赤い糸シリーズ!吉尾アキラの漫画をオススメしたい!

IMG

こんにちは!海ホタルです

本日は、前々から紹介しよう・・・紹介しよう・・・となかなか記事にできなかった

吉尾アキラ先生の赤い糸シリーズのご紹介です!

はぁぁぁぁー・・・やっと書ける!!!(笑)

勝手に「赤い糸シリーズ」と言っていますが・・・

シリーズと言ってもいいのかな?ドキドキドキ・・・

まずは!!

2017/01/25出版された「赤い糸の執行猶予」からご紹介です☆

「赤い糸の執行猶予」紹介

大学生の繋司は、なぜか赤い糸が見えてしまう特異体質だ。ある日、ふと自分の指を見てみると赤い糸が!! 喜び勇んで糸を辿っていくと、そこには後輩のヒロがいた!!……俺の運命の相手って男なの!??

赤い糸が見えてしまうという特異体質の主人公!荒子くん!!

赤い糸が見えちゃうんなんて!

すごいドラマチックなわけなんですが

でも、その赤い糸が自分と同性の男の子に繋がっているとなれば

「ちょっと!待ったーーーー!!!!」ってなっちゃいますよね!?

しかも、その相手は「赤い糸効果」なのか、自分にゾッコン状態に~!!!

かわいい女の子と運命の糸が繋がっていると夢見ていた主人公は、この「運命」をなにがなんでも回避したいと思います

必死に赤い糸の相手を拒絶する主人公も面白いんですが

その中で徐々に育っていく「情」のような部分が巧く描かれていて最後までコミカルに一気に楽しめる作品!

途中・・・

赤い糸を切ってくれる怪しげな青年も登場し

本当に赤い糸が切られちゃったりしてね!!!

「赤い糸」ってある意味、本当にドラマチックな運命的な匂いがする言葉なんですけど

それが、予想外の相手に繋がっていた!というドラマチックさを逆手に取った設定がすごく楽しめる作品

しかも!年下攻めー!!(笑)

好き好きオーラを出している年下攻めの威力も注目です!!

「叶わぬ恋の結び方」紹介

縁切り屋を営む薫の元に、一件の依頼が舞い込む。それは、ストーカーに困っているサラリーマン・原からのものだった。はじめは薫の話を信じきれない様子の原だったが、気づけば好意を寄せてくるようになっていた。
しかし、縁を切る能力と引き換えに自身の赤い糸が存在しない薫は、原と結ばれることはないと彼の告白を拒絶するが――…。

はい・・・

わたくし・・・

この作品が!大!大!大好きで!!!!!

何度もリピ読みしている作品です!!!!

こちらの作品は「赤い糸の執行猶予」で登場した、赤い糸を切る力がある神沢 薫が主人公

いわゆるスピンオフってやつですが、「赤い糸の執行猶予」が未読でも楽しめます

主人公の神沢 薫は、「縁切り」などを生業にしている一族に生まれる

他人の赤い糸が見え、それを切ることができるという不思議な力を持っているのです

しかし・・・

薫本人の赤い糸は誰にもつながっていない

恋人がいた過去もあるけれど、結局みんな赤い糸が繋がっている相手の元へと去ってしまう

だから、誰とも深くつながることなく

ワンナイトラブを楽しんでいたのですが

どうしようもなく薫のことが好きだという相手が現れてしまうのです!!!

なんてこったーーー!!!!

 

しかし、その相手と薫は赤い糸が繋がっていない・・・

だから薫は「いつか別れる相手ならば・・・」とセフレとしての関係を続けます

でも、体を重ねれば相手がどんなに自分を思ってくれているかも伝わってくるわけで・・・

いつか別れる相手なのに・・・でも、今、目の前にある深い愛情を見て見ないふりをしてもいいのか?

ものすごーく薫は迷うんですね・・・・

もうね・・・本当にすてきないいお話なんです・・・

過去の傷を背負って目の前にある愛情を信じられない薫の表情や

そんな愛を信じられない薫を大事にしたくてたまらない攻めの気持ちの深さに胸が痛くなる作品なんです!

海ホタルのまとめ

いつか紹介しようと思っていた作品なので

紹介出来て大満足です

個人的には「叶わぬ恋の結び方」が好きなので!

ぜひ!

また機会があったら手に取ってほしいと思います☆

吉尾アキラ先生いいですよねー

最近ちょっとハマっています!

IMG

読むと胸がキューッて痛くなる「繋いだ恋の叶え方」吉尾アキラ

2020-03-04

おすすめネタバレ!

IMG
IMG
IMG
IMG
「サブブログ」更新情報

NEW10月20日【非BL】ハルノ晴「あなたがしてくれなくても」第46話 感想ネタバレ

10月15日【非BL】「私の夫は冷凍庫に眠っている」第9話後半 ネタバレ感想

10月13日「さよなら共犯者」第4話 あがた愛 ネタバレ感想

10月09日「いつか恋になるまで」続編!「明けても暮れても」第3話 ネタバレ感想

10月08日【非BL】安野モヨコ「後ハッピーマニア」第8話 ネタバレ感想

10月08日【非BL】松田環「こちらから入れましょうか?…アレを」6~19話 ネタバレ感想

10月07日「ふたりのαに娶られて」第3話 ネタバレ感想

10月07日【非BL】「女の子が抱いちゃダメですか?」第11話 ねじがなめた

10月05日日高ショーコ「アンチロマンス」2巻 10話ネタバレ感想

10月04日【非BL】「それでも愛を誓いますか」第18話 ネタバレ感想

10月01日ハル「4月の東京は…」スピンオフ!「東京-冬-」 ネタバレ感想

10月01日「手中に落としていいですか 3巻」第10話前編 くれの又秋【ネタバレ感想】

9月27日ウノハナ「新宿69ヘヴン」第3話 感想ネタバレ

9月27日「お兄ちゃんだって甘えたいわけで。」第11話 ネタバレ感想

9月26日【非BL】ネタバレ感想「にぶんのいち夫婦 第20話」 ネタバレ感想

9月25日「簡易的パーバートロマンス 4巻」第3.5話 【感想ネタバレ】

9月25日「狂い鳴くのは僕の番 ;β」楔ケリ 本編最終話 【感想ネタバレ】

9月25日「気まぐれなジャガー」第23話 ネタバレ感想

9月25日【非BL】「恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー」9/25日配信分!ネタバレ感想

9月24日S井ミツル「めぐみとつぐみ」15話 ネタバレ感想

9月21日【非BL】橘オレコ「プロミス・シンデレラ 」72話を追記・更新しました

9月21日GO毛力「運命すぎてつがえません」第5話 ネタバレ感想

9月20日鈴丸みんた「かんしゃく玉のラブソング」1~3話 ネタバレ感想

9月16日「月の街、花の都 3巻」14~15話 千葉リョウコ 【感想ネタバレ】

9月16日ウノハナ「怒った顔もエロいです」1~2話 ネタバレ感想

9月13日「僕が歩く君の軌跡」24話 ネタバレ感想

9月9日2020年8月に読んだベストコミック10作品!

9月6日「セックスアンフレンド」第16話 相野ココ 感想ネタバレ

8月29日「シャングリラの鳥」第9話 ネタバレ感想

8月28日「ララの結婚」第15話 ネタバレ感想

8月22日高城リョウ「BODY-KILLER!」第4話 ネタバレ感想

8月21日「プチミニョン -獣人おめがばーす-」2巻 第12話 羽純ハナネタバレ感想

8月21日ネタバレ感想「アバウト ア ラブソング」第2話 夏野寛子

8月14日羽純ハナ「レムナント―獣人オメガバース―」第24話 ネタバレ感想

8月13日「自惚れミイラとり」第4話 中川カネ子 ネタバレ感想

8月10日「ドSおばけが寝かせてくれない3巻」第2話 ときしば 【感想ネタバレ】

8月5日市川けい「ストレイバレットベイベー」2巻 第11話 ネタバレ感想

8月5日「瘢痕―ハンコン―」第2話 ネタバレ感想

8月3日【新連載】「お伽話は地獄の果て、」市梨きみ ネタバレ感想

8月1日田倉トヲル「のみ×しば」2巻 第7話 ネタバレ感想

感想ネタバレ「ハッピー・オブ・ジ・エンド」第4話 おげれつたなか

7月17日【最終回】「何かいいの見つけた!Re:」感想ネタバレ

7月8日【新連載】藤咲もえ「トンでもない俺のα-ナダと菫人-」ネタバレ感想

7月7日「Daisy Jealousy」最終回 おげれつたなか 感想ネタバレ

6月30日里つばめ「GAPS off limits」第5話 ネタバレ感想

6月30日山本小鉄子「笑う鬼には福きたる 」第16話 ネタバレ感想

6月28日「キリング・ストーキング」第7巻 ネタバレ感想

6月23日「女体化した僕を騎士様達がねらってます」第19話 ネタバレ感想

6月16日にやま「そんなに言うなら抱いてやる」最終回 ネタバレ感想

6月11日練馬zim「運命がラブストーリーでありますように」第3話ネタバレ感想

6月7日羽純ハナ「キス・アンド・ナイト」第5.5話 ネタバレ感想

6月7日左藤さなゆき「ロマンチック・ラメント」第3話 ネタバレ感想

6月7日 藤河るり「マーキングオメガ」第6話 ネタバレ感想

6月4日ネタバレ感想「どう考えても死んでいる」第8話 雁須磨子

5月25日「召されやがれ!」最終回 みちのくアタミ ネタバレ感想

5月21日akabeko「少年の境界 3巻」最終回ネタバレ感想

5月12日「ワタシ以外みんなバカ」1~7話 かたおかみさお ネタバレ感想

5月1日「やましい恋のはじめかた」2巻 第2話 小東さと ネタバレ感想

4月30日【非BL】「夫はわたしじゃいけないの?」19~21話 ざくざくろ 最新話ネタバレ感想

4月15日春田「運命の番がお前だなんて」第7話 ネタバレ感想

4月9日【こいめろ】供威×黒瀬編「恋するインテリジェンス」class:♯128TK-001 後編(ネタバレ有)

4月8日「食べてもおいしくありません」2巻 第6話 ネタバレ感想

4月2日「24時間オチないKISS・続」第5話 加藤スス【感想ネタバレ】

3月31日ハル「4月の東京は…」最終回 ネタバレ感想

3月31日みちのくアタミ「アダムの助骨 2巻」最終回 感想

3月27日国原「ストリッパーの淫らな悪戯」第13話 ネタバレ感想 ネタバレ感想

3月17日【新連載】「メデューサの息子」吹屋フロ  ネタバレ感想

3月13日ネタバレ感想「こいつはダメだと知っている vie ensemble」第5話後編

2月29日「私立帝城学園-四逸-」第9~10話 ネタバレ感想

2月25日「漫画家とヤクザ」第24~25話 コダ【感想ネタバレ】

 

4 件のコメント

  • こんにちは〜海ホタルさん
    私も吉尾アキラさん大好きなんですよー
    私も断然「執行猶予」より「結び方」派ですね。
    すごく切なくて…自分に糸は無いのに付き合った後で相手に他の人との糸があるのが見えたらキツイですよね。立ち直れなくなってしまうわ。
    最終回のぎりぎりにくっついたので何と2人とも半ケツ状態で終わってるという(//∇//)
    なので続きがあるのが嬉しいです。タイトル的に事件は起こっても不幸にはならないと思うので配
    信されるのを楽しみに待ちたいと思います。
    後書きにもありましたが繋司くんは原さんお勤めの会社に入るんですね。母子家庭でいいとこ勤めたいっていう言っていたから頑張ったんだなーーとホッとしました。
    ちなみに何回も繰り返し読んでしまう本が別にありまして「生意気彼氏」がとても好きです。柏木さんがいい人過ぎてお気に入り。餌付けしたい。
    ではまた〜

    あ、話違いますがGO!毛力さんRenta!の方のトップページでは完結って書いてますよね。終わりかな〜最終回だけ買わずして単行本待とうかなと思ってます。

    • うらさんへ
      わたしも「結び方」派なのでうれしいです!
      昨日の夜も、また読み返していまして・・・なんか、サクッと読み返せて、ほどよく胸に痛みのある展開がすごいクセになっちゃうんですよー!
      最後がねー・・・バタバタした感じでくっついて、もっとこのふたりが見たいなーって思っていたら続編がスタートして
      すごい楽しみにしています!赤い糸がつながっていないふたりっていうのがねー・・・ちょっと不安なんですけど・・・
      でもでも!絶対ハピエンを期待したいです!!!
      吉尾アキラ先生、面白いやん!って・・・「生意気彼氏」ポチしてるんですけど・・・まだ読んでいないんですー!(;´∀`)
      うらさんおススメと聞いて、「はよ読まなー!!」って思いました!近々読みます!

      GO!毛力さんは「寡黙な親友が・・・」ですよねー!これ、面白しかったですよね!
      「完結」ってありました?それを、見つけられなくてー!汗
      でもでも、読んだら、「完結」だと思ったんですよ!!誤解が解けて、濃厚エロ投下されているし!!!
      第6話まで読んだけど、書きおろし目当てでコミックも買うと思います!早くコミック化されないかなー・・・

  • 私も吉尾さんは作家買いしてますよ~。
    で、同じく「結び方」派です(笑)
    初読みは「執行猶予」(半額セールだった!)なんですが、その時の感想は普通・・・だったんですが(;^_^A
    気が付けば他の作品を読み漁ってるので、何だかんだで普通じゃなかったんでしょうね。
    あと、吉尾さんもラブネストの南月さんと似たようなタイプで、作品を重ねるごとにうす味から濃厚へ進化されてる作家さんだなと思っているところです。
    GUHSで連載中の白雪姫も結び方と同じく作品から漂う色気が半端ない!
    不憫な美人受け描くの上手すぎ!!

    • まるかーとさんへ
      こんにちはー
      「執行猶予」読もうと思っていたら・・・読まないままこの時間になってしまいました!
      わたしの感想が述べられず・・・凹んじゃいます!!
      初読みで「普通だなー」って思って、その後もその作家さんの作品が気になってって時ありますよね
      わたしもいっぱいありますよ!読み終えて「普通だな。あるあるだな」と毎回思うのに・・・新刊が出ると、なんとなくポチしてるって作家さん!
      あれって、なんなんでしょうね?
      GUHSで連載中の吉尾先生の作品も読み飛ばしていたのに、最近、あわてて読み返しました(笑)
      吉尾先生は、攻めの愛が濃いところがいいですよね!明日こそ・・・「執行猶予」を読みたいと思います

  • コメントはこちらから