デビューコミックとは思えない面白さ!「恋だ愛だはさておいて」アマミヤ

IMG

これは、面白い!!

デビューコミックとは思えない達者ぶりと体から始まるふたりの関係にキュンとできるBLコミックです!!

ピンクの表紙のBLにはハズレ無しの法則を更新してしまいました!!

ノンケなリーマン×ビッチなバーテンダーのエロティックBL!!

体から始まるラブがお好きな方はたまらん作品だと思います。全力でおすすめしちゃうよーー!!

作品詳細

身体の相性だけは、とびきりヨシ。リーマン×バーテンダーBL!!
こいつとは今日限り――のハズだった。岡崎太一は会社帰り、ベンチで寝ている男・藤を拾い、成り行きで体を重ねてします。なかったことにしたいのに、藤の顔が好み&とにかくフェラが気持ちがよかったが為に、藤とのセフレ関係を抜け出せず…!?

引用:アマゾンより

登場人物

IMG岡崎 太一
27才、少々お疲れ気味のリーマン
IMG藤仁成
22才、ルーズだが憎めないゲイのバーテン
スポンサーリンク

「恋だ愛だはさておいて」のここが面白い!!

「こういう男性いるだろうなー」って思わせてくれるくたびれた攻めがイイ!!

大体、可愛い顔したゲイのバーテンダーっていう時点でずるいよな・・・(笑)

そんなかわいい顔した藤くんを仕事の帰り道に拾っちゃったリーマンの太一。今夜は久しぶりにソロプレイでスッキリするぜ!って思っているところに、可愛い顔した藤くんを拾っちゃうんだよね・・・

そして、たまっているところに甘い誘いを受けて どうも一線こしたっぽいってなっちゃう

「っぽい」ってつくのは 翌朝にはきれいさっぱりと記憶がないから!!

ノンケのリーマン太一は、オトコ相手に熱い夜を過ごしたことがショックで、「今日限り・・・もう二度と(会わない)」って自分で自分を慰めるんだけど、ここで かわいい顔した藤くんがにこりと微笑んで言うわけだ

 

「オレの事 都合のいいオナホだと思って」

 

藤くんのその言葉の真意を自分なりに考える太一は、今までの自分がやってきた恋愛のしくじりの数々を思い返すわけです。

エチしたいから恋愛してきた苦い思い出の数々は ぶっちゃけ 女性側から見たら「この男!サイテー!」って感じ

でも、私、その性欲のために・・・って部分にリアルさを感じちゃいましたね。

彼女にサービスするのは面倒だけど、自分を癒やしてくれる、欲を吐き出せる相手はほしいっていうのは男性の本音部分ですよね!

そんな太一にとって、見返りを求めず側に擦り寄ってくる藤くんの距離感は心地いいものになっちゃうんですよ。

しかも、藤くん、とっても床上手。くすっ。

男性ならではの欲丸出しのかっこ悪さが大変面白かったと思います。

あと、太一視点だけでなく、受けの藤くん視点でもお話を描いているので、それもよかったかな?

IMG

出典:「恋だ愛だはさておいて 」より

 

セリフと空気感。全体的にまったりした感がイイ!!

この作家さま、セリフの言い回しや、モノローグの入れるポイントなどが絶妙なんですよ。で、そのネームが生かされるコマ割りになっているし、登場人物の表情もむちゃいいんです。

オチもよかったし!!

オチを知った後、あわてて、最初のページに戻って読み直しましたからね。

そして、ふたりの体の関係がどういう手順で進展していっているかを再確認し直しました!笑!!

あとね・・・タバコを吸う攻めの姿が格好いいんです!!

タバコを吸う太一の手だけの動きが連続で入るコマがあるんですけど、もう、そこ、ムラってきます。

いいよね・・・男の人が骨ばった指でタバコを唇スレスレ部分まで持っていく仕草・・・

欲をセーブできない攻めはかっこ悪いのに・・・タバコを吸う姿はかっこいい!!というなんとも魅力あふれる作品なんです。

まとめ

この作品を買う決め手となったのは表紙めくった中表紙のカラーイラストなんですよね・・・日常の中にあるカップルの一場面なんですけど、いろんな妄想が掻き立てられちゃいました・・・

わたしにしては珍しく攻めの魅力ばかり語りましたが、受けもかわいいんですよ。

ちょっとルーズでまったりとマイペース。だけど、攻めの一言で赤くなったりしちゃう。それでいて、自分の欲望に素直な魅力溢れている受けです。
アマミヤ先生の次回作も期待大ですね!!

電子書籍立ち読みはこちらから

 

今日のレビューはいかがだったでしょうか?デビューコミックでお上手な作家さんに出会った時って、コーフンしますよね!!
このレビューがお役にたてればうれしいです!!

おすすめネタバレ!

IMG
IMG
IMG
IMG
「サブブログ」更新情報

NEW10月20日【非BL】ハルノ晴「あなたがしてくれなくても」第46話 感想ネタバレ

10月15日【非BL】「私の夫は冷凍庫に眠っている」第9話後半 ネタバレ感想

10月13日「さよなら共犯者」第4話 あがた愛 ネタバレ感想

10月09日「いつか恋になるまで」続編!「明けても暮れても」第3話 ネタバレ感想

10月08日【非BL】安野モヨコ「後ハッピーマニア」第8話 ネタバレ感想

10月08日【非BL】松田環「こちらから入れましょうか?…アレを」6~19話 ネタバレ感想

10月07日「ふたりのαに娶られて」第3話 ネタバレ感想

10月07日【非BL】「女の子が抱いちゃダメですか?」第11話 ねじがなめた

10月05日日高ショーコ「アンチロマンス」2巻 10話ネタバレ感想

10月04日【非BL】「それでも愛を誓いますか」第18話 ネタバレ感想

10月01日ハル「4月の東京は…」スピンオフ!「東京-冬-」 ネタバレ感想

10月01日「手中に落としていいですか 3巻」第10話前編 くれの又秋【ネタバレ感想】

9月27日ウノハナ「新宿69ヘヴン」第3話 感想ネタバレ

9月27日「お兄ちゃんだって甘えたいわけで。」第11話 ネタバレ感想

9月26日【非BL】ネタバレ感想「にぶんのいち夫婦 第20話」 ネタバレ感想

9月25日「簡易的パーバートロマンス 4巻」第3.5話 【感想ネタバレ】

9月25日「狂い鳴くのは僕の番 ;β」楔ケリ 本編最終話 【感想ネタバレ】

9月25日「気まぐれなジャガー」第23話 ネタバレ感想

9月25日【非BL】「恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー」9/25日配信分!ネタバレ感想

9月24日S井ミツル「めぐみとつぐみ」15話 ネタバレ感想

9月21日【非BL】橘オレコ「プロミス・シンデレラ 」72話を追記・更新しました

9月21日GO毛力「運命すぎてつがえません」第5話 ネタバレ感想

9月20日鈴丸みんた「かんしゃく玉のラブソング」1~3話 ネタバレ感想

9月16日「月の街、花の都 3巻」14~15話 千葉リョウコ 【感想ネタバレ】

9月16日ウノハナ「怒った顔もエロいです」1~2話 ネタバレ感想

9月13日「僕が歩く君の軌跡」24話 ネタバレ感想

9月9日2020年8月に読んだベストコミック10作品!

9月6日「セックスアンフレンド」第16話 相野ココ 感想ネタバレ

8月29日「シャングリラの鳥」第9話 ネタバレ感想

8月28日「ララの結婚」第15話 ネタバレ感想

8月22日高城リョウ「BODY-KILLER!」第4話 ネタバレ感想

8月21日「プチミニョン -獣人おめがばーす-」2巻 第12話 羽純ハナネタバレ感想

8月21日ネタバレ感想「アバウト ア ラブソング」第2話 夏野寛子

8月14日羽純ハナ「レムナント―獣人オメガバース―」第24話 ネタバレ感想

8月13日「自惚れミイラとり」第4話 中川カネ子 ネタバレ感想

8月10日「ドSおばけが寝かせてくれない3巻」第2話 ときしば 【感想ネタバレ】

8月5日市川けい「ストレイバレットベイベー」2巻 第11話 ネタバレ感想

8月5日「瘢痕―ハンコン―」第2話 ネタバレ感想

8月3日【新連載】「お伽話は地獄の果て、」市梨きみ ネタバレ感想

8月1日田倉トヲル「のみ×しば」2巻 第7話 ネタバレ感想

感想ネタバレ「ハッピー・オブ・ジ・エンド」第4話 おげれつたなか

7月17日【最終回】「何かいいの見つけた!Re:」感想ネタバレ

7月8日【新連載】藤咲もえ「トンでもない俺のα-ナダと菫人-」ネタバレ感想

7月7日「Daisy Jealousy」最終回 おげれつたなか 感想ネタバレ

6月30日里つばめ「GAPS off limits」第5話 ネタバレ感想

6月30日山本小鉄子「笑う鬼には福きたる 」第16話 ネタバレ感想

6月28日「キリング・ストーキング」第7巻 ネタバレ感想

6月23日「女体化した僕を騎士様達がねらってます」第19話 ネタバレ感想

6月16日にやま「そんなに言うなら抱いてやる」最終回 ネタバレ感想

6月11日練馬zim「運命がラブストーリーでありますように」第3話ネタバレ感想

6月7日羽純ハナ「キス・アンド・ナイト」第5.5話 ネタバレ感想

6月7日左藤さなゆき「ロマンチック・ラメント」第3話 ネタバレ感想

6月7日 藤河るり「マーキングオメガ」第6話 ネタバレ感想

6月4日ネタバレ感想「どう考えても死んでいる」第8話 雁須磨子

5月25日「召されやがれ!」最終回 みちのくアタミ ネタバレ感想

5月21日akabeko「少年の境界 3巻」最終回ネタバレ感想

5月12日「ワタシ以外みんなバカ」1~7話 かたおかみさお ネタバレ感想

5月1日「やましい恋のはじめかた」2巻 第2話 小東さと ネタバレ感想

4月30日【非BL】「夫はわたしじゃいけないの?」19~21話 ざくざくろ 最新話ネタバレ感想

4月15日春田「運命の番がお前だなんて」第7話 ネタバレ感想

4月9日【こいめろ】供威×黒瀬編「恋するインテリジェンス」class:♯128TK-001 後編(ネタバレ有)

4月8日「食べてもおいしくありません」2巻 第6話 ネタバレ感想

4月2日「24時間オチないKISS・続」第5話 加藤スス【感想ネタバレ】

3月31日ハル「4月の東京は…」最終回 ネタバレ感想

3月31日みちのくアタミ「アダムの助骨 2巻」最終回 感想

3月27日国原「ストリッパーの淫らな悪戯」第13話 ネタバレ感想 ネタバレ感想

3月17日【新連載】「メデューサの息子」吹屋フロ  ネタバレ感想

3月13日ネタバレ感想「こいつはダメだと知っている vie ensemble」第5話後編

2月29日「私立帝城学園-四逸-」第9~10話 ネタバレ感想

2月25日「漫画家とヤクザ」第24~25話 コダ【感想ネタバレ】

 

4 件のコメント

  • 海ホタルさん

    こんばんは〜(^O^)私も、このマンガ、フルールのサイトで水曜日楽しみにして読んでました。描き下ろしが早く読みたくて、普段はほとんど紙で買っているのですが、電子で買っちゃいましたよー
    描き下ろしよかったー(≧∇≦)そうだったんだーと私も前のページにもどりました。正直、絵は好みじゃないんだけど、セリフとか、間とか上手ですよね〜
    それと、藤くんが可愛くてエロい! 私、受けが好みじゃないと
    あまり好きになれないんですが、藤くんは好きです。
    背中からぎゅーって抱きつかれたら、太一じゃなくてもメロメロでしょ〜!!
    ほんと、次回作が楽しみですね。

    • みかりんさんへ
      コメントありがとうございます!!これ、むっちゃ、よかったですよ!!
      みかりんさんも、前ページに戻って確認しちゃいました?私と一緒ですね!!うふふふ。
      藤くんの後ろからムギュもかわいかったですよね!!この付かず離れずの距離感が攻めを虜にしちゃうんだと思う。見習わなくては・・・(←なんのために?笑)
      わたしは受け重視派だから、あまり攻めのことは語らない人なんですけど、この作品は攻めがほんとうに面白かったです。
      次回作はどんな感じのもの描いてくれるか本当に楽しみですよね!!

  • 海ホタルさん

    こんばんは〜(^O^)
    藤くん、うちの猫に似ている〜 いつの間にかそばに来て、ぺったりくっついていたり、猫ってほんと人と付かず離れずのいい距離感保ってますよね。藤くんはそんな感じ。
    所で話は変わりますが、海ホタルさんはBL小説家さんが一般で書くことについてどう思いますか?
    最近多いですよね。
    一穂ミチ先生、岩本薫先生、妃川螢先生、夕映月子先生、あとちょっと前になるけど崎谷はるひ先生とかね。今月はとうとう、凪良ゆう先生ですよ!!
    みなさん実力のある先生で、私も大好きなのですが、やっぱりBLの方が面白いような・・・(榎田尤利先生みたいに一般でも成功している方もいますけど)
    BLファンは一般の本も買うかもしれないけど、一般で知った人はBLは買わないと思うんですよねー
    次は、どの先生が書くかな〜

    • みかりんさんへ
      藤くんを猫に例えるの、すごくわかる!!あの付かず離れずに距離感は、まさに猫ですよね!!かわいくて、かまってあげたくなるわー!!

      そうそう・・・今月の凪良先生の新刊をチェックしたら、BLじゃなかったんですよね・・・表紙が、えらく和んでたので気づきました。笑。
      一回、読んでみたいと思いながらも、買わないまま今に至ります・・・
      実は、恥ずかしながら、BL小説にはまったのが最近で、BL小説で追いかけるのがいっぱいいっぱいで、BL書いてる先生の一般小説を、実は、読んだことがないんです。
      どんな感じなんだろう?って思ってるんですけど、やっぱり、実力があるから一般からお誘いがくるんじゃないかな?って思っています。
      でも、読んでみないとやっぱりわからないですよね・・・かっこいい意見が言えずすみません・・・
      あ!!榎田尤利先生は、BLでも一般でも読んだことがあるんですけど、どちらも面白いですよね!!対象の読者に向けて、文体も変えてくるし、すごく読みやすくて好きです。

      でも、BLと一般小説は別物って感覚わかります。一般小説で「この先生面白い!」って思ったことがきっかけでBL小説の扉を開くかどうか?って考えると、そこは、別腹って感じかな?って思います。
      表紙の時点で躊躇しちゃうかもしれない。笑!!

      あと、新しい世界やジャンルに挑戦していくその心意気は見習いたいですね。

  • コメントはこちらから