「ヨネダコウ」インタビュー『ダ・ヴィンチ』2018年1月号より

IMG

10DANCE 1巻

10DANCE 1巻

6/5まで無料!

かわいいおバカくん

かわいいおバカくん

6/6まで490pt!

溺愛ボーイフレンド

溺愛ボーイフレンド

6/6まで490pt!

こっちむいて、愛

こっちむいて、愛

6/6まで472pt!


おすすめ「ふゅーじょんぷろだくと」人気30作品40%OFF
おすすめhonto6周年記念キャンペーン「クーポンまつり」実施中!

こんにちは!!海ホタルです。

只今、当ブログの検索ワード急上昇なのが「ヨネダコウ」先生のお名前となっています・・・・

 

 

・・・・・・。

 

 

やばいよ・・・・((((;゚Д゚))));

 

 

だって、当ブログに来ても、ヨネダコウ先生の話題なんて、過去数記事しかないよ・・・?

おまえが可愛い。でも怖い。「囀る鳥は羽ばたかない 5巻」ヨネダコウ

2017.12.01

3分でわかる。思わず読みたくなる『囀る鳥は羽ばたかない』まとめ

2017.11.28

 

IMG

もう・・・ほんと、ご期待に添えずすみません・・・って気持ちで、常にいっぱいです・・・

そこで、少しでも満足していただけるよう『ダ・ヴィンチ』最新号で、ヨネダコウ先生のデビュー10周年&『囀る鳥は羽ばたかない』最新刊発売を記念したインタビューが掲載されているので、どういう内容なのかまとめてみました

どんな内容なのかな?って気になっている人もいると思うので、興味のある方はこのまま読み進めていただければと思います

ヨネダコウ記念インタビュー『ダ・ヴィンチ』2018年1月号より

掲載ページ数は、4Pです

うち、3Pにインタビュー。残り1Pには、ヨネダコウ先生の既刊本の紹介となっています

なるほど。ふむふむ・・・と思った内容がこちら

5巻の冒頭は先生にとってどういうものだったのか

見出しに、「囀る鳥羽ばたかない」最新5巻は、いきなりクライマックス!ってあって・・・

たしかに、冒頭1Pから、目が離せない展開だったよなーってコミックをまた読んじゃいましたよ・・・

最初は、矢代と百目鬼が一線を越したシーンについて先生に聞いてくれています

自分の頭の中だけにあった大事なものを世に出してしまうわけで、作りながら同時に、無くしていくような感覚も味わいました(by ヨネダコウ)

あの百目鬼と矢代の一線を越すシーンは、先生の中で、当初から思い描いていたシーンだったようです

ようやく、「ここまできた」って感慨深い気持ちになったありました

でも、あの、5巻の前半は、ほんと、すごかったよね・・・

4巻ラストの「せっかくだし…」のセリフから、一線を越すまでにストーリーがあったよなって思います

矢代と百目鬼の初めてはどういう流れで結ばれるのか?って、ドキドキ待っていたファンも納得の名シーンだったと思います

それが、先生の中で、ずっと、温められていたものだと思うと、ありがたみが倍増ですよね

気に入っている組み合わせは?

先生のお気に入りの組み合わせは、鯨と鮫(※主人公二人は外して)だそうです。

「Op」の方にも出てきていますよね

いつも子供みたいな喧嘩をして罵り合っているけれど、どこか憎めない。裏社会で生きていても、明るい二人なのでし…〈中略〉…バディは喧嘩しているくらいが描いていて面白いです

喧嘩するほど仲がいいコンビって感じですかね?

甘栗と木偶の掃除屋コンビの名前も出ています

6巻の発売予定

6巻は、2018年中に出せるか出せないかって時期になる予定だそうです。

およそ、1年後くらいって考えていいのかな?

期待しています

なぜこのマンガを描いているのかをマンガそのもので結論づけたい

インタビューの内容は、「囀る鳥は羽ばたかない 5巻」のお話から、BLとの出会い、10年間で変化したもの、先生が描く、抑制された表現、魅力あふれるキャラクターがどう生み出されるのか?などを聞いています

今も本が出るたびに、次こそは面白くないかもしれない・・・と緊張しています。どうしたらマンガが面白くなるかしか考えていないので、特に特別なことはしていない…〈中略>…なぜこのマンガを描いているのかをマンガそのもので結論づけたい

すごいな・・・もう、ほんと、ヨネダコウ先生は、本物の表現者なんだよなーって思った

表現するべき人間なんだよね。

神様から与えられた才能が眩しいです・・・

今後の活躍も期待しかないです

インタビューを読んだ感想

ダヴィンチは、私の愛読書で、もともと、ダヴィンチさんの書く文章自体が好きなんですよ

だから、ブログを書く身として、「あー。なるほど。ヨネダコウ先生の作品をこういう表現で語るといいんだなー」って、ブロガーとして勉強になる部分が多かったです

けど!!

内容としては、「20102017」と重複するものが多かったので、「20102017」を持っている人であれば、改めて、「ダヴィンチ」を購入して読むほどのものではないかな?って思います

「20102017」レビューはこちらから

Kindle Unlimitedご利用の方は…

「Kindle Unlimited」ご利用の方は、「ダヴィンチ」は読み放題対象商品となっていますので、ぜひ、利用していただければと思います

「Op-オプ- 夜明至の色のない日々(1)」の発売が決定!

只今、イブニングで好評連載中の「Op-オプ- 夜明至の色のない日々(1)」の発売が決定しています。先生の好きな鯨と鮫もでてきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

実は、わたし、「BL進化論[対話篇] ボーイズラブが生まれる場所」(※ヨネダコウ先生との対談が入っています)も購入しているんですよ

お値段高めだし、買うつもりなかったんですけど、本屋さんで立ち読みしていたら、これがけっこう、面白かったんですよね

しかし、現在、ただいま、積本の中で積まれている状態です・・・汗!!

早く、読みたい!って思っているのに、そこになかなかたどり着けない・・・

また、読了次第記事にアップしたいと思います

ではでは!!

最後までお付き合いいただきありがとうございました!!

amazon予約開始しています

この記事は役に立った?シェアしてくれたらうれしいです!

コメントはこちらから