一筋縄じゃいかないトラブルラブ「SUPER LOVERS(11)」あべ美幸

IMG

やあやあ!!こんにちはー!!海ホタルだよー!!

本日は、「SUPER LOVERS(スーパーラヴァーズ)」の11巻のネタバレ記事だよー!!

この「SUPER LOVERS」ね・・・

ネカフェの少女漫画コーナーで「あすかコミックス」の棚に並んでいるのを、よく見かけるのよね~。

いっつも、うちの娘とネカフェに行くとき、手にとるんじゃないかと横から見てるとドキドキさせられてるよー!!

そういう意味では、きっと幅広い層の女子が楽しんでいるBLコミックだと思うわ!!

そうそう。10巻がヒッジョーに気になるところで終わっていたんですよね。

あとね、アテンション出します!!

この記事は「SUPER LOVERS 11巻」の盛大ネタバレ記事です。文字数も多めです。閲覧にはご注意ください

ネタバレ要素多めでーす!!

読んでも大丈夫な人は、このまま読み進めてくださいね!!

作品紹介

SUPER LOVERS 第11巻 (あすかコミックスCL-DX)
あべ美幸
階段から落ちて意識を取り戻した海堂家4兄弟長男の晴。しかし、目が覚めた時晴は、両親を亡くした17歳までの記憶しかなく、末っ子、零(れん)の記憶を失っていた。生意気で可愛げのない零の存在は晴を混乱させるが・・・

 

「SUPER LOVERS」のあらすじをおさらい

まずは、このコミックが未読のための方のために、ざっくりあらすじ紹介を致します。

すでに、このコミックを熟知している方は、ここ、飛ばしてね!!

このコミックは、海堂家4兄弟の長男、晴(ハル)と末っ子、零(れん)が主人公です。

一人っ子の晴が小さい時、父親の再婚で、双子(亜樹と蒔麻)の弟ができます。

自分を必要としてくれる家族を持ち、幸せになった晴は「家族」と「その他」をきっぱり区別して考える人になってしまいます。(家族が第一!という男に!)

そして、晴には、当然産みの母親がいるのですが、この母親との関係も悪くありません。

15歳の夏、カナダにいる実母の元へ遊びに行った時、そこで、野生児のような9歳年下の男の子の零(れん)と出会います。

なんと!晴の実母が、施設に慰問に行った際に、惹かれるものがあって引き取ったというではありませんか!

そして、海堂家で引き取る手続きも済んでいるというのです。

そうなると、晴にとっては、血の繋がらない弟となるわけです。

けれど、この零が、野生児同様で、誰にも懐かない子供で、愛想笑いもしない無愛想ぶりで・・・しかし、晴は持ち前の面倒見のよさで、時間をかけて、零を手なづけていきます。誰にも懐かない小さな子供が自分に懐く満たされた感じに「大事なものを見つけた」と晴は思っちゃうんですねー。

その後、晴の両親が事故死したり、晴自身が記憶喪失になったり、離れ離れの時期もあれば、晴が転職したりと、常にトラブル!常にふたりのラブが迷走しています。

ちなみに、こちらの作品、長男晴と末っ子零の関係は、11巻の時点で、兄弟と呼ぶには甘く、恋人と言うには、兄の晴が自覚をしていない状況(手は出すのに、恋愛未満っぽい!晴にとっては、度が過ぎる兄弟愛のスキンシップの延長?)で、絶賛、零の片思い状態(といってもいいのかー?でも、いっつも悩んでるもん!!)となっています。

ワタシ的に何が美味しいって、やっぱり子供だった零の成長の過程かな?

キスはするし、お互い触りっ子もするのに・・・それ以上は進まない・・・ひたすらジレジレするBLコミックなのです!!

「SUPER LOVERS(11)」のここが面白い!

またもや、晴が記憶喪失に!

階段から落ちて救急車を呼ぶシーンで終わった10巻ラスト!!

そして!?それで!?どうなったーーーー!!!の11巻!!!

病院で目覚めた晴が零をみての第一声が、「お前、ダレ?」

はい!!再び、晴は、記憶喪失状態になってしまいます!!

前回(1巻後半)の記憶喪失騒ぎのときも、すごく胸が痛かったんですけど、なにしろ、二度目ですからね・・・

多少のことでは、心、痛めたりしませんよーって甘く見て読み進めていったんだけど、零の一途さと涙に心が痛い展開が待っているんです。

今回の晴は17歳で記憶が止まっていて、両親を亡くした時まで時間が戻っています。

零も一度目の記憶喪失時とは違い、晴の「お前、ダレ?」発言に、スイカをぶつ切りにするほどキレています。

双子弟の亜樹から「弟」として零を紹介される晴。

じゃあ、弟なのか?と状況把握に精一杯なのに、零から「俺はただの弟としてお前の側にいた訳じゃない」と言われ、さらに大混乱。

そして、零のいつもの無表情&直球の言葉の数々に、「可愛げがねぇ!」と歯をギリギリ言わせています。

晴の胸にある悩みを心配する周囲

一度ならまだしも、二度も記憶喪失になる晴に、なにか心因性の原因があるんじゃないかと心配する主治医

10巻の後半、晴は「あの時ああしていれば・・・あの時、こうしていれば・・・」と両親を事故で亡くした前後のことを「たられば」でずっと考えているんです。

そういう心境だったから、記憶を失っちゃったんですかね?

でも、気になるのは、やっぱり、古高先生ですよね・・・

児童心理学の研究をしている古高先生と話すと、晴も零もなにかしら変化が起こるんですよね~

零も、記憶のなかった6歳未満の記憶を取り戻し始めているし・・・

晴も、昔のことを「たられば」で考えるようになっちゃって・・・

このなんとも胡散臭い古高先生が、11巻でふたりにどう関わるのか気になっていたんですけど、古高先生、シアトルに出張中で出てきませんでした。

ん?

シアトルに出張?

なにかの布石のようで、ちょっと不安な響きですね・・・

17歳の晴は、大変失礼な男でした!

家に帰ってきた晴と、記憶がなくなる以前のように接する零なんだけど、エロいキスをしたら、17才の晴が、怖気づいてしまいます。

17才の晴は、女の子が大好き。自分の中には踏み込ませないけど、女性に対し、大変、失礼な価値観をモノローグで語っています。

そして、零とキスすることで、湧き上がる説明の付かない感情から逃げるように、零に向かって「物欲しそうな目で俺のこと見んのやめろ!」と言っちゃうんですねー・・・

ひどい・・・ひどいよ・・・晴。

いくら記憶を無くしているとは言え、あれだけかわいがっていた零にそんな暴言吐くのが、許せん!!

でも、周りから「零に嫌われちゃったの?」って言われると、グサリと傷つくし、避けられていることに気づくと、ショックを受けてしまう・・・

面白いのは、17才の晴の心の奥底には、ちゃんと25才の晴がいることなんですよね。

でも、17才の晴は、心に湧き上がるその感情を打ち消すように、一層、零に冷たくあたってしまうのです。

零は、相変わらずのポーカーフェイスなんですが、傷ついていない訳ないですよねー・・・

郁芳が、夜、泊まりに来る提案をしたら、零は2つ返事で「OK」してしまいます

郁芳を見直した!とても、真意をついているセリフがよかった!

器用でモテて、何でもソツなくこなすイケメンの晴にとって、愛情は、後から後から沸いてくるようなものなんですね。

大安売りのビッグセールみたいなものなんでしょうか?

思わず、「イケメン滅びろ!」って言いたくなりますよね・・・

もとから持っているものが人より多いんですよ。

でも、零は違う。もとから、なにも持っていない。

そして、晴がくれたたったひとつの感情を、晴に捧げているんですね。

郁芳が晴に説教するシーンは、とても、グッときます。郁芳が、読者の代弁をしてくれている感じです。

このシーンの後に、零が晴に「好きなんだ」って言うシーンがあるんですけど、郁芳の説教シーンがあることで、零の告白の重さがグッと増しました。

零をどこまでも傷つける晴。ふたりを見てるのがつらい・・・でも・・・

記憶を無くした晴の零への無礼ぶりは、ほんと、ひどいです。

「好きです」って言ってきた零相手に「体だけならいくらでもくれてやる」といい、指でイカせた後に「何ならキヨ(晴の友人のゲイ]にその手の男紹介してもらう?」とまで言い放ちます・・・

ムッキー!!やっぱり、晴、許せん!!!

泣き出す晴の涙がほんと痛い・・・

「絶対に晴の手を放さない」って言っている零だって、この扱いには心が折れちゃいますよ・・・

そして、零は、家を飛び出すんですね・・・

まとめ

すごく、盛り上げるだけ盛り上げて、最後は、あっさり、記憶が元に戻っています。

これを、突然の幕引きのように感じる人もいるかもしれないですけど、零が大好きな私としては、これ以上、長引かせられるとつらかったので、タイミング的には、ここで、記憶が戻ってよかったです。

記憶が戻った晴が、零に謝り倒すシーンが見たかったんですが、11巻にはその部分まで収まっていません。

12巻に収録されると思われます。

描きおろしは、記憶を無くした晴が、零のことを体で覚えてて、つい近づいちゃってってお話でした。

零は、ほんと、いつだって晴のことが大好きなんだねーって、ニヤニヤできる内容となっています。

11巻では、今まで落ちている布石はなにひとつ回収されなかったので、それは、次巻に期待って感じかな?

こちらの作品は「プレミアムアニメDVD付き限定版」が発売されています。

▶SUPER LOVERS 第11巻 プレミアムアニメDVD付き限定版

▶通常版のクチコミチェックをしたい方はこちらから

ご興味のある人は、ぜひ、チェックしてくださいね!!

ふたりの仲が、今後、どう進展してくのか、まだまだ見逃せない!これからの展開が一層期待高まる「SUPER LOVERS(11)」でした!!

「サブブログ」更新情報

NEW9月22日「狂犬ハチ公」第13話 ネタバレ感想

9月21日ひなこ「何かいいもの見つけた」2巻 感想ネタバレ

9月21日里つばめ「GAPS hanker」第3話 ネタバレ感想

9月20日市梨きみ「心中するまで、待っててね」第1話 ネタバレ感想

9月17日「どうしてもヤリたくて学園」第3話 ネタバレ 星名あんじ 

9月17日イクヤス「ボロアパートに兄の男」感想ネタバレ

9月14日青山十三「恋人を可愛がる方法」第1話 鬼塚✕柳浦 ネタバレ感想

9月14日コミカライズBL「隣の嘘つき」須坂紫那✕安西リカ 第2話 ネタバレ感想

9月14日奥田枠「恋する僕らは胃腸が弱い」最終話ネタバレ感想

9月8日大和名瀬「1Kアパートの王子様」第2話 ネタバレ感想

9月8日楢崎壮太「ねこねこケイヤク」第4話 ネタバレ感想

9月7日「コスメティック・プレイラバー 2巻」第2話 ネタバレ感想
9月7日羽純ハナ「レムナント―獣人オメガバース―」最新話 ネタバレ感想

9月05日絵津鼓「JOY Second」第一話 ネタバレ感想 更新

9月05日にやま「僕のおまわりさん 2巻」第4話 更新

9月4日さちも「黒か白か 2巻」収録予定 最新話ネタバレ感想

9月3日吉田実加「こいつはダメだと知っている crossroads」最新話 ネタバレ感想

9月1日「手中に落としていいですか」第17話 後編 くれの又秋【ネタバレ感想】

8月30日座裏屋蘭丸「シャングリラの鳥」第3話ネタバレ感想

8月29日練馬zim「エロトマニアックプレイ」第一話 感想ネタバレ

8月28日「ララの結婚」第5話 ネタバレ感想

8月27日文川じみ「君ってやつはこんなにも」ネタバレ感想

8月26日itz「リバイバルブルー2巻」第8話ネタバレ感想

8月23日にやま「君の隣で揺られて」ネタバレ感想

8月22日りーるー「完璧な息子」ネタバレ感想

8月20日佐倉リコ「一ノ瀬くんはいつも言いなり。 」第5話 ネタバレ感想

8月18日「嘘つきな番~その匂い、ナカまで染み込ませて」 ネタバレ感想

8月17日「狂い鳴くのは僕の番 ;β 2巻」最新話 楔ケリ【感想ネタバレ】

8月14日GO毛力 「寡黙な親友がただのムッツリでした」ネタバレ感想

8月10日「もみチュパ雄っぱぶタイム」第9話 ネタバレ感想

8月10日小箱あき「オメガ・シンドローム」第13話 ネタバレ感想

8月6日【Renta】まるっと無料!30%OFFなど!Rentaおトク情報まとめ

8月4日羽純ハナ「妖しの箱庭に浮かぶ月 第5話」ネタバレ感想 

8月2日【おすすめBLコミック】7月に読んだ中よりベスト10作品はこれ!

8月1日中川カネ子「兄弟失格それ上等(愛)」最新話 ネタバレ感想

7月31日ハル「4月の東京は…」第1話 ネタバレ感想

7月31日みちのくアタミ「アダムの助骨」第3話 ネタバレ感想

7月27日「気まぐれなジャガー13話」ウノハナ ネタバレ感想

7月26日上田アキ スピンオフ「オーバー・スコール」ネタバレ感想

7月23日ヤマヲミ「片想いをこじらせています」ネタバレ感想

7月23日2018年上半期BLコミックベスト30

7月21日電子書籍限定フェス!「ビーボーイフェス2018」まとめ

7月19日魚ともみ「ヤリすぎブラザーズ 」第3話 ネタバレ感想

7月17日コダ「漫画家とヤクザ 17話」【感想ネタバレ】

7月14日Renta!キャンペーンページ更新しました

7月5日ためこう先生作品リスト!ベスト3付き!

6月28日「Charaレーベル 創刊23周年記念バースデーフェア2018」まとめ

6月23日春田「ハイスクールラララブ」ネタバレ感想

6月13日リッケン「ぼくのカレシのすきなひと」第5話【ネタバレ感想】

6月11日5月に読んだおすすめBLコミックを10作品紹介します

6月9日腰乃 滅法矢鱈と弱気にキス(2)【ネタバレ感想】

コメントはこちらから