電子配信スタート「抱かれたい男1位に脅されています。」6巻 桜日梯子

IMG

「抱かれたい男1位に脅されています。」6巻が本日より電子配信スタートです!!!

この表紙!

すっごい素敵ですよね!!!

みずみずしいチュン太の若さと雄感あふれる野性味にドキドキしてしまいます

中身の方はというと・・・

舞台はいきなりスペインへと移っています

情熱の国!スペインでチュン太と高人がどんなエロ展開を見せてくれるのか?恋愛模様をみせてくれるのか?

ヒッジョーに期待が高まる6巻となっています

では紹介に行ってみましょーー!!

作品紹介

「抱かれたい男1位に脅されています。」6巻 のここが面白い!

チュン太の祖父登場!子供の頃のチュン太のお話が楽しめる。高人との仲も一層深まって!

5巻の「パパラッチ編」で別れる。別れない。でギリギリまで追い詰められたふたり

そんなふたりのイメージ回復のため、卯坂プロデューサーが用意した二人芝居は、スペインのアンダルシアを舞台にした「血の婚礼」というお芝居

が!!!

作中に登場するフラメンコをマニュアルどおりにしか踊れない高人

真面目でストイック。そして完璧主義の高人は、なにがなんでも本場のフラメンコをモノにするため

スペインへと修行をしに旅立つことに!!!!

高人は、旅立つ前にチュン太に「お前はお前のやるべきことをすればいい。俺も自分のすべきことをしてくる」と言い残します

けれど、この時、チュン太は、高人がどこに行くのか?なにをしに行くのか?詳しい事情をなにひとつ聞かされていない!!

ここな・・・

読後思ったんだけど・・・

ここで高人がかっこつけたのがそもそも間違いだったのでは?と思う・・・

いや・・・だってさ・・・恋人にはどこに行くかくらいは言うのがマナーでしょ!!(ゲホゲホッ・・・おっと、つい本音が・・・)

だからねー・・・チュン太は、こっそり高人の後を追いかけ、スペインへ来ちゃうのも仕方ないっていうか・・・

まあ、そこの部分・・・

後々、チュン太の不安とかがちゃんと描かれているんですけどね・・・

しかし、「追いかけてきた」とわかった時点での高人は、このチュン太の行動が許せない

旅立つ前に「お互いやるべきことをやる」って言ったはずだろって感じで怒っちゃうんです

それに加えて・・・

スペインは幼いチュン太が生まれ育った場所で、チュン太の祖父や幼馴染のアントニオが話に乱入してくる

特に幼馴染のアントニオは子供のころからチュン太が好きとあって、高人に「チュン太をかけたフラメンコ対決」を挑んでくる

そして!!

見事にまける高人!!!

おーーーーーーい!!!!!

 

チュン太をかけているんだから、もうちょっと悔しがれやーーーー!!!!

アントニオがいい人だから、二度目の勝負がありましたが・・・

もし悪い人だったらどうするのよ!!!!

6巻ではチュン太の祖父が登場し、子供の頃のチュン太のお話が楽しめます

小さい時からチュン太はチュン太で・・・

この幼いチュン太のストーリーがコミックの3巻に繋がってくるんだなって思うと、胸打つものがありました(個人的には、3巻が一番好きなので・・・!!)

チュン太を不安にさせて・・・

本当に高人ってば・・・許せん・・・(ゲホゲホッ!!またもや本音が・・・ゲホゲホゲホッ!!)

最後は、高人もチュン太の中にある不安をちゃんと理解してくれてハピエンです

ふたりの絆が一層深まった巻だと思います

見どころは、いつもにこにこしているチュン太かな?

不安を抱えているのに、それを表に出すことができない。感情の浮き沈みに疎い彼の姿に胸が打たれます

2度読み以降の方が楽しめる作品となっています

同時進行の「卯坂×アリス」カップル

ちらほら・・・小出しされてる「卯坂×アリス」

読んでいると、卯坂の方が常識人

アリスの方が破天荒なアーティスト気質っぽい感じで・・・

卯坂がアリスにお預け状態で一方的に振り回されていると思っていたんですけど

6巻を読むと、「あれあれ?実はそうなの?」という展開となっています

どうも・・この人たち・・・大人になった分、こじれちゃったみたい・・・

卯坂さんも真面目な性格なのかなー・・・

一度、自分がおかした過ちが許せないみたいだよ?

次巻は「卯坂×アリス」のパートになるのかな

6巻の最後は「卯坂×アリス」編を予感させるプロローグとなっています

海ホタルの感想

連載も追いかけていたんですけど・・・

連載よりもコミックの方が面白いです

連載追いかけている間は、ふたりの心情を読みとるのに必死で、間が開く分「?」ってところもあった

コミックになったら、何度でも読み返しができるからねー

んで

読み返していたら、「あれ?これ、高人がかっこつけすぎるのがそもそもの原因じゃないの?」って気持ちがフツフツと湧いてきました(笑)

わたし、受け至上主義なので・・・

あまり攻めの肩は持たないのですが・・・

でも、6巻のチュン太は不安だったと思うよー

あとね!!エロ成分はばっちりです!!

この人たち・・・ほんと、エロいよね・・・(笑)

いや、桜日梯子先生が描くエロがエロスなのか・・・

あーーー!!!

そういえば!!!

一つ残念だったのは「ネトラレトライアングル」の収録がありませんでしたーーー!!!

あれなー・・・むっちゃ好きやから、むちゃ残念やった!!!

描きおろしは5Pです

アントニオからプレゼントされた面積の小さい下着をつけている高人さんが楽しめます(笑)

試し読みはこちらから

「サブブログ」更新情報

NEW6月26日「オーバー・スコール」第4話 上田アキ 感想ネタバレ

NEW6月26日鈴丸みんた「恋をするつもりはなかった」第4話ネタバレ感想

6月25日「女体化した僕を騎士様達がねらってます」第15話 ネタバレ感想

6月21日春田「ハイスクールラララブ」第6話 ネタバレ感想

6月21日文川じみ「君ってやつはこんなにも」第5話 ネタバレ感想

6月21日「プロミス・シンデレラ」33話!Rentaにて電子配信スタート!

6月21日「狂い鳴くのは僕の番 ;β」10話 楔ケリ【感想ネタバレ】

6月18日GO毛力 「寡黙な親友がただのムッツリでした」第5話 ネタバレ感想

6月15日2019年5月に読んだBLコミックよりベスト10作品!

6月15日羽純ハナ「レムナント―獣人オメガバース―」第18話 ネタバレ感想

6月12日シリーズ3作目「こいつはダメだと知っている vie ensemble」第一話

6月11日スピンオフBL「エロトマニアックプレイ」第4話 練馬zim

6月8日「心中するまで、待っててね」第8話 ネタバレ感想

6月8日「恋するインテリジェンス」class:♯118KA-03

6月7日「糸永くんの恋の糸 2巻」第3話 ネタバレ感想

6月5日絵津鼓「JOY Second」第5話 ネタバレ感想 更新

6月4日にやま「僕のおまわりさん2巻」ネタバレ感想

6月4日ハルノ晴「あなたがしてくれなくても」4巻 感想ネタバレ

5月31日みちのくアタミ「アダムの助骨 2巻」ネタバレ感想

5月31日腰乃「滅法矢鱈と弱気にキス」第4話 感想ネタバレ

5月28日「簡易的パーバートロマンス 3巻」第2話 感想ネタバレ

5月28日「前線基地から愛を込めて」ゴールデンドロップの記憶 感想ネタバレ

5月24日S井ミツル「めぐみとつぐみ」最新話ネタバレ感想

5月20日「ふきげんなディア 2巻」第4話 感想ネタバレ

5月20日「知らない君の暴き方」山口まつり ネタバレ感想

5月17日「何かいいもの見つけた」2巻 第5話 感想ネタバレ

5月17日里つばめ「GAPS hanker」最終回 ネタバレ感想

5月16日「お兄ちゃんだって甘えたいわけで。」第5話 ネタバレ感想

5月16日「リバイバルブルー」最終回

5月9日羽純ハナ「キス・アンド・ナイト」第一話 ネタバレ感想

5月8日「Daisy Jealousy」第2話 おげれつたなか 感想ネタバレ

5月1日「手中に落としていいですか」第17話 後編 くれの又秋【ネタバレ感想】

4月27日「ララの結婚 2巻」第7話 ネタバレ感想

4月16日「αがαを抱く方法」第3話 ときしば ネタバレ感想

4月5日ネタバレ感想「どう考えても死んでいる」第2話 雁須磨子

4月4日魚ともみ「ヤリすぎブラザーズ 」第6話 ネタバレ感想

4月1日「月の街、花の都」7話&8話 千葉リョウコ ネタバレ感想

3月31日ハル「4月の東京は…」第4話 ネタバレ感想

3月30日「アホエロ 社会人編」重い実 ネタバレ感想

コメントはこちらから