「陰と日向のボーダーライン/大島かもめ」“試さずにいられない”

IMG

こんにちは!海ホタルです!!

さて、本日のコミックレビューは大島かもめ先生の「陰と日向のボーダーライン」

紙書籍の出版が、2017年3月なので、電子書籍化までちょっと間があった感じです。

読んだら大島かもめ先生の新しい引き出しを開けた気持ちになれる作品でした。

キュンってくる要素は少なめですが、登場人物の心情をしっかり見せてくる流れがすごいよかったです。

では、レビューにいってみよう!!

作品紹介

あらすじ・・・新人サラリーマンの柴村が憧れているのは会社の出世頭である上司の丸山課長だ。スマートで仕事ができて格好いい大人の男。そんな完璧な丸山が夜の公園で行きずりの男とセックスしている場面を目撃してしまう。お互いゲイであることがわかり付き合うことになるが、逢瀬を重ねるごとに会社での丸山と違う顔を見せるようになる。人前でいたずらされ、冷たい言葉に辱められ……。柴村の歪んだ顔を望む丸山に、心は乱されてしまい――。

▶もっと見る

「陰と日向のボーダーライン」のここが面白い

愛されていると実感したくて相手を試してしまう心理に共感!

Renta!さんのあらすじを読まずに試し読みを読んでから、ポチしたのですが、試し読みのマンガは表題作じゃなかったです・・・

表題作は、リーマンラブです。(あらすじは、リーマンラブになっている!)

完璧な上司として憧れていた丸山の公園での男相手の青姦プレイの現場を見てしまう新人リーマンの柴村

でも、憧れていた上司のそんな姿に幻滅することがなかったのは、自分もたぶんゲイではないかという気持ちを抱えていたから。

丸山にそのことを告げると、そのままキスをされ、家に誘われ、体を組み敷かれ、耳元で「俺たち、付き合おう」と口説かれて・・・

憧れだった上司と付き合うことになったのだが、プライベートで見せる丸山の顔は、会社での完璧で有能な上司とは別物で・・・

デートらしいデートはなく常にベッドに直行状態。ベランダでのプレイに誘われたり、行為中冷たい言葉を浴びせられることもあった。

人のよくて明るい柴村は、もっと、気持ちの上で丸山と繋がりたいと望むだが・・・・

この作品の面白いところは、上司である丸山の視点もちゃんと描かれているところなんです。

丸山は、親に拒絶された経験を持つ男で、相手を試すことでしか自分への愛を実感ができない少々こじれた歪んだタイプの人間だったんですね。

柴村がどこまで自分を許すのか試して・・・試して・・・

そして、ついに見捨てられて・・・

初めて仕事でミスをしてしまう。

この丸山の持つ孤独と心の闇がいい具合に描かれていて、すごく共感ができるものがありました。

最後はちゃんとハピエンです。

丸山みたいな心に闇を抱える人間が柴村みたいなやさしく明るい相手と出会えてよかったね!って思える作品でした。

同時収録「街角のプロローグ」

こちらの「街角のプロローグ」もすごくよかったんですよー!

イタリア人なのに、物事をきちんとしないとイヤな男性と、日本からの短期留学生のお話なんですが、片言のイタリア語を話すユースケがむっちゃかわいい!!

笑顔がすごくいいですね!!

他人と関わることが面倒で、自分ひとりで幸せだと思っていたロベルトが、短期留学生のユースケと同居することになり、誰かと一緒に過ごす幸せに気づくって感じのお話です。

ちなみにこのふたり、おつきあい未満でENDです。

何とも思っていなかった相手が自分の中で大きくなっていくって過程をすごく楽しめる作品だと思います。

まとめ

どちらの作品も、心理描写が丁寧に描かれて、すごくいい作品だったんですけど、ひとつ、残念だったのは、「え!!ここで終わり!!もっと、このふたりを見たいんですけど!!」ってラストなんですよねー・・・

そういうえば、そういう作品、最近読んだなーって思ったら・・・・

これこれ。これも、「え?ここからのふたりが見たいんだけど!!」っていうラストだった作品だった・・・

「もっと、このふたりが見たい」って思えるのは、その作品が面白いから生まれる感情だから、ある意味、褒め言葉になるのかな?

もしかして、それがいいって読者さまもいるかもしれない・・・

この作品が気になった方は、下のボタンリンクより試し読みをしてみてくださいね!!

電子書籍

Renta!が先行配信となっています。

本日の記事はいかがだしたか?あらすじを読むと、イタイ系かな?って思うんですけど、そんなことなかったです。大島先生のエロの描き方のせいもあるかな?

おすすめネタバレ!

IMG
IMG
IMG
IMG
「サブブログ」更新情報

NEW4月21日【芸能/結婚】「戦略結婚 ~華麗なるクズな人々~ 1巻」第1話

NEW4月21日【夫婦/不倫】ネタバレ感想「にぶんのいち夫婦 第23話」 ネタバレ感想

NEW4月21日【BL】羽純ハナ「レムナント―獣人オメガバース―」第27話 ネタバレ感想

4月19日【レス問題/夫婦】ハルノ晴「あなたがしてくれなくても」第52話 感想ネタバレ

4月17日【ラブコメ】「恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー」113話!ネタバレ感想

4月15日【BL】ネタバレ感想「午前2時まで君のもの」第6話 奥田枠

4月9日【BL】ネタバレ感想「黒ギャルになったから親友とヤってみた。」11話

4月8日【ラブコメ】安野モヨコ「後ハッピーマニア」第12話 ネタバレ感想

4月7日【BL】「ふたりのαに娶られて」第10話 ネタバレ感想

4月5日【ラブコメ】「女の子が抱いちゃダメですか?」第20話 ねじがなめた

4月4日【レス問題】「それでも愛を誓いますか」第25話 ネタバレ感想

3月24日【BL】ネタバレ感想「夜画帳」21~24話

3月26日【BL】ネタバレ感想「αの花嫁 ─共鳴恋情─」第12話 ネタバレ感想

3月23日【BL】ネタバレ感想「スイートハート・トリガー」3巻 1~3話 ニャンニャ

3月20日【新連載】ネタバレ感想「狂い鳴くのは僕の番 :Re」楔ケリ

3月19日【BL】スピンオフ「何でもいいから消えてくれ」第3話 ひなこ 感想ネタバレ

3月19日【BL】「お兄ちゃんだって甘えたいわけで。」第14話 ネタバレ感想

3月11日【BL】「僕が歩く君の軌跡」27話 ネタバレ感想

3月7日【新連載】「嘘つきな愛を買う-オメガバース-」ネタバレ感想

3月6日【BL】「私立帝城学園-四逸-」第13話 ネタバレ感想

3月3日【BL】「いつか恋になるまで」続編!「明けても暮れても」第5話(最終話) ネタバレ感想

2月27日【BL】「ララの結婚」第16話 ネタバレ感想

2月25日【サスペンス】「私の夫は冷凍庫に眠っている 2巻」最終回 ネタバレ感想

2月22日【BL】「プチミニョン -獣人おめがばーす-」2巻 第15話 羽純ハナネタバレ感想

2月13日【BL】重厚ダークファンタジーBL「メドゥーサの息子」第4話 吹屋フロ

2月12日【BL】ちふゆ「眠れぬ夜は奪いに来てね」ネタバレ感想

2月10日【BL】「さよなら共犯者」第6話 あがた愛 ネタバレ感想

2月7日【BL】ネタバレ感想「恋愛関係」第一話 カシオ

2月3日【新連載】「Grr」みちのくアタミ 第1話 ネタバレ感想

1月26日【BL】「簡易的パーバートロマンス 4巻」第4話 【感想ネタバレ】

1月8日【BL】ネタバレ感想「手負いのライオン、囚われのバンビ」芥

12月22日【夫婦】松田環「こちらから入れましょうか?…アレを」12話 ネタバレ感想

12月20日【BL】ネタバレ感想「アバウト ア ラブソング」第3話 夏野寛子

12月5日【新連載】ネタバレ感想「メイジー・ラヴを綴って」 第一話 くれの又秋

11月27日【BL】鈴丸みんた「かんしゃく玉のラブソング」4話 ネタバレ感想

11月22日【BL】S井ミツル「めぐみとつぐみ」16話 ネタバレ感想

11月21日【BL】日高ショーコ「アンチロマンス」2巻 12話ネタバレ感想

11月16日【BL】ウノハナ「怒った顔もエロいです」1~2話 ネタバレ感想

11月16日【BL】「自惚れミイラとり」第5話 中川カネ子 ネタバレ感想

11月04日【BL】「手中に落としていいですか 3巻」第10話前編 くれの又秋【ネタバレ感想】

10月01日ハル「4月の東京は…」スピンオフ!「東京-冬-」 ネタバレ感想

9月27日ウノハナ「新宿69ヘヴン」第3話 感想ネタバレ

9月25日「狂い鳴くのは僕の番 ;β」楔ケリ 本編最終話 【感想ネタバレ】

9月21日【非BL】橘オレコ「プロミス・シンデレラ 」72話を追記・更新しました

9月21日GO毛力「運命すぎてつがえません」第5話 ネタバレ感想

9月16日「月の街、花の都 3巻」14~15話 千葉リョウコ 【感想ネタバレ】

9月9日2020年8月に読んだベストコミック10作品!

8月10日「ドSおばけが寝かせてくれない3巻」第2話 ときしば 【感想ネタバレ】

8月5日市川けい「ストレイバレットベイベー」2巻 第11話 ネタバレ感想

8月5日「瘢痕―ハンコン―」第2話 ネタバレ感想

8月3日【新連載】「お伽話は地獄の果て、」市梨きみ ネタバレ感想

8月1日田倉トヲル「のみ×しば」2巻 第7話 ネタバレ感想

感想ネタバレ「ハッピー・オブ・ジ・エンド」第4話 おげれつたなか

5月1日「やましい恋のはじめかた」2巻 第2話 小東さと ネタバレ感想

2 件のコメント

  • こんにちは、海ホタルさん!
    私も昨夜読みました。紙で出た時に興味があって電子化を待っていました。
    大島かもめさん初読みです。
    思っていた以上に読みやすかったし2人の感情が伝わりました。タイトルがすごいぴったりですよね。ボーダーライン上にいて日向にいる柴村が手を離さないでいてくれるのか陰側から探りを入れてるような(影踏みみたいだな…課長の闇が)そんな感じがしました。課長が捨てないでと縋ることができてよかった。柴村が課長を温めてあげることができてよかったなと思いました。心が繋がったところで終わったのでもうちょっととは思いましたがきっと関係性はこのままなので満足です。もう一つの話もおもしろかったですね。ユースケの送ったメールの内容知りたいです。では!

    • うらさんへ
      うらさんも、この作品読んだんですね!大島先生って、けっこうもっとライトな感じの作品だと思っていたので、この作品を読んで、こういうテイストを描ける先生だったんだーって思いました。ユースケの送ったメールの内容はなんだったんでしょう・・・?でも、きっと、うれしくなる文面だったんだろうなー。
      そういえば、うらさんおすすめの中田アキラ先生の「リフレイン」読みましたよ!!よかったです。年下攻めもかわいいし、最後のエロへの好奇心が大変よかったと思いました!!すてきな作品を教えてくれてありがとうございますー(^o^)

  • コメントはこちらから