上下巻が一挙配信!「胸にとげさすことばかり」雁須磨子

IMG

雁須磨子先生の「胸にとげさすことばかり」の電子配信がスタートしています

上下巻が同時販売ということで紙書籍を買う気満々だったんですが どこの本屋にも置いていなくって?

結局買えないままで ずっと気になっていた作品なんですよね!!

そしたら 昨日から電子配信が始まり ようやく読むことができました

わたし雁須磨子先生の「オロチの恋」がすごく好きなんですよ!!

オロチの恋 (1)

オロチの恋 (1)

 

でも 雁須磨子先生の作品全てが好きかと聞かれたら ちょっと「うーん・・・」って感じなんですよね

ぶっちゃけ 私自身が行間を読むのが苦手なこともあって 時々 表現が受け取りきれないときがあるんですよ

モノローグが主人公どちらの気持ちを表すものかわからないときもあったりもするし・・・?

でも 読んでいると「あ!じわっとくる」というシーンが必ずあるし 読み応えはある作家さんですよね

で この「胸にとげさすことばかり」も すごく読み応えがあったんですけど 途中 「なんでここでこの流れがくるんだろう?」ってところがあって 何度も読み返しちゃいました!

ちょっと 噛み砕けていないところもあるんですが せっかく読んだのでレビューを書いてみたいと思います

 

作品紹介

運悪く派遣の契約を切られ、運悪く恋人にふられ、運悪く痴漢と間違われた日、──父親が死んだと連絡があった。
葬儀のため十年ぶりに帰った故郷で、日夏 昭(かくれゲイ)を待っていたのは、堅物な教師だった父親の恋人(♂)だった!?

「胸にとげさすことばかり」のここが面白い

父の最後を看取った意味深な男がどストライクだった!ってお話です

いやー・・・作者様のあとがきで 「主人公の父の葬式できれいな男が泣いているのをみて その夜すぐにやっちゃって・・・」話の予定でしたってあるんですけど

わたしもそういう話だと思って読んだんですよねー!!

さらに あたしの脳内では その男が実は亡くなった父の恋人だった的「親子丼」的BL!!葛藤かつムズキュン!というところまで妄想が進んでいたんですが・・・

 

 

まったく違いました!笑!!

 

 

ってか・・・

まず あらすじに「父の恋人が・・・」って一言があるんだけど これ 結局はそうじゃなかったってことだよね?

うう・・・涙・・・「親子丼」的BLを期待していたので・・・そこはヒッジョーに残念でした!!!

海ホタル
ここからがストーリーの紹介です

若かりし頃 ゲイの自分を否定し やさしく同時に厳しかった父

けど 教師をしていた父は子供から大人までいろんな人に慕われていた人で・・・

やさしくみんなに慕われ愛されていた父からの否定は若かった主人公の昭の心を傷つけるには十分で 昭は東京に行ったきり 二度と実家に戻らなかったのです

でも東京に行った昭は ろくでもない彼氏と付き合うわ・・・仕事はうまくいかないわ・・・と踏んだり蹴ったりの人生を送ることとなる

物語の途中で 「あの時 父が俺を否定することがなかったら 俺はこんな中途な人生を送っていない」って昭が思っちゃうところがあるんだけど これ すごくわかるな!!って思った

親が子供に与える影響ってやっぱり大きいんですよ・・・

つまり 昭の中には父への恨み・・・同時に慕情が複雑に同居している状態なんです

そして その父が死んで 久しぶりに生まれ故郷の実家に戻ると そこには 父と一緒に暮らしていた久留米(父の同僚。教師)という自分より年下の男がいる

その男が また昭のドストライクのルックスで!ドキドキしちゃうんだけど 父のカメラに残るふたりの親密そうな写真から昭は「あれ?もしかして?」という疑いを持ってしまうのです

そして 父への複雑な感情を抱く昭と 父のことを子供の頃から慕っていて最後まで看取った久留米の奇妙な同居が始まるんですね

大事なことなので言いますけど・・・

上巻ではふたりのラブ要素はまったく見られません!!!

ただ ゲイの昭は 降って湧いたどストライクなイケメンとの同居に 終始ドキドキしています!←とっても微笑ましい!!

過去に囚われていた自分を払拭するふたり

出会った時 実家に帰ってこなかった昭に怒りをぶつけた久留米

頑固なイヤな男だと思っていたのですが 一緒に暮らしてみると 面倒見があって 実はやさしい男だったんですね

自分のどストライクな顔の男にやさしくされて 浮足立つ昭だけど 「父の恋人であったのでは?」という疑いが晴れない

そして 久留米のことを慕う阿部くんという生徒の出現で 昭は 父と久留米の関係に正面からぶつかってしまいます

久留米は「先生(昭の父)とは 絶対にそういう関係じゃない」と断言しますが・・・

自分が本当に父のことを敬愛していただけだったのか?

本当にそれだけだったのか?と向き合うことになります

自分の気持ちには ちゃんと答えは出るんですけど 同時 に「先生はどういう目で自分を見ていたんだろう?」という疑問にぶち当たる久留米

しかし 亡くなった人の気持などだれもわからないのです・・・

失ったものの大きさ

そして後悔を受け入れて前に進まなければならない残されたものの強さ

ふたりは父の死を通し 過去に囚われていた自分から未来を見る自分になっていきます

一体いつラブは始まるんだろう?と読んでしまいました

ラブ要素は一体いつくるんだろう?と思いながら読ませていただきましたが 2巻の真ん中あたりでようやく訪れます

意外にも久留米くんから昭に迫っています

「え?どこにそういうフラグがたってた?」と思わず1巻から読み返しちゃいましたよ!!汗!!(←ほら・・・わたし・・・行間を読むのが苦手だから・・・)

よくよく見てみると 昭のことをじっと見るコマが途中で挟まれていて どうもこれがフラグだったようです

くっついてからは とってもラブラブな感じで 久留米くんの年下らしい甘え方にキュンってきます

恋人同士になり・・・

何度も体を重ね・・・

いつしか ふたりは 気兼ねなく父親の思い出話ができるようになり・・・

昭は 父親に縛られた過去の呪縛が緩んでいき 自分と自分をとりまく世界が幸せに満ちていくことを実感するのです

「俺 君にあえてよかった」と昭が言う最後のシーンにこの物語の全てが集約されていると思いました

過去がどんなに辛くとも「未来はきっとあかるいよっ」と思える素敵なラストだったと思います

海ホタルのまとめ

亡くなった人を通して 近づいていくふたりという設定はすごく面白いと思いました

昭視点で見ると 正統派でありつつ 外ずらのいい・・・あまりいい父親とは言えず・・・

久留米視点で見ると 面倒見がありながら同時の弱い大人という感じがしました

ひとりの人間を多角的に表現しているのがうまいなーって思いました

そして 父のことを恨んでいた昭が 最後は父のことを許せてよかったとも思えました

全体に重くなりそうなストーリーなのですが雁須磨子先生のユーモアな描写で 気軽に楽しめる感じとなっているのもいいと思います

昭が 父親に男の恋人がいると疑ってもそれを許容できるのは自分自身がゲイだからなんですよね・・・

ほんと そこは 「うまいよなーっ」て思いましたよ。

たぶんですが・・・ 恵まれた人生を送っている方には理解し難しい作品ではないかと思います

でも 日々を鬱々と暮らしていたり 家族との確執を抱えている方 過去に捕らわれて生きている方にはどこか心打つ作品ではないでしょうか・・・

わたしは 難しい部分もありましたが 人生がうまく行かない部分も親のせいだと思っていた主人公が最後幸せになれてよかったなって思えた作品でした

なんといっても自分にとってどストライクなタイプと最後はラブラブになっているってところに夢があると思います

ぶっちゃけ・・・最後は「うらやましいよなー」って思っちゃいました。笑・・・

この作品にご興味を持ってくれた方は下のボタンリンクから試し読みができます

サンプルボタンを押すと即立ち読みもできますよ

電子試し読みはこちらから

「サブブログ」更新情報

NEW7月21日電子書籍限定フェス!「ビーボーイフェス2018」まとめ

7月20日里つばめ「GAPS hanker」最新話 ネタバレ感想

7月19日魚ともみ「ヤリすぎブラザーズ 」第3話 ネタバレ感想

7月17日コダ「漫画家とヤクザ 17話」【感想ネタバレ】

7月14日奥田枠「恋する僕らは胃腸が弱い」第3話ネタバレ感想

7月14日Renta!キャンペーンページ更新しました

7月13日小箱あき「オメガ・シンドローム」第12話 ネタバレ感想

7月12日羽純ハナ「レムナント―獣人オメガバース― 3巻」ネタバレ感想

7月10日にやま「僕のおまわりさん 2巻」第3話 更新

7月9日座裏屋蘭丸「シャングリラの鳥」ネタバレ感想

7月7日【Renta】3巻まで割引!50%OFFなど!キャンペーン情報まとめ

7月6日楢崎壮太「ねこねこケイヤク」ネタバレ感想

7月5日ためこう先生作品リスト!ベスト3付き!

7月3日吉田実加「こいつはダメだと知っている crossroads」ネタバレ感想

7月2日【おすすめBLコミック】6月に読んだ中よりベスト10作品はこれ!

6月30日にやま「君の隣で揺られて」ネタバレ感想

6月28日「ララの結婚」第四話 ネタバレ感想

6月28日「Charaレーベル 創刊23周年記念バースデーフェア2018」まとめ

6月25日itz「リバイバルブルー2巻」第7話ネタバレ感想

6月23日春田「ハイスクールラララブ」ネタバレ感想

6月22日「嘘つきな番~その匂い、ナカまで染み込ませて」第6話 ネタバレ感想

6月22日「狂犬ハチ公」第11話 ネタバレ感想

6月18日「もみチュパ雄っぱぶタイム」第8話 ネタバレ感想

6月16日みちのくアタミ「アダムの助骨」ネタバレ感想

6月13日リッケン「ぼくのカレシのすきなひと」第5話【ネタバレ感想】

6月11日5月に読んだおすすめBLコミックを10作品紹介します

6月9日腰乃 滅法矢鱈と弱気にキス(2)【ネタバレ感想】

6月8日羽純ハナ「妖しの箱庭に浮かぶ月」第4話【ネタバレ感想】

amazon予約開始しています

シェアしてくれたらうれしいです!

コメントはこちらから