評判の美女は男だった「ボーイミーツマリア」 PEYO

IMG

こんにちは!海ホタルです

2018/11/28に発売されたPEYO先生の「ボーイミーツマリア」

面白いBLはないかな?ってアンテナ張っている人なら、絶対にこの表紙は見たことがあると思うし、発売と同時にいろんなところで絶賛されていたコミックです

ちるちるさんのランキングでもランクインしている話題のコミック

発売前から話題になっていたので、わたしも紙書籍で発売日に入手しました

んで、読んだ感想だけど・・・

よくさ!内容が深くてテーマ性がずっしりあるBLコミックを賞賛する言葉に「まるで映画のような・・・・」って言葉が使われるんだけどさ!!

ズバリ!そういう感じ!!

テーマ性がずっしりある!!

しかし、正直なところ、数々のBL作品を読んできた私としては・・・

「う・・・うーーーーーん・・・・BLとしては・・・?」って感じ!!

「BLの枠に収めるのがもったいない」って作品かな?

では!紹介にいってみたいと思います

作品紹介

幼い頃からヒーローに憧れる大河は、高校に入学し運命の女の子と出会う。
その相手は、演劇部のマドンナ・通称「マリア」。
公園で一際目立つマリアに一目ぼれした大河は、出会ったその日に自分のヒロインになってくれと告白するも、あえなく玉砕。

評判の美女は実は男だった――。

ずっしりしたテーマをコミカルにテンポよく描いている

この作品の絶賛される口コミはほんと多いのですが、たぶん、主人公二人がとっても魅力的なせいだろうなって思います

作者さんの絵がうまいこともあって、むっちゃ生き生き描かれている

仕草や表情・セリフやコマ回しのテンポがよくて、すごく感情移入がしやすい

正直、第一話で、舞台に立っているマリアを女の子と勘違いして「俺の人生のヒロインになってください」って告る大河は胸糞わるかった

は?

なんで、女だからって守られるヒロイン側にならなきゃならねーんだよ!!

って感じ!!

この大河・・・物事の表面しか見えていない男なんですね

でも、大河はマリアと一緒に演劇部員として過ごすうちに、マリアの男らしい一面に気づく

んで、男らしい一面も含めて好きになっていっちゃう

大河は、男でも女でもなく、マリアのことが大好きになるんです

まっすぐでとてつもないポジティブシンキングな大河

第一話で胸糞悪い男だった大河は、演劇とマリアを通じて、どんどん変化していきます

「人は変われるもの」

そういうテーマを問いかけている作品なんです

 

そして・・・もうひとりの主人公のマリアはというと、幼少時に女の子として育てられた過去を持っている

そのせいで、自分が女の子なのか?男の子なのか?という心の性別の根っこ部分がしっかり根付いていない

誰よりも芝居がうまいのに、女装してダンサー役しかできないマリア

変わりたいって誰よりも思っているのに、変われない

ストイックで辛辣な性格ゆえに、自分の女々しい部分に一層苦しんでいる

大河にも「男として好きなのか?女として好きなのか?」と問いかけているマリア

最後は、大河の成長にマリアが引っ張られる感じにてハピエン

いろんな気づきがあり、やさしさがある作品

わき役たちもみんなやさしくて温かい

こんなふたりがいる演劇部があったら、本当に素敵だと思う作品なんです

BLとしてどうなん?っていうのはこの部分!

ズバリ!!エロがない!!

そして、どっちが受けで、どっちが攻めなのかわからないままのEND!!

いや、私の中の予想では、こっちが攻めでこっちが受けっていう妄想はできたんだけど・・・

このふたりが生々しく弄って結合する絵面がどうしても脳内再生されないのだ!!

ものすごくさわやかで、ものすごく清々しい高校生ふたりが主人公なんだよね

わたしのエロ妄想力が試されているのか?って読後、マジで悩んだわ!!

でも、この作品がすばらしい!って絶賛している人は、きっと、このふたりにそういう肉欲めいた汁気を求めていないよね?

いや、むしろ、このふたりをそういうエロい目で見るな!って怒られそう・・・

なのに・・・物語の中盤では、マリアと呼ばれる男の子が幼少時に変態兄さんに公園のトイレでレイプされるシーンをぶっこんでくるというチグハグさ

このシーン・・・

子供のかわいい尻が血だらけになってて、「ぎょえーーーー!!!!」って感じ・・・・

子供の尻につっこむなぁぁぁぁぁ!!!!

このシーンいる?

 

 

え?いるの?

母親から女の子として生きろ!と言われて、女の子として生きようとしたマリアの気持ちを粉々にぶっ壊して、再生させるシーンとして、最も効果的な展開なのかなー・・・

このシーンがあるせいで、一層、このふたりをエロい目で見てはいけないって気持ちになったよ・・・

まあ、エロ展開はないけれど、どっちが攻めでどっちが受けか?

妄想できる楽しさはあると思います

海ホタルの感想

いろんなところで絶賛されているBLコミックなので、機会があればぜひ手にとってほしい作品です

わたしの場合、テーマ性が重いBLは好きなのですが、ちょっとこれは「色欲」部分の妄想がしづらいことがあって、「うーん・・・」って部分がありました

でも、結局のところ「男も女も関係なくお前が好き」って部分は、「BL」の共通テーマに通じるものがあると思います

まじめで重いテーマが好きな人はたぶん「好き」な作品だと思います

PEYO 先生の絵は流れるようにきれいだしね!

ぜひ!試し読みで絵をチェックしてみてくださいね

試し読みはこちらから

Rentaさんの取り扱いは1月8日からとなっています

ここにタイトル
「サブブログ」更新情報

NEW6月21日春田「ハイスクールラララブ」第6話 ネタバレ感想

NEW6月21日文川じみ「君ってやつはこんなにも」第5話 ネタバレ感想

NEW6月21日「プロミス・シンデレラ」33話!Rentaにて電子配信スタート!

NEW6月21日「狂い鳴くのは僕の番 ;β」10話 楔ケリ【感想ネタバレ】

6月18日GO毛力 「寡黙な親友がただのムッツリでした」第5話 ネタバレ感想

6月15日2019年5月に読んだBLコミックよりベスト10作品!

6月15日羽純ハナ「レムナント―獣人オメガバース―」第18話 ネタバレ感想

6月12日シリーズ3作目「こいつはダメだと知っている vie ensemble」第一話

6月11日スピンオフBL「エロトマニアックプレイ」第4話 練馬zim

6月8日「心中するまで、待っててね」第8話 ネタバレ感想

6月8日「恋するインテリジェンス」class:♯118KA-03

6月7日「糸永くんの恋の糸 2巻」第3話 ネタバレ感想

6月5日絵津鼓「JOY Second」第5話 ネタバレ感想 更新

6月4日にやま「僕のおまわりさん2巻」ネタバレ感想

6月4日ハルノ晴「あなたがしてくれなくても」4巻 感想ネタバレ

5月31日みちのくアタミ「アダムの助骨 2巻」ネタバレ感想

5月31日腰乃「滅法矢鱈と弱気にキス」第4話 感想ネタバレ

5月28日「簡易的パーバートロマンス 3巻」第2話 感想ネタバレ

5月28日「前線基地から愛を込めて」ゴールデンドロップの記憶 感想ネタバレ

5月24日S井ミツル「めぐみとつぐみ」最新話ネタバレ感想

5月20日「ふきげんなディア 2巻」第4話 感想ネタバレ

5月20日「知らない君の暴き方」山口まつり ネタバレ感想

5月17日「何かいいもの見つけた」2巻 第5話 感想ネタバレ

5月17日里つばめ「GAPS hanker」最終回 ネタバレ感想

5月16日「お兄ちゃんだって甘えたいわけで。」第5話 ネタバレ感想

5月16日「リバイバルブルー」最終回

5月9日羽純ハナ「キス・アンド・ナイト」第一話 ネタバレ感想

5月8日「Daisy Jealousy」第2話 おげれつたなか 感想ネタバレ

5月1日「手中に落としていいですか」第17話 後編 くれの又秋【ネタバレ感想】

4月27日「ララの結婚 2巻」第7話 ネタバレ感想

4月25日鈴丸みんた「恋をするつもりはなかった」第2話ネタバレ感想

4月16日「αがαを抱く方法」第3話 ときしば ネタバレ感想

4月16日「女体化した僕を騎士様達がねらってます」第15話 ネタバレ感想

4月5日ネタバレ感想「どう考えても死んでいる」第2話 雁須磨子

4月4日魚ともみ「ヤリすぎブラザーズ 」第6話 ネタバレ感想

4月1日「月の街、花の都」7話&8話 千葉リョウコ ネタバレ感想

3月31日ハル「4月の東京は…」第4話 ネタバレ感想

3月30日「アホエロ 社会人編」重い実 ネタバレ感想

コメントはこちらから