ワンコ系無自覚×寡黙な健気系「いつかの恋と夏の果て」篠崎マイ 

IMG

尊敬するブロガーさんの記事を読んで興味を持った「いつかの恋と夏の果て」

そしたら、読者さんからも「面白かったです」と感想が届く・・・

そうなったら、何が何でも読まねば~!って思っちゃうでしょ?そしたら、そのタイミングでの電子書籍化!!

迷わずポチしちゃいました!!

篠崎マイ先生、とても絵がお上手です。そして、親友への長期片思いというお話でした・・・

10年間もの片思いは、ほんと辛いと思う・・・したことないから想像になっちゃうけど・・・しかも、相手には彼女がいる時期もあったようだし・・・恋のときめきを通り過ぎて、辛いことの方が多かった10年だと思うよ・・・

そういうわけで、レビューに行ってみよう!!

作品紹介


いつかの恋と夏の果て (drap COMICS DX)
篠崎マイ
「一夏(いちか)でも冗談言うんだな」
あの夏のうだるような暑さと一緒にかき消された告白ーーー
学生の頃から気の置けない友人として付き合ってきた2人。だが、一夏(受け)は修(攻め)に対し”友情”では片付けられない感情を抱いていた。そんなある日、一夏に男のセフレがいると知った修は、無神経な言葉で追い詰めてしまい…?

ずっと隣にいたいからこの想いは隠し通すと決めたーーー

試し読みはこちら

 
>>【オススメ】篠崎マイ先生作品一覧

「いつかの恋と夏の果て」のここが面白い

「二度と会えないかも」と思って、初めて気づく恋心

一番、面白かったのは、修が、一夏の持つ自分への恋心を知って、「もうお前の理想の友達でいられない」と言われて、一夏を失ってグダグダに焦燥しちゃうところ!!

10年間も、一夏の片思いに気付かなった罪は重いわ!!って、やつれていく修の描写にいじわるな笑いが止まりませんでした。ククク・・・

この攻めは、女の子とつきあうこともセオリー通りで「普通」であることに安心しちゃうタイプなんだよね。

保守派というか・・・並からはみ出さない人種というか・・・

だから、無自覚に自分の心のなかでは、「一夏が自分にとって一番大事な存在!」ってわかっていても、それが恋だということに結びつかない。

一夏に拒絶されて、初めて、それが「恋」だと気づくんだよね!!

男同士だと思うと、これがリアルにありえる展開だと思えるから、そこがなんともニクイ!んだけど、一夏も修に告白した後に、無神経なことを言い出す修を本気で拒絶するんだよね。

なあなあで流されないところがすごく好感が持てた!!

そして、修が「もう、会えないんだった」って諦めた後での起死回生がとてもよかったと思います。

でもね・・・本音は、もっと、修を追い詰めてくれてもよかったんだよ・・・って思ってる。

10年分の片思いの辛さへの返事が1冊でまとまっちゃいかんよな!!2巻くらいにまたがってもよかったと思うよ!!

これ、1冊で終わるのもったいなかったね(←もっと、修を焦らしてほしかった!笑!!)

 

とてもクール美人な一夏にドキドキ

明るく友達も多い修に比べて、一夏は、内向的で協調性がないタイプ

そんな一夏ですが、修への片思いを拗らせすぎて、セフレを作っているんですね・・・

このセフレさん、結局最後まで顔はわからず、パーツでした描写がなかったんですけど、すごく一夏のことを理解している風で、当て馬にならないのかな~って、ずっと思ってた・・・

そしたら、当て馬にもならず、フェードアウト!!

くううううう・・・・ちょっと、残念だわぁ・・・実は、一夏に本気でしたって流れを期待していたんですけど、なかったよ!!

一夏はすごい、表情がクールで、そこが魅力的なんですよね。この風貌で、修にだけはとことん甘いっていうのが、また、尽くし系で健気というか・・・

一番最初の告白で失敗してから、その後、10年間も、思い続けるんだから、きっと、情が深い子なんだと思う。

すごくいい子なんで、最後は、幸せになれてよかったとほんと思えました。

 

まとめ

最初の告白で失敗して、その後、10年間も片思いして、ついに別れの引導をわたしちゃう親友もののBLコミックです。

友情と愛情は、よく似ているからね。そして、そこが男同士だと尚、気づくのが難しいかもしれない。

だから、修が、追い詰められて初めて気づくのは仕方なかったと思いますが、10年間は、ちょっと長すぎだろ!!って思いました。

だからこそ、最後のエチは、修の方が積極的になっていたのが、これまたよかったです!!

やっぱり、いくら好きでも「男相手だと・・・」と萎えちゃうかもって不安もあるじゃないですか?

10年、辛い思いをした分、一夏には、これから、修にたくさん甘やかされてほしいと思います。

すてきなカップルのお話が読めて、とても幸せです。

このお話のご興味を持たれた方は、各電子書籍のストアボタンをクリックしていただいたら、試し読みができますので、ぜひ、そちらからお願いします。

電子書籍

「Renta」が先行配信となっています。「Renta!」ストアのボタンを押すと、中身をちら見できます。

ドラマCDの予約が始まっています

amazonさんでは「ドラマCD付き」の予約が始まっています。amazon限定盤のようです。
一夏役を古川慎さんが演じていらっしゃいます・・・ちょっと、聞きたい・・・また、ご興味がある方は、そちらのチェックもお忘れなく~!

海ホタル
本日の記事はいかがでしたでしょうか?篠崎マイ先生、絵がお上手ですね・・・修が焦るあたりの描写がすごくよかったです!!



この記事は役に立った?シェアしてくれたらうれしいです!

2 件のコメント

  • 海ホタルさん

    こんにちは〜(≧∀≦)今日は、雨降っていて暑さ控えめなので、エアコン故障中の我が家でもなんとかすごせています。
    「いつかの恋と夏の果て」電子書籍化すぐされてよかったですねー。一夏は冷え性ですが、私も体温低いんですよ。普段、35度くらいしかないの。たまに、35度切る( ;∀;)だから夏になると、友だちに冷た〜いってよくさわられた。あ、にゃんこが冬じゃないのに私の上に乗っかってくるのはそのせいか?
    ウノハナ先生の別の作品って、「海と二人の塩分濃度」ですかね?あれもいい作品ですよね〜じゃあ、私も夏っぽいBLおすすめを。天禅桃子先生の「ドッガール」。たまたま、再読したんですが、高校生のお話。切ない感じがとっても良いです。天禅先生はリーマン物が好きなんですが、高校生もいいね!季節としては秋、冬が好きなんですが、ドラマとしては夏の方が盛り上がりますね〜

    • みかりんさんへ
      「いつかの恋と夏の果て」電子書籍化が早くて助かりました。電子化されないやつって、いつまで待ってもされないことがあるんで・・・
      でも、みかりんさん、体温が35度切るって、大丈夫ですか?低体温の人って、それで慣れているから大丈夫だって聞きますけど、暑いと体力の消耗がつらいそうですね。

      ウノハナ先生の作品は、あーだこーだといろいろリンクを貼り直しを繰り返してたら、前に貼ったリンクを残した状態でアップしちゃったようです。わたしも、夜に気づいて、リンクを貼り直しておきました。ご迷惑をおかけしました・・・また、温かい目で見守ってくださいね・・・ほんま、すみません・・・
      わたしも「ドッガール」は好きです。わざわざ買い直したくらい好き。いいですよね、高校生BL!

  • コメントはこちらから