オメガバース黎明期を描く話題BL「オメガ・シンドローム 1巻」小箱あき

IMG

小箱あき先生の「オメガ・シンドローム」がつい一冊にまとまりました!!

BF Seriesさんというレーベルから、単話売りでネットでずっと連載がされていた作品です

第一話が、何度か「無料配信」されていて、読んでなかなか面白そうだなーって思っていたので、コミック化されたのを機に買ってみました

題名をみるとわかりますが、オメガバースものです・・・

けれど、エロがそこまで濃くないです!!!

ストーリーは、面白い!!と思います

では、詳しいレビューにいってみましょう!!

作品紹介

オメガ・シンドローム――健康診断の結果、耳慣れない病名を告げられた西宮ハル(にしみや)。高校の同級生であり主治医の葛木(かつらぎ)との再会に驚いたのも束の間、男なのに妊娠できる可能性があると告げられて――!? 同性を誘惑するフェロモンに発情期!? 理解不能な症状に混乱するハルをよそに体の変化は始まっていて……。

オメガバースの世界観を元に、オメガが発見されたばかりの世界を描く、過去の因縁と運命に翻弄される二人の物語。

「オメガ・シンドローム」のここが面白い

オメガバースの黎明期を描く着眼点の面白さ

オメガバースって、面白いですよね!!

そのオメガバースの人類がいつからはじまったか?なんて考えたことありますか?

「オメガ・シンドローム」は、そのオメガバースの黎明期を描いた作品なんですね

男性が妊娠できるなんて誰にとってもありえない時代

主人公のハルは、なにか体調がおかしいなって病院に行って検査を受けたら、医者から「あなたは 妊娠できる可能性があります」と言われます

ハルは、「男性が妊娠するなんてありえない。ドッキリかなにかなのかなー?」と、入院手続きをしろと言われた医者の言葉を無視し、そのまま、仕事場へと帰ってしまうんですよね・・・

でも、仕事先の女の子大好きな同僚がハルに対して欲情したのを見て、医者が言っていたことが本当だとわかるんです

まだ、オメガのことが何もわかっていない時代で、シンドローム扱いをされ、「オメガは治る」と言われ、ハルは、実験台も同然の立場になってしまいます。

オメガバースのコミックでは、当たり前のように、抑制剤が使われ、発情期に関しての知識が誰もが持っている状態となっていますが、この物語の中では、抑制剤は、試験薬の段階で、発情期に関しても、あまり詳しいデータがなく、医者も手探り状態なんです

ある程度、オメガバースを読み込んでいる身としては、読んでいて、「ほうほう。なるほどー」と思える部分が多く、オメガバースの黎明期というものをとても楽しく読めました

着眼点が、すごく面白いと思います

 

声しか見えない

声しか見えない

声しか見えない/ 小箱あき
部長との不倫で支社へ飛ばされ、声が出なくなった藤沢―ー。
声、聞かせてくれますよね? 藤沢の“声”が好きな部下・岸野は、秘密をバラすと迫り無理に声を引き出そうとする。
「あなたの声で……こんなになる(勃つ)んです!」
まっすぐな瞳に絆され、回復傾向にあった藤沢だが、ある日、出張で支社にやってきた部長に再び関係を迫られて……。
藤沢はトラウマから抜け出せるのか――?!

攻めが受けに持つ確執のなぞ

かなり病弱そうな父親のもと、育ったハル

どうも母親はいない父子家庭のようです

ハルは、自分を置いて、早く亡くなった父親に、家族をたくさん作ることを約束した心優しく、明るいタフな青年なんです

その彼を昔から敵視していたのが、高校が一緒だった葛木

高校時代、葛木は、ハルに対し、冷たく、いつもハルを睨んでいました

そして、その葛木と、ハルは医者と患者として再会をします

物語は、この葛木の視点も交えながら進んでいきます

医者の息子として完璧であることを葛木に求めた父親

その冷酷な父親が、一度だけ、ハル達父子に笑顔をみせていた思い出

オメガの研究に没頭した父親

葛木は、自分の父親から愛されなかった恨みを、ハルを恨むことにすり替えてきたんですね

でも、葛木の父親から愛されなかった思い出は悲しいものですが、だからといって、ハルを恨むのは、お門違いですよね?

患者であるハルと一緒に過ごしていく時間の中で、「父親のために家族を作る」ことに縛られているハルを励ます中で、葛木自身も、自分が父親という存在に縛られていることに気づいていきます

そして、ハルに対しての恨みが薄れたとき、発情期を迎えたハルと、一線を越してしまうんですね・・・

 

僕らがつがいになるまで/ GO毛力
「好きだから、触れたくなるし、抱きたくなるし、子供も欲しくなるんだよ」
貧乏・大家族・Ωの三重苦、それでも日々を頑張って生きる春樹は、突然学校で後輩のαに押し倒される。首を甘噛みしてきたそのα・朝雛はマイペースで真意が見えない男。先輩のことが好きだから、と告白されバイト先にも現れる朝雛に疲弊していた春樹は、図書室で突然の発情に襲われてしまう。居合わせた朝雛はΩの強烈なフェロモンに誘発されて……!? 番のしるしで人生が一変する――苦労人Ω、初めての恋。

物語は、複雑になっていくのが見応えあり

読み進めるうちに物語が複雑になっていきます

ハルの父親もオメガであったこと

葛木の父親は、どうも、ハルの父親に特別な感情を抱いていいたこと

海外の、オメガバースの第一線の研究者もハルを狙っているのですが、どうも、ハルは、ただのオメガじゃないみたい

先の展開が読めないのが面白いと思いました

海外のオメガシンドロームの研究チームから逃げたハルと葛木

ふたりの未来はどうなるのか?とても、気になるところで次巻につづくとなっています

エロは少なめです

オメガバースものといえば・・・期待するのは、やはりエロ描写ですよね!!

この作品・・・

朝チュンしてします!!!

ぎゃーーーーー!!!って思ってしまいましたよ!!

オメガバースで、朝チュンだとぉぉぉぉ!!!!

描きおろしで、この飛ばされたエロシーンががっつり描いてあんのかー?って思ったら・・・

ない!!!

ぶっちゃけ、「きーーーー!!!!」っと、本を叩きつけたくなる瞬間です。

でも、しません。

ストーリーは面白いし、そこを重視した作品なんでしょうね。

葛木とハルは、気持ちを伝え合い、共に、この試練をどう乗り越えるのかを最後まで見届けたいと思います

 

幼稚な恋をどうしよう/ 紅
叶うわけがない初恋は、少し悲しくて、幸せで、泣きたくなる――。
生活の為に小さな町で体を売っていたΩ(オメガ)の花人は、転校生の高城に男のアレを咥えている現場を目撃されてしまった! 近所でもクラスでも浮いた存在である花人。だけどそんな自分を見る高城の瞳には偏見の欠片も見えない。親しく過ごすうちに、花人はマイペースな高城にどうしようもなく惹かれてしまうが?

まとめ

エロを求めて読んだら、裏切られますが、ストーリー性を求めて読んだら、なかなかおもしろい作品だと思います

葛木とハルが、けっこうあっさりくっついた感もあるのですが、葛木の方は、たぶん、高校時代からハルのことを意識していたのかもしれません

このコミックは、まだ、電子化がされていないようです。

読むとしたら、バラ売りの方で読むしかない状態です

紙書籍の1巻には、1-7話が収録されていました

おすすめネタバレ!

IMG
IMG
IMG
IMG

★サブブログ更新情報★

NEW11月29日【BL】「僕が歩く君の軌跡」38話 ネタバレ感想

11月25日【BL】ネタバレ感想「αの花嫁 ─共鳴恋情─」第23話 ネタバレ感想

11月21日【BL】「当て馬キャラのくせして、スパダリ王子に寵愛されています。」1~4話 ネタバレ感想

11月19日【BL】スピンオフ「何でもいいから消えてくれ」第11話 ひなこ 感想ネタバレ

【BL】「舌先から恋 第6話」百瀬あん 感想ネタバレ

11月16日【レス問題/夫婦】ハルノ晴「あなたがしてくれなくても」第72話 感想ネタバレ

10月21日【BL】「夜明けの唄」第15話 ネタバレ感想

【BL】百瀬あん「ナカまであいして」第13話 ネタバレ感想

10月01日【BL】「自惚れミイラとり」第9話 中川カネ子 ネタバレ感想

9月29日【BL】「理性的パーバートロマンス」スペシャルショート あらすじ紹介 ネタバレ有

9月27日【BL】「アンタは俺のオメガだろ」猫野まりこ1~3話 ネタバレ感想

8月17日【BL】羽純ハナ「レムナント―獣人オメガバース―」33話 ネタバレ感想

7月10日【BL】「イケボ配信者は俺狙い」第3話 ネタバレ感想

7月30日【BL/TL】「女体化した僕を騎士様達がねらってます」24話 感想ネタバレ

7月8日【BL】「ネタバレ感想「黒ギャルになったから親友とヤってみた。第14話」ネタバレ感想

7月2日【レス問題】「それでも愛を誓いますか」第40話(最終回) ネタバレ感想

6月25日【BL】「体感予報」第5話 見どころ&ネタバレ感想

5月29日【話題】『小悪魔教師サイコ』紹介記事

シェアしてくれたらうれしいです!

2 件のコメント

  • 単品で購入してますよ。まだ完結ではないので2巻まで続くってことですかね。。

    • sayurinさんへ
      すごい、ハラハラな感じで終わっていました・・・続くと思います。どういう展開になるのか予想がつかないですね。この作品・・・早く、続きを配信してほしいです。

  • コメントはこちらから