強面のヤンキーくんがとてもかわいいんです「愚れても愛!」大月クルミ 

IMG

大月クルミ先生の新刊「愚れても愛!」が電子配信されています!!

買うかどうか迷っていたけど、表紙の題名ロゴがかっこよくて、ついポチッとしてもうた!!

中身は、大月先生らしく、ほのぼのっとサラって読める素敵な一冊でした。週のはじめにはこのくらい和める1冊からスタートした方がいいかもね!!

では、レビューに行ってみましょう!!

 

作品紹介

 

登場人物&あらすじ

IMG

出典:「愚れても愛!」

左:塚原初恋が黒崎くん。
右:黒崎ヤンキー高校生。

 

「超グレちゃってんじゃん! 」
小学生の時、イジメられてすぐ泣いていた可愛い同級生の黒崎。
塚原はそんな黒崎を「守る」と約束したが、父親の転勤で二人は離れ離れに。
時がたち、高校進学を機に地元に戻ってきた塚原は、同じクラスに「黒崎」がいることを知る。
「これって運命の再会! 」と思ったのもつかの間、なんと、黒崎は眼光鋭いヤンキー達のリーダーになっていて…!!?

引用:アマゾンより

 

「愚れても愛!」のここが面白い

かわいかったあの子が、再開したらヤンキーになっていた!

小さい頃、いじめられては泣いてばっかりだった黒崎くん。そんな黒崎くんを同じ子供ながらも、一生懸命守っていた塚原くん。けれど、塚原くんは、親の都合で引っ越してしまう。そして、高校生になってようやく再会できたと思ったら・・・

黒崎くんは、立派な強面のヤンキーへの成長してた!!

え?なにそれ・・・ショック・・・

どのくらい変わってるかって・・・・?

 

IMG

出典:「愚れても愛!」

子供の頃の黒崎くん。かわいですよね!天使みたいな笑顔にキュンってなっちゃいますよね!!!

 

IMG

出典:「愚れても愛!」

高校生の黒崎。目つき悪いし!!愛想もないしーーー!!!

 

でもね。攻めである塚原くんは、黒崎くんの姿形が変われど、態度を変えず、 「僕の初恋はお前なんだ」って口説くんですよー!

おおおおおお!!!なんか、すっごい、素敵ー!!私だったら、月日が立つことの無情さを思い、思い出は美しいままにと、こっそり胸の奥底に閉まってしまうわ!

かわいい容姿が強面ヤンキーになったからといって、一線引くのではなく、態度を変えず、どんどん攻めてっちゃう攻めの恋の姿勢にシビレました!!

 

ヤンキー黒崎が受けであることが美味しい

しかし!!この見た目強面の黒崎くんが受けってところが、この作品のポイントの高さだと思うんですよ!!

こんなに強面なのに!なんか、性格がまっすぐというか・・・大きく構え過ぎというか・・・

いろいろあって、どうも「好き」って感情がよくわからない黒崎くん。わからないのに、塚原くんからの告白に、逃げること無く、有耶無耶にせず、受け入れてみるんだよね。

そこには「男同士だから・・・」という悩みなど、微塵もない!!笑!!

ある意味、すごく、オトコマエとも取れる発言の数々は、読んでて好感が持てた!!

でも、塚原くんに「かわいい」って言われると怒っちゃったりしてね・・・そういうところがかわいいんだってば!!って思っちゃう!!

 

同時収録は「オタクくんの嫁」

IMG

出典:「愚れても愛!」

すでにできあがっているカップルのイチャコラを描いた「オタクくんの嫁」が収録されています。

こちらも、大きな波はないけれど、ほのぼのと読むと幸せになれる作品でした。オタクな彼が、自分の彼氏のことを、クラスの友達に「俺の嫁」と言いまわるという・・・周りも、ほのぼの、夫婦扱いして、本人たちも、とても幸せそうです・

こういう和める感じ、好きな人は、絶対に好きそう!!わたしも心穏やかに楽しめました!!

 

まとめ

大月クルミ先生の絵って、見てると、なぜか、すごく懐かしい気持ちになっちゃうんですよね。それに加え、描くストーリーも、和める感じのBLテイストで、読後、ほんわかした幸せに浸れました。

激しい描写のBLもいいけど、このくらいほのぼのとしたテイストもいいですよね!ほどよくときめきたい時に読むといい作品だと思います!!

 

気になる方は電子書籍をチェック!!


愚れても愛!
大月クルミ
 

海ホタル
本日の記事はいかがだったでしょうか?購読を迷っている方の参考になればうれしいです!!
The following two tabs change content below.
面白いコミックに出会ったら人に薦めずにいられない主腐。リアルでは腐っていることがカミングアウトできないチキンなのでネットの世界でおすすめしています。主腐なので、BL中心におすすめしちゃうけど、そこは甘く見守ってください。

この記事は役に立った?シェアしてくれたらうれしいです!

コメントはこちらから