告白のやり直しをさせてください「被写界深度」苑生

IMG

こんにちは。海ホタルです。今日も、「今日何ときめいた?」を覗いてくれてありがとうございます。

こういうブログを書いていて、一番ワクワクする時って、実は、新しい才能に出会った時なんだよね。

特に、デビュー作で鮮烈な才能を見た時は、滅多打ちされるようなコーフンに胸が震えます。

さて、こちらの表紙・・・

初めて書影を見た時、あまりの美しさにドキっとしたんですけど、それと同時に表紙詐欺では・・・という懸念も生まれてしまい他の方のクチコミを覗いてから買うと決めていたんですね。

そしたら、実は、個人のホムペでアップしていた作品で、一年間で920万PVも集めた超人気の作品だっていうじゃーありませんか!?

個人のホムペなんて、920万PV!?

え?それ、すごすぎじゃね?

んで、ソッコー買ってみたら、もう・・・ガツーンってきた。

登場人物のセリフの言い回しとか表情に、ほんとにズキュンってくるんですよ。

これは、キャラがたっているからかなー?

そういうわけで、ノーチェックだった方も、どんな作品か気になっている方も、このまま読み進めていただいたらうれしいです。

あ!でも、ネタバレも含まれるので、ネタバレNGの方は、コミックを読んでから、読んでくださいね!!

ではでは、レビューがはじまるよ!!

この記事には、ネタバレが含まれています。閲覧にはご注意をお願いします。

作品紹介

あらすじ・・・何となく帰りたくない放課後、秘密の屋上で紺野(下巻・表紙)と出会った。「話しかけづらい」「威圧感があって怖い」と言う人もいるけど、カメラを被写体に向ける紺野は、いつも楽しそうな顔をしていた。尊敬 羨望 嫉妬 劣等感──…
欲しかったすべてを持つ紺野に、複雑な感情が募っていく……

高校時代、折り重なる日常、掛け違う焦点、新鋭・苑生が描くモラトリアムラブ

「被写界深度(上)(下)」のここが面白い

ストーリーをおおまかに説明。【ネタバレ含】

壊れたギターにピアノ。そして、「もうやめる。ピアノもギターも歌も全部やめる」と言って涙を流す主人公の早川(上巻・表紙)が涙を流す印象的なシーンから始まるこのコミック

めくったページでは、学校の屋上シーンへと移り変わり、早川と紺野の最初の出会いのシーンへと移ります。

クラスも違うし接点がない早川と紺野は、屋上でまったり過ごす者同士、「屋上友達」になります。

一見、イケメンでチャラそうな紺野ですが、父親の影響で、常にカメラを持ち歩き、撮りたいものをパシャパシャ撮っていて、そして、根がとっても真面目な好青年。
無理している感がなく、自然体で、クラスの友達とも打ち解けられる男の子なんです。

早川は、そんな紺野を見ていると、うらやましいと思う反面、時々苛立ちを覚えます。

実は、早川は、母親がピアノ教室を経営していて、子供の時から、常に自分自作の歌を口付さむほど音楽が大好き人間なのです。

でも、母親からピアノを習うことは、周囲からのやっかみの対象になり、同時に突き抜けた才能は、友達さえからも妬みの対象となってしまうのです。

中学生の時には、一番の友だちだと思っていた子からも、嫉妬をぶつけられてしまい、ついに、早川は、大好きな音楽を捨ててしまう決心をします。

そんな自分と、まっすぐに自分の好きなことを突き詰め、周りとも良好な関係を築けられる紺野を比べてしまう早川

焦燥。羨望。嫉妬。尊敬という早川の中にあるあらゆる感情が、紺野に集中してしまうんですね。

でも、そこまでつらい思いをしている早川の気持ちに紺野はちゃんと向き合ってくれるんです。

そこで、早川は音楽にもう一度向き合うことを決意でき、同時に、どこまでもやさしく自然体な紺野に恋をしてしまう。

けど、ソッコー玉砕しちゃいます。恥ずかしくって、告白そのものを冗談にしてしまいますが、その後、「屋上友達」をやめてしまうのです。

同じ学校にいるのに、会えない関係になってしまうふたり・・・

二人の時間が再び動き出すのは、それから三年後・・・・

カメラマンのアシスタントとしてバイトを始めた紺野と、インディーズバンドを組みだした早川。

早川くんの告白を紺野くんは早川に会えなかった三年間。ずっと、思い返しているんです。

会えない間に、恋が育つってこういう感じなんですかね?

そして、3年ぶりに早川の姿を見て、うれしいって思っている紺野の表情がすごくいいんです。

すごく、会いたかった相手にたどり着けたって感じの表情で、見ていて、羨ましくなっちゃいます。

再会してからも、いろいろあるんですけど、それでも、ちゃんと、好きって気持ちにたどり着いた紺野くんがすごい!!

紺野くんへの片思いをずっと引きずっていた早川くんの思いが通じ合えたときの嬉しいって顔もキュンときます。

上下篇、一気読みして初めて、感動できる作品です。とても読み応えがあるし、自然体なふたりの姿に随所でときめいちゃいます。

上巻では、ちょいと病み気味だった早川が実は可愛い子だった

上巻と下巻では、早川くんの印象がすごく違うんですね。

やっぱり、上巻は、紺野に対する嫉妬心が大きかったのかしら?

でも、小学生の時の早川くんは、やっぱり素直でちょっとお馬鹿でかわいい感じだから、紺野くんへの歪んだ感情で苦しんでいた時は、本来の姿ではなかったんでしょうね。

初めて、早川が紺野にエチを強要するシーンでも、くっついてからのラブラブシーンにも「ねえ。紺ちゃん、セックスしよう」ってセリフが入るんですが、同じセリフでも、全然、別物なんです!!

くっついてから、このセリフを言う早川くんのかわいさといったら!!

もう、胸がキュウウウウウウンってなっちゃいます。

一途だったり、ちょっと暴走しちゃったり、不安になっちゃったり・・・でも、最後は、かわいい!!ってなっちゃう。とっても素敵な受けだったと思います。

気持ちが通じてからのエチシーンが天才!

BLの濡れ場と言えば・・・まあ、ねっとりしてたり、何かしら大胆なアングルがあったりっていうものがやはり売りだと思うんですけど、こんなに自然体にエロするふたりは、見たことがない!!

じゃあ、ふたりでこれからエロしましょうって流れになって、まず、早川くんがゲイビ動画を紺野くんに見せるんですよ!

これから、俺たち、こういうことするんだよー的な感じで見せながら!!

そして、どっちがどっちの役をするか相談。

でも「今日はやめとこーぜ ケツの穴にブツ入んねえだろ こんなスルスル」ときっぱり言い切る紺野

(紺野くん!!ほんと!!そのとおり!!)

でも、その後に「ゆっくりやろーぜ 次もその次も いくらでもあるだろ」と言いながら、早川の肩に顔を擦り寄せるんです。

(ぎゃーーー!!そのセリフを、そんな甘えるような仕草をしながら言っちゃう!!)

そういうわけで指だけでってイチャコラしはじめるんですけど、いちいち、いろんなシーンがかわいすぎて・・・

もう、すべて、写真の一コマとして切り取ってしまいたいくらいです!!

もう・・・悶震えてプルプルしちゃいますよー・・・

ほんと自然体すぎる、素敵すぎるふたりなんです。

まとめ

正直、一度に上下巻発行ということで、サイフにやさしくないなーって思いながら買ったんですけど、下巻のふたりのエチシーンで、支払った以上の萌えを味わえました。

上下巻、一気買いで大正解!!

でも、逆に、ガツンとしたエロが好きな人には物足りない感じだと思います。

ちなみに、電子化を待つって手もあったんですけど、小冊子がほしくて紙書籍にしました。詳しい内容は、特設ページをご確認ください

関連「被写界深度」特設ページ

電子化の情報の方は、Renta!の方で、9月15日に「被写界深度(上)」の発売告知がでています。(上)巻のタイトルしかないけど、(上)だけを先行配信するのかな?

どうしても電子でほしいって方は、そちらを待ってみるのも手かもしれません。

とにかく、絵が完成されています。正面の絵が描ける作家さんって本気で、すごいと思うよ・・・ほんと、すごい作家さんがでてきたもんだ。

この作品のことが気になるって方は、上巻のみ電子配信されています。下のRentaボタンから試し読みを覗いてみてね!

海ホタル
本日の記事はいかがだったでしょうか?脳内で、早川くんの「ねえ。紺ちゃん、セックスしよう」が何度もリフレイン状態です・・・。こういうことをサラリと言える早川は、ほんと魅力的だった!!次回作にも期待したいです!

山田BL【電子限定かきおろし漫画付】

山田BL【電子限定かきおろし漫画付】

[著]山田ユギ : 山田シロ : 山田まりお : 山田J太 : 山田パピコ : 山田2丁目 : 山田ロック : 山田パン : 山田ぼたん : 山田酉子 : 山田マリエ : ヤマダサクラコ

山田てんこ盛り



amazon予約開始しています

この記事は役に立った?シェアしてくれたらうれしいです!

6 件のコメント

  • 取りあえずレンタで入荷メール設定してきました。多くのBL作品がある中で読んで衝撃を受けたとか・・教えてもらうともう速攻興味が湧きます。
    給料日まで10日・・・まだ10日もある。なのに小遣い残り2000円って。今月BL買い過ぎました(汗)読みたい作品が沢山あって10月に「お参りですよ6]」「王子様の生態」の予約済です。

    • sayurinさんへ
      すごいお上手な作家さんでした。あるあるBLじゃないです。こういう流れもありなんだって思いました!
      小遣い残り2000円は、かなり厳しい!!がんばって乗り切ってください!!

      実は、「お参りですよ」未読なんですよ。もう6巻まででてるんですね!!いつ、大人買いしよう・・・

  • 海ホタルさん
    こんばんは〜(^O^)お久しぶりコメントです。
    読書の秋ですね。
    私もこのマンガ、表紙が素敵ーと思って、内容もあまり見ずにポチりました。普段あまり表紙買いってしないんですけどね〜 厚いね!まだ読んでないけど
    あ、そうだ「静寂の月」も買いました。小説版のAnother も!まだ読んでないけど(早よ読めや!)マンガと小説でエンディングが違うんですよね。これから、じっくり読みます。
    この前、車の点検を待つ間、映画見て来たのですが、「君の膵臓をたべたい」、最初っから泣きっぱなしでした(T ^ T)これ原作すごく人気作なんですね〜そして、そこで知ったのですが、ユーリon ICEが4DXで上映されるそうですね。く〜、見て見たい気もするが、4DXかー前に書きましたが、私、3Dでも具合悪くなっちゃうんですよねー三半規管めちゃ弱いんです。でも、気になる〜海ホタルさんは行きますか?

    • みかりんさんへ
      お久しぶりです!!みかりんさんも購入されたんですね!まだ未読とか・・・ぜひ、次巻のあるときにじっくり読んだほうがいいかもしれません!
      「静寂の月Another 」は、かなり、ダーク系だって聞きました・・・コミックとは別のラストなんですよね。どのくらダーク系なんだろう・・・

      ユーリon ICEが4DX!!まじですか!!え!わたしも、3Dは気持ち悪くなっちゃう人なんですよ・・・やばい・・・耐えられるかな?
      でも、絶対に見に行きます。4DXは不安だけど、今から、すごく楽しみです。

  • コメントはこちらから