“イトウ”と”キョウスケ”の出会いを描いた「イトウさん2」冥花すゐ 

IMG

こんにちは!!海ホタルです!!

冥花すゐ先生の「イトウさん」の2巻読みました!!

「イトウさん」は、殺し屋と男娼の恋を描いたかなりダークかつシリアス寄りなBLコミックです・・・

ラストが、救いがあるような・・・ないような・・・なんとも曖昧で余韻を残す終わり方をしているBLコミックなんですよね・・・

わたし、ハピエンものが好きな人なので・・・「面白かったけど・・・でも、2巻はいいかなー・・・」って思っていたんですけど、1巻を読み返してみたら、「うん?続きがあるなら読みたいかも」って思っちゃって・・・

1巻ではなかった「救い」の部分を求めて、ポチしてみました

結論から言うと・・・読んで良かったです!!

というわけで!!!本日は「イトウさん 」2巻のレビューを書かせていただきます

1巻が、未読の方のために1巻のおさらいも書かせてもらいました

どういうタイプのダークな内容なのか?気になっている方は、ぜひ、このまま読み進めてみてくださいね!!

1巻の振り返りには、ネタバレ・及びオチが含まれています。閲覧にはご注意をお願いします

作品紹介

I イトウさん2/冥花すゐ /紙書籍:2017/09/28発売

組織から殺人と性の技術を教え込まれたコードネーム”I(アイ)”。
機械のように生きてきた”I”は、娼夫のキョウスケから”イトウ”という名を貰う。
これは、”イトウ”と”キョウスケ”の始まりと再生の物語ーー。

「イトウさん 1巻」振り返り【ネタバレ含】

イトウさん

イトウさん

ものすごい高評価の口コミを見て手に取った1巻

殺し屋としてこの世に存在する“I”(たぶん・・・コードネームのようなものかと・・・)と、男娼の“キョウスケ”のラブストーリー

見どころは・・・

やはり、殺し屋として育成され、人間らしい感情を一切持たなかった“I”が、キョウスケと出会い、初めて愛情という感情を持つこと・・・

そして、彼を育成したボスとの複雑な愛情関係

子供の頃から客を取り続けてきた男娼のキョウスケが、“I”に出会い、本当の愛を知るという部分などだと思います

殺し屋として育成された“I”は、自分の任務遂行のため、痕跡を残さないようにするため、たまたまバーで見かけた男娼にホテルに部屋を取らせます

その男娼が「キョウスケ」で、キョウスケは、“I”と名乗った彼を「イトウさん」と名付けるのです

殺し屋として育成され、あらゆる感情を麻痺させた殺人マシーンでしかなかった“I”は、名前をつけてもらったことで、何かしらココロの中でざわめく感情が生まれます

イトウさんは、キョウスケが、男娼として手酷い客相手にでも商売をしていることを知り、アタッシュケースいっぱいのお金をキョウスケにあげます

お金で幸せを買えることを知っているのに、本物の愛は買えないことを知らないイトウさんが悲しすぎる・・・

そして、キョウスケを暴力的な客から守るため、平気でその客を殺すイトウさん

キョウスケは、そのイトウさんの愛に怯えることなく、ただ、「イトウさん」と一緒にいたいと思うのです

キョウスケは親の命令でウリをずっとやってきた子供なんです・・・

生きるために、あらゆる感情を麻痺させて、男娼として生きてきました・・・

人としてのなにかしらの感情が麻痺している者同士・・・そして、強く自分を求めてくれた初めての相手としてイトウさんに惹かれたのかもしれません

ふたりは逃避行へと旅立ちますが、イトウさんのいた組織がそれを許すはずもありません

ふたりの、この逃避行シーンは、ほんと、美しくて悲しくて儚くて・・・

幸せになれない未来が待っているのに、それでもふたり寄り添い愛を確認しあうシーンは、ほんとすばらしいんです!

最後は、イトウさんを育成した「ボス」の登場で、ふたりは窮地に陥ります・・・

このボス・・・人間の全ての感情を、科学的にしか捉えられない人なんですよね・・・

そして、その科学的根拠を使えば、人を操れると思っている・・・

本物の愛を知らないボスなりに、自分が手塩をかけ育てた殺し屋の“I”を大事に思っていたようなセリフを吐くのがなんとも哀しい・・・

1巻のラストは、キョウスケが全ての記憶を失い、バーで働いていて、そして、そのバーに、組織を離れたイオウさんが通っているというものです

このラストに救いを感じるか感じないかは、読む人によって意見が別れると思います

キョウスケの暴力的なモブ姦シーンも多いし、読む人を選ぶ作品かな・・・

でも、わたし、この作品、キライではないんですよね・・・

感情を持たず機械のように淡々と人を殺していくイトウさんがキョウスケと出会えてよかった!って部分もあるし、キョウスケもイトウさんと出会えたことで、誰かに大事にされ、愛される喜びを知るわけですから・・・

流血・モブ姦・ほのぐらいラストという痛みのある描写の中で、うっすらと光る愛だからこそ美しく儚く永遠に目に焼き付けたいって思える作品だと思います

「I-イトウさん 2」のここが面白い

イトウさんの子供時代が描かれている

その1巻の続きとなる2巻の始まりは、「イトウさん」の子供時代が描かれています

とはいっても、10歳にも満たないような年齢の「イトウさん」はある日、突然、自分のことを認識するんですよね

ボスが「君は今 この部屋で産まれたのだよ プロトタイプNo.9  “I”」と言っています

あれ?イトウさんって。ロボットなの?って一瞬思っちゃいましたが、この後、ボスから性教育を受けていて、人間だと判明・・・(そうだ!!1巻では人間だったもんな!!!)

じゃあ、ロボトミー実験でもされたんかなー・・・って思うんだけど、そのあたりは曖昧なままです・・・

殺人マシーンのごとく、淡々と任務を遂行していくイトウさん

でも、愛を語る人たちを見て、自分もその「愛」を知りたいと思い始めます

そんなイトウさんの気持ちを、全面否定するボス・・・

ボスにとって「愛」とは、人が繁栄するために進化の中で取得した脳のシステムでしかないのです

一度はボスにより絶たれた「愛」という感情への興味・・・

再び、その「愛」という感情がイトウさんに中でざわめき出すのは、キョウスケに出会ったことからでした

1巻の続きとなる作品が収録

1巻のラストは、キョウスケが全ての記憶を失うというものでした・・・

そこに救いを見出した読者もいれば・・・「え!!なに?このすっきりしない終わり方!?」って思った読者もいたと思います

いわゆる、すっきりしないことで強い余韻を残すタイプの物語ですね。

しかし・・・この2巻で・・・・その後のイトウさんとキョウスケのお話が収録されていました!!

キョウスケは最後までイトウさんと過ごした逃避行の日々を思い出すことはないんですけど、イトウさんへの思いだけを思い出すんですよ!!

その昔、イトウさんと一緒に見るはずだった景色を見ながら「俺はずっと前から この景色を夢見てた」というキョウスケのセリフにこの物語の全てが詰まっていると思います

ほんま・・・ええ話やー・・・・涙!涙!涙!!

わたしは、やはり、ハピエン至上主義ですので・・・この2巻を読んで、スッキリした部分が大きかったです!!

キョウスケ・・・今度こそ、イトウさんと、幸せになるんやでー!!

パラレルワールド「イトウさん」も楽しめる

パラレルワールドのキョウスケとイトウさんの物語がショートで収録されています

これは、すごい、遊びココロのある夢があるストーリーですね

ちなみに設定は、キョウスケが高校生で、イトウさんは先生です

まとめ

1巻でお腹がいっぱいだったので、2巻は、もう、いいかなって思っていたんですけど・・・

読んで良かったです!!!

やっぱり、マンガのラストは、こういうスッキリしたハピエンがいいなって個人的には思います。

この作品が気になった方は、ぜひ、試し読みをチェックしてくださいね!!

あと、書き忘れたポイントと言えば・・・やはり、イトウさん独特のセンスのあのネクタイ・・・

あれな!!あれ!!

イトウさんのネクタイだけでもいいから見てほしいわー!!!

 

最後まで読んでくれてありがとうございます!なかなか読み応えがあったと思います。

おすすめネタバレ!

IMG
IMG
IMG
IMG
「サブブログ」更新情報

NEW4月9日【こいめろ】供威×黒瀬編「恋するインテリジェンス」class:♯128TK-001 後編(ネタバレ有)

NEW4月9日練馬zim「運命がラブストーリーでありますように」第一話ネタバレ感想

4月8日羽純ハナ「キス・アンド・ナイト」第5話 ネタバレ感想

4月8日「食べてもおいしくありません」2巻 第6話 ネタバレ感想

4月7日左藤さなゆき「ロマンチック・ラメント」第2話 ネタバレ感想

4月7日 藤河るり「マーキングオメガ」第5話 ネタバレ感想

4月6日2020年3月に読んだベストコミック10作品!

4月6日【非BL】橘オレコ「プロミス・シンデレラ 」第61話を追記・更新しました

4月5日「セックスアンフレンド」第11話 相野ココ 感想ネタバレ

4月3日「自惚れミイラとり」第1~2話 中川カネ子 ネタバレ感想

4月3日「狂い鳴くのは僕の番 ;β」13話 楔ケリ【感想ネタバレ】

4月2日「24時間オチないKISS・続」第5話 加藤スス【感想ネタバレ】

3月31日ハル「4月の東京は…」最終回 ネタバレ感想

3月31日みちのくアタミ「アダムの助骨 2巻」最終回 感想

3月30日【非BL】「夫はわたしじゃいけないの?」16~18話 ざくざくろ 最新話ネタバレ感想

3月27日【非BL】ネタバレ感想「にぶんのいち夫婦 第13話」 ネタバレ感想

3月27日【非BL】「恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー」3/26日配信分!ネタバレ感想

3月27日国原「ストリッパーの淫らな悪戯」第13話 ネタバレ感想 ネタバレ感想

3月25日「召されやがれ!」第4話 みちのくアタミ ネタバレ感想

3月25日「簡易的パーバートロマンス 4巻」第一話 【感想ネタバレ】

3月25日「気まぐれなジャガー」第21話 ネタバレ感想

3月24日感想ネタバレ「ハッピー・オブ・ジ・エンド」第2話 おげれつたなか

3月21日ネタバレ感想「どう考えても死んでいる」第7話 雁須磨子

3月20日「何かいいの見つけた!Re:」第8話 感想ネタバレ

3月20日【非BL】ハルノ晴「あなたがしてくれなくても」第39話 感想ネタバレ

3月19日akabeko「少年の境界 3巻」第4話ネタバレ感想

3月17日【新連載】「メデューサの息子」吹屋フロ  ネタバレ感想

3月14日春田「運命の番がお前だなんて」第6話 ネタバレ感想

3月13日ネタバレ感想「こいつはダメだと知っている vie ensemble」第5話後編

3月11日【非BL】「それでも愛を誓いますか」第13話 ネタバレ感想

3月7日安野モヨコ「後ハッピーマニア」第6話 ネタバレ感想

3月6日「Daisy Jealousy」第6話 おげれつたなか 感想ネタバレ

3月4日2020年2月に読んだベストコミック10作品!

2月29日里つばめ 番外編「g&d Valentine`s Day」 ネタバレ感想

2月29日「私立帝城学園-四逸-」第9~10話 ネタバレ感想

2月29日山本小鉄子「笑う鬼には福きたる 」第14話 ネタバレ感想

2月26日「ララの結婚」第12話 ネタバレ感想

2月25日「漫画家とヤクザ」第24~25話 コダ【感想ネタバレ】

2月23日【新連載】高城リョウ「BODY-KILLER!」第1話 ネタバレ感想

2月22日「ページをめくるその前に」第2話 文川じみ ネタバレ感想

2月22日「プチミニョン -獣人おめがばーす-」第11話 ネタバレ感想

2月20日GO毛力「運命すぎてつがえません」第2話 ネタバレ感想

2月6日市川けい「ストレイバレットベイベー」2巻 第10話 ネタバレ感想

2月4日「さよなら共犯者」第2話 あがた愛 ネタバレ感想

2月4日にやま「そんなに言うなら抱いてやる」第4話 ネタバレ感想

2月3日「ドSおばけが寝かせてくれない3巻」第2話 ときしば 【感想ネタバレ】

1月13日「月の街、花の都」12話 千葉リョウコ ネタバレ感想

1月13日藤咲もえ「トンでもない俺のα」最終話 ネタバレ感想

1月8日「お兄ちゃんだって甘えたいわけで。」第8話 ネタバレ感想

2月29日「愛しのXLサイズ・続」第4話 重い実 ネタバレ感想

12月22日晴屋うまこ「指の先までぼくのもの」第4話 ネタバレ感想

12月12日「お伽噺は泡と消え」第3話 じゃのめ ネタバレ感想

11月27日「やましい恋のはじめかた」2巻 第一話 小東さと ネタバレ感想

11月15日「前線基地から愛を込めて」ゴールデンドロップの記憶 第28話 感想ネタバレ

11月13日「学ランの中までさわって欲しい」9話 感想ネタバレ

11月1日「シャングリラの鳥」第7話 ネタバレ感想

10月24日S井ミツル「めぐみとつぐみ」最新話ネタバレ感想

10月2日「アホエロ 社会人編」重い実 ネタバレ感想

9月21日新連載「ノット」秋平しろ ネタバレ感想

9月21日「ふきげんなディア 2巻」第6話 感想ネタバレ

9月17日「女体化した僕を騎士様達がねらってます」第17話 ネタバレ感想

9月12日皇帝と宦官シリーズ「帝國の宦官-嵐を呼ぶ弟編-」完結 日野晶 ネタバレ感想

9月9日「心中するまで、待っててね」最終回 ネタバレ感想

9月6日「糸永くんの恋の糸 2巻」最終話 ネタバレ感想

8月17日ネタバレ感想「ねこでねこのねこです」みちのくアタミ

8月14日羽純ハナ「レムナント―獣人オメガバース―」第19話 ネタバレ感想

8月10日2019年6月に読んだBLコミックよりベスト10作品!

8月5日「アドリブの恋」緒川千世 ネタバレ感想

8月1日腰乃「滅法矢鱈と弱気にキス」第5話 感想ネタバレ

7月15日緒川千世「くらくら淫魔」第2話 ネタバレ感想

コメントはこちらから