「陰と日向のボーダーライン/大島かもめ」“試さずにいられない”

IMG

こんにちは!海ホタルです!!

さて、本日のコミックレビューは大島かもめ先生の「陰と日向のボーダーライン」

紙書籍の出版が、2017年3月なので、電子書籍化までちょっと間があった感じです。

読んだら大島かもめ先生の新しい引き出しを開けた気持ちになれる作品でした。

キュンってくる要素は少なめですが、登場人物の心情をしっかり見せてくる流れがすごいよかったです。

では、レビューにいってみよう!!

作品紹介

あらすじ・・・新人サラリーマンの柴村が憧れているのは会社の出世頭である上司の丸山課長だ。スマートで仕事ができて格好いい大人の男。そんな完璧な丸山が夜の公園で行きずりの男とセックスしている場面を目撃してしまう。お互いゲイであることがわかり付き合うことになるが、逢瀬を重ねるごとに会社での丸山と違う顔を見せるようになる。人前でいたずらされ、冷たい言葉に辱められ……。柴村の歪んだ顔を望む丸山に、心は乱されてしまい――。

▶もっと見る

「陰と日向のボーダーライン」のここが面白い

愛されていると実感したくて相手を試してしまう心理に共感!

Renta!さんのあらすじを読まずに試し読みを読んでから、ポチしたのですが、試し読みのマンガは表題作じゃなかったです・・・

表題作は、リーマンラブです。(あらすじは、リーマンラブになっている!)

完璧な上司として憧れていた丸山の公園での男相手の青姦プレイの現場を見てしまう新人リーマンの柴村

でも、憧れていた上司のそんな姿に幻滅することがなかったのは、自分もたぶんゲイではないかという気持ちを抱えていたから。

丸山にそのことを告げると、そのままキスをされ、家に誘われ、体を組み敷かれ、耳元で「俺たち、付き合おう」と口説かれて・・・

憧れだった上司と付き合うことになったのだが、プライベートで見せる丸山の顔は、会社での完璧で有能な上司とは別物で・・・

デートらしいデートはなく常にベッドに直行状態。ベランダでのプレイに誘われたり、行為中冷たい言葉を浴びせられることもあった。

人のよくて明るい柴村は、もっと、気持ちの上で丸山と繋がりたいと望むだが・・・・

この作品の面白いところは、上司である丸山の視点もちゃんと描かれているところなんです。

丸山は、親に拒絶された経験を持つ男で、相手を試すことでしか自分への愛を実感ができない少々こじれた歪んだタイプの人間だったんですね。

柴村がどこまで自分を許すのか試して・・・試して・・・

そして、ついに見捨てられて・・・

初めて仕事でミスをしてしまう。

この丸山の持つ孤独と心の闇がいい具合に描かれていて、すごく共感ができるものがありました。

最後はちゃんとハピエンです。

丸山みたいな心に闇を抱える人間が柴村みたいなやさしく明るい相手と出会えてよかったね!って思える作品でした。

同時収録「街角のプロローグ」

こちらの「街角のプロローグ」もすごくよかったんですよー!

イタリア人なのに、物事をきちんとしないとイヤな男性と、日本からの短期留学生のお話なんですが、片言のイタリア語を話すユースケがむっちゃかわいい!!

笑顔がすごくいいですね!!

他人と関わることが面倒で、自分ひとりで幸せだと思っていたロベルトが、短期留学生のユースケと同居することになり、誰かと一緒に過ごす幸せに気づくって感じのお話です。

ちなみにこのふたり、おつきあい未満でENDです。

何とも思っていなかった相手が自分の中で大きくなっていくって過程をすごく楽しめる作品だと思います。

まとめ

どちらの作品も、心理描写が丁寧に描かれて、すごくいい作品だったんですけど、ひとつ、残念だったのは、「え!!ここで終わり!!もっと、このふたりを見たいんですけど!!」ってラストなんですよねー・・・

そういうえば、そういう作品、最近読んだなーって思ったら・・・・

これこれ。これも、「え?ここからのふたりが見たいんだけど!!」っていうラストだった作品だった・・・

「もっと、このふたりが見たい」って思えるのは、その作品が面白いから生まれる感情だから、ある意味、褒め言葉になるのかな?

もしかして、それがいいって読者さまもいるかもしれない・・・

この作品が気になった方は、下のボタンリンクより試し読みをしてみてくださいね!!

電子書籍

Renta!が先行配信となっています。

海ホタル
本日の記事はいかがだしたか?あらすじを読むと、イタイ系かな?って思うんですけど、そんなことなかったです。大島先生のエロの描き方のせいもあるかな?
「サブブログ」更新情報

NEW9月13日「前線基地から愛を込めて」ゴールデンドロップの記憶 感想ネタバレ

9月12日皇帝と宦官シリーズ「帝國の宦官-嵐を呼ぶ弟編-」完結 日野晶 ネタバレ感想

9月12日藤咲もえ「トンでもない俺のα」第3話 ネタバレ感想

9月10日「スイートハート・トリガー2巻」ニャンニャ ネタバレ感想

9月9日「心中するまで、待っててね」最終回 ネタバレ感想

9月8日羽純ハナ「キス・アンド・ナイト」第2話 ネタバレ感想

9月7日「Daisy Jealousy」第4話 おげれつたなか 感想ネタバレ

9月6日「糸永くんの恋の糸 2巻」最終話 ネタバレ感想

9月5日ハルノ晴「あなたがしてくれなくても」第28話 感想ネタバレ

9月4日「月の街、花の都」10話 千葉リョウコ ネタバレ感想

9月3日「シャングリラの鳥」第6話 ネタバレ感想

9月2日「セックスアンフレンド」 相野ココ  感想ネタバレ

8月30日「愛しのXLサイズ・続」第2話 重い実 ネタバレ感想

8月30日「狂い鳴くのは僕の番 ;β」11話 楔ケリ【感想ネタバレ】

8月29日「ララの結婚 2巻」第10話 ネタバレ感想

8月24日S井ミツル「めぐみとつぐみ」最新話ネタバレ感想

8月17日ネタバレ感想「ねこでねこのねこです」みちのくアタミ

8月14日羽純ハナ「レムナント―獣人オメガバース―」第19話 ネタバレ感想

8月13日にやま「そんなに言うなら抱いてやる」ネタバレ感想

8月10日2019年6月に読んだBLコミックよりベスト10作品!

8月9日【こいめろ】「恋するインテリジェンス」class:♯118KA-04(ネタバレ有)

8月5日「アドリブの恋」緒川千世 ネタバレ感想

8月1日腰乃「滅法矢鱈と弱気にキス」第5話 感想ネタバレ

7月31日ハル「4月の東京は…」第4話 ネタバレ感想

7月31日みちのくアタミ「アダムの助骨 2巻」第7話 感想

7月30日「お兄ちゃんだって甘えたいわけで。」第6話 ネタバレ感想

7月27日「漫画家とヤクザ 5巻」第23話 コダ【感想ネタバレ】

7月25日「簡易的パーバートロマンス 3巻」第3話 感想ネタバレ

7月25日「気まぐれなジャガー」第18話 ネタバレ感想

7月21日里つばめ「GAPS off limits」第一話 ネタバレ感想

7月19日「明日はどっちだ!」出張版!ネタバレ感想

7月19日「ふきげんなディア 2巻」第5話 感想ネタバレ

7月15日緒川千世「くらくら淫魔」第2話 ネタバレ感想

7月12日シリーズ3作目「こいつはダメだと知っている vie ensemble」第一話

7月11日魚ともみ「ヤリすぎブラザーズ 」最終話 ネタバレ感想

7月6日市川けい「ストレイバレットベイベー」2巻 ネタバレ感想

7月5日絵津鼓「JOY Second」第6話 ネタバレ感想 更新

7月1日「生意気なジョーカー」第4話 玉川しぇんな ネタバレ感想

7月1日「だから嫌いって言ってるだろ!」第1話 麻酔

6月28日「学ランの中までさわって欲しい」第6話 感想ネタバレ

6月26日「オーバー・スコール」第4話 上田アキ 感想ネタバレ

6月26日鈴丸みんた「恋をするつもりはなかった」第4話ネタバレ感想

6月25日「女体化した僕を騎士様達がねらってます」第15話 ネタバレ感想

6月21日春田「ハイスクールラララブ」第6話 ネタバレ感想

6月21日文川じみ「君ってやつはこんなにも」第5話 ネタバレ感想

6月18日GO毛力 「寡黙な親友がただのムッツリでした」第5話 ネタバレ感想

6月11日スピンオフBL「エロトマニアックプレイ」第4話 練馬zim

6月8日「恋するインテリジェンス」class:♯118KA-03

6月4日にやま「僕のおまわりさん2巻」ネタバレ感想

5月20日「知らない君の暴き方」山口まつり ネタバレ感想

5月17日「何かいいもの見つけた」2巻 第5話 感想ネタバレ

5月17日里つばめ「GAPS hanker」最終回 ネタバレ感想

5月1日「手中に落としていいですか」第17話 後編 くれの又秋【ネタバレ感想】

4月5日ネタバレ感想「どう考えても死んでいる」第2話 雁須磨子

amazon予約開始しています

まとめ買いがお得!お得なポイント還元キャンペーン実施中!

2 件のコメント

  • こんにちは、海ホタルさん!
    私も昨夜読みました。紙で出た時に興味があって電子化を待っていました。
    大島かもめさん初読みです。
    思っていた以上に読みやすかったし2人の感情が伝わりました。タイトルがすごいぴったりですよね。ボーダーライン上にいて日向にいる柴村が手を離さないでいてくれるのか陰側から探りを入れてるような(影踏みみたいだな…課長の闇が)そんな感じがしました。課長が捨てないでと縋ることができてよかった。柴村が課長を温めてあげることができてよかったなと思いました。心が繋がったところで終わったのでもうちょっととは思いましたがきっと関係性はこのままなので満足です。もう一つの話もおもしろかったですね。ユースケの送ったメールの内容知りたいです。では!

    • うらさんへ
      うらさんも、この作品読んだんですね!大島先生って、けっこうもっとライトな感じの作品だと思っていたので、この作品を読んで、こういうテイストを描ける先生だったんだーって思いました。ユースケの送ったメールの内容はなんだったんでしょう・・・?でも、きっと、うれしくなる文面だったんだろうなー。
      そういえば、うらさんおすすめの中田アキラ先生の「リフレイン」読みましたよ!!よかったです。年下攻めもかわいいし、最後のエロへの好奇心が大変よかったと思いました!!すてきな作品を教えてくれてありがとうございますー(^o^)

  • コメントはこちらから