スパダリを目指したはずが残念イケメンに!「アンタなんて大嫌い」上田にく

IMG

こんにちは!海ホタルです!!

グッと寒くなりましたが、みなさん、体調など崩されていないですか?

わたしは、あまりに寒くて、キーボードを打つ指がスムーズに動きません!!

ま・・・負けずに書くぞー・・・

さて、本日のレビューは上田にく先生の新刊「アンタなんて大嫌い」です

紙書籍と同時電子配信されましたね!!

口コミを見ると、どうもコメディ色が強い作品そうで、笑いを期待して読ませて頂きました

随所に「クスっ」って笑えるノリがあって、ほのぼのと楽しめましたよー

では、レビューにいってみましょう!!

作品紹介

そつなく仕事をこなす真面目な会社員・静は、夜の街ではキザな台詞もスラスラ口にでき恋する自分に陶酔できるという裏の顔を持っていた。ある夜、顔も身体も好みで、最高に甘やかしてくれる理想の男性・寿々邦と出会った静。忘れがたい最高の夜を共にしながらそれも一夜限りと思っていたのだが、突然彼が自分が勤める会社に社長代行として現れ……!?

「アンタなんて大嫌い」のここが面白い

夢見る腐女子のためのBLかと思いきや・・・

あらすじを読んでみて、一夜限りのはずの相手と再会→しかも相手は社長令息→受けが溺愛され→玉の輿ハピエン!!・・・という夢見る腐女子向けのあるある王道ストーリーを予想したんですよねー

そして、ほぼ、予想どおりの展開で、予想が大当たり!!って感じだったんですけどー・・・

合っているけど、なにかがおかしい・・・?

うーん・・・どこが、おかしいんだろう?って読み直してみたら、「あ!この攻め、残念イケメンじゃん!!!」って気づいた!!

この残念イケメンと受けの会話が「クスッ」って笑えるんですよ!!

昼間の顔と夜の顔を使い分けている静が、一夜限りの相手と昼間の世界で再会して、本気で嫌がっているのに、この攻めは静の嫌がる言葉を全く聞いちゃいないのです!!

会話が通じないお花畑脳の攻めから全力で逃げる受け

空気が読めず、どこまでも笑顔で追いかける攻め

終いには「逃げられると楽しくなってー!」とまでニコニコと言い出す始末・・・

おいおい・・・

この攻め、すごくイケメンなのに!!

スパダリ要素はたくさん持っているのに!!

受けとの会話と全く噛み合っていない天然な攻めの会話が「クスリ・・・」と笑えてとても楽しいのです

 

ロマンチストとエゴイスト/上田にく
恋愛に夢を抱く超純粋な榎本は、男4人のシェアハウスへ入居することに。しかし、シェアメイトでゲイの北に狙われ、ファーストキスを奪われてしまう。色々な男をつまみ食いする快楽主義な北を拒みながらも、頑なに恋人を作らない彼のことが逆に気になりはじめ――!?

受けの夜の姿はとっても乙女思考

昼間は真面目にサラリーマンをやっている受けですが、夜の街では、一夜限りの夢を見たい乙女思考がある人で・・・

攻めと初めて一夜を共にしたあとも、「姫気分を味わえた!」とすっごくウキウキしているんですよね!!

なのに、昼間の世界で攻めに会った途端、攻めの存在拒否!!

「別の静です」ってどこの静だよー!!笑!!

甘やかしてくれてちやほやしてくれる男性が好きなのは夜の静であって、昼間の静は、そうじゃないんですねー

しかも、性癖のスイッチまで変わるようで・・・昼間の静は実はバイ・・・

同僚の女子で気になる女の子もちゃんといるみたいで・・・

二重人格とかではなく、どうも、自分のいる場所や雰囲気によって、自分の中のスイッチを切り替えるタイプみたいなんですね

だから、攻めがグイグイと来られることで、昼間の自分と夜の自分がせめぎ合うことになるんです

攻めのことが好きなのか、好きじゃないのか?迷う静がどうやって自分の中で折り合いをつけるかを楽しめます

 

そして今夜も眠れない/上田にく
「俺と一緒に寝てくんない?」会社の同僚の広瀬(ひろせ)に、そんな頼みごとをされた岡田(おかだ)。一人暮らしを始めたばかりで夜眠れないというので、一緒に寝るハメに……ところが仕方なく一緒に寝ていたら、広瀬を抱く夢を見てしまった!!
意識する岡田をよそに、広瀬はよく眠れたから明日からも頼むと超無邪気。夢の中では、俺にあんあん言わされてるくせに――抱き枕がわりの添い寝のハズが、夢の中で抱いた感触が頭から離れなくて……!?

まとめ

1冊まるっと表題作のカップルのお話となっています

むずきゅんとか・・・破壊力とかはないんですけど、クスって笑えて、心穏やかに楽しめるBLだと思います

あと、夜の静は、どちらかというと女子寄りの思考なので、そこが地雷な方がいるかもしれません

先生のあとがきで「最初はスパダリを描くぞ!と思っていたが変な方向にいった」とあって・・・

すごく、納得!!

スパダリ要素があっても、残念イケメンだとこうなっちゃうんだなーってつくづく思った・・・

くっついたふたりが、噛み合わないながらも楽しそうでよかったと思いました

全体にコミカルで読みやすい一冊だと思います

疲れたときの息抜きにいいBLだと思いました

絵はキレイで読みやすい感じです。この作品にご興味を持たれた方は、サンプルボタンを押したら即立ち読みができます

おすすめネタバレ!

IMG
IMG
IMG
IMG

NEW11月30日【レス問題】「それでも愛を誓いますか」第33話 ネタバレ感想

11月27日【BL】S井ミツル「めぐみとつぐみ 4巻」20話 ネタバレ感想

11月20日【BL】スピンオフ「何でもいいから消えてくれ」第6話 ひなこ 感想ネタバレ

11月19日【BL】ネタバレ感想「αの花嫁 ─共鳴恋情─」第18話 ネタバレ感想

11月16日【レス問題/夫婦】ハルノ晴「あなたがしてくれなくても」第59話 感想ネタバレ

10月29日【BL】「夜明けの唄2巻」第9話 ネタバレ感想

10月28日【BL】「ララの結婚」第20話 ネタバレ感想

10月24日【BL/TL】「女体化した僕を騎士様達がねらってます」20話 感想ネタバレ

10月10日【ラブコメ】安野モヨコ「後ハッピーマニア」第16話 ネタバレ感想

9月28日【BL】「異世界転生!悪役王子は護衛騎士に溺愛される!!」第2話 秋雨るい 【感想ネタバレ】

9月27日【BL】「異世界転生!悪役王子は護衛騎士に溺愛される!!」第1話 秋雨るい 【感想ネタバレ】

9月26日【BL】「簡易的パーバートロマンス 5巻」3話 【感想ネタバレ】

9月15日【BL】「僕が歩く君の軌跡」27話 ネタバレ感想

9月09日【夫婦/不倫】ネタバレ感想「にぶんのいち夫婦 第30話」 ネタバレ感想

9月5日【ドロドロ】「戦略結婚 ~華麗なるクズな人々~ 2巻」第7話

8月31日【レス問題】「それでも愛を誓いますか」第30話 ネタバレ感想

8月16日【BL】羽純ハナ「レムナント―獣人オメガバース―」第29話 ネタバレ感想

8月15日【BL】ネタバレ感想「午前2時まで君のもの」最新話 奥田枠

8月13日【BL】ネタバレ感想「黒ギャルになったから親友とヤってみた。」13話

8月05日【BL】「アンチロマンス」14話 ネタバレ感想

7月10日【BL】ネタバレ感想「手負いのライオン、囚われのバンビ」芥

7月07日【BL】「ふたりのαに娶られて」第12話 ネタバレ感想

6月30日【ラブコメ】「恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー」番外編2!ネタバレ感想

6月28日【ラブコメ】「女の子が抱いちゃダメですか?」第25話 ねじがなめた

4 件のコメント

  • 海ホタルさん
    おはようございます(^o^)今日はいったい何時に家を出発したらいいのかな?昨日は1時間かかったからね!外は荒れてるみたいなので、たぶん道はツルッツルのはず・・・は〜疲れるわー(T_T)
    そんな時に読むのにいいですよね、このマンガ。雑誌で読んでいて買おうと思ってたんですが、なんかこの表紙、素敵ですね〜ちょっと、マンガの内容とは違うような?
    今、待緒イサミ先生の「十二支色恋草子」読み直ししていて、他の作品も読みたくなって何冊か購入したんですが、読んで気づいた。デビューコミック持ってるわ〜BL沼にはまって色々読み漁りしてた頃に読んだやつだった(^_^;)6年くらい前?あの頃は、電子はそれほどなかったけど、今は色々読めて助かるわ。おっと、そろそろ準備しなきゃ。では、行ってきまーす(嫌だけど)

    • みかりんさんへ
      そろそろお家に帰れているころですか?
      今日は、ニュースで雪景色をたくさん見ましたー!こちらはまだ降っていないんですが、むちゃ寒!!です・・・家の中にいて風邪をひきそうです・・・
      「十二支色恋草子」は未読なんですよ。ディアプラスでも人気がある感じだなーと思いつつ、最初を知らなから、読んでも、ちょっとわからず、今に至っています
      デビューコミック持っているんですか!6年位前の?!それはすごいですね!!
      また、機会があれば、ぜひ「十二支色恋草子」も読みたいと思っています!

  • 海ホタルさん
    こんばんわー(^o^)帰ってきましたよ。ほんとーにっ!寒くて死にそうだった!−5度って、凍るわ!
    待緒先生は、絵は可愛いのに、なかなかエロいのでおすすめです。
    「番犬の躾け方」と「天球恋路観測点」がよかったですよー(^o^)

    • みかりんさんへ
      「番犬の躾け方」と「天球恋路観測点」ですね!チェックさせてもらいましたよー
      表紙見たら、「あ!この作品か!」って思いました。
      待緒イサミ先生の作品だったんだと今知りました・・・「いつか読みたいリスト」に入れさせていただきますね

  • コメントはこちらから