“ラムスプリンガの情景”スピンオフ「親愛なるジーンへ 1巻」吾妻香夜

IMG
追記電子配信がスタートしたので更新しました(7/10)

こんにちは!海ホタルです

「ラムスプリンガの情景」のスピンオフ「親愛なるジーンへ 1巻」を読みました!

本当は電子化を待とうと思っていたんだけどね~・・・

本屋で見ちゃうと、やっぱり買っちゃう!

でも、本当に読んでよかった!!って思える1冊です

「ラムスプリンガの情景」同様に美しい世界観にうっとりしました~!

では紹介に行ってみましょう

作品紹介

NYに住む伯父・トレヴァーの書斎で一冊の手記を見つけたジーン。そこには、自分ではない“ジーン”について綴られていた。
――1973年。弁護士のトレヴァーは重要な書類を紛失する。雪が降りしきる中、それを届けてくれたのは清掃員していたジーンだった。ボイラー室で暮らしているという、見るからにみすぼらしい彼を放っておけず、トレヴァーはお礼も兼ねてハウスキーパーをしないかと持ちかける。まるで中世からやってきたような世慣れなさに反し、教養を感じさせる美しい元アーミッシュの青年ジーンとの同居生活は、ゲイであるトレヴァーに羨望と穏やかな幸せをもたらすが――。

「ラムスプリンガの情景」へとつながる、もう一つの愛の物語。

「親愛なるジーンへ 1巻」のここが面白い

過去を思い返すような懐かしい感覚で楽しめる

このお話には「アーミッシュ」の青年が登場します

アーミッシュをご存じない方のために説明しますと・・・

アメリカ北米に住むアーミッシュたちは電車もバスも使わない、移民当時のシンプルでクラシカルな生活を守り、自給自足の生活をするキリスト教徒たち

子供達には聖書以外の本を読むことを禁じ、テレビなども見せず、外界からの情報をシャットアウトしているような生活なのですが、その生活はとってものどか

そして成人前に、このままアーミッシュとしてこのコミュニティで暮らしていくのか?それとも外界に飛び出し俗世で生きる道を選べる「ラムスプリンガ」という時間が与えられるのです

物語は1992年

ジーンは、NYで弁護士をしている叔父であるトレヴァーの家にひと夏過ごすことになる

ジーンは面白みのない叔父のことがあまり好きじゃなくて、書斎の掃除という仕事を与えられても、ひたすら「うっとうしい!」て感じ

そんなある日、書斎でトレヴァーの日記と挟まれていた一枚の写真を見つけてしまう

日記には、今から19年前・・・

トレヴァーが、アーミッシュの青年と出会った当時の出来事が描かれてた

写真の人物は、その時、トレヴァーと出会った元アーミッシュの青年の「ジーン」

読者は、トレヴァーの日記を読むジーンと同じ目線でトレヴァーに起こった出来事を追憶していくように楽しめる

作者様が、甥っ子のジーンと同じ目線でトレヴァーの日記をどこか懐かしく楽しめるように描きました。とあるけど、まさに、そういう感じ!!

時代背景の描き方もよくって!

1970年代に流行った曲などを通じて、この頃は、誰もが「還りたい」と思う時代だったというシーンでは

田舎を持たないわたしでも、そういう気持ちに同調する思いがこみ上げてきました

なんというか・・・便利になった分、手放したものを懐古するような気持ち?

便利さや幸せが手に入った分、昔を懐かしがっても戻れないせつなさや寂しさのようなものが伝わってきました

違う人生を歩んできたふたりが結ばれるまでの物語の奥深さ

甥っ子のジーンが読むトレヴァーの日記は、ぼろぼろの身なりでアーミッシュの生活を捨て俗世に残ることに決めたジーンを拾うことで始まります

その日暮らしのような生活のジーンは、アーミッシュで育ったため、学校に行っておらずいろんなことを知らない。シャワーの使い方やキッチンの使い方などもわかりません

でも、他人の心の機微に聡い子で、頭がとても賢く、トレヴァーの教えたことをすぐに覚えていく

トレヴァーは、勉強に興味を持っているジーンのためにコミュニティカレッジへの入学を用意してくれる

ジーンにとってトレヴァーは、目の前に現れた神様みたいな存在になるのです

しかし、トレヴァーは、実はゲイ

ゲイのトレヴァーが男の子を拾うということは・・・人としての同情心もあるけど、やはりタイプの男の子だったという本音もある

もともとタイプなのに、ジーンは心が美しく、好奇心旺盛でとても魅力あふれる男の子で

トレヴァーは、自分を心の底から信頼し、懐いてくるジーンへ抱く自分の欲望をひたすら押し殺します

だけど、トレヴァーの元婚約者であるカレンから、トレヴァーの話を聞いたジーンは、彼のことを救ってあげたいと寝室のいるトレヴァーの前で自分から服を脱いで・・・

このエチシーンがすっごいよくって!

必死に抵抗するトレヴァーと、カマをかけるジーンの会話が面白い!

で!いざ、エッチシーンになったら、トレヴァーのメガネが傾いている間抜けな姿でさえもキュンってくる展開へ

本当に好きな男の子と体の関係を結ぶことができたトレヴァーの喜びがすごい伝わってくるんです

ページ数がすごい!むちゃくちゃ読み応えがある!

とにかく分厚い!

これ?何ページあるの?と見たら、最後のページに226の文字が!

これだけページ数があったら、読むのに2日くらいかかるかな?って思っていたんですけど

面白くてあっという間に読んでしまった!

ストーリーの緩急のつけかたもうまいんですよね!

ダラ~ッてなる不透明な部分がない

ふたりの成長がじっくりと丁寧に描かれていて、どんどん明るくなっていくふたりの変化がわかりやすく描かれています

海ホタルの感想まとめ

ジーンと体をつなげたことで、トレヴァーが持っていた家族へのトラウマが昇華されたシーンには思わず涙が出ました・・・

ふたりが身体をつなげたところで終わっているので

もう、すごい大大大満足の読後感なんですが!

これ・・・1巻なんですよね~?

そもそも、これ・・・トレヴァーの古い日記を読むという回顧録的に描かれているけど・・・

今現在のトレヴァーの近くにジーンがいないんですよね?

コミックの裏表紙には、トレヴァーとジーンが笑ってる写真の絵がたくさん描かれているんですが

まさか、思い出の中でしかジーンの笑顔に会えないってことはないよね???

作者様のあとがきには、2巻ではさらなる成長予定です。とありますので!

ハピエンだと信じて2巻の発売を待ちたいです

あと、こちらの作品は「ラムスプリンガの情景」とリンクしている部分があるので、そちらを未読の方は、合わせて読むことをおすすめします

きっと、世界観の奥行きが深まると思う!

こちらの作品は電子配信は7月10日予定となっています

Rentaさんでは、Renta!限定の書き下ろし特別ページと応募者全員サービス告知ページも収録予定です

また電子化されたら追記したいと思います
7月10日電子化されました!

試し読みはこちらから

「ラムスプリンガの情景」の試し読みはこちらから

おすすめネタバレ!

IMG
IMG
IMG
IMG

★サブブログ更新情報★

NEW10月01日【BL】「自惚れミイラとり」第9話 中川カネ子 ネタバレ感想

9月29日【BL】「僕が歩く君の軌跡」38話 ネタバレ感想

9月29日【BL】「理性的パーバートロマンス」スペシャルショート あらすじ紹介 ネタバレ有

9月27日【BL】「アンタは俺のオメガだろ」猫野まりこ1~3話 ネタバレ感想

9月26日【レス問題/夫婦】ハルノ晴「あなたがしてくれなくても」第69話 感想ネタバレ

9月16日【BL】「舌先から恋 第4話」百瀬あん 感想ネタバレ

8月21日【BL】「夜明けの唄」第14話 ネタバレ感想

8月17日【BL】羽純ハナ「レムナント―獣人オメガバース―」33話 ネタバレ感想

7月10日【BL】「イケボ配信者は俺狙い」第3話 ネタバレ感想

8月05日【BL】百瀬あん「ナカまであいして」第12話 ネタバレ感想

7月30日【BL/TL】「女体化した僕を騎士様達がねらってます」24話 感想ネタバレ

7月8日【BL】「ネタバレ感想「黒ギャルになったから親友とヤってみた。第14話」ネタバレ感想

7月2日【レス問題】「それでも愛を誓いますか」第40話(最終回) ネタバレ感想

7月1日【BL】ネタバレ感想「αの花嫁 ─共鳴恋情─」第19話 ネタバレ感想

6月25日【BL】「体感予報」第5話 見どころ&ネタバレ感想

5月29日【話題】『小悪魔教師サイコ』紹介記事

5月21日【BL】スピンオフ「何でもいいから消えてくれ」第9話 ひなこ 感想ネタバレ

5月19日【BL】「ダブルステップファザー」第2話 ネタバレ感想

5月18日【BL】「ダブルステップファザー」第1話 ネタバレ感想

5月15日【BL】キツネとネズミのかくれんぼ【ごちそうΩはチュウと鳴く 特装版小冊子】感想レビュー ネタバレ有

5月9日【BL】「ネタバレ感想「セックスドロップ」8話 感想ネタバレ

5月8日【ラブコメ】安野モヨコ「後ハッピーマニア」第17話 ネタバレ感想

4月05日【BL】日高ショーコ「アンチロマンス」2巻 ネタバレ感想

1月26日【BL】S井ミツル「くろじとはるつぐ 新婚編」 ネタバレ感想

2月02日【BL】大ヒット子育てBL「子持ちホストの最高な隣人」第一話 ネタバレ感想

シェアしてくれたらうれしいです!

コメントはこちらから