本格派“人狼”ラブ!コミカライズ「発情」「欲情」!合わせて「蜜情」ネタバレ有

IMG

今月号の「ビーボーイゴールド 2017年12月号」を買った海ホタルです・・・

IMG

雲田はるこ10周年記念号「ビーボーイゴールド 2017年12月号 」新刊情報

2017-11-01

「ビーボーイゴールド」は気になる作品があるときだけ買うBL雑誌なんですが、比較的、良作揃いですよね・・・

端から端までけっこうしっかり読んじゃいます。

んで、今月号に、鳥海よう子先生の「蜜情」(原作:岩本薫)が載っていてですね・・・

前作である「発情」「欲情」を全く知らないに関わらず読んじゃったんですけど・・・

そしたら、「ん?これ、おもろいやん」ってなっちゃって、「発情」「欲情」を一気読みしちゃいました!!

人狼ものです。小説のコミカライズとなっています。

2作品一気にレビュー書いちゃいます。最後に、「ビーボーイゴールド 2017年12月号」掲載の「蜜情」のネタバレをちょこっと書きましたので、気になる方は、最後まで読んでってね!!

シリーズ1作目!コミカライズ「発情」

 2014/6/10発行

発情

発情

不登校中の学年きっての“逸材”、神宮寺。
ヤクザの息子である彼を登校させるため、副担任の侑希が家庭訪問をすることに。
しかし女を連れ込んでいた神宮寺を注意したところ、突然発情した彼に無理やり抱かれてしまう……!
獰猛な瞳で侑希を喰らう彼には絶対に知られてはいけない「一族の秘密」があって――?

生徒になめられちゃうような面立ちの教師の侑希が、ヤクザの息子の神宮寺が学校をしばらく休んでいるという理由で、家庭訪問するわけです

そしたら、神宮寺くん、学校を休んで女の子とイチャコラしているわけです

だから、侑希先生は、ここは教師として毅然な態度を見せなければ!と、神宮寺くんを指導しようとするのですが、そのまま、神宮寺くんにやられちゃいます

え?先生!!大人なんだからもっと抵抗しようよ!!!!と思っちゃうんですが、やっている最中から、先生、気持ちよくなっちゃって流されちゃうんですよー

お互い男は初めて同士なのに、この上ない快楽を感じてしまいます

真面目な先生は、生徒と一線超えたことを大きく後悔しますが、神宮寺の方は、先生に執着をし始めちゃうんですねー

前半は、けっこう、先生、まじで神宮寺にビビってて、かなり嫌がっているんですけど、途中で、神宮寺が人狼であることを知ってしまいます

神宮寺に「ふたりだけの秘密だ」と言われたことをきっかけに先生も神宮寺を受け入れていくのです

しかし、神宮寺は、ヤクザ組長の息子であり、様々な妨害があり、先生の命が狙われてって展開です。

エロ描写は、比較的多め。年下攻めならではの執着やわがままがいいです。あと、運命の恋要素が有り、そこが乙女女子のハートにキュンってきます!!

ただ、1冊にまとめるためにでしょうか・・・ところどころ、足早な展開があります。

そこは、コミカライズの運命ですよね・・・仕方ないよねって部分です

でも、小説が苦手って方もいると思うので、そういう方にはおすすめできる作品だと思います

久しぶりに人狼BL読んで、面白かった!特に、やっぱり狼はかっこいいよね!!って思うー!

シリーズ2作目!コミカライズ「欲情」

 2016/10/8発行

欲情

欲情

人狼の血をひくヤクザ大神組の長男・迅人。恋も「発情期」も知らない「普通」の男子高校生だった迅人は、ある日、敵対するヤクザの組長・賀門に、人質としてさらわれてしまう――。賀門に対し敵意をむきだしにする一方で、なぜか迅人の体が火照り疼き始めてしまい……。生まれて初めての発情が迅人の体を翻弄する――!

シリーズ2作目は、神宮寺の兄の迅人が主人公。どうやら、弟の方が優秀みたいで、自分に自信がいまいちない子のようです

そんな彼が、父親が敵対するヤクザの組の傘下にある組の賀門に誘拐される

誘拐したものと、されたものの奇妙な同居生活の中で、迅人が放つ甘い香りに誘われ、賀門は迅人と一線を超えてしまい、そして、愛してしまうようになるのです

迅人も、人狼として弟と比べ不出来で、発情期も迎えていなかったのですが、賀門と出会ったことで発情期を迎えます

まさに、運命で結ばれたふたりだったんですね

しかし、迅人は敵対する組の息子

どうしようもなく追い詰められたふたり・・・ドキドキ、ハラハラの展開となっています

こちらは、コミカライズものにしては、違和感なくスムーズな展開で楽しめました。

原作を読んじゃっていたら、まあ、いろいろ思うところがあると思うんですが・・・

読んでないので、気づきません。笑・・・

賀門が、むっちゃかっこいいです。

人狼として出来の悪い子らしい迅人が、エロ中に尻尾が出ちゃうのもGOOD!!とっても、かわいくて萌えます!!

読み応えがあったし、楽しめる1冊となっています

小説「発情シリーズ」

「発情シリーズ」の原作は岩本薫先生です

どちらのコミックにも巻末に、小説が数ページ入っています。

小説の方は、現在、6作でています・・・・イラストは如月弘鷹先生、北上れん先生なんですね・・・

あらすじだけ読んでいくと、けっこう、壮大なストーリーに発展してた!

シリーズ1作目「発情」

発情【イラスト入り】

発情【イラスト入り】

[著]岩本薫 [画]如月弘鷹

「あんたの説教聞くのもかったりぃし、手っ取り早く体で話し合おうぜ」生真面目な数学教師立花と「学園始まって以来の逸材」(しかしヤクザの息子)神宮寺。立花は不登校中の神宮寺を家庭訪問するが、飢えた獣のような彼に押し倒され、必死の抵抗もむなしく抱かれてしまう。しかも野性味を帯びた美貌を持つ、孤高で気まぐれな生徒には更に大きな秘密があり……!? 「男で発情したのはあんたが初めてだ」岩本薫史上最高のエロスラヴ!

シリーズ2作目「欲情」

欲情【イラスト入り】

欲情【イラスト入り】

[著]岩本薫 [画]北上れん

高校生・神宮寺迅人は、生まれて初めての感覚に戸惑っていた。無精髭に長身の、誰が見ても見惚れる大人の男、賀門士朗――「彼」の匂いを嗅ぐだけで、下腹部が疼いて、息が苦しい。身も心も蕩ける初めての快感をもたらす彼こそが、俺の「運命の相手」!? だが賀門は、神宮寺家と敵対するヤクザ組織の人間で……! 抱かれても抱かれても際限がない、この身体の昂揚は――恋!? エロスラブシリーズスピンオフ登場v

シリーズ3作目「蜜情」

蜜情【イラスト入り】

蜜情【イラスト入り】

[著]岩本薫 [画]北上れん

駆け落ち同然で愛する恋人・賀門と日本を離れた迅人。自分が狼に変身する人狼一族であることを知ってなお、心も体もめちゃめちゃ愛してくれる賀門と、甘い蜜月を過ごしていた。しかし、謎の男たちに襲われ、賀門は急遽帰国を決意。迅人の弟で、やはり人狼の峻王とその恋人の侑希に助けを求めるが、四人の想像を遥に超えた事態が起きて……!? 大人気シリーズ第3弾は「発情」&「欲情」のダブル主役! ハイパーエロス満載です★

シリーズ4作目「色情」

岩本薫の大人気作「発情」シリーズ最新作「色情」より、人狼一族を支える都築が、自宅で密かに飼う男―二人の歪んだ愛を描くエロス・スピンオフ「疵痕」、後日談「爪痕」を収録。
大人気作「発情」シリーズ最新作「色情」本編、さらに非売品小冊子のショート「Special White Christmas」も収録

シリーズ5作目「艶情“王者の呼び声”」

艶情 王者の呼び声【イラスト入り】

艶情 王者の呼び声【イラスト入り】

[著]岩本薫 [画]北上れん

人狼の母・迅人と人間の父・賀門の間に生まれた双子のひとり、峻仁はある日突然英国の人狼一族ゴスフォードにさらわれる。当主であり、群れのアルファ狼(リーダー)であるアーサーは、冷酷で屈強な男。琥珀の瞳から獲物を狩る捕食者のような強い輝きを放っていた。アーサーは、峻仁が男でありながら妊娠可能な体だと告げる。そして「お前を孕ませ、私の子供を生ませる」と猛々しく宣告し、峻仁を無理やり抱いて……!

シリーズ6作目「艶情“つがいの定め”」

艶情 つがいの宿命【イラスト入り】

艶情 つがいの宿命【イラスト入り】

[著]岩本薫 [画]北上れん

「いけないことだとわかっている。妊娠の可能性があるのに、同意のもとで抱かれるなんて……」峻仁を圧倒的な力でねじ伏せ、監禁し、陵辱した人狼一族ゴスフォードの長・アーサー。このままだと妊娠してしまうかも……そんな不安にさいなまれる一方で、峻仁は敵同士でありながら、屈強で雄々しく、リーダーとしての魅力に満ちたアーサーと惹かれ合ってしまう。だが、そんな二人の前にゴスフォードの他の人狼が獰猛に立ちふさがり……!?

「蜜情」第3話「2017年12月号 ビーゴールド」より

ここから、コミカライズ「蜜情」のネタバレとなります。NGな方は、読み飛ばしてくださいm(_ _)m
海ホタル
はい・・・わたし、いきなり、このお話から読んだんですよ。第3話なんですけどね・・・面白かったんですよ・・・
顔色の悪男性とヒゲを生やしたワイルド系男子が飛行機で日本に帰ってきて、メガネのやさしそうな男性と、イケメンがふたり迎えるってシーンから始まるんですけどね・・・・

顔色の悪い男性は、「欲情」の主人公である人狼の迅人。ワイルド顔の彼氏が賀門

メガネ男子が、「発情」の主人公の侑希。イケメンがその彼氏である人狼である神宮寺です。

そして、迅人が具合が悪いことからの日本に戻ってきたらしいって会話でわかりますが、迅人は、ヤクザの組長である父親に見つかるのが嫌で日本には来たくなかったようです

人狼である迅人の病気を診れるのが、父親の極道の関係者みたいで、治療中、自分が日本に帰ってきていることを家には言わないでって口止めをしています・・・

そして、診察が始まり、医者がびっくりした表情を見せます。

なに?なに?なんなん!!!!って思っていたら!!!!

迅人は、ご懐妊だそうで!!!

な!!なにーーーーー!!!!!

海ホタル
うふふ・・・ニヤける・・・・ワクワクする・・・(← 最近、男性妊娠BL!ウエルカムの人!!)

どうやら、特殊ケースの妊娠で、人狼であっても、なかなか妊娠はしないみたい・・・・

驚く迅人・・・コワイ表情になる賀門

賀門は、「こうなった以上、日本に留まるしかない」といいますが、迅人は反対します

侑希と弟である神宮寺が、歩み寄り「今は、自分の体のことだけを考えろ」とやさしく手を握ります

ホテルに移動した迅人と賀門

迅人は、自分の身に起こるべきじゃない不測の事態を受け入れられず、恋人である賀門から「子供ができてよかった」という言葉をかけてくれないことを不安に思うのですが・・・

翌日、賀門が外出するので、侑希が妊娠している迅人の側に付き添うことになります

侑希に不安を吐露する妊娠くん

メガネ君に「君は最愛の人の子供を宿している。僕にはできないことだ」と励まされ、ちゃんと、賀門と子供のことについて話し合うことにします

そんな時、ホテルの呼び鈴が鳴って(あれ?ホテルに呼び鈴って、なんかおかしくね?いや・・・あるか・・・あるな。)いきなり入ってくる怪しい人が!!

そこで続いています!!

まとめ

「蜜情」のこの先の展開がすごい気になるんですけど・・・これ、小説で読めばいいのかな?

時々買っている「ビーボーイゴールド」ですが、獣・人外BLが多いことに気づきました

前回買った時、こんなに多かったかなー・・・記憶が無いわ・・・たまたまかなー?

ではでは!本日は「発情」「欲情」の紹介記事でした。

この記事を読んで気になった方は、ぜひ、試し読みを確認してみてね!

発情

発情

欲情

欲情

おすすめネタバレ!

IMG
IMG
IMG
IMG
「サブブログ」更新情報

NEW2月25日安野モヨコ「後ハッピーマニア」第4~5話 ネタバレ感想

NEW2月25日「漫画家とヤクザ」第24~25話 コダ【感想ネタバレ】

2月24日【非BL】ハルノ晴「あなたがしてくれなくても」第34~37話 感想ネタバレ

NEW2月24日【非BL】橘オレコ「プロミス・シンデレラ 」第57話&58話を追記・更新しました

2月23日【新連載】高城リョウ「BODY-KILLER!」第1話 ネタバレ感想

2月22日国原「ストリッパーの淫らな悪戯」第12話 ネタバレ感想 ネタバレ感想

2月22日「ページをめくるその前に」第2話 文川じみ ネタバレ感想

2月22日「プチミニョン -獣人おめがばーす-」第11話 ネタバレ感想

2月20日GO毛力「運命すぎてつがえません」第2話 ネタバレ感想

2月20日akabeko「少年の境界 3巻」第3話ネタバレ感想

2月14日春田「運命の番がお前だなんて」第5話 ネタバレ感想

2月10日【こいめろ】供威×黒瀬編「恋するインテリジェンス」class:♯128TK-001 中編(ネタバレ有)

2月9日【新連載】練馬zim「運命がラブストーリーでありますように」ネタバレ感想

2月8日【新連載】左藤さなゆき「ロマンチック・ラメント」 ネタバレ感想

2月7日「食べてもおいしくありません」2巻 第4話 ネタバレ感想

2月7日羽純ハナ「キス・アンド・ナイト」第4話 ネタバレ感想

2月6日市川けい「ストレイバレットベイベー」2巻 第10話 ネタバレ感想

2月4日【女性向マンガ】「夫はわたしじゃいけないの?」ざくざくろ 最新話ネタバレ感想

2月4日「さよなら共犯者」第2話 あがた愛 ネタバレ感想

2月4日にやま「そんなに言うなら抱いてやる」第4話 ネタバレ感想

2月3日「ドSおばけが寝かせてくれない3巻」第2話 ときしば 【感想ネタバレ】

2月2日「セックスアンフレンド」第9話 相野ココ 感想ネタバレ

2月1日「私立帝城学園-四逸-」第8話 ネタバレ感想

1月31日ハル「4月の東京は…」第9話 ネタバレ感想

1月31日みちのくアタミ「アダムの助骨 2巻」第10話 感想

1月25日【新連載】感想ネタバレ「ハッピー・オブ・ジ・エンド」おげれつたなか

1月25日「召されやがれ!」第3話 みちのくアタミ ネタバレ感想

1月24日「気まぐれなジャガー」第20話 ネタバレ感想

1月16日ネタバレ感想「こいつはダメだと知っている vie ensemble」第5話前編

1月15日【女性向マンガ】ネタバレ感想「にぶんのいち夫婦 3巻」 ネタバレ感想

1月13日「月の街、花の都」12話 千葉リョウコ ネタバレ感想

1月13日藤咲もえ「トンでもない俺のα」最終話 ネタバレ感想

1月10日「狂い鳴くのは僕の番 ;β」11話 楔ケリ【感想ネタバレ】

1月8日「お兄ちゃんだって甘えたいわけで。」第8話 ネタバレ感想

1月7日 藤河るり「マーキングオメガ」第3話 ネタバレ感想

2月29日「愛しのXLサイズ・続」第4話 重い実 ネタバレ感想

12月28日「ララの結婚」第11話 ネタバレ感想

12月26日山本小鉄子「笑う鬼には福きたる 」第13話 ネタバレ感想

12月26日里つばめ「GAPS off limits」第3話 ネタバレ感想

12月22日晴屋うまこ「指の先までぼくのもの」第4話 ネタバレ感想

12月12日「お伽噺は泡と消え」第3話 じゃのめ ネタバレ感想

12月3日「24時間オチないKISS・続」加藤スス【感想ネタバレ】

11月27日「やましい恋のはじめかた」2巻 第一話 小東さと ネタバレ感想

11月25日「簡易的パーバートロマンス 3巻」第5話 感想ネタバレ

11月17日【こいめろ】「恋するインテリジェンス 7巻」特典まとめ

11月15日「前線基地から愛を込めて」ゴールデンドロップの記憶 第28話 感想ネタバレ

11月13日「学ランの中までさわって欲しい」9話 感想ネタバレ

11月7日「Daisy Jealousy」第5話 おげれつたなか 感想ネタバレ

11月1日「シャングリラの鳥」第7話 ネタバレ感想

10月24日S井ミツル「めぐみとつぐみ」最新話ネタバレ感想

0月10日【こいめろ】鶏楽×藍染「恋するインテリジェンス」class:♯118KA-05(ネタバレ有)

10月8日スピンオフBL「エロトマニアックプレイ」第5話 練馬zim

10月5日ネタバレ感想「どう考えても死んでいる」第5話 雁須磨子

10月2日「アホエロ 社会人編」重い実 ネタバレ感想

9月21日新連載「ノット」秋平しろ ネタバレ感想

9月21日「ふきげんなディア 2巻」第6話 感想ネタバレ

9月20日「何かいいの見つけた!Re:」第6話 感想ネタバレ

9月17日「女体化した僕を騎士様達がねらってます」第17話 ネタバレ感想

9月12日皇帝と宦官シリーズ「帝國の宦官-嵐を呼ぶ弟編-」完結 日野晶 ネタバレ感想

9月9日「心中するまで、待っててね」最終回 ネタバレ感想

9月6日「糸永くんの恋の糸 2巻」最終話 ネタバレ感想

8月17日ネタバレ感想「ねこでねこのねこです」みちのくアタミ

8月14日羽純ハナ「レムナント―獣人オメガバース―」第19話 ネタバレ感想

8月10日2019年6月に読んだBLコミックよりベスト10作品!

8月5日「アドリブの恋」緒川千世 ネタバレ感想

8月1日腰乃「滅法矢鱈と弱気にキス」第5話 感想ネタバレ

7月15日緒川千世「くらくら淫魔」第2話 ネタバレ感想

6 件のコメント

  • ノベライズ6冊、コミックス2冊買って制覇済みなんですよ。。Ωバースで人狼で・・って私の大好きな作品になってます。。現在雑誌で蜜情のコミック連載中。色情は迅人と賀門の子育てのお話が主で本筋より外れてはしますが艶情2冊は迅人と賀門の子供で双子で人狼の峻仁が拉致されて種付けされた相手が運命の番・・ととてもロマンがあるストーリーになってますので是非読んでください。

    12月、2月には発情シリーズ最新作「烈情」もう一人の双子の希月が主役で新しい続きが読めますよ!

    • sayurinさんへ
      いやー。このシリーズ、面白いです。きっと小説のほうがさらに描写が細かいんでしょうねー
      迅人と賀門の子育てって、それ、むっちゃ読みたいし!!
      “運命の番”っていうのがほんとロマンチックな設定ですよね!ノベライズ6冊かー・・・6冊一気買いは難しいから、「蜜情」から読んでみようかしら・・・

  • 途中から読むなら「欲情」→「蜜情」をお勧めします。「欲情」は迅人と賀門の出会い~結ばれるお話。「蜜情」はその後の2人の続きでご懐妊の話です。 

  • 海ホタルさん
    こんばんはー(^O^)
    「発情シリーズ」面白いので、ぜひぜひ読んで〜‼︎
    岩本薫先生は、大好き作家さんの1人です♡
    コミカライズはすぐに読みましたよー!小説の方の北上れん先生のイラストも好きですが、鳥海よう子先生のイラストもいいですよね〜さすが、岩本先生がコミカライズするなら、鳥海先生でとおっしゃったそうなので、合うのわかります。
    オメガバースがこんなに出る前からの作品だと思いますが、狼は上からアルファ、ベータ、オメガと順位があるとか被ってますよね。私は年齢不詳の大神組の組長の月也さんのファンです(≧∀≦)
    鳥海よう子先生は、前にコミコミさんのサイン本が当たった事があるのですが、表と裏にそれぞれイラストと文が書いてあって、表の方はなんとカラーでした。すべての本にされていると思うと、本当に丁寧な方だなーと、感激しました。(今回の「アフタースクール」ははずれて残念!)
    岩本先生は、作家生活が長いのでいっぱい作品ありますが、高崎ぼすこ先生のイラストで新装版で出ている「タフ」も面白いと思いまーす。

    • みかりんさんへ
      鳥海よう子先生、画がいいですよね!もしかして、鳥海先生じゃなかったら、「面白い!!」って思わなかったかも!!
      だって、第3話からいきなり読んで「面白い!!」って思いましたからねー!!なかなか、そういうのってないですよー!!
      狼といえば、オメガバースの元ネタですよね。組長の月也さんのあのビジュアルは、ある意味、ほんと恐ろしい・・・年を取らないんですかね!あんな美しい父親がいたら、わたし、心臓が持ちませんよ!!「タフ」は、他の読者様からもおすすめされている作品なんです。あの表紙、素敵ですよね!!
      いつか読もう・・・いつか読もう・・・と思いつつ・・・・腰が重くって・・・・発情シリーズから集めちゃいます・・・

  • コメントはこちらから