賛否両論真っ二つBL!「心中するまで、待っててね。」市梨きみ

IMG
「心中するまで、待っててね。」の配信記念で
市梨きみ先生の対象作品が試し読み増量&値引き中!!10/30までのキャンペーンです

市梨きみ特集☆対象作品が試し読み増量&値引き中!

市梨きみ先生の「心中するまで、待っててね。」の配信がスタートしました

こちらは、ビーボーイさんにて連載がスタートするときに、編集長自らが「こちらは人を選ぶ作品」と声明を出した作品です

で・・・わたしも連載を追いかけていましたが・・・

確かに、「人を選ぶ作品」だと思います

ハピエンとは言いがたいラストは万人受けではないと思うし、犯罪を扱っていますが、その部分も法的裁きを受けることがないまま終わっています

で・・・個人的にはですね・・・

ぶっちゃけ、「二度読みはできないな・・・」と、コミックの方は買っていません

じゃあ、おすすめできない作品なのか?と聞かれますと

これがまた難しくてですね

私の場合は、連載を追いかけている中で、何度か号泣したし、ラストもこれ以外のラストはないと思う!というラストだったと思います

だからね・・・ほんとうに「人を選ぶ作品」なんですよね・・・

読む人によって「神評価」をつけるだろうし、わたしのように「二度読みはできないな」ってなるかもしれないし・・・・

だからね・・・ブログでレビューを書くかどうかもすごく迷ったんですよ

でも、口コミの中で「前情報がなく読んで衝撃すぎてダメだった」ってものをいくつか見かけまして・・・

「それはそうだよなー」って深くうなずいてしまったんです

個人的には、この作品はオチを知らずに読んだ方がいい作品だと思うので

こういう地雷が埋まってるから、心して読んだ方がいいよって情報はあったほうがいいかもしれないなって思ったんですね

ですので、本日は、「あらすじ」を使ってこの作品を紹介したいと思います

読むかどうか迷っている方の参考になれば・・・と思います

個人的な地雷要素を書いているので、すでに、既読で「神評価」をつけているかたは、読まない方がいい記事です・・・ご了承ください

作品紹介

大好きだった近所のお兄ちゃんが、“成長しない”体で戻ってきた!?
お人よしで皆に愛される福太は、子供の頃の記憶が一部欠けている。
それは憧れていた葵兄ちゃんの記憶。
得体の知れない喪失感を抱えた福太の前に、葵兄ちゃんが昔と変わらない姿のまま現れて――!?
失った記憶。それは思い出してはいけない過去。

連載時から賛否両論! ハートフル不穏BL、謎かけ編。
コミックス描き下ろしは念願のほっこり食卓が実現――?

「心中するまで、待っててね。」

あらすじからこの話を振り返る

あらすじの最初にあるここ

大好きだった近所のお兄ちゃんが、“成長しない”体で戻ってきた!?

主人公である福太が小さいころ大好きだった中学生の葵お兄ちゃん

彼はある日突然、行方不明になるんですが

福太が成長し、大人になって、実家を出て一人暮らしをするアパートにある日突然

行方不明になった時と同じ姿でやってくるんです

はい・・・

もう・・・・

勘のいい方なら、これだけで、ある程度、なにか察するものがあると思います

たぶん・・・その予想は当たっています!

で、それを覆すミラクルが起きないまま終わります!
(←連載を追いかけているとき、マンガ的ご都合主義のミラクルを期待したけど、ないままENDだった!)

そして、次にある

失った記憶。それは思い出してはいけない過去。

近所の葵お兄ちゃんが行方不明になったとき

最後に葵お兄ちゃんの姿をみたのが福太だったんですね

警察にも質問され、葵お兄ちゃんの母親にも責められ、役に立てない自分の無力さに自分自身を責めた福太は

葵兄ちゃんの記憶ごと、頭の奥に封印してしまう

つまり、葵お兄ちゃんが行方不明になった事実そのものを忘れてしまうんです

でも・・・

当時と変わらない姿で現れた葵兄ちゃんを、「おかしいな?」と思いつつ、

そこを追求しないまま受け入れる時点で

福太自身がすでにこの時から病んでいたのかもしれません

ハートフル不穏BL、謎かけ編

個人的には、この「ハートフル」って部分には違和感があるんだけど

これ・・・

福太が葵兄ちゃんと再会して、一時、蜜月みたいな時間を過ごした部分のことを言っているのかな?と思います

それか・・・

福太が葵兄ちゃんと一緒に遊んだ子供の頃の楽しかった時間のことを言っているのかも・・・

でも・・・この福太の子供時代・・・葵兄ちゃんは母親からのすごい抑圧に苦しんでいるからね・・・・

ここもハートフルとはいいがたい気が・・・

で「不穏BL」というのは、こちらの作品は、謎解き的感じで、各話にいろんな布石(ヒント?)が落ちているんですね

これがまた!わかりやすく違和感ありありで描かれていまして

読んでいるほうは、胸がぞわぞわしてくるんです

いやな予感でいっぱい!!

そういう謎解き感覚がお好きな人は、きっと、こういう感覚がお好きかも!!

そして・・・

最大のヒントは、こちらのタイトルです

「心中するまで、待っててね。」

このお話は・・・ほんとーに!このタイトルのまんまのお話となっています

あなたなら・・・どういうシチュでこのセリフをいうと思いますか?

それを考えたら、ある程度、この漫画のラストの予想がつくと思います

ここが私的地雷要素だった!

地雷要素って・・・

大事ですよね?

どんなに世間的に評価が高い神作品であっても

たったひとつの地雷シーンでその作品を受け入れられなくなってしまうというものです

そして、地雷というものは腐女子の数だけあるといっても過言じゃないから難しい・・・

ですので・・・

本当に参考までにわたしが感じた地雷要素を書きますと

まず、毒親である母親の存在がダメだった!

毒親である母親に関しては怒りしかわかず、その母親がその後どうなったのかがわからないっていうのが、これまたすっきりしなかった!

そして、かわいい子供が薄汚いおっさんの欲の対象になるってところもダメ!

これ・・・本気でわたしの地雷なので・・・

しかも、この部分についてはねー・・・

描写の仕方がちょっと個人的にはちょっと・・・(←エロシーンに限らず・・・胸が痛い描写が・・・)

でも、最近は、こういうショッキングな描写がマンガ業界全体で増えてきているから

読む人によっては、きっと平気だと思う・・・(←わたしは、もともと、ちょっと苦手でして・・・)

BL部分はどうなのか?

エロシーンはあります

市梨きみ先生らしい、欲情あふれたエロです

少々、ショタ要素もあり!

海ホタルのまとめ

口コミがすごい上がっていて

神評価をつける人もたくさんいるし、逆に「ダメだった」って方もたくさんいる作品です

まさに「賛否両論」まっぷたつって感じです

わたしの場合を書きますと・・・

このお話は、ずっと緊迫した状況が続くんですね

読者に油断をさせる隙がない作品なんです

ストーリー的には面白いです

イヤミス小説に通じるものがあると思います

ちなみにわたしはイヤミス小説が大好きでして・・・

でも、イヤミス小説は、最初からハピエン求めて読むものじゃないでしょ?

私の場合、マンガは、息抜きを求めて読んでいるので・・・

それが「二度読みできない」理由かな?と思っています

逆に、そういう緊迫したコミックが好きな人は、きっと気に入る作品じゃないかと思うんですね

コミックの方には、描き下ろしでふたりのほっこりしたお話が収録されているみたいです

ぜひ!

未読の方は、各ストアの口コミの方もチェックしてから読んでいただければ・・・と思います

試し読みはこちらから

心中するまで、待っててね。 上
心中するまで、待っててね。 下

おすすめネタバレ!

IMG
IMG
IMG
IMG

NEW6月14日【BL】ネタバレ感想「午前2時まで君のもの」最新話 奥田枠

6月12日【BL】ネタバレ感想「αの花嫁 ─共鳴恋情─」第13話 ネタバレ感想

6月11日【夫婦/不倫】ネタバレ感想「にぶんのいち夫婦 第27話」 ネタバレ感想

6月10日【BL】ネタバレ感想「夜画帳」37~40話 6月08日【BL】ネタバレ感想「夜画帳」33~36話

6月06日【BL】ネタバレ感想「夜画帳」29~32話

6月05日【BL】ネタバレ感想「夜画帳」25~28話

6月03日【ドロドロ】「戦略結婚 ~華麗なるクズな人々~ 1巻」第5話

6月02日【BL】「Grr」みちのくアタミ 第3話 ネタバレ感想

6月02日【BL】「ふたりのαに娶られて」第11話 ネタバレ感想

NEW5月31日【レス問題】「それでも愛を誓いますか」第27話 ネタバレ感想

5月29日【ラブコメ】「恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー」115話!ネタバレ感想

5月29日【ラブコメ】「恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー」114話!ネタバレ感想

5月28日【BL】ネタバレ感想「恋愛関係」第3話 カシオ

5月27日【BL】「アンチロマンス」13話 ネタバレ感想

5月26日【BL】「簡易的パーバートロマンス 5巻」1話 【感想ネタバレ】

5月24日【BL】S井ミツル「めぐみとつぐみ 4巻」17話 ネタバレ感想

5月21日【BL】スピンオフ「何でもいいから消えてくれ」第4話 ひなこ 感想ネタバレ

5月18日【レス問題/夫婦】ハルノ晴「あなたがしてくれなくても」第52話 感想ネタバレ

5月17日【ラブコメ】「女の子が抱いちゃダメですか?」第23話 ねじがなめた

5月12日【ラブコメ】安野モヨコ「後ハッピーマニア」第12話 ネタバレ感想

5月8日【BL】ネタバレ感想「手負いのライオン、囚われのバンビ」芥

5月1日【BL】「僕が歩く君の軌跡」27話 ネタバレ感想

4月30日【BL】ネタバレ感想「スイートハート・トリガー」3巻 4話 ニャンニャ

4月28日【BL】「ララの結婚」第17話 ネタバレ感想

4月21日【BL】羽純ハナ「レムナント―獣人オメガバース―」第27話 ネタバレ感想

4月9日【BL】ネタバレ感想「黒ギャルになったから親友とヤってみた。」11話

3月20日【新連載】ネタバレ感想「狂い鳴くのは僕の番 :Re」楔ケリ

3月19日【BL】「お兄ちゃんだって甘えたいわけで。」第14話 ネタバレ感想

3月7日【新連載】「嘘つきな愛を買う-オメガバース-」ネタバレ感想

3月6日【BL】「私立帝城学園-四逸-」第13話 ネタバレ感想

3月3日【BL】「いつか恋になるまで」続編!「明けても暮れても」第5話(最終話) ネタバレ感想

2月25日【サスペンス】「私の夫は冷凍庫に眠っている 2巻」最終回 ネタバレ感想

2月22日【BL】「プチミニョン -獣人おめがばーす-」2巻 第15話 羽純ハナネタバレ感想

2月13日【BL】重厚ダークファンタジーBL「メドゥーサの息子」第4話 吹屋フロ

2月12日【BL】ちふゆ「眠れぬ夜は奪いに来てね」ネタバレ感想

2月10日【BL】「さよなら共犯者」第6話 あがた愛 ネタバレ感想

[/box]

4 件のコメント

  • 私の場合、雑誌(電子でですが)購入していながら怖くて読めなかった作品なんです。
    なのに何故か最終回だけ読んでしまったという大馬鹿者です(ノД`)
    で、そういう作品だったと何となく納得してしまっているわけですが、それを再確認するために最初から読むのってのは怖いですね。
    でも気になってしまう作品であることは間違いなく、今かなり悶々としております。
    本当にどうしよう(笑)

    地雷かぁ~
    私は男の子3人のお母さんなので、血縁有りのガチ兄弟ものがどうもダメです。
    血の繋がってない兄弟や、いとこなんかはOKなわけですが、ガチは・・・
    全く読めないわけじゃないけど、読後鬱の半端なさといったら(-“-;A

    • まるかーとさんへ
      こんにちは!
      まるかーとさんが男の子3人のお母さんって部分に一番目がいってしまいましたよー(;’∀’)
      男の子がほしかったので、うらやましいやら・・・でも、三人はすごいパワフルな子育てになりそうとか・・・
      そっちに注目しちゃいました!(笑)

      地雷要素って、自分自身の身近に関連していることが多いですよね
      でも、ガチ兄弟BLを読んだときって、わたしも、つい親目線になりますよ!
      本人たちが幸せでも、つい「親に言えない恋愛はやめとけ・・・」と言いたくなる・・・
      義兄弟BLは大丈夫なんですけどね・・・

      こちらの作品を最終回から読んでしまったというのは・・・なんといっていいか・・・推理小説を最後から読むような感じですよね?
      謎解きコミックの場合、最後の種明かしにたどり着くまでを楽しむものなので
      今から、コミックで最初から読んだら、謎解き部分の楽しさは半減しちゃうかもしれないですね・・・
      あ!でも!!上巻は、謎解き部分が多いけど、下巻は、主人公が病んでいく流れを楽しむ(?)形になっているので!
      下巻は楽しめるかもしれないですヨ!!

      • 最後から読むとか呆れちゃいますよね(^0^;)
        でも賛否が分かれる問題作とか聞くと怖くて普通に読めなくて、安心を求めた結果が最終回のチラ読みなんですよ。
        大丈夫なのかちょっと確認したかっただけなんですが、必要以上に読んでしまったという・・・

        3兄弟と言うと大抵そう言われるんですが、うちの子達比較的大人めなんですわ。
        長男は読書が趣味のあまり喋らない子だし、次男と三男はピアノ男子で吹奏楽部というインドア男子なので、一般的に想像する男の子家庭とはちょっと様子が違うと思います(^0^;)
        そして私はホタルさんとは逆で女の子が欲しかったです。
        男の子ばかりということで好き勝手言われることも多かったし・・・
        でもBL読むことで、男の子で良かったなと思えるようになったんです。
        男の子の良さや可愛らしさを気付かせてくれてBLありがとう\(^O^)/
        なのです。

        • まるかーとさんへ
          チラ見のつもりががっつりいっちゃったんですねー!
          でも、あのラストは・・・わたしも、「本当にそっち展開にいっちゃうの?」と思いながら読んだので・・・
          ページをめくる手が止まらなかったのもわかる気がします

          息子さんたち・・・読書好きとか・・・ピアノを弾くとか・・・なんか、母として理想の息子さんですね!
          光の差し込むレースカーテンのある部屋にてキラキラしたイメージが・・・脳内に広がってしまいました!
          わたしとしては、二人ではなく三人いるっていうのがけっこう憧れなんですよね・・・
          息子が三人・・・囲まれたい・・・
          BLを読んでいると、わたしも男の子のよさって気づくことがあって・・・もっと、早くBLと出会いたかったなーって思います(^^♪
          もし、もっと早くにBLに出会えていたら・・・だんなとは結婚しなかっただろう・・・とよく思っています(笑)

  • コメントはこちらから