電子配信スタート「兄弟失格それ上等(増)」中川カネ子

IMG

こんにちは!海ホタルです!!

中川カネ子先生の「兄弟失格 それ上等」の続編が出ました!!

題名に(増)がついているという・・・

ナンバリングをせずに(増)って・・・・

エロしとか・・・イチャコラしとか・・・そういう意味だろうか?と読んでみましたよ!!

んで、読み出して・・・そういや、この人達、くっついてなかったことを思い出した!!

そうだ!そうだ!そういや、なんか曖昧な感じで1巻はENDになっていたんだよねー・・・

1巻の感想はこちらから

容赦ない腐女子サービス描写にドキドキしちゃう「兄弟失格それ上等」中川カネ子

じゃ、レビューにいってみよー!!

作品紹介

「好きって言う気になってきた?」
両親の再婚によって、大学生の風介と芹は義兄弟になり、ふたりでラブラブ同居生活を送っている…わけがなく、
女の子大好きだったはずの風介が、今ではすっかり芹とのエッチにハマっている。
エッチはするし、やきもちも妬くくせに、絶対に好きとは言わない芹に、風介も意地でも好きとは言わない。
そんなふたりの前に、風介の高校時代のクラスメイト・奥村が現れて!?
風介はふりまわされてばかりでーー
わがままイケメン×チャラ男のどエッチラブ♥

両思いなのに、!セフレ!?だって「好き」って言ってくれないんだもん!

大学生になってから義兄弟になった風介(受け)と芹(攻め)

芹の方が断然愛が重くて執着が強いのに、自分から「好き」とは言わない

快楽に弱い流され系の風介を体から陥落し「好き」と言わせる気でいる

でも、風介も、グイグイ迫ってくるのは芹のほうなのに、自分から「好き」っていうのはなんか悔しくて「好き」とは言わない

義兄弟だけど・・・まだ恋人じゃないけど・・・再婚した両親が海外赴任したことでふたりきりの家で朝から盛っているふたりなんです

でも!!恋人じゃない!!!

どっちが先に「好き」というか?というふたりの平行線の関係を大きく進展させるために、この巻では、風介の高校時代からの友人の奥村くんと、風介に女を紹介していた顔の広い和久井さんが登場~!!!

どちらも風介にとっては、恋愛の対象外なんだけど、執着の強い芹はまったくもって面白くない

風介は自分のものだといわんばかりにマーキングしちゃったり

風介からの愛を実感したくて「好きっていって」とおねだりしたり

他の男子と喋っていたらヤキモチ焼いて、風介の髪をひっぱったり・・・

おいおい・・・芹・・・1巻での余裕はどこにいった?ってぇくらいに、やきもちのやきかたが幼い!!

それに対しての風介の対応が、意外にもちゃんと「お兄ちゃん」なんですよ!!

単細胞で快楽主義のおバカさんなのにねー・・・芹のうざったいくらいのやきもちを「愛情」だとちゃんと理解しているのがいいんですよねー

「好き」って言葉をどちらが先にいうか?ってふたりで、つきあっていないけど、でも、十分愛は伝わってくるのがすごくいいと思いました

従順にワンと言って/ 中川カネ子
警官の典児が深夜の交番に一人でいると、見目好い見知らぬ男が押し入ってくる。
警戒するも押し倒され、警棒を奪われてしまう。しかも、その警棒でズボン越しに擦られた挙げ句、万年筆をお尻に入れてイジられちゃって…!?

一番よかったシーンはこちらです

一番、ギュンってきたのは、やはり、想いが通じ合う最後のエチだよね!

芹の忠告も聞かずに、クラブに行って、VIPルームでおかしな薬を飲まされちゃう風介

危ういところで芹が助けにきて、そのままお仕置きエチへとなだれ込むんだけど、芹は、ここで、風介に「ごめん」ってあやまってほしかったんだよね

でもさ!!

ここで、風介が芹に「好き」って言うんだよ

このときの芹の驚いた顔がサイコーなんだわ!

「ええ!ここでそれ言っちゃう?」的な?

怒っているのに、怒れなくなっちゃう芹

計算ではなくほんと無自覚にこのシーンで、こういうことを言っちゃう風介のかわいさもたまらん!!

想いが通じ合った後は、濃厚エロターンが入りますが、翌朝、恥ずかしさで野太い声をあげる風介がこれまたサイコーです!笑!!

最後までほんとおバカな子です

でも、そこが、ほんとかわいくて癒やされる

芹も、風介のそういう嘘偽りない態度や考え方が好きなんだろうね

このふたりには、いつまでも、いちゃこらして幸せになってほしいなー

ハツモノパパ(仮)/ 中川カネ子
保育園で一番かっこよくて、一番モテる保育士、市村夏芽の前に、ある日いきなり現れたのは、編入生・ららくんのパパで、キラキラオーラの元モデルの新崎萌人だ。

最初はライバル視していた夏芽だけど、モテモテのくせに、実は誰ともつきあったことがないという萌人に、好奇心がむらむら刺激されてv

海ホタルの感想

執着攻め・独占欲の強い攻めがお好きな方にはたまらん作品だと思います

けど!!年下攻めなんで、包容力とかには期待しないでください

逆に、拗ねてたり・・・不機嫌になっていじわるになったりっていう・・・なんか守ってあげたくなる攻めを拝めます

中川カネ子先生なので、エロ描写は上級者向けです

そもそも、この表紙、見てください・・・

風介のブツに脚を押し付ける芹・・・

これ・・・本屋の平台に並んで大丈夫なの?的なね・・・笑

試し読みはこちらから

電子書籍の方は、4Pおまけページがついています。

いいなー・・・わたしもそれ読みたかった!!

最近は、電子と紙書籍とダブルで特典がつくからいろいろ悩ましいわー・・・

amazon予約開始しています

 

シェアしてくれたらうれしいです!

コメントはこちらから