人魚姫をモチーフに繊細でロマンチック!コミカライズBL「人魚姫の真珠」

IMG

華藤えれな先生の作品って何冊か持っているんですけど

けっこう受けが不憫扱いの作品が多い気がします

だけどどんなにつらいことがあっても心がきれいなままで・・・健気だったり一途だったりして・・・すごい私好みの作品が多いんですよ

で、こちらの「人魚姫の真珠」は未読だったんですけど

今回、繊細でいて美麗な絵が魅力である北沢きょう先生がコミカライズしまして~

もう!それは期待しかないでしょ!?って読ませてもらいました

いやー・・・・もうね!!すっごい、不憫受け!

なのに、自己犠牲愛(っていうか、誰かに愛されたいって気持ちが強い?)がすごい!

そこからの、ハピエンのラストがほんとすばらしかった!!!

不憫受けが幸せになるお話が大好きな方におすすめしたい作品です

では!いってみましょう!!

作品紹介

アイルランド沖の小さな島で育ち、海を自由に泳ぎ天候を予知する人魚の末裔・水凪(みなぎ)。その力ゆえに島民から疎まれてきた。唯一優しくしてくれたのは、島に来たばかりの若き侯爵・リアムだ。密かに想いを寄せるが、ある夜、遭難して瀕死となったリアムを人魚の力で救う。「きみは俺が探していた伝説の人魚だ」目覚めたリアムに求愛されるけれど、水凪はどうしても自分の正体を告げられず!?

「人魚姫の真珠」のココが面白い!

 

コミカライズBLにありがちなことなんですけど・・・

文字が多いです!!!(コミックの方も!私の記事も!!!)

設定を説明するだけで文字が多くなるからしゃーない!!(笑)

まず設定はこんな感じ!

アイルランド沖の小さな島ではブルーパールという大変希少価値のある真珠が取れるんですけど

希少な宝石なので、養殖も行われているんですね

その島の持ち主である侯爵夫婦が島の近くで海難事故に合って、船ごと海の底に沈んでしまう

そして、息子であるリアムが侯爵の称号を受け継ぎ、島へと視察にくるのです

ところが!

この島では、島ぐるみで真珠関連事業の不正を行っていて、リアムの存在が大変邪魔なわけです

さらにさらに!

この島には、不思議な人魚伝説があり、人魚の血を受け継いだ不思議な力を持つ「神子(←人の形をした人魚)」がいる

イリス家に生まれる「神子」はひとり

「神子」は決して島から出てはならない

なのに、昔いた「神子」であるローズは、島の外の人間である日本人男と恋に落ちて、島から出て行ってしまった

男に捨てられ、島に戻ってきたローズは男の子を連れていたんだけど

ローズは島を見捨てた「神子」となじられ、娼婦のような生活をしなければ生きることができなかったのです

そして・・・

ローズの「神子」の力は、息子である「水凪(みなぎ)」が受け継いだのです

はい!この水凪がこのお話の受けちゃんです!!

ローズの死後・・・

本家であるイリス家は、水凪を引き取ることはなく

水凪は、村長に言いくるめられて男娼のような仕事をして、食べるものを分け与えてもらう生活をしているのです

不憫・・・不憫すぎる・・・・涙

なんていうかねー・・・この、受けの水凪がねー、ちょっとアホな子なんですよ

お人よしというか・・・心がきれいすぎて、人を疑うことを知らないというか・・・・

えっと・・・人魚だから?人魚だから、こんなに心がきれいなの???

リアムからもらった大金を、簡単に友達に取られちゃっているしさ!(水凪は、とられたことにも気づいていないという・・・)

でもね・・・・

人魚である水凪は、二十歳までに本当の愛を手に入れなければ、海の泡になって消えてしまう運命なんです

だからね・・・

従兄弟であるエメットに騙されても

村長に男娼のような仕事をさせられても(←村長はマジでサイテーだった!)

母親にも実は愛されていなかったってことを知っても(←母親も胸糞悪いレベルでサイテーだった!)

「どうせ、自分は二十歳になったらいなくなる存在だから・・・」とどこまでも自己犠牲に耐えるのです

きっとね・・・

水凪は、母親にさえも愛されていなかったから、誰かに必要とされ、愛されたいって気持ちが強いんですよね

「役に立っている」と言われると、うれしくなっちゃうんですよ

でも、それは、利用されているだけだから、満たされるわけじゃなくて・・・

心がいつも寂しい子なんですよね・・・・

いや・・・・こうして書くと、本気で不憫・・・本気でかわいそうな子だって思うわ~・・・・

そんな水凪が、侯爵であるリアムと恋に落ち、様々な誤解を経て、最後は無事結ばれるというほんとうドラマチックなBLとなっています

クリック!

心の声に素直に従ったリアムと水凪のエロシーンがよかった

侯爵であるリアムもむっちゃ紳士でかっこいいんですよ!!

真面目で不正などは許さないってタイプの男性なのです

だから、水凪が男娼をしていたってことで、水凪を汚らわしい存在だと思っている

思っているのに・・・・

水凪が他の男と一緒にいると、心がざわついてしまうわけです

水凪を目の前にすると、生まれる自分の感情にすごくとまどっているリアムの混乱ぶりがよかったし

心の声に従って、水凪を抱いちゃうシーンもすごくよかったですね

ここ!真実が知りたくて、水凪をちょっと乱暴に扱っちゃうんですよ~!

事後、反省~!(笑)

ここらへんは、小説で読んだら、リアムの抑えられない心情部分がもっと詳しく書かれているのかもしれないなって思いました~!!

海ホタルのまとめ

小説のコミカライズということで

すごくきれいにまとまっています

ひとつ、ひっかかったのは

「エメット!謝れや~!!!」って思ったこと!!!

ここ・・・小説の方はどうなっているんだろう?

エメットと和解シーンあるのかな?

作品自体は、本当に海の中のシーンがとてもきれいで、思いを通じ合わせて星空の下の海で抱き合うふたりのシーンには本当、胸にグッときました

最後には、華藤えれな先生の「描きおろし番外編」4Pがあります

大事なことで一応書いておきますが、華藤えれな先生の「描きおろし番外編」には、エロシーンはありません

北沢きょう先生の描いた「描きおろし」3Pは、エロシーン有りです

試し読みはこちらから

おすすめネタバレ!

IMG
IMG
IMG
IMG

NEW6月14日【BL】ネタバレ感想「午前2時まで君のもの」最新話 奥田枠

6月12日【BL】ネタバレ感想「αの花嫁 ─共鳴恋情─」第13話 ネタバレ感想

6月11日【夫婦/不倫】ネタバレ感想「にぶんのいち夫婦 第27話」 ネタバレ感想

6月10日【BL】ネタバレ感想「夜画帳」37~40話 6月08日【BL】ネタバレ感想「夜画帳」33~36話

6月06日【BL】ネタバレ感想「夜画帳」29~32話

6月05日【BL】ネタバレ感想「夜画帳」25~28話

6月03日【ドロドロ】「戦略結婚 ~華麗なるクズな人々~ 1巻」第5話

6月02日【BL】「Grr」みちのくアタミ 第3話 ネタバレ感想

6月02日【BL】「ふたりのαに娶られて」第11話 ネタバレ感想

NEW5月31日【レス問題】「それでも愛を誓いますか」第27話 ネタバレ感想

5月29日【ラブコメ】「恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー」115話!ネタバレ感想

5月29日【ラブコメ】「恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー」114話!ネタバレ感想

5月28日【BL】ネタバレ感想「恋愛関係」第3話 カシオ

5月27日【BL】「アンチロマンス」13話 ネタバレ感想

5月26日【BL】「簡易的パーバートロマンス 5巻」1話 【感想ネタバレ】

5月24日【BL】S井ミツル「めぐみとつぐみ 4巻」17話 ネタバレ感想

5月21日【BL】スピンオフ「何でもいいから消えてくれ」第4話 ひなこ 感想ネタバレ

5月18日【レス問題/夫婦】ハルノ晴「あなたがしてくれなくても」第52話 感想ネタバレ

5月17日【ラブコメ】「女の子が抱いちゃダメですか?」第23話 ねじがなめた

5月12日【ラブコメ】安野モヨコ「後ハッピーマニア」第12話 ネタバレ感想

5月8日【BL】ネタバレ感想「手負いのライオン、囚われのバンビ」芥

5月1日【BL】「僕が歩く君の軌跡」27話 ネタバレ感想

4月30日【BL】ネタバレ感想「スイートハート・トリガー」3巻 4話 ニャンニャ

4月28日【BL】「ララの結婚」第17話 ネタバレ感想

4月21日【BL】羽純ハナ「レムナント―獣人オメガバース―」第27話 ネタバレ感想

4月9日【BL】ネタバレ感想「黒ギャルになったから親友とヤってみた。」11話

3月20日【新連載】ネタバレ感想「狂い鳴くのは僕の番 :Re」楔ケリ

3月19日【BL】「お兄ちゃんだって甘えたいわけで。」第14話 ネタバレ感想

3月7日【新連載】「嘘つきな愛を買う-オメガバース-」ネタバレ感想

3月6日【BL】「私立帝城学園-四逸-」第13話 ネタバレ感想

3月3日【BL】「いつか恋になるまで」続編!「明けても暮れても」第5話(最終話) ネタバレ感想

2月25日【サスペンス】「私の夫は冷凍庫に眠っている 2巻」最終回 ネタバレ感想

2月22日【BL】「プチミニョン -獣人おめがばーす-」2巻 第15話 羽純ハナネタバレ感想

2月13日【BL】重厚ダークファンタジーBL「メドゥーサの息子」第4話 吹屋フロ

2月12日【BL】ちふゆ「眠れぬ夜は奪いに来てね」ネタバレ感想

2月10日【BL】「さよなら共犯者」第6話 あがた愛 ネタバレ感想

[/box]

コメントはこちらから