守りたいものがなにもないお前を守りたい「イキガミとドナー」山中ヒコ

IMG

こんにちは!海ホタルです

「オンブルー」さんで連載されていた山中ヒコ先生の「イキガミとドナー」

いやねー・・・

もうねー・・・

ほんとねー・・・・・

山中ヒコ先生の作品は、どれも、途中の部分がすごいハラハラするんですよね・・・

読んでて、ハラハラしすぎて、本当につらいんですよ・・・涙

先の展開にわくわくできるつらさじゃなくて、この先を読むのが怖いってつらさなんですよねー

この作品も、結末を読むのが怖くって・・・下巻の途中で一旦、閉じましたヨ・・・

でも!乗り切って読んだ!!!読んでよかった!!

では!紹介に行ってみましょう!

作品紹介

舞台は未来世界。ある日、平凡な教師の吉野は、国を守る最強戦闘種〝イキガミ〟の鬼道のドナーだと知らされる。
【ドナーの体液は、イキガミの傷を治せる唯一の薬】
という衝撃の事実とともに、強制的に鬼道と同居することになった吉野。
傍若無人な獣のような鬼道に乱暴に体液を要求されるが、次第にその孤独な素顔があらわとなりーーー。
「いつかドナーと出会ったら、愛してくれるかもしれない。そう思って生きてきたーーー。」

「イキガミとドナー」のここが面白い

まずは詳しく設定を説明!

ファンタジーSFです

ある日、突然、世界に「モンスター」と呼ばれる人間が出現します

「モンスター」たちは、戦闘機や銃などの人間が作った兵器や武器による攻撃を無力化する能力が有り

空を飛び、見た目からは想像もつかない怪力で敵を攻撃する

世界は、「モンスター」の保有数で軍事力を左右することになる

まさに生きる人間兵器!

そして、この物語の主人公の吉野が住む「J国」では彼らを「イキガミ」と呼ぶ

より多くの「イキガミ」を保有するため、子供の時に、「イキガミ」であるか否かの適正検査は義務化されているが、その数は決して多いとは言えない

「イキガミ」はまるで芸能人みたいな扱いで、国民たちから「キャー!キャー!」歓声を浴びる存在

この物語の主人公である一介の学校の教師である吉野からも遠い存在だったのですが

ある日、突然、吉野は、自分が「イキガミ」の「ドナー」であることを宣告される

ここでわかるのがどんな兵器にも負けない「イキガミ」は、怪我を負っても現代の医療では治療がほぼ不可能で、輸血などもできない脆さを持っている事実

ただし・・・イキガミには、たったひとりのドナーがいて、そのドナーの体液がイキガミにとっての万能薬になるのです

吉野は、自分のイキガミである鬼道と会う

突然のドナー勧告とイキガミのことについて初めて知る新事実に頭が混乱している吉野に自分の傷をなめるように命令する鬼道

他人の傷を舐める?!

当然、吉野は「ぎゃーーーー!!!」って感じなんだけど、吉野が舐めた先から鬼道の傷がみるみる治っていって!

もともと、面倒見がよく愛情深い吉野は、この鬼道と深くかかわっていくことになるのです

傲慢でわがままな「イキガミ」の鬼道の変化と愛!

イキガミである鬼道

10歳の時にはイキガミであることが判明し、親元を離れ訓練施設で育ったのだけど、実は、鬼道の両親たちはケガをしても風邪をひいても治らない鬼道の存在を厄介に思っていた

親の愛情を知らずに育った鬼道は、横暴で傲慢

自分のドナーである吉野を自分の持ち物のように扱い、体液を摂取するためキスをし、吉野を襲って、吉野が放った精をぺろりと舐める

一方的に襲われる吉野はむちゃくちゃ激怒

「君にだって守りたいものがあるだろ!」と鬼道を責めるが、鬼道は「そんなものねーよ」とあっさり答える

ショックを受ける吉野だが、ある日、鬼道が軽く吉野の首をつかんだだけで血がドバっと出て・・・

その時、鬼道の方がショックを受けて傷ついている姿を見た吉野は、彼がまだ子供であることに気づくのです

戦闘機より強い鬼道の心が、まだ幼い子供であることに気づいた吉野は、鬼道のことを愛し始めます

けれど、愛を知らない鬼道は吉野からぶつけられる愛情に戸惑い、拒否をする

海ホタル
鬼道は拒否しているのに吉野の写真を大事そうに抱えたりしているんですよ~!傲慢わがまま年下攻めのこういう姿にキュンってする~!

この後、ふたりはいろんな試練を乗り越え、恋人同士になりますが

けれど、ドナーはイキガミのために生きる存在でしかなくて・・・

鬼道は、怪我を負うのが恐ろしくなり戦闘中に仲間を見捨てて逃げ出したり、イキガミをやめるか否かの選択を迫られたりする

そして・・・

クライマックスでようやく鬼道が、最初に吉野に言われた「守りたいものに戦う」って言葉の意味を理解するんです

もう・・・このシーンは、涙涙涙!!!

体は大人でも心は愛を知らない子供のまま・・・そして血なまぐさい世界でひとり孤独に戦う鬼道が愛を知っていく過程がすごくよくて

愛を知ったからこそ、死の淵に立つ姿がハラハラしました~

吉野の職業が「教師」ってところもすごくよくて!

見返りを求めず、鬼道に寄り添い愛情を教えていく姿は、ほんと、この人、子供を大事にする「教師」なんだなって説得力がありました

とっても素敵なお話です

帯にある「魂を預け合う恋」というキャッチフレーズがすべてを語っていると思います

まさに、ファンタジーSFだからこそ描ける深い愛だと思います

エロはあるの?ないの?どんな感じ?

傲慢でわがままで執着質な攻めの鬼道

吉野が生徒の話をするだけでムッとしています

で、つねに、吉野にくっついているの~

作者様が鬼道を「狼」に例えていますが、狼は狼でも「子供狼」って感じでむちゃくちゃかわいい!

そんなふたりが初めて結ばれるのは上巻のラスト!

ふたりが恋人同士になるシーンです

ここで、吉野が、鬼道に、自分にあげられるものは何でもあげるって言うんですよ!

守りたいものがないお前を守るよって言う吉野のモノローグに胸がグッとくる!!

エロターンはありますが、あくまでふたりの気持ちを表す表現のひとつって感じで描かれています

でも、個人的に、山中ヒコ先生の描くエロシーンが好きでして・・・

受けが真っ赤になってフルフルしている姿に萌えました!

エロ中の攻めのわがままを許しちゃうところかにもキュンとする~!

海ホタルの感想まとめ

生きるか死ぬか・・・好きな人を失うかどうかっていうギリギリのところを責めてくるので、ほんとうにハラハラしました

これ・・・上下巻で終わったのが本当に残念ですね・・・

設定も面白いし、内容も濃いし、もう少し長いスパンで描いてもよかったのではないかと思いました

ふたりで流星群を見るラストは本当に圧巻です

改めて山中ヒコ先生のすごさを実感しました

しかし、相手の体液が甘いって、ほんとすごくいい設定ですよね~ニヤニヤ・・・

試し読みは下のボタンリンクからどうぞ

試し読みはこちらから

「山中ヒコ」おすすめコミック

泣きたい気分の時には?
「500年の営み」を無料で試し読み
許されない罪が読みたいなら?
「エンドゲーム」を無料で試し読み
ヒリヒリする痛みを感じたいなら?
「ギブス」を無料で試し読み

おすすめネタバレ!

IMG
IMG
IMG
IMG
「サブブログ」更新情報

NEW5月12日【ラブコメ】安野モヨコ「後ハッピーマニア」第12話 ネタバレ感想

5月8日【BL】ネタバレ感想「手負いのライオン、囚われのバンビ」芥

5月7日【夫婦/不倫】ネタバレ感想「にぶんのいち夫婦 第24話」 ネタバレ感想

5月4日【BL】ネタバレ感想「αの花嫁 ─共鳴恋情─」第13話 ネタバレ感想

5月3日【レス問題】「それでも愛を誓いますか」第26話 ネタバレ感想

5月1日【BL】「僕が歩く君の軌跡」27話 ネタバレ感想

4月30日【BL】ネタバレ感想「スイートハート・トリガー」3巻 4話 ニャンニャ

4月28日【BL】「ララの結婚」第17話 ネタバレ感想

4月21日【芸能/結婚】「戦略結婚 ~華麗なるクズな人々~ 1巻」第1話

4月21日【BL】羽純ハナ「レムナント―獣人オメガバース―」第27話 ネタバレ感想

4月19日【レス問題/夫婦】ハルノ晴「あなたがしてくれなくても」第52話 感想ネタバレ

4月17日【ラブコメ】「恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー」113話!ネタバレ感想

4月15日【BL】ネタバレ感想「午前2時まで君のもの」第6話 奥田枠

4月9日【BL】ネタバレ感想「黒ギャルになったから親友とヤってみた。」11話

4月7日【BL】「ふたりのαに娶られて」第10話 ネタバレ感想

4月5日【ラブコメ】「女の子が抱いちゃダメですか?」第20話 ねじがなめた

3月24日【BL】ネタバレ感想「夜画帳」21~24話

3月20日【新連載】ネタバレ感想「狂い鳴くのは僕の番 :Re」楔ケリ

3月19日【BL】スピンオフ「何でもいいから消えてくれ」第3話 ひなこ 感想ネタバレ

3月19日【BL】「お兄ちゃんだって甘えたいわけで。」第14話 ネタバレ感想

3月7日【新連載】「嘘つきな愛を買う-オメガバース-」ネタバレ感想

3月6日【BL】「私立帝城学園-四逸-」第13話 ネタバレ感想

3月3日【BL】「いつか恋になるまで」続編!「明けても暮れても」第5話(最終話) ネタバレ感想

2月25日【サスペンス】「私の夫は冷凍庫に眠っている 2巻」最終回 ネタバレ感想

2月22日【BL】「プチミニョン -獣人おめがばーす-」2巻 第15話 羽純ハナネタバレ感想

2月13日【BL】重厚ダークファンタジーBL「メドゥーサの息子」第4話 吹屋フロ

2月12日【BL】ちふゆ「眠れぬ夜は奪いに来てね」ネタバレ感想

2月10日【BL】「さよなら共犯者」第6話 あがた愛 ネタバレ感想

2月7日【BL】ネタバレ感想「恋愛関係」第一話 カシオ

2月3日【新連載】「Grr」みちのくアタミ 第1話 ネタバレ感想

1月26日【BL】「簡易的パーバートロマンス 4巻」第4話 【感想ネタバレ】

2 件のコメント

  • おはようございます。みぃです。
    山中ヒコ先生の物語は痛みや辛さを大いに伴って途中で『ひー』ってなりますが、しっかりとした最後に毎回ホロリとしてしまいます。
    500年の営みが好きです。非BLもいいですよね。
    私、SF?BLがあまり得意ではなく…でもこれは途中まで追いかけてました。途中まで…
    完結を機に購入しようと思います!

    子供達の衝撃的な事実が判明しまして。
    娘どころか息子も腐男子だったようです。
    旦那が家族の3/4が腐ってるってどういう事⁈と大笑いしてました。私がびっくりです。
    私がコソコソしていた意味とは⁈
    娘は『女子はみんな中学生になったら腐る!』と言っており、まあまあ腐友がいるようです。
    我が家はいったいどうなってしまうのでしょうか…
    という訳で、廊下の本棚(下の段)にこっそりソフトなBLを置こうと思います。

    誰かに言いたくて、でも誰にも言えず…
    ここでぶちまけてしまいました(汗)
    海ホタルさんの娘ちゃんも…早くこちらに!笑

    雨続きですが、良い週末をお過ごしください♬

    • みぃ。さんへ
      山中ヒコ先生の作品は、ほんと、途中の部分がむちゃくちゃハラハラドキドキで・・・
      しかも胸が痛くって、読み進めるのに体力がいりますよね~
      「500年の営み」も、最後の最後までハラハラさせられました!
      ここ数年、お見掛けしなくって心配していたのですが、新刊がでてうれしかったです

      >娘どころか息子も腐男子だったようです。
      ええ!息子さんも読んでいるんですか!
      びっくりです!!!
      でも、親にちゃんと話すって!いい息子さんだ~!旦那さんも明るく突っ込んでくれて、いいご家族ですね(^^♪
      娘さんの『女子はみんな中学生になったら腐る!』
      名言ですね(笑)
      うちの娘の友達も、腐った漫画を読んでいる子が多いです
      娘との会話で、ナチュラルに「〇〇って知ってる?〇〇ちゃんが好きって言っててんけど」と腐った漫画のタイトルを聞いてきます

      だから、私の知らないところで腐っているマンガを読んでいる可能性が高いと思っているのですが
      でも、わたしの秘密書庫には絶対に手を出さないですね~

      「ギブン」も友達が好きって言ってた!というので、マンガを貸したのですが、読まないままで・・・?

      もしかして私と趣味が合わないのか?!
      それとも目覚めてないか!?

      早く娘と腐った話がしたいです(笑)

  • コメントはこちらから