エロの最上階に一直線!?「エレベーター・ストラテジー」春之

IMG

こんにちは!海ホタルです

本日のご紹介は春之先生の「エレベーター・ストラテジー」

本屋で表紙だけ見かけて手には取らなかったのですが どうも 裏表紙がなかなかハレンチなセリフでスパークしているらしい・・・

クスッ・・・表紙だけ見て レジに持っていて 店員さんがポスを通す時に「ギョギョッ」ってなるパターンやね!!笑!!

中身は エレベーターエチカップルのいちゃこらラブ!

ケンカップル要素あり!

見どころは 会社で盛っちゃうけしからんふたりのエロ描写と ふたりの関係性ってところかな!

ではレビューに行ってみよう!!

作品紹介

同期入社の高杉渉(たかすぎわたる)と小柳尋(こやなぎじん)は犬猿の仲。ある深夜、エレベーターで2人きりになるやいなや、小柳は高杉を壁に押しつけ、股間と乳首をまさぐり始めた!嫌いな同僚からなんでこんなこと…と抵抗するも、高杉の屹立した股間は瞬く間に絶頂へと達してしまう。さらに指でナカをぐちゃぐちゃに蕩かされ、快楽に溺れ“させられる”屈辱に涙を流す高杉。小柳は「いいから集中して」と高杉の唇を奪い、熱くとろける最奥へと侵入していく――。会社のエレベーターや応接室での行為がクセになる…

「エレベーター・ストラテジー」のここが面白い

不器用な攻めの「好き」って気持ちが見えるシーンにキュンとする

毎日が深夜残業 休日返上は当たり前という都内のIT会社で働きすぎってほど働いている主人公の高杉渉28歳・・・

そんな彼を「仕事ができないヤツ」と見下すのは 同期の小柳

渉は 嫌味を言う小柳に負けじと言い返す男気はあるけど 事実 小柳のほうが仕事が早いんだよねー・・・

完全に小柳に負けちゃっているの!!

なのに・・・ひとり残業の最中 その小柳とエレベーターに二人きりになって 壁ドンされて 自分のイチモツを握られちゃうのだ!!

いやいや・・・

これ 普通は怒っていいところだぞ!!

でも・・・これ BLだからね・・・そこは 流されちゃって気持ちよくなっちゃうんだよねー?えへへ!!

「能率性に欠ける」「要領が悪い」という意地悪な言葉を渉に浴びせながら 攻める手を休めない小柳

渉は 嫌いな相手にいいように触られてイッちゃうって・・・

情けなくなっちゃって泣いちゃいますー・・・

そんな渉の泣き顔を見て いじわるスイッチがオンとなった小柳は 狭いエレベーターの中で 渉に挿入までしてしまう!

そして 渉が感じている表情を見て 小柳が「かわいい」って言っちゃうんです・・・

ふふふ・・・これね!!これが 小柳の本音なんだよねー!!!

小柳は 渉のことが好きで いつも見てて・・・ でも不器用だから片意地張った言い方しかできなかったんですよねー!!

不器用で 普段はいじわるばかり言う攻めがエチの最中に見せる 受けへの「好き!」って気持ちがあふれる「セリフ」にキュンってなっちゃいました!

受けは 普段 いじわる言う攻めにプンプン怒っているんだけど 結局 許しちゃうんだよねー

受けが 攻めの不器用さを理解しているっていうのが 素敵だと思います

ケンカップルなんだけど エチになると甘えたり 甘えられたりってなっちゃうふたりに萌えれる素敵な一冊となっています

 

落果

落果

落果 /akabeko
耳の穴だけで腰砕けちゃうの? 新人ホストのレオは、罰ゲームで男性向け風俗店に連れて来られた。現れた男は何だか逆らえない雰囲気。腹部を水で満たされ放出させられる羞恥に、男をゲスと罵るレオ。しかし、未通の穴を抉られる快楽には抗えない…!レオは一夜にして、ハメられて悦ぶはしたない身体にしこまれてしまった。数年後、人気ホストに出世するも犯された夜を忘れられないレオと因縁の男が再会して――!?

お家エチにたどり着かないふたりが盛る場所は会社!

会社のエレベーターで初めて体をつなげたふたり・・・

でも つきあうことになっても エレベーターエチは継続のままで・・・

会社内でも 「夜中になると 最上階でエレベーターが止まっているけど 幽霊の仕業らしいよ」って噂までたっちゃう!!

私個人的には 密室プレイに萌えをそこまで感じない人なんですが  最中に急にエレベーターが動き出したりしてハラハラするシーンもあって  なかなか面白かったです!

しかし・・・

この会社ビル 防犯カメラとかないのかな?って思った!!笑!!

普通は ついているもんなんですけどね!!

もしかして 防犯カメラに撮られているっていうのもコーフン材料だったのかも!!

そこまで妄想すると なかなか美味しい!!ぐふふ・・・

エチシーンは 多めだと思います!

渉の過去のヘンタイカレシが登場したりして ほんのりストーリー性もある

最初は 不器用で意地悪ばっかり言っていた攻めが 最後には甘えたさんになっちゃいます!

この作品にご興味を持った方は 下のストアボタンから試し読みページに行っていただければ・・・と思います

サンプルボタンを押すと即立ち読みができますよ!!

電子書籍を試し読み

 

まとめ

エレベーターエチを題材にするっていうのが なかなか面白いですよねー

作者様のあとがきでも「狭い空間でむんずほぐれず・・・むちゃくちゃ好きなんです」ってあります

作者様の萌を突っ込んだ形のBLコミックなんでしょうね!

エレベーターエチが続いていますが 実はこれにはちゃんと理由があって・・・

最後は ちゃんとふかふかのベッドでイチャコラが拝めます☆

あ!!あと描き下ろしが多かったのがうれしい!24Pもあった!!

こちら 春之先生の初コミックになるそうで・・・

初コミックでこのクオリティはすごいなって思います

次回作にも期待したいと思います

「サブブログ」更新情報

NEW5月20日「知らない君の暴き方」山口まつり ネタバレ感想

5月17日「何かいいもの見つけた」2巻 第5話 感想ネタバレ

5月17日里つばめ「GAPS hanker」最終回 ネタバレ感想

5月16日「お兄ちゃんだって甘えたいわけで。」第5話 ネタバレ感想

5月16日「リバイバルブルー」最終回

5月15日羽純ハナ「レムナント―獣人オメガバース―」第16話 ネタバレ感想

5月9日羽純ハナ「キス・アンド・ナイト」第一話 ネタバレ感想

5月8日「心中するまで、待っててね」第7話 ネタバレ感想

5月8日「Daisy Jealousy」第2話 おげれつたなか 感想ネタバレ

5月6日ハルノ晴「あなたがしてくれなくても」4巻 感想ネタバレ

5月5日2019年4月に読んだBLコミックよりベスト10作品!

5月1日「手中に落としていいですか」第17話 後編 くれの又秋【ネタバレ感想】

4月28日「糸永くんの恋の糸 2巻」第2話 ネタバレ感想

4月27日「ララの結婚 2巻」第7話 ネタバレ感想

4月25日鈴丸みんた「恋をするつもりはなかった」第2話ネタバレ感想

4月21日文川じみ「君ってやつはこんなにも」第3話 ネタバレ感想

4月21日春田「ハイスクールラララブ」最新話 ネタバレ感想

4月16日「αがαを抱く方法」第3話 ときしば ネタバレ感想

4月16日「女体化した僕を騎士様達がねらってます」第15話 ネタバレ感想

4月16日GO毛力 「寡黙な親友がただのムッツリでした」第5話 ネタバレ感想

4月7日2019年3月に読んだBLコミックよりベスト10作品!

4月5日ネタバレ感想「どう考えても死んでいる」第2話 雁須磨子

4月5日絵津鼓「JOY Second」第3話 ネタバレ感想 更新

4月4日魚ともみ「ヤリすぎブラザーズ 」第6話 ネタバレ感想

4月3日シリーズ3作目「こいつはダメだと知っている vie ensemble」第一話

4月1日「月の街、花の都」7話&8話 千葉リョウコ ネタバレ感想

3月31日ハル「4月の東京は…」第4話 ネタバレ感想

3月30日「アホエロ 社会人編」重い実 ネタバレ感想

2 件のコメント

  • こんにちは、海ホタルさん。
    この本読んだんですねー!私も買いました。以前号外onBLUEを購入した時に4話目が掲載されていて気になっていて購入予定リストにも残してました。
    高杉はエレベーターで抱かれた頃から割と冷静に小柳の言わんとしてることをちゃんと理解できるようになっていますが、改めて通しで見るとなかなか小柳の毒舌が酷くてキツくて私なら無理!と思いましたよ。あれは仕事は出来ても年配の上司なんかに噛み砕いて説明出来ないタイプですよね。高杉は時間がかかっても説明してくれそうな真逆なタイプですね。元彼の粘着ストーカーもなかなか気持ち悪くて小柳がやり込めた所はすっきりしました。俺の。って言ってるところ、1話目と比べたら全然違う。ぎゅんぎゅんするわー。ではまた٩(ˊᗜˋ*)و

    • うらさんへ
      >>小柳の毒舌が酷くて
      わかります!!それ!わかります!!仕事のことで これだけディスられて エレベーターでこういうことされたなら、わたしならキれるわ!!って思った!!
      でも そこでキレないのが 受けなんですよねー・・・すでに後ろを開発済みっていう前振りがあったから 流されたっていうのにも 説得力がありましたよね!
      この受け相手じゃなきゃ ほんと あんた 訴えられてるよ!って思いましたよ!!笑!!
      さらに 最後まで読むと この攻めにもなかなかかわいい一面もあったりして・・・今後 つきあっていくことで 関係性が変わっていきそうなふたりですよね!
      わたしも 攻めのそういう変化も楽しめるBLコミックだったと思います☆

  • 海ホタル にコメントする コメントをキャンセル