはこちらから

amazon予約開始しています

この記事は役に立った?シェアしてくれたらうれしいです!

コメントはこちらから