「好きだ」は、怖くて言えない。「僕と」岸虎次郎

IMG

こんにちはー!!海ホタルだよー!!

みんな、この岸虎次郎さんってマンガ家先生知ってた?

わたし、こんなブログを描いているくせに、ほんとに、時々いろいろと情報の入手が遅くって、この作品で初めてお名前を知ったんだけどさ!!

でもさ!!

読んでて、「これ、女性のマンガ家さんかな?」って思ったんだよね!!

こう、視点が違うの。空気感とか、間のとり方とかが、他のBLマンガとは明らかに一線を画しているの!!

男性向けのエロちいコミックにある秘密めいた湧き上がるようなエロちさで溢れてる。

200ページで読み足りないってほど面白くて・・・で、読後、このテイストを描く作家さんってどんな人なんだ!!って調べたら、百合系のマンガを描いている大先生だった!!

▶一番リアルな女子高生・百合コメディ! 「オトメ帝国」

んで!!男性作家だった!!

だよね!って思った!!!

そんな有名な作家さんと露知らず・・・。ほんと、わたし、無知!!ごめんなさい。

どんな内容か気になった方は、ぜひ、このまま読み進めてね!!

作品紹介

僕と(ビーボーイコミックスデラックス)
岸虎次郎
明るくてチャラい“裸眼くん”は、同じクラスの真面目な“眼鏡くん”に度々ちょっかいを出していた。仏頂面な彼の素顔を見てみたくて…? 男子校を舞台に、登場人物全員が“片思い”しているピュアな群像劇。百合漫画の名手が贈る、初BL!

▶詳しく見る

 

「僕と」のここが面白い

結合シーンはなし!全員、片思い!!

連載作品7話(読み切り1話と、書下ろし1話あり)が収録されている短編集。どのマンガの主人公も片思いです。

そして、前の作品で片思いをされている相手が、次の作品では、別の男の子に片思いをしているという舞台は同じ場所で主人公だけが切り替わっていくって感じで続いています。

で、「全員片思い」ってあらすじにあるとおり、ラブラブなイチャコラな結合シーンはありません。

だから、結合シーンがないとBLじゃないって人には、どうかな?って部分もあります。

じゃあ、わたしが、何をエロちいかと思ったかというと・・・

指の動きひとつに表情があるんですよね。

本当は、人間の指がそこまで反らないものと思っているんだけど、でも、あえて若干反らして描いたり、意味ありげに動きをつけることでエロさが増すんですよ。

わたしが今まで見てきたBLコミックであれば、乳首は、親指と人差指を使ってつまむ。こねるという描写が多い

いや、実際、そうだと思う。

でも、このマンガでは、右手でシャツを持ち上げたまま、右手の小指で乳首を触るんですよ。小指ってこんなに動くの!?って、思わず、自分の指で確認しましたよ。

無理ですよ。

もしかして、男性なら動くのか?って思いましたよ。

でもでも、これが一番エロちく見える描写だから、あえて、こういう描き方をしたんではないかと思うんですよ。

あと、間のとり方がほんとに上手い。焦らされる一コマが入ることで、期待が高まるんです。

それと、好きな人のことを語って、目をそらしながら頬を染める表情や、全く範疇外だった相手のメイド服姿で用を足す姿にムラってきてしまって自分自身で驚いたりとか、好きな相手が傷ついて、らしくなくキレてしまう・・・などの、高校生男子ならではの若さや青臭さも楽しめます。

片思いしている子が、最後のコマで、涙をぬぐう描写が、どれも、すごいキュンってするんです。もうね・・・まさに、男の子泣き!!そうそう・・・男の子ってこういう泣き方する!!って思った!!

「おとこのこ」レビュー

いくつもの短編が入っていて、ほんと、どれもクオリティが高いんですけど、あえて選ぶなら、これが一番気に入った!って作品のレビューだけ書きますね

「おとこのこ」って作品なんですけど、この作品では、見た目がちょっとかわいい(男くさくない)男の子が主人公で、その彼にはあこがれの大好きなクラスメイトの男の子がいるんですね。

最初、恋をしているっていうより、強い憧れのように描かれているんですね。

そしたら、文化祭で、その意中の相手から、「お前、女だったら、普通にかわいいよな」って言われて、メイド服を着ることになる。

憧れている相手から「かわいい」って言われて、照れる気持ち。嬉しい気持ち。でも女装なんて似合うわけがないという不安・・・

そういう気持ちがここの下りにギュッと描かれていて、ここらへんで、本人は否定しているけど、もう、これは恋だなって読者の方に伝わってくるんです。

不安になって、部活の先輩に相談すると、「きっと君はいい仕事をすると思う」って励まされるんですね。

で、前向きな気持ちになって、自分はかわいくなれると思っちゃうんです。

そして文化祭当日、好きな相手が、変身した自分を見て驚く顔を想像して、ワクワクしながら、化粧をするんです。

そして、メイド服を来て、化粧をして、好きな人の前に立つ・・・

そして、言われた言葉が「やっぱ、男なんだよなー」

もうこの台詞のあとの、主人公のショックを表す目を見開いたコマの表情が読んでて痛い・・・

でもでも、すぐに気持ちを切り替えて、笑って会話するんですよー!!涙!!涙!!

好きな相手が立ち去った後、首をうなだれた主人公がの後ろ姿がコマのラストなんですけど・・・・

もう・・・失恋の痛み?期待した分突き落とされた悲しさ?主人公の心の中のすべてをこの背中が物語っているんですよー!!

やばい・・・読んでて切なすぎる・・・・

この作品はここでENDなんですけど、この作品の次に、「slightly dizzy」って作品では、相談した先輩視点で、メイド服を来た彼を見ている作品が続いています。

これは、大変、エロちかった!!

先輩ビジョンになった途端、メイド服の彼が2倍増にかわいく見えるのがずるいと思いました。

まとめ

ほんと、面白いと思ったので、すべての読者に全力で進めたいと思っているんですが、同時に、好き嫌いも分かれる作品ではないかなって思います。

ショートマンガだしね。結合やイチャコラがない片思いばっかりだしね。だから、読後、消化不良を感じる人もいるかもしれません。

でも、暑くてシャツをめくった時ちらっと見える男子の露出された脇腹を見た時、その脇腹の上に続く腹筋や胸元を想像しちゃう人には、オススメができると思います。

切ない話ばかりかというと、男子特有のバカバカしさも時々見えて面白いです。

あと、局部修正が、真っ白な白抜きタイプでした。なんか、久しぶりにこれだけはっきりした白抜きを見た気がします。でも、私は、このコミックに関しては、その白抜きが逆にそそりましたー。(そんなんわたしだけかー・・・・)

ちなみに、わたしは、試し読みの10P-11Pを読んだ瞬間、ポチしようと決めました!!

どんなシーンか気になる人は、ぜひ、下のストアボタンから確認してね!!

電子書籍

▶あらゆる禁忌を超越する、圧倒的な美「岸虎次郎作品集 冗談だよ、バカだな」
海ホタル
本日の記事はいかがだしたか?前情報がなしで読んだので、すごく満足できました。これからもBLを描いてくれるのかな?だったらうれしいなーって思います。とりあえず、先生の既刊本をチェックします!

山田BL【電子限定かきおろし漫画付】

山田BL【電子限定かきおろし漫画付】

[著]山田ユギ : 山田シロ : 山田まりお : 山田J太 : 山田パピコ : 山田2丁目 : 山田ロック : 山田パン : 山田ぼたん : 山田酉子 : 山田マリエ : ヤマダサクラコ

山田てんこ盛り



amazon予約開始しています

この記事は役に立った?シェアしてくれたらうれしいです!

コメントはこちらから