ひとりで2粒美味しい「小山内准教授のヒミツ 2巻」楢崎壮太

IMG

こんにちは!海ホタルです!

「小山内准教授のヒミツ2巻」で完結しちゃいましたね!!

2巻の終わりまで読んで・・・

「ええ!これで終わる?うそやーん!!!」って感じです

もしかして、続編とかあるんじゃないの?という甘い期待が捨てられません!

どうかな?どう思う???

2巻は、普段は周囲にこびないドヤ顔の大人なのに、疲れると子供の姿になっちゃう小山内准教授とその彼氏の星原くんのすれ違いが楽しめました!

では!

1巻のおさらいをして、2巻のレビューを書きたいと思います

「小山内准教授のヒミツ」1巻のおさらい

登場人物

星原裕一
受。大学3回生、将来はソーシャルワーカーを目指す。意地っ張り。たまたま小山内先生が子供に変身することを知ったのだが・・・
小山内
大学で教育心理学を教えている准教授。俺様気質。めんどくさがりでいつも不機嫌そう。薬のせいで疲れると子供になっちゃう。寝ると大人の姿に戻る
三廻部みつる
小山内と大学院時代からのつきあい。今は大学の臨床心理学准教授
人を困らせて刺激を求めるちょっと困ったちゃん

ストーリーはこんな感じ

この作品の面白いところは・・・やはり、いつも上から目線で生徒を指導している小山内先生が、小さいコドモになってしまうってところだと思うんですよ

いつもは一方的で強気な俺様な態度が、子供の姿になることでただのかわいいわがままになってしまうというミラクル!

大人バージョンの小山内先生の態度をアカハラだ!とむっちゃ怒っていた星原くんも、コドモ姿の小山内先生のことは可愛くて仕方ない!

星原くんは、コドモ姿ではいろいろ不便もあるだろう・・・と、一生懸命、子供になった先生の面倒を見ちゃいます

でも、小山内先生本人は、もともとの俺様気質もあって星原くんに全く感謝していない・・・という悲しさ・・・

気持ちが伝わらないってほんとさびしいですよね!

でもでも、実は小山内先生は星原くんが好きだから、喧嘩する度に自分の態度を一応は反省してくれるんですね!

お互いが言いたいことをズバズバ言っちゃうケンカップルです

喧嘩して仲直りしてということを繰り返すふたりの姿が微笑ましい!!

1巻では、ふたりが付き合うところまでが描かれています

「小山内准教授のヒミツ」2巻の感想

作品紹介

不遜なオレ様准教授が、ぷにぷにほっぺのコドモに大変身──!? 指導ゼミの准教授・小山内(おさない)の、誰も知らない秘密を知って、晴れて恋人同士になった教え子の星原(ほしはら)。「浮気するなよ」と命令口調で束縛されたり、無防備でいとけない寝顔にときめいたりv けれどいつまでたっても、変身の秘密はおあずけのまま!? キレた星原はついに「先生の面倒は見ない」と宣言して…!?

喧嘩して仲直りしてのケンカップルが楽しめる

大学の准教授とその生徒の星原くん

1巻のラストで無事おつきあいスタートになったけど、未だ清い関係のまま!!

小山内先生は、どちらかというと手が早いタイプだと思うんです

相手がその気になるのを待たず、自分からグイグイ押して、その気にさせちゃうタイプ!

そのゴーインな感じが雄っぽくて小山内先生の素敵なところなんですが、どうも星原くん相手ではそれが発動しにくいみたい・・・

だから、いつまで経ってもその空気を作らない星原くんに対して不満を持っている

対して星原くんは、もっと、小山内先生といろんなおしゃべりをしてお互いを知っていきたいんですね

そもそも、なぜ小山内先生が疲れると子供の姿になっちゃうようになったのかも知らない

その秘密を知っているのは、三廻部だけと知って、三廻部先生に嫉妬!

先生に教えてほしい。と直接言えば、「めんどくさい」の一言で終わらされてしまう

またもやこじれるふたり!!

でもでも、最後はちゃんと仲直りです

いつも星原くんを上から見下ろしている小山内先生が、コドモ姿で、星原くんに抱っこされながら仲直りするシーンは、むっちゃかわいかったです

そんなコドモの姿で「なんでやらせねーんだ!」なんて言っちゃう小山内先生がほんと好きです!

後半は「三廻部先生のヒミツ」が収録

コミックの後半では「三廻部先生のヒミツ」が収録されています

三廻部先生って・・・

ほんと悪い大人ですよね・・・

面白半分に小山内先生に薬を盛って・・・・「もっとおもしろいことないかな?」と、今度は大学の生徒の磯崎くん(星原くんの友人)に薬を飲ませちゃいます!!

ええええ!!!!!

それは・・・ちょっと・・・どうなん?

小山内先生みたいに子供姿になると思っていたんですが、なんと!磯崎くんはタバコサイズにまで小さくなってしまう!!

磯崎くんが小さくなった姿にコーフンしてキラキラさせながら、ソッコー小山内先生の元へと連れて行っちゃう三廻部先生は相当ひどいと思う・・・

磯崎くんはとんだとばっちりを受けていますが、小さい間に三廻部先生にお世話されて、「実はいい人かも!」ついついほだされちゃうんですよね・・・

三廻部先生先生も、「先生がいないと死んじゃうよ!」とミニマムサイズの磯崎くんに泣かれて、心に変化が・・・

最後は、ふたりのラブ展開は匂わす感じで終わっています

海ホタルの感想

作者様のあとがきに「描ききりました」とあって2巻で完結であることを知りました・・・

三廻部先生と磯崎くんが「これから・・・」って感じで終わっているんですけど、もう、ここでおしまいってことかな?

いやいや・・・何度読んでも、三廻部先生はひどいと思う・・・

物腰の柔らかさとイケメン度から許されているけれど、生徒相手に薬を盛っちゃうなんて普通に犯罪レベル!

ま・・・磯崎くんが三廻部先生を好きになったら、それも許されるのがBLマジックなんですけどね!

だから、磯崎くんとくっつくまでちゃんと描いてほしかたなー・・・

あと、2巻は1巻に引き続き小山内先生がとってもよかったと思いますね!

この人・・・ほんと人の気持に疎いから!!

でも、星原くんのことが好きだから、反省するところはちゃんと反省してるっていうのが見ていてとっても和むんですよね

大人の姿になったときのグイグイくるゴーインさと、コドモの姿のかわいさと!

ひとりでふたりの萌を満たしてしまう小山内先生の魅力がとってもよかったです

最後に小山内✕星原くんでエロがちょびっとありますが、エロに期待するより、心なごむゆる甘を楽しむBLコミックだと思います

試し読みはこちらから

Renta!では、描き下ろし番外編「巻野研究員の好奇心」収録

ほのぼの癒やされるファンタジーBL
「サブブログ」更新情報

NEW6月26日鈴丸みんた「恋をするつもりはなかった」第4話ネタバレ感想

6月25日「女体化した僕を騎士様達がねらってます」第15話 ネタバレ感想

6月21日春田「ハイスクールラララブ」第6話 ネタバレ感想

6月21日文川じみ「君ってやつはこんなにも」第5話 ネタバレ感想

6月21日「プロミス・シンデレラ」33話!Rentaにて電子配信スタート!

6月21日「狂い鳴くのは僕の番 ;β」10話 楔ケリ【感想ネタバレ】

6月18日GO毛力 「寡黙な親友がただのムッツリでした」第5話 ネタバレ感想

6月15日2019年5月に読んだBLコミックよりベスト10作品!

6月15日羽純ハナ「レムナント―獣人オメガバース―」第18話 ネタバレ感想

6月12日シリーズ3作目「こいつはダメだと知っている vie ensemble」第一話

6月11日スピンオフBL「エロトマニアックプレイ」第4話 練馬zim

6月8日「心中するまで、待っててね」第8話 ネタバレ感想

6月8日「恋するインテリジェンス」class:♯118KA-03

6月7日「糸永くんの恋の糸 2巻」第3話 ネタバレ感想

6月5日絵津鼓「JOY Second」第5話 ネタバレ感想 更新

6月4日にやま「僕のおまわりさん2巻」ネタバレ感想

6月4日ハルノ晴「あなたがしてくれなくても」4巻 感想ネタバレ

5月31日みちのくアタミ「アダムの助骨 2巻」ネタバレ感想

5月31日腰乃「滅法矢鱈と弱気にキス」第4話 感想ネタバレ

5月28日「簡易的パーバートロマンス 3巻」第2話 感想ネタバレ

5月28日「前線基地から愛を込めて」ゴールデンドロップの記憶 感想ネタバレ

5月24日S井ミツル「めぐみとつぐみ」最新話ネタバレ感想

5月20日「ふきげんなディア 2巻」第4話 感想ネタバレ

5月20日「知らない君の暴き方」山口まつり ネタバレ感想

5月17日「何かいいもの見つけた」2巻 第5話 感想ネタバレ

5月17日里つばめ「GAPS hanker」最終回 ネタバレ感想

5月16日「お兄ちゃんだって甘えたいわけで。」第5話 ネタバレ感想

5月16日「リバイバルブルー」最終回

5月9日羽純ハナ「キス・アンド・ナイト」第一話 ネタバレ感想

5月8日「Daisy Jealousy」第2話 おげれつたなか 感想ネタバレ

5月1日「手中に落としていいですか」第17話 後編 くれの又秋【ネタバレ感想】

4月27日「ララの結婚 2巻」第7話 ネタバレ感想

4月16日「αがαを抱く方法」第3話 ときしば ネタバレ感想

4月5日ネタバレ感想「どう考えても死んでいる」第2話 雁須磨子

4月4日魚ともみ「ヤリすぎブラザーズ 」第6話 ネタバレ感想

4月1日「月の街、花の都」7話&8話 千葉リョウコ ネタバレ感想

3月31日ハル「4月の東京は…」第4話 ネタバレ感想

3月30日「アホエロ 社会人編」重い実 ネタバレ感想

コメントはこちらから