売り専ボーイ「いろのあじ」端丘

IMG

こんにちは!いつもお金に困っている海ホタルです・・・しくしく・・・

貧乏ってほんと、イヤですよね・・・世の中にはお金より大事なものがあるなんてことを言う人がよく口にしますけど、そういうのは、ほんとの貧乏をしたことがないから吐ける言葉だと常々思っています。

はい。そんな私が昨日読んだBLコミックは、端丘先生の「いろのあじ」

親の借金返済のためにウリセンに~とか・・・弟を修学旅行に行かせたいがためにウリセンに~・・・とか・・・

なんか、読んでて、いろいろ世間の風の冷たさがわかる・・・

でも、その暗い設定の中にも、主人公ふたりの思いやりに心が温かくなりました。

うん。そうなの・・・世の中にはお金より大事なものって本当にあるんだよね・・・・そいうことにしておくよ。

なんか、深いことを言いましたが、コミックの内容は、そこまで複雑じゃないです。BがLしているのを楽しめるコミックです!

では、レビューに行ってみよう!!

本日の記事には大人女子向けの表現がございます。苦手な方は、ここで戻るボタンをお願いします。

作品紹介

いろのあじ (ディアプラス・コミックス)
端丘(はたおか)

子だくさん母子家庭の長男のハジ(表紙左)は、家計を支えるため売り専ボーイとなった。水商売に慣れないハジは面倒を見てくれる先輩のヤヨイ(表紙右)に惹かれるが、店のマネージャーのキヨハルは彼らの関係を快く見ておらず……!?キヨハルは金持ちの常連客である遠藤をつなぎとめることに必死だった――…。

>>試し読みはこちら

 

>>「ディアプラス」作品が期間限定で割引キャンペーン中!

「いろのあじ」のここが面白い

「ヤヨイ✕ハジ」「いろのあじ」について

2カップル収録なんですけど、4人のうち、3人がとってもお金に困っていて、その果てにウリセンになっています・・・

特に、ヤヨイとキヨハルは親や兄の借金返済のためにこういう仕事を選ばざる得なかったと思うと、かなりやるせないです・・・

主人公のハジも、お父さんが亡くなってから、母親が出稼ぎ状態で、15歳から、学校に行かずに働いているんですね。

ただ、設定は暗いのですが、無理やりお客さんにヤラれちゃうシーンなどがなく、そこら辺はサラリと深入りせず描かれているので悲壮感があまりないです。

ヤヨイなんかは、初めてお店の研修で指導を受けた時、悔しくて惨めで泣いたみたいんだけど、今では、吹っ切ってて、お客さんに上手におねだりまでするほど逞しくなっている。

やっぱり、最初の一線を超えるのが一番辛いのかな・・・

主人公のハジは、真面目に現場仕事で働いて、4人の弟たちを養ってきたんだけど、仕事中の事故で足を怪我しちゃうんだよね。で、弟の修学旅行代がどうしても必要で、ウリセンバーに働きにきちゃうの・・・

でも、マネージャーであるキヨハルが、彼の指導(研修)をしなくて、ぶっつけで本番でチャレンジさせようとお店に出させるんだよね・・・

もうさ・・・ハジは、震えちゃって・・・震えつつも、おにぎりだけはしっかり頬張ってって・・・

自分の置かれた状況がわかっているのか、わかってないんだか・・・まあ、なんていうかちょっと不思議ちゃんなの。

お金はほしい!でも、ほんとに自分は男とヤるのかなー?ってふわふわして状態でお店に出ちゃうんだけど、そんな危なっかしいハジの面倒を見てくれるのがヤヨイなんだよね・・・

ハジと過ごしているうちに、ハジのお兄ちゃん気質なところに惹かれていくヤヨイは、今度は、客を取らせまいとするわけ。客と寝ずにお金を稼げる歩法をいろいろ教えてくれるわけだ

でも、ここはさ、ウリセンバーだから、客を取らなきゃダメなんだよ。

お客さんから指名が入ったハジを引き留めようとするヤヨイ。邪魔するマネージャーのキヨハル。自分が客を取らなきゃ、ヤヨイに迷惑がかかると思っているハジ。

3人の思いが交差してからのラストまでの流れは、ほんとに、ドキドキして一気に読んでしまいました。

やさしいハジとヤヨイの気持ちに読んでて温かくなります。

全体に、かわいい作品って感じがするかな?ちゃんと、ハジとヤヨイが恋をしているのがわかるのでそこがとてもよかったです。

 

「遠藤✕キヨハル」「なれのはて」について

ウリセンバーのマネージャーのキヨハルと、そのウリセンバーの常連客の遠藤は、高校生の頃からの顔見知りなんだよね。

テニスの試合中にキヨハルに恋に落ちた遠藤は、父親の借金のために学校をやめてウリセンバーで働くキヨハルの元へと通い出すの。

このキヨハルがさ・・・すごく、素直じゃないんだよね・・・いろいろこじれちゃってるの・・・やっぱり、父親の借金を背負ったって現実が辛かったからこうなっちゃったのしら?

金持ちの家の子の遠藤が自分に会いに来るたび、お金は受け取るのに「親のカネだろ」って感じでイヤミを言ったりするんだけど、育ちがいい遠藤はにはキヨハルの嫌味が通じない。素直に、バイトに行き、自分の稼いだお金でキヨハルを買いに来るの

そんな遠藤をみてキヨハルは「俺みたいなウリセンにハマっちゃってもったいないな」なんて思いながら抱かれるんだよね。

6年もそんな関係が続いて、キヨハルはウリセンを卒業して、お店のマネージャーになることになるんだけど、遠藤を6年間もキープできたことを「上出来だ」って思うのね。

キヨハルは、遠藤が自分に夢中なのは、遠藤が追いかけたい人だからだと思っているの

だから、自分が遠藤のものにならない距離感を常に意識してきたんだよね。

でもさ・・・もう、そう思う時点で、キヨハルは、遠藤のことを離したくないって思っているのと一緒なんだよね・・・キヨハルが少しづつ遠藤を意識していく流れもきちんと描けててすごく感情移入できましたヨ!!

離したくないから一緒にいたいじゃなくて、離したくないから、追いかけさせたいって思う所がすでにいろいろ歪んでいるんだよね。キヨハルは・・・

キヨハルが自分の手には入らないと思って、ベランダの手摺に登り、遠藤が飛び降りようとするシーンは読み応えがあります。

そこまで追い詰められてようやく自分の思いを口にするキヨハルの涙がウルってくる。

とことん追い詰めないと、こういう人は、素直になることなんてできないのかもしれませんね。

遠藤の初恋がようやく実ってよかったと思いました。

 

まとめ

二作の時系列がリンクしているのが面白かったです。

あー。なるほど。この時、キヨハルはこういう気持ちだったのねー・・・とか思いながら、楽しめました。

個人的には、キヨハルが一番好きかな?

とてつもなく面倒くさくて、素直じゃないタイプの人間なんですけど、でも、そんな彼を好きで愛してくれるって人がいるってなんかいいなって思います。

初読みの作家さんで、あまり期待していなかったんですよね・・・試し読みを読んでも、ちょっと絵が荒いというか・・・でも、口コミ評価がすごく高くて、読んでみたら、当たりでした!

いろいろ設定はディープだけど、夢が詰まっていると思う作品。

つきあう付き合わないをすっ飛ばして「結婚しよう」なんて甘い言葉で出てくるくらいですからね!どんなに貧しくても、ヤヨイとハジなら、どこまでも幸せになれそう!!

だからね・・・お金より大事なものってこの世にあるらしいよってことで・・・

末永く幸せになってくださいね!

電子書籍

Renta!のクチコミでは星5です。星5はすごいと思います。Renta!ボタンを押すと、ページに飛びます。

海ホタル
本日の記事はいかがだしたか?最初、絵がダメかも~って思いながら読み始めたんですけど、読んでいるうちに、個性になってきます。かわいいなーって思いながら楽しませてもらいました



この記事は役に立った?シェアしてくれたらうれしいです!

コメントはこちらから