腐女子が書く!ドラマ「ポルノグラファー」最終回 感想レビュー

IMG

キターーーーー!!!キタよーーーーー!!!!ついに最終話だよぉぉぉぉぉ!!!!

ドラマ化されるという衝撃のニュースを見た日から、ついにこの日を迎えてしまいました!!

ほんと素敵なドラマをありがとう!!という気持ちでいっぱいです

では!

さっそく最終回の感想を描かせていただきます

ドラマ「ポルノグラファー」は、FODで配信中です

ドラマや映画が見放題の「FOD」は、今なら31日間無料キャンペーン中です!

※31日間無料キャンペーンは、「Amazonアカウント」でログインして、Amazon Payにより、初めてFODプレミアムに登録された方のみ対象です

最終話を無料で視聴したい方はこちらより

※tverさんで9月20日(木) 01:55まで、最終話を無料配信中ですtverはこちらから!

最終話の内容はこちら

木島(竹財輝之助)の弱さ故の嘘を知った春彦(猪塚健太)は、木島の家に急ぐ。と、木島の家の中は空っぽで・・・。

コミックはこちらから試し読み
木島の過去やその後のふたりを描いたコミックはこちらから

「ポルノグラファー」最終話の感想

主題歌と挿入歌に胸がギュッとなった最終話

コミックの方では、久住のもとに木島が自殺を匂わせるメールが届き、久住が慌てて木島のマンションに行き、慌てた久住がご近所さんを巻き込む大騒ぎをするという流れになっています

コミックの方の久住は、ちょっとおっちょこちょいのキャラなんですよね!

しかし・・・・

ドラマの方の久住くんは、大学生らしい未熟さがあるもののイケメン度が高い好青年なので・・・

ご近所さんを巻き込むような大騒ぎを起こさず、城戸からもらった合鍵でちゃんと家に入っています

心配して「先生!」と叫んで家中を探し回る久住

久住くんが木島の家に向かう時に、鬼塚ちひろが歌う主題歌が流れるんですけど・・・・

もう!!もう!!!

ほんと、久住の気持ちにマッチしてすっごい胸を締め付けられるんですよ~・・・・・うるうる・・・・

鬼塚ちひろ効果!!すごい!!!

この後に登場した木島が、田舎に帰ることにしたと語るシーンも胸にじーーーーん・・・・ときました!!!

最終話まできて・・・ほんと、ドラマの主題歌も挿入歌もすごくよかったな・・・とつくづく思いましたよ・・・

挿入歌なんて・・・最初聞いた時、すごくじめっとした曲だな・・・と思っていたんですけど・・・・

このドラマにすごく合っていましたーーー!!!

かかる曲と一緒に気持ちも「わーーーー!!!」ってなっていって、ほんとにじーん・・・ときた最終回でした!!!

あのエロシーンはどうなった?

コミックの最終話では、がっつりエロシーンがあります

ちなみにわたしは、このエロシーンの中で久住くんが「先生・・・アナルセックス未経験とか嘘でしょ」というセリフがちょっと久住くんの嫉妬心がみえてすっごく好きです

 

が!!!!

 

 

が!!!!!!!

 

 

ドラマの方では、エロシーンはまるっと飛ばされています!!!!

 

 

おおおおーーーーーい!!!!!

 

 

キスシーンの後に朝チュンです!!

セリフで「6発しました」というセリフはありましたが・・・・

朝チュン描写でそんなセリフいってんじゃねぇぇぇぇぇ!!!!!って叫んだ腐女子が全国に何十万人いるんでしょうねぇ?あはー!

ここまで、いいエロ描写をかさねてきたので、せめて、衣服を剥ぎ取るとか・・・絡み合っていることが予想できるような描写がほしかったというのがわたしの本音です!!!

まあ・・・

尺の問題もあるのかな?

いやいや・・・

たとえ尺の問題があったとしても、やはり、このコミックでのエロシーンは外しちゃいかんだろ・・・・

せめて!せめて・・・朝チュンにしても、事後の雰囲気のある描写にしてほしかったょょょょょ!!!!

コミックの「2年半」描写はなし。最後のモノローグは木島のセリフになっています

ドラマでは、木島が半年後に本を出したところで終わっています

コミックの方の、久住が木島の新刊を家で読んでいるシーンですね

ドラマの方では、それに付け加えがあって、先生が久住くんからの手紙を読むシーンがあります

手紙の内容は、木島が久住との約束を守ってくれたお礼と、本の感想。そして「会いたいけど、まだ会えない」というものでした

そして、コミックの方で久住が声を出して読んでいる小説の一説を先生が読んでいるというシーンでENDとなっていますが・・・・

う・・・うううううーーーーーん・・・・・

これは・・・・

ドラマしか見てない人はどういう解釈をしているんだろう・・・・

ふたりにとって忘れられない過去の思い出と解釈されかねないラストじゃないんでしょうか?

それとも「会いたいけど会えない」って手紙の文面から「これから・・・」ってふたりを想像できるラストなのかな?

すでにコミックを読んでいるわたしとしては、なんとも解釈が難しい最後でしたね・・・

コミックの方では、2年半後のふたりの再会を描いたエピローグが入っていて、わたし、このエピローグが好きなんですよね・・・

2年半たっても久住くんの気持ちがまったく変わっていないって描写にすごくキュンってきたんです

できれば・・・そこまでドラマ化してほしかったなーーーー・・・・・

海ホタルの感想

ちょっと夢見ていた最終話とは違いましたが、総合的にとっても見ごたえのあったドラマだと思っています

朝チュンは残念だけどさ・・・・

ポルノグラファーの「DVD&Blu-ray」が発売決定しています!

発売が2019年2月6日だそうです

ドラマを見逃した方はまたチェックしてみてくださいね

コミックはこちらから試し読み
木島の過去やその後のふたりを描いたコミックはこちらから

おすすめ!絶倫男が出てくるBLコミック

久住くんの「6発」に驚いた方もたくさんいるかもしれません

なにがどうなったら6発もできるのか?もはや、BLならではの夢のある世界でございます!(うん?受けは大変なのかな?)

そして・・・BLコミックのおいて、絶倫攻めが出てくるコミックってけっこうあるんですよね!

そこで本日は「絶倫攻め」が登場するBLコミックの紹介をしたいと思います

やたもも【全3巻】/はらだ
やたもも

やたもも

生活能力ゼロ、究極ビッチでクズでろくでなしモモ。
オカン系男子で面倒見のいい純朴青年、八田(やた)ちゃん。
公衆トイレでの“事後処理”中という最低最悪の出会いから、八田ちゃんの人の良さにつけこんで、家に転がり込むことになったモモ。

絶倫といえば「八田ちゃん」でしょう!ビッチ系でどんなエロでもどんとこい!という受けがヘロヘロになるほどの精力ぶり!しかし・・・巻を重ねることで、心も通じ合ってとってもいい感じになっちゃうふたりなんですよねー!

>>クチコミをチェック!

ドラッグレス・セックス 辰見と戌井/エンゾウ
フェロモン症パンデミック再び!!! 絶倫一途なオタク男子×元ヤリチンツンデレ流され系不幸なハプニングから真実の愛は生まれる――?

ネクラ男子が絶倫だったというギャップがむっちゃよかった作品!とにかく受けのことが好きすぎるんですよねー・・・受けのことを考えるだけでコーフンしてきちゃう的な?
受ける方は大変だけど、求められると断れないラブラブカップルなんです

>>クチコミをチェック!

ネコにはいぬを【全2巻】/ぴい
寡黙な絶倫むっつりイケメン×鈍感関西弁EDボーイ わちゃわちゃアホエロ奮闘デイズ★★

これはねー・・・受けがEDなんですよ・・・それでいて攻めが絶倫って・・・その設定がすでに面白い作品でしたね!しっかり、ふたりの気持ちの部分も描いている所がよかったですし、むっつりなのに絶倫っていう攻めもすごく魅力がありました

>>クチコミをチェック!

さよならコンプレックス【全1巻】/おまる
下半身がワンパクすぎるネガティブ攻め×何でも受け入れるフェロモン受け

これは、攻めがささいなことですぐエレクトしちゃう「勃起体質」男子なんですよ。もうね・・・その体質から女の子から嫌われちゃって・・・なんとも不憫な体質なんですが、そんな攻めの体質を受け止めてくれる男の子と出会っちゃう!そりゃ!恋に落ちちゃうだろ!!!おまる先生らしいエロくて一味違うおもしろさが楽しめるBLコミックです

>>クチコミをチェック!

恋するインテリジェンス【5巻まで。現在、連載中】/丹下道
N国外務省にある国際情報統括官組織は、諜報活動を主に行う特殊情報収集組織である。その諜報活動の中には「色仕掛け任務」もあり、入省した男性分析官は「男役」と「女役」に分類され、二人一組の「バディ」となり、なんと極秘に夜な夜な特訓をしているのである!

これは、複数のカップルが登場しますが、どのカップルの攻めも絶倫体質ですね。特に1巻に登場する「針生」がダントツに絶倫ナンバー1!ってイメージがある・・・でも、まだ連載中だから、どうなるかわからない?エロ濃度の高いちょっと癖のあるBLコミックです

>>クチコミをチェック!

「サブブログ」更新情報

NEW9月20日市梨きみ「心中するまで、待っててね」第1話 ネタバレ感想

9月17日「どうしてもヤリたくて学園」第3話 ネタバレ 星名あんじ 

9月17日イクヤス「ボロアパートに兄の男」感想ネタバレ

9月14日青山十三「恋人を可愛がる方法」第1話 鬼塚✕柳浦 ネタバレ感想

9月14日コミカライズBL「隣の嘘つき」須坂紫那✕安西リカ 第2話 ネタバレ感想

9月14日奥田枠「恋する僕らは胃腸が弱い」最終話ネタバレ感想

9月8日大和名瀬「1Kアパートの王子様」第2話 ネタバレ感想

9月8日楢崎壮太「ねこねこケイヤク」第4話 ネタバレ感想

9月7日「コスメティック・プレイラバー 2巻」第2話 ネタバレ感想
9月7日羽純ハナ「レムナント―獣人オメガバース―」最新話 ネタバレ感想

9月05日絵津鼓「JOY Second」第一話 ネタバレ感想 更新

9月05日にやま「僕のおまわりさん 2巻」第4話 更新

9月4日さちも「黒か白か 2巻」収録予定 最新話ネタバレ感想

9月3日吉田実加「こいつはダメだと知っている crossroads」最新話 ネタバレ感想

9月1日「手中に落としていいですか」第17話 後編 くれの又秋【ネタバレ感想】

8月31日「狂犬ハチ公」第12話 ネタバレ感想

8月30日座裏屋蘭丸「シャングリラの鳥」第3話ネタバレ感想

8月29日練馬zim「エロトマニアックプレイ」第一話 感想ネタバレ

8月28日「ララの結婚」第5話 ネタバレ感想

8月27日文川じみ「君ってやつはこんなにも」ネタバレ感想

8月26日itz「リバイバルブルー2巻」第8話ネタバレ感想

8月23日にやま「君の隣で揺られて」ネタバレ感想

8月22日りーるー「完璧な息子」ネタバレ感想

8月20日佐倉リコ「一ノ瀬くんはいつも言いなり。 」第5話 ネタバレ感想

8月18日「嘘つきな番~その匂い、ナカまで染み込ませて」 ネタバレ感想

8月17日「狂い鳴くのは僕の番 ;β 2巻」最新話 楔ケリ【感想ネタバレ】

8月14日GO毛力 「寡黙な親友がただのムッツリでした」ネタバレ感想

8月10日「もみチュパ雄っぱぶタイム」第9話 ネタバレ感想

8月10日小箱あき「オメガ・シンドローム」第13話 ネタバレ感想

8月6日【Renta】まるっと無料!30%OFFなど!Rentaおトク情報まとめ

8月4日羽純ハナ「妖しの箱庭に浮かぶ月 第5話」ネタバレ感想 

8月2日【おすすめBLコミック】7月に読んだ中よりベスト10作品はこれ!

8月1日中川カネ子「兄弟失格それ上等(愛)」最新話 ネタバレ感想

7月31日ハル「4月の東京は…」第1話 ネタバレ感想

7月31日みちのくアタミ「アダムの助骨」第3話 ネタバレ感想

7月27日「気まぐれなジャガー13話」ウノハナ ネタバレ感想

7月26日上田アキ スピンオフ「オーバー・スコール」ネタバレ感想

7月23日ヤマヲミ「片想いをこじらせています」ネタバレ感想

7月23日2018年上半期BLコミックベスト30

7月21日電子書籍限定フェス!「ビーボーイフェス2018」まとめ

7月20日里つばめ「GAPS hanker」最新話 ネタバレ感想

7月19日魚ともみ「ヤリすぎブラザーズ 」第3話 ネタバレ感想

7月17日コダ「漫画家とヤクザ 17話」【感想ネタバレ】

7月14日Renta!キャンペーンページ更新しました

7月5日ためこう先生作品リスト!ベスト3付き!

6月28日「Charaレーベル 創刊23周年記念バースデーフェア2018」まとめ

6月23日春田「ハイスクールラララブ」ネタバレ感想

6月13日リッケン「ぼくのカレシのすきなひと」第5話【ネタバレ感想】

6月11日5月に読んだおすすめBLコミックを10作品紹介します

6月9日腰乃 滅法矢鱈と弱気にキス(2)【ネタバレ感想】

コメントはこちらから