シリーズ5作目!ふたりの蜜月が楽しめると思っていたら…「パブリックスクール-ロンドンの蜜月-」樋口美沙緒

IMG
海ホタル
こんにちは!本日は、BL小説の紹介です

先日、樋口美沙緒先生の「ムシシリーズ」のコミカライズ版を紹介したところなのですが

続けざまに、「パブリックスクール」シリーズの新刊が発売されました~!

今、樋口美沙緒先生は10周年記念でいろんなところで企画をやっているようで

徳間書店さんのほうでは、4か月連続刊行なる企画をしています

予定はこういう感じ!!

  1. 1月刊行「パブリックスクール-ロンドンの蜜月-」
  2. 2月刊行「王を統べるもの(仮)」
  3. 3月刊行「王を統べるもの2(仮)」
  4. 4月刊行「パブリックスクールシリーズ6(仮)」
4冊全部そろえて帯についている応募券を集めたら、応募者全員サービスに応募できます

4月にまた「パブリックシリーズ」の新刊が出るのがうれしい!!!

今回発売された「パブリックスクール-ロンドンの蜜月-」もすごい読みごたえがありました

シリーズの中で一番分厚い~

ページ数が400P超えてる~!!!

さすがに読むのに日数がかかるかな?と思っていたけど、ほぼ一気読み~!(笑)

では!紹介に行ってみましょう!

IMG

ムシシリーズ!待望のコミカライズ「愛の巣へ落ちろ!1巻」画:南十字明日菜/原作:樋口美沙緒

2020-01-30

作品紹介

二年間の遠距離恋愛が終わり、
ついに恋人の待つイギリスへ──。
名門貴族の御曹司で巨大海運会社CEOのエドと暮らし始めた礼。
まずは自分の仕事を探そうと、美術系の面接を受けるものの、結果は全て不採用!!
日本での経験が全く役に立たない厳しい現実に向き合うことに…!?
エドの名前には頼りたくない、けれど恋人の家名と影響力は大きすぎる──
甘い蜜月と挫折が交錯する同居編!!

「パブリックスクール-ロンドンの蜜月-」のここが面白い

主人公二人について紹介
「中原礼」
日本人である母が亡くなりイギリス貴族である父の家へ引きとられたものの、父はすでに他界

血統が違うという理由で理不尽な扱いを受けてきた。エドよりも年下だが、実質上は叔父にあたる。「義弟」として引き取られている

「エドワード・グラームズ」
400年もの歴史を持つイギリスの名門貴族。その立場にふさわしく美しい見た目を持ち、経営者といても優秀
礼のことを好きすぎて一時は身を引こうとしたこともあるが、今は、とても大事にしている

エドと同棲がスタートした礼・・・最初の壁は転職活動?

イギリスの名門貴族の御曹司であるエドとパブリックスクール出身なのに貧しかった幼少時代を過ごした経験がある礼の恋もついに5巻(←ふたりの恋を描いている本は4冊目)を迎えました

いまだ人種に対して偏見が根強くあるイギリスで

タブロイド誌に載るほどの有名人である名門貴族のエドとつきあうということはこの上なく大変なことだけど

たくさんの試練を経て、ついに、イギリスで共に暮らし始めたふたり

日本からやってきた礼にお伽話に出てくるようなかわいい別荘で過ごす7日間をサプライズで用意するエドが甘すぎる~!!

礼のために料理まで作って、自分で作った料理に「まずいな・・・」とむくれるエドがかわいすぎる~!

なんだ?どうした?あの傲慢で高慢ちきな男が!

一体!!!どうしたーーーー!!!って感じ!

タイトルにも「蜜月」とありますからね・・・

こういう甘い流れがずっと続くのかな?と思ったのですが

甘いのは最初だけ!

この後、礼がイギリスで仕事を見つけるためいろんなところに面接に行くのですが

日本での経験が全く役に立たないつらい現実に向き合うことになります

日本でアートギャラリーで働いていた礼の第一希望は、やはり、同じアートギャラリーで働くことなのですが

そもそも、日本のアートの感覚とイギリスのアートの感覚ってまったく別物だそうで!

日本がアートに求めるものはロマンチックなものであるけど

イギリスでアートに求めるものは「投資」「権力」という生臭いリアル

礼は、無事、彼がエドの縁者であることを知っているアートギャラリーで採用されることになりますが

イギリスのアートはあくまで「お金儲けの道具」という事実に礼は打ちのめされます

ショックを受けて悩む礼を見て・・・

ぶっちゃけね・・・

ここら辺は・・・

「愛でご飯は食べることができないんだよ・・・」と説教をしたくなる私・・・

まあ・・・なんというか、アートを扱っている時点で、庶民の私からはかけ離れた世界です

それでも、ちゃんとわかりやすく、感情移入しやすく書いているのが、さすが樋口美沙緒先生って感じで~!

礼の甘さにイライラしつつ・・・でも、礼がアートを純粋に愛する心も応援したくなる

そして・・・このシリーズのいいところは、この「愛」を信じる礼が、毎回、なにかしらの気づきにちゃんとたどり着くところで!

今回も、悪意に利用された礼が、礼なりの仕返しをちゃんとしてすっきりする終わり方をしています

エドの成長ぶりに胸キュンです

エドがねー

すごい大人になっていて!

びっくりしました!

過去に礼の意見を聞かずにお金で解決しようとしたシーンがあった気がするけど!?
(・・・いや・・・今作も、結局はお金が動いているから・・・お金で解決してる??でも、今までみたいな強引さはないよ!)

今作では、けっこう礼に寄り添う発言も多く、礼の考えを否定する発言も少ない

でも・・・ここぞって時には、やっぱり「俺の名前を使え!」ってセリフが出てくるんだよねー(笑)

まあ・・・わたしなら、バンバン使いますが・・・

でも、礼は、エドと対等な恋人同士になりたいからこそ、エドの名前を使うことをしたくない

かたくなにエドの力を使うことを拒否する礼

言い合いになるけど、エドの方から「仲直りしたい」と言ってくれて!

礼が「本当に困ったときは“助けて”って言うから・・・任せてほしい」と言ったら

「わかったよ。ダーリン」と答えるんです

はぁぁぁぁ・・・かっちょいい・・・

そして・・・礼が追い詰められて追い詰められてってところで、エドが礼のために先回りして逃げ道を用意してくれているという・・・

いやー・・・

ほんと素敵!

1巻から読み返すと、エドの成長ぶりが著しくて!涙・・・

どんどんスパダリさを増していくエドが素敵すぎです

1巻のあたりとか・・・本当に高圧的で嫌な奴だったもんなー

海ホタルのまとめ感想

イギリス文化などをつづっているあたりは、読んでいて「ほうほう・・・」と勉強になる部分が多いです

そういう部分もすごく面白いです

エドが、礼を迎えに行くためだけにジェット機を買うって言い出すシーンも面白くて!

ほんと、お金持ちのやることって・・・・ゴージャス!!!

毎日、節約・節約の日々を送っているわたしとしては

この小説を読んでいる間だけ、そのゴージャスな世界観にどっぷりつかれてうっとりします

これからこの作品を買うという方は、初回特典付をおすすめします

amazonさんでも入手可能です(※なくなり次第終了です)

初回特典のSSペーパーは、ロードリー視点でのエドが楽しめます

改めて気づきますが・・・

本編の方では、エドの動向って詳しく書かれていないので

貴重なペーパーです・・・

こちらの本はまだ電子化はされていません
パブリックスクール-ロンドンの蜜月-【初回限定ペーパー付き】

おすすめネタバレ!

IMG
IMG
IMG
IMG
「サブブログ」更新情報

NEW10月31日【非BL】「それでも愛を誓いますか」第20話 ネタバレ感想

NEW10月30日【非BL】「恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー」10/26日配信分!ネタバレ感想

10月27日「プチミニョン -獣人おめがばーす-」2巻 第13話 羽純ハナネタバレ感想

10月20日【非BL】ハルノ晴「あなたがしてくれなくても」第46話 感想ネタバレ

10月15日【非BL】「私の夫は冷凍庫に眠っている」第9話後半 ネタバレ感想

10月13日「さよなら共犯者」第4話 あがた愛 ネタバレ感想

10月09日「いつか恋になるまで」続編!「明けても暮れても」第3話 ネタバレ感想

10月08日【非BL】安野モヨコ「後ハッピーマニア」第8話 ネタバレ感想

10月08日【非BL】松田環「こちらから入れましょうか?…アレを」6~19話 ネタバレ感想

10月07日「ふたりのαに娶られて」第3話 ネタバレ感想

10月07日【非BL】「女の子が抱いちゃダメですか?」第11話 ねじがなめた

10月05日日高ショーコ「アンチロマンス」2巻 10話ネタバレ感想

10月01日ハル「4月の東京は…」スピンオフ!「東京-冬-」 ネタバレ感想

10月01日「手中に落としていいですか 3巻」第10話前編 くれの又秋【ネタバレ感想】

9月27日ウノハナ「新宿69ヘヴン」第3話 感想ネタバレ

9月27日「お兄ちゃんだって甘えたいわけで。」第11話 ネタバレ感想

9月26日【非BL】ネタバレ感想「にぶんのいち夫婦 第20話」 ネタバレ感想

9月25日「簡易的パーバートロマンス 4巻」第3.5話 【感想ネタバレ】

9月25日「狂い鳴くのは僕の番 ;β」楔ケリ 本編最終話 【感想ネタバレ】

9月25日「気まぐれなジャガー」第23話 ネタバレ感想

9月24日S井ミツル「めぐみとつぐみ」15話 ネタバレ感想

9月21日【非BL】橘オレコ「プロミス・シンデレラ 」72話を追記・更新しました

9月21日GO毛力「運命すぎてつがえません」第5話 ネタバレ感想

9月20日鈴丸みんた「かんしゃく玉のラブソング」1~3話 ネタバレ感想

9月16日「月の街、花の都 3巻」14~15話 千葉リョウコ 【感想ネタバレ】

9月16日ウノハナ「怒った顔もエロいです」1~2話 ネタバレ感想

9月13日「僕が歩く君の軌跡」24話 ネタバレ感想

9月9日2020年8月に読んだベストコミック10作品!

9月6日「セックスアンフレンド」第16話 相野ココ 感想ネタバレ

8月29日「シャングリラの鳥」第9話 ネタバレ感想

8月28日「ララの結婚」第15話 ネタバレ感想

8月22日高城リョウ「BODY-KILLER!」第4話 ネタバレ感想

8月21日ネタバレ感想「アバウト ア ラブソング」第2話 夏野寛子

8月14日羽純ハナ「レムナント―獣人オメガバース―」第24話 ネタバレ感想

8月13日「自惚れミイラとり」第4話 中川カネ子 ネタバレ感想

8月10日「ドSおばけが寝かせてくれない3巻」第2話 ときしば 【感想ネタバレ】

8月5日市川けい「ストレイバレットベイベー」2巻 第11話 ネタバレ感想

8月5日「瘢痕―ハンコン―」第2話 ネタバレ感想

8月3日【新連載】「お伽話は地獄の果て、」市梨きみ ネタバレ感想

8月1日田倉トヲル「のみ×しば」2巻 第7話 ネタバレ感想

感想ネタバレ「ハッピー・オブ・ジ・エンド」第4話 おげれつたなか

7月17日【最終回】「何かいいの見つけた!Re:」感想ネタバレ

7月8日【新連載】藤咲もえ「トンでもない俺のα-ナダと菫人-」ネタバレ感想

7月7日「Daisy Jealousy」最終回 おげれつたなか 感想ネタバレ

6月30日里つばめ「GAPS off limits」第5話 ネタバレ感想

6月30日山本小鉄子「笑う鬼には福きたる 」第16話 ネタバレ感想

6月28日「キリング・ストーキング」第7巻 ネタバレ感想

6月23日「女体化した僕を騎士様達がねらってます」第19話 ネタバレ感想

6月16日にやま「そんなに言うなら抱いてやる」最終回 ネタバレ感想

6月11日練馬zim「運命がラブストーリーでありますように」第3話ネタバレ感想

6月7日羽純ハナ「キス・アンド・ナイト」第5.5話 ネタバレ感想

6月7日左藤さなゆき「ロマンチック・ラメント」第3話 ネタバレ感想

6月7日 藤河るり「マーキングオメガ」第6話 ネタバレ感想

6月4日ネタバレ感想「どう考えても死んでいる」第8話 雁須磨子

5月25日「召されやがれ!」最終回 みちのくアタミ ネタバレ感想

5月21日akabeko「少年の境界 3巻」最終回ネタバレ感想

5月12日「ワタシ以外みんなバカ」1~7話 かたおかみさお ネタバレ感想

5月1日「やましい恋のはじめかた」2巻 第2話 小東さと ネタバレ感想

4月30日【非BL】「夫はわたしじゃいけないの?」19~21話 ざくざくろ 最新話ネタバレ感想

4月15日春田「運命の番がお前だなんて」第7話 ネタバレ感想

4月9日【こいめろ】供威×黒瀬編「恋するインテリジェンス」class:♯128TK-001 後編(ネタバレ有)

4月8日「食べてもおいしくありません」2巻 第6話 ネタバレ感想

4月2日「24時間オチないKISS・続」第5話 加藤スス【感想ネタバレ】

3月31日ハル「4月の東京は…」最終回 ネタバレ感想

3月31日みちのくアタミ「アダムの助骨 2巻」最終回 感想

3月27日国原「ストリッパーの淫らな悪戯」第13話 ネタバレ感想 ネタバレ感想

3月17日【新連載】「メデューサの息子」吹屋フロ  ネタバレ感想

3月13日ネタバレ感想「こいつはダメだと知っている vie ensemble」第5話後編

2月29日「私立帝城学園-四逸-」第9~10話 ネタバレ感想

2月25日「漫画家とヤクザ」第24~25話 コダ【感想ネタバレ】

 

コメントはこちらから