あるあるBLにあきた?なら!こちらのコミックがおすすめ「おさななじみに彼氏ができた話」パース

IMG

こんにちは!海ホタルです

試し読みを読んで、絶対に買おうと決めていた作品です!

なにが心に刺さったって・・・

タイトルにある「おさななじみ」くんことゆうまが、外面は、無邪気でかわいいって男子なのに、実は、むちゃくちゃ歪んでいるって二面性があるところ!

試し読みできる第一話はゆうまの幼馴染のみちこちゃん視点

第2話・第3話は、ゆうまに振られた女の子視点

第4話・第5話は、ゆうまのカレシの大谷くん視点

下巻で、ゆうま視点と移り変わっていきます

視点が違うだけで、ゆうまを深堀していく内容となっています

あるあるBLには飽きたって方に、ぜひチェックしてほしい作品です!

おすすめしたいと思います

作品紹介

上下巻同時配信です

「僕、彼氏ができた」
明るい性格とかわいい容姿で人気のおさななじみ・戸村ゆうまに彼氏ができた。
相手は生徒会長で女子に不動の人気を誇る、別名ドS王子の大谷恭也だ。
驚くみちこに、ゆうまは彼から泣きながら告白されたと言う。
大谷からライバル視され、牽制されたある日の放課後、忘れ物を取りに行った教室で、手を縛られた大谷が
「嫌いにならないで」と泣きながらゆうまに訴えていて!?
好きから生まれる、一番不幸で、一番幸福な恋の始まり。

「おさななじみに彼氏ができた話」のここが面白い

二面性を持つ幼馴染!?もう!「ぎゃー---!!!」って感じ!!

かわいくて無邪気男子の幼馴染のゆうまから、「彼氏ができた」と報告されたみちこ

みちこは、「“彼女”ではなく“彼氏”?!」と衝撃を受けつつも、幼馴染の男の子のことを理解するため「BLコミック」を買って知識を得ます

BLコミックを読んで知識を得たミチコの衝撃顔がものすごくおもしろいです!

みちこは優しい子で、衝撃を受けつつも幼馴染の性癖を受け入れます

 

でも、この幼馴染のゆうま・・・

恋人がいても、常に「みちこファースト」なのです

過去の彼女たちは、自分より、幼馴染のみちこを大事にするのが耐えられず別れていて・・・

 

そんな、ゆうまの新しい恋人の大谷くんは、クールで有名な生徒会長

そんな大谷くんからも、みちこは「ちんちくりん」と言われマウントを取られます

みちこは、過去のゆうまの恋人たちからも同じような嫌がらせを受けてきたので、そこまでダメージを受けていない!

 

だが、しかし・・・

みちこは見てしまうのです・・・

 

みんなが帰った放課後

誰もいない教室で、「どS王子」と呼ばれる生徒会長の大谷くんの手首をしばり、冷たい目で見下ろすゆうまを!!!

 

「僕、嫉妬されるの嫌だっていったよね」

「みちこちゃんを困らせる子には、こうやってお仕置きしてきたんだ」

「大谷くんも逃げていっちゃうのかな?」

 

クールなドS生徒会長と呼ばれる大谷くんは、ズビズビと泣きながら「俺を嫌いにならないで」と号泣

謝る大谷くんを抱きしめて許すゆうま

 

無邪気でかわいい幼馴染のゆうま

その幼馴染の知らなかった一面に!

みちこはただただ驚いて!!!

サイコパスであるゆうまが幸せになるまでのお話です

この作品のなにが面白いって!

まずは幼馴染のみちこ視点のゆうま

ゆうまの元カノ視点のゆうま

そして、カレシである大谷くん視点のゆうまと描いた後に、ゆうま視点が描かれているところなのです!

 

上下巻、一気に読んでわかったのは・・・

たぶん、ゆうまはサイコパスなんですよね!

生まれ持って人の気持ちがわからない側の人間

ゆうまは、一歩間違えれば犯罪者側になるかもしれない危うさを持つ人間なのです

 

小学生時代のゆうまは、みんなと同じように物事を感じ取れない自分に苦しみます

 

でも、クラスメイトで天然で明るいみちこと出会ったことで、暗闇から抜け出す

みちこの真似をすることで「普通の人」のフリができるようになる

自分のことを救ってくれたみちこを「一生、守ろう!」と心に誓うゆうま

 

でも、その感情は「恋」とは別物だったようで、告白されると、すぐにつきあって・・・そして、自分の歪んだ愛情についてきてくれる子を探していく

みちこを攻撃した歴代彼女をひどい目にあわせてきたゆうま

そんな中で、大谷くんだけが、ゆうまの歪んだ愛情を見ても、「別れたくない」と言ったんです

ゆうまは歪んでいるけれど、そんなゆうまを受け入れる大谷くんの愛も深さがすごい!

大谷くんの深くて重い愛に感動した

ゆうまは、常に「みちこファースト」で!

そんなゆうまとつきあっていくのは、本当に大変なのですが!

大谷くん視点が入ることで、大谷くんも、かなり鬱屈した愛情の持ち主だとわかります

イケメン男子にはイケメン男子なりの苦労があったみたいで・・・

そんな大谷くんにとってゆうまが「特別な人」になる過程が丁寧に描かれています

ゆうまが、幼馴染の「みちこファースト」であっても、それがゆうまとつきあっていく条件ならば!と耐えた大谷くん

高校では、みちこは女子高にいきますが、それでも、新たな女子が登場し、むちゃくちゃ苦労します

でも、ゆうまのことが大好きで!大好きで!大好きで!!!

そんな大谷くんの熱い気持ちに、本当に心が熱くなりました!

わがまま勝手な男に夢中になる心理ってこういう感じ?と思ってしまう場面も!

でも、大谷くんはゆうまのことが好きなので!

最後は、無事、同棲ができるような関係になれたことを見届けられて、本当によかった!と思いました

大谷くんの粘り勝ち?

大谷くん!よくがんばった!!!

海ホタルの感想まとめ

下巻のほうで、ゆうま視点のみちことの出会いを描いたエピが入っています

それが、人の心がわからないゆうまの苦しみがわかると同時に、そんなゆうまのことを責めずに笑いかけてくれるみちこの心の大きさがわかるお話なんです

この時、ゆうまは、みちこに救われたので、みちこのことを一生守ることを誓います

 

しかし・・・

あまりにいいエピだったので・・・これ、普通ならば「恋」に落ちているところなのでは?と読後に違和感が残りました(←BLなのに!)

 

そこの部分がすっきりせず、悶々と悩んだのですが!(←BLだから!!!)

よくよく考えると、ゆうまが歪んでいるからか・・・と気づきました

 

ゆうまはみちこには絶対に幸せになってほしい

でも、その相手が歪んだ自分ではダメなんです

だから、みちこに恋人ができたときも、ゆうま自ら、みちこにふさわしい相手かどうか確認しに行って安心しています

そして、それと同時に、自分の歪んだ部分を受け入れてくれる大谷くんを手放せないくらい好きになっていることに気づきます

 

みちこにちゃんとした相手ができると同時に、大谷くんの存在の大きさにも気づけたゆうま

本当に!長い間、大谷くんにがまんをさせっぱなしで!

大谷くんは、本当に長い間耐えました!

2巻の最後に、ふたりが一緒に暮らし始めた「同棲」が描かれていますが、きっと、大谷くんは、今後も、何度も、ゆうまと一緒に暮らせるようになった奇跡に何度も涙を流すのでしょう

そして、そんな大谷くんを見て、ゆうまは満足するのでしょう

 

そんなふたりのエロシーンがなかったのだけが、本当に心残りです

 

個人的には、BLというよりも「少女漫画寄り」の作品だったと思います

でも、わたしは、いまだに「マーガレット」を愛読している乙女なので!

とっても大満足でした!!!

試し読みはこちらから

上下巻同時配信です

おすすめネタバレ!

IMG
IMG
IMG
IMG

★サブブログ更新情報★
NEW5月21日【BL】スピンオフ「何でもいいから消えてくれ」第9話 ひなこ 感想ネタバレ

5月20日【BL】「舌先から恋 第3話」百瀬あん 感想ネタバレ

5月19日【BL】「ダブルステップファザー」第2話 ネタバレ感想

5月18日【BL】「ダブルステップファザー」第1話 ネタバレ感想

5月16日【BL】羽純ハナ「レムナント―獣人オメガバース―」31話 ネタバレ感想

5月15日【BL】キツネとネズミのかくれんぼ【ごちそうΩはチュウと鳴く 特装版小冊子】感想レビュー ネタバレ有

5月14日【BL】「自惚れミイラとり」第6~8話 中川カネ子 ネタバレ感想

5月9日【BL】「ネタバレ感想「セックスドロップ」8話 感想ネタバレ

5月8日【ラブコメ】安野モヨコ「後ハッピーマニア」第17話 ネタバレ感想

5月7日【BL】「僕が歩く君の軌跡」34話 ネタバレ感想

4月29日【レス問題】「それでも愛を誓いますか」第38話 ネタバレ感想

4月20日【BL】「夜明けの唄」第12話 ネタバレ感想

4月19日【レス問題/夫婦】ハルノ晴「あなたがしてくれなくても」第63話 感想ネタバレ

4月10日【BL】「体感予報」第4話 見どころ&ネタバレ感想

4月05日【BL】日高ショーコ「アンチロマンス」2巻 ネタバレ感想

3月25日【BL】「簡易的パーバートロマンス」番外編 【感想ネタバレ】

1月26日【BL】S井ミツル「くろじとはるつぐ 新婚編」 ネタバレ感想

3月11日【BL】ネタバレ感想「αの花嫁 ─共鳴恋情─」第19話 ネタバレ感想

2月02日【BL】大ヒット子育てBL「子持ちホストの最高な隣人」第一話 ネタバレ感想

1月17日【BL】「ネタバレ感想「黒ギャルになったから親友とヤってみた。第14話」ネタバレ感想

1月04日【BL/TL】「女体化した僕を騎士様達がねらってます」21話 感想ネタバレ

シェアしてくれたらうれしいです!

コメントはこちらから