笑えるのにエロい!「狂犬ハチ公」1.2巻同時配信 ミキライカ

IMG

サブブログでずっと追いかけていたweb連載BL「狂犬ハチ公」がついにコミック化!されました!!!

そして!10日遅れの本日、コミック版が電子配信されました

かなりマニアックな展開のエロチックラブコメ作品なので、好き嫌いが別れると思うんですが・・・・

たぶん、わたしの予想では「カスタマスカレード!」の笑いのテイストが好きな人なら受け入れてもらえる作品ではないかと思います

では、この作品の魅力を本日はご紹介したいと思います

作品紹介

キャラクター

三角関係BLです。主要キャラクターは下の三人となっています

IMG
姫宮 征四郎
朝凪高校のヤンキー。番長代理。頭のマヤのことを心酔している。
喧嘩は強いヤンキーなのに、色気ダダ漏れオーラを持つ美人
ツンデレ要素を持ちつつも、素直になったときの笑顔がこの上なくキュートなのです
IMG
八王子丞(あだ名:狂犬ハチ公)
脳みそがないんじゃないかっていうくらいおバカなヤンキーのハチ公
姫宮にぞっこんで夢中。あだ名の通りのわんこ攻め
IMG
マオ
朝凪高校の頭。姫宮のことが好きで、彼の好物のパンケーキの修行に遠くへといってしまった。
そして、パンケーキの技を習得し帰ってきて、いざ、姫宮に告白しようとしたら・・・

愛犬によく似たヤンキーに処女を与える姫宮

いや・・・あのねー・・・番長とかって生物は70年代に絶滅したと思っているんですけど、違うんですかね?

とにかく、冒頭から、設定が、どこかワラエルこのコミックなんですが・・・

主人公である美人ヤンキーの姫宮が、自分の愛犬とハチ公と見間違えて、自分の処女をあげてしまうんですね!

いやいや・・・

いくら酔って前後不覚になっているとは言え、人間と愛犬を間違えるか?

ない!ない!ないわあーーー!!!

あまりに、バカバカしすぎる!?

しかし、その強引でバカバカしい流れが許せてしまうのは・・・

姫宮がヒッジョーにエロいからです

細身の体に、とろける表情

「嫌だ」と言いながらも、全裸で攻めに答える淫らな体つきがなんともたまらんわけです!!!

はっきり言います!!!

この作品の90%は、姫宮のエロちさで支えられています

しかし・・・

紙コミックスで残念だったのは、webバラ売りではカラーだったエロちいシーンがすべて白黒となっていたというところ!!

グハッ!!!!

紙書籍の方は、ぶっちゃけ価値半減です!!!!

なぜ!?新書館さん!!そこをがんばらなかった!!!!!

紙コミック書籍のWEB配信の方はどうなっているのかがヒッジョーに気になります・・・

姫宮に対抗する若の存在も気になる

ストーリーは、ハチ公とマオと姫宮の三角関係が主軸になっているんですが、気になるのが、2巻で登場する、女装姿で男たちを誘う若の存在です

若についてわかっているのは・・・

絶世の美女であることと。

美人だと思ってホイホイついてきた男たちをいいように貪っていること

そして、おつきがいるようなお金持ちであることの三点です

若は、パーティで知り合ったハチ公から、「姫宮の方がきれいだ」といわれたことにプライドを傷つけられて、姫宮を探しています

探し出して何をするのかは不明ですが・・・・

とにかく、自分以上に美しいものがいるのが許せないみたい・・・・

次巻でどういう展開を見せてくれるのか?

若の言動も見逃せません

三角関係が面白い!?

この作品の面白いところは、当て馬役のマオがイケメンってところです!!!

マオ!!かっこいい!!!

もう!!マオが出るシーンは、ギュギュギューーーーン!!!って感じで読んでいます

なのに、あまりにかっこよすぎて姫宮にとっては「憧れの対象」でしかないんですよね・・・・(残念すぎる・・・)

しかも・・・姫宮を喜ばせたいとパンケーキの修行に行っている間に、他所から来たハチ公に姫宮を持っていかれてしまうという・・・

もう!!

この上なく、哀れな当て馬なんですよ!!!

こんなかっこいいのに・・・

こんないい人なのに・・・・

振られちゃうの?

個人的に夢があったのは、2巻の描き下ろしですかね?

2巻の描き下ろしで、姫宮・父とマオが遭遇するシーンがあります

姫宮・父は、姫宮に似た美人さんなんですよ!!!

はぁぁぁー・・・・どうか、この描き下ろしがマオが幸せになる布石になりますよう祈らずにいられません!!!

海ホタルの感想

すっごく、いろんな部分がゆるいBLです。

万人受けするとはいい難い作品ですが、わたしはすごく好きですね!

突っ込みどころが満載ですが、そこの部分を「わはは!」と笑って楽しんで欲しいBLだと思います

2巻の終わりではようやくハチ公と姫宮の想いが通じ合っています

個人的には、マオを応援していたのでヒッジョーに複雑な気分ですが・・・・

姫宮がハチ公がいいというならば、仕方ありません!

この作品の試し読みは下のボタンリンクからどうぞ

試し読みはこちらから

2巻の続きは、こちらのブログにて絶賛更新中です☆→https://bl-hap.com/kyouken-hatiko-3kan/

おすすめネタバレ!

IMG
IMG
IMG
IMG

★サブブログ更新情報★

NEW5月20日【BL】「舌先から恋 第3話」百瀬あん 感想ネタバレ

5月19日【BL】「ダブルステップファザー」第2話 ネタバレ感想

5月18日【BL】「ダブルステップファザー」第1話 ネタバレ感想

5月16日【BL】羽純ハナ「レムナント―獣人オメガバース―」31話 ネタバレ感想

5月15日【BL】キツネとネズミのかくれんぼ【ごちそうΩはチュウと鳴く 特装版小冊子】感想レビュー ネタバレ有

5月14日【BL】「自惚れミイラとり」第6~8話 中川カネ子 ネタバレ感想

5月9日【BL】「ネタバレ感想「セックスドロップ」8話 感想ネタバレ

5月8日【ラブコメ】安野モヨコ「後ハッピーマニア」第17話 ネタバレ感想

5月7日【BL】「僕が歩く君の軌跡」34話 ネタバレ感想

4月29日【レス問題】「それでも愛を誓いますか」第38話 ネタバレ感想

4月20日【BL】「夜明けの唄」第12話 ネタバレ感想

4月19日【レス問題/夫婦】ハルノ晴「あなたがしてくれなくても」第63話 感想ネタバレ

4月10日【BL】「体感予報」第4話 見どころ&ネタバレ感想

4月05日【BL】日高ショーコ「アンチロマンス」2巻 ネタバレ感想

3月25日【BL】「簡易的パーバートロマンス」番外編 【感想ネタバレ】

1月26日【BL】S井ミツル「くろじとはるつぐ 新婚編」 ネタバレ感想

3月11日【BL】ネタバレ感想「αの花嫁 ─共鳴恋情─」第19話 ネタバレ感想

2月02日【BL】大ヒット子育てBL「子持ちホストの最高な隣人」第一話 ネタバレ感想

【BL】スピンオフ「何でもいいから消えてくれ」第7話 ひなこ 感想ネタバレ

1月17日【BL】「ネタバレ感想「黒ギャルになったから親友とヤってみた。第14話」ネタバレ感想

1月04日【BL/TL】「女体化した僕を騎士様達がねらってます」21話 感想ネタバレ

10月28日【BL】「ララの結婚」第20話 ネタバレ感想

9月28日【BL】「異世界転生!悪役王子は護衛騎士に溺愛される!!」第2話 秋雨るい 【感想ネタバレ】

9月27日【BL】「異世界転生!悪役王子は護衛騎士に溺愛される!!」第1話 秋雨るい 【感想ネタバレ】

9月5日【ドロドロ】「戦略結婚 ~華麗なるクズな人々~ 2巻」第7話

シェアしてくれたらうれしいです!

2 件のコメント

  • 海ホタルさん、おはようございます!

    朝から楽しい記事(笑)をありがとうございました。

    タイトルの「狂犬ハチ公」から受けるイメージだけで、この作品を敬遠して読んでこなかった私ですが、~「カスタマスカレード」のテイストが好きな人なら大丈夫~というくだりを読んで、Renta さんで無料配信されている第1話と、残り第2話~11話の無料サンプル分 + 海ホタルさんがBL-Hapで掲載されているネタバレ記事(全11話分)を読ませて頂きました。

    結果、あまりに私の笑いのツボが刺激され、娘がすぐ近くに座っているにもかかわらず、こらえきれずに何度も爆笑してしまいました!!

    姫宮が手下に猫用の哺乳瓶を飲ませるシーンとか、愛犬ハチの遺影を見て「鏡」だと八王子が思うシーンだとか、もうおかしすぎて、、(笑)

    マオのビジュアルが個人的にすごい好みだったので(エロスの漂う黒髪美形(「春抱き」の岩城さんとか「狂僕」の烏丸さんとか)は大好物です!)、この作品は近々購入しようと思います!

    それにしても、「マオ(真央)」かあ。。例えば、中国語でマオだと猫とかって意味だったような気がするんですが(確認していないので真偽不明)。。いずれマオを攻めキャラではなく、受けとして書こうとか、、ライバルの八王子が狂犬だから、マオの名前は対比で猫にしたって意味があるのかな??

    いずれにしろ、フルカラーでエロシーンを読みたいので、電子書籍の1~2巻がバラ売りと同じくカラー配信されてるのか調べてから購入しようと思います。

    楽しい作品を紹介して下さってありがとうございました!!

    個人的に浅田真央ちゃんが大好きなので、マオの名前が真央だと分かって余計好きになりました!

    • チェリーさんへ
      この作品・・・ほんと、くだらない笑いが多くって・・・わたしもツボなんですよ!喧嘩ばっかりしているヤンキーが、猫の哺乳瓶ひとつにこんなに熱く語るのかっていうのが、ほんと、くだらなくて・・・
      犬の遺影のシーンも・・・いくらなんでも、犬と人間は見間違えないだろう・・・とわかっていても・・・ププッって笑っちゃうんですよね!

      中国語で「マオ」が猫の考察は面白いですね!そこまで考えたことがなかったから「へー」って思っちゃいました。
      ビジュアル的には、マオのほうがどストライクなんですよねー!そうそう!立っているだけで、エロスが漂っているんですよ。それで、喧嘩が強いって!もう!かっこよすぎでしょ!!(わたしも岩城さんなどの黒髪+エロスキャラに弱い派です!かっちょいいですよね!)

      わたしも、コミックの電子版の方は、エロシーンがカラーになっているかどうかがむちゃくちゃ気になっています。今後のクチコミを待ち状態です。
      まだまだ続くようなので、今後の展開も見逃せません!どうか、最後まで、この路線で笑わせて欲しいなっておもっています☆

  • コメントはこちらから